宗教

2020年09月16日

BSプレミアム『アナザーストーリーズ』最新作「偽りの‟神の手” 旧石器ねつ造事件」を興味深く見ました。


mig

あれからもう20年ですか。光陰矢のごとし。

それはともかく、このスクープは当時かなりの反響を呼びました。

私は歴史では古代に一番関心があるんですが、古代の宗教とかそういう方面に関してであって、石器とか土器とかにはあんまり興味ないんですよね。

だから、番組内で「F」と呼ばれる‟神の手”の持ち主が次々に日本の旧石器時代史を更新しているという報道を見ても「ふうん」という感想しかなかったんです。

しかし、F氏が暗闇で石器らしきものを埋めているX線写真で一面が埋め尽くされたスクープ記事を見たときは「ええええ⁉」という感じでした。全部嘘だったとは。しかも、かなり昔から捏造していたらしく、当然のことながら「なぜ見ぬけなかったのか」という疑問が湧きます。

ただ、言うのは簡単でも行うは難し。私がF氏のそばにいた学者だったとして果たして見ぬけたかというとかなり疑問ですね。

だって番組でも触れてましたけど、「偉い学者が認めているんだから」と、もはや「科学」ではなく「信仰」の問題になっていたそうですから。

「神」は人間が生み出した最大のフィクションですが、神を信じているかどうか、という問題には「信じてない」と即答できる人でも、1万円札に1万円の価値があるかどうかと問えば、誰だって「ある」と即答するでしょう。

でも、それだって「信仰」なのです。1万円札に1万円の価値がある理由は、この日本列島で暮らす人々がみな一様に「この紙切れには1万円の価値がある」と思い込んでいるからです。

金本位制の時代は違いました。中央銀行へもっていけば時価1万相当の金(きん)と交換してもらえた。金という実体が価値を裏付けていました。が、金本位制でなくなったいま、何が価値を裏づけているか、それは「この紙切れには1万円の価値がある」という「幻想」にすぎません。(そのあたりのことは岩井克人という経済学者が書いた『貨幣論』という本に詳しく書いてあります)

「神」も「貨幣」も幻想です。集団妄想です。そしてF氏の「神の手」も同様だった。


81757606-9CCB-473B-B088-67A4E59411F4-e1599609645192

この記者が不正を暴いたんですが、門外漢だからこそ疑問を抱けたと言っていました。

王様は裸だと言った子どもとまったく同じですね。大人たちは裸を見ているのに「立派な服を着ている」という幻想に浸っていた。

そこに異議を唱えた人は偉い。

でも、こうも思うのです。

集団幻想に浸っていたほうが幸せだったかも、と。

そりゃ学問の世界のことだから真実を暴くことのほうが大切なのでしょうが、これが学問や科学以外のことだったら……?

「浮気するならばれないようにしてほしい」という女性は、つまるところ「まったく浮気していない亭主」という幻想に浸っているわけですよね? だから浮気した亭主よりばらした友人を逆恨みしたりする。

上述の1万円の話、何年も前に職場で言うと、「何かこのお札がつまらないものに思えてきた」と言った人がいました。

そもそも人間には何が事実で何が嘘かということが本当にはわかりません。どこまでが現実でどこからが幻想なのかもわかりません。

一期は夢よ、ただ狂え! とは誰の言葉だったか。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月16日

2020年1月期に見始めたドラマとアニメは全部で6本。

見始めた順に簡単な感想を。


『贋作 男はつらいよ』
これはきつかったですね。桂雀々はまだ芸達者なほうでいいんですが(でも渥美清のほうが百万倍は上)常盤貴子の芝居とか見てられない。どうしても倍賞千恵子と比較してしまう。他の面子も同様。
お話がどうとかいう以前に、というか、同じ話じゃないですか。同じ話だからこそ役者の芝居で魅せてくれないと見てられない。第1話でリタイア。


『映像研には手を出すな!』
images.jfif

『四畳半神話大系』の湯浅政明監督が5年ぶりに手掛けるというテレビアニメ。
第1話では「メタ・アニメ」なのかな、と思ったら、第2話では特別そういうわけでもなく、アニメ好きが自分たちが作ろうとしているアニメの世界で楽しく遊んでいるだけというか。登場人物たちは楽しいんだろうけど、見ているこちらは少しも楽しくない。出演している芸人たちだけが楽しんでて少しも笑えないバラエティと同じようなものか。
次回以降の展開に期待します。


『pet』
pet

東京時代の恩師である村井さだゆきさんがシリーズ構成をなさっているということで見始めたんですが……うーん、これは面白いとか面白くないとかいう以前に私には合わないです。世界観なのか何なのかはわからないけど。恩師の作品ですが2話の途中でギブアップ。


『知らなくていいコト』
ogp2

吉高由里子の作品はすべて見るようにしています。女として魅力があるとは思わないけど、女優としては素敵すぎる。なぜなら「主役しか似合わない」から。あんなに個性豊かな役者が脇にいたら主役の邪魔になってしまう。だからこの子が脇役の作品って私はデビュー作の『紀子の食卓』しか知らない。あの映画でも異彩を放っていました。(もう14年前!)

それはともかく、この『知らなくていいコト』はなかなか大きなテーマを扱っていますね。

母親が死ぬ直前に「あなたはキアヌ・リーヴスの子だ」と言い、まさかとは思いつつも喜んでいたら、実は殺人犯の娘だった。第1話では「殺人犯の遺伝子」を理由に彼氏に振られ、第2話では「DNAマッチング婚活」なるものが取り上げられる。

市川由衣(何でこんな役で出てるんだろうと思ったら、そういうことかという展開でしたね)のセリフがすべてを象徴しています。

「洗脳じゃありません。科学です」

洗脳は宗教の分野だとでも言いたいのでしょうが、いかんせん、科学もまた宗教なんですよね。たいていの科学者(特に数学者や物理学者)は神の存在を信じているらしいですから。

DNAの魔力を信じて吉高を振った重岡大毅と、そんなものなどどこ吹く風と彼女が殺人犯の娘と知りながらプロポーズした元カレの柄本佑。一人の女をめぐる二人の男の対立がこの物語を貫くメインの葛藤ということになりましょう。

そこに「科学」と「宗教」がどう関わってくるのか。いや、科学など私にはどうでもいい。「宗教」の領域に踏み込んでくれなくては意味がない。

「好き」という気持ちだって「宗教」ですから。


『彼らを見ればわかること』
耐えきれず20分ももたずにリタイア。なぜ小説家に脚本を書かせたんでしょうか? 脚本家に小説は書けても小説家に脚本が書けるとはかぎらないのに。戯曲>シナリオ>小説の順に難しいのは常識です。


『コタキ兄弟と四苦八苦』
images (1).jfif

前作『獣になれない私たち』は好きになれなかったけど、『逃げ恥』の野木亜紀子さんの新作ということで見始めました。開巻早々「監督:山下敦弘」と出たので不安になりましたが、テレビドラマは映画ほど監督の色が出ないのか、あまり間延びしてなくてホッと一安心。

常識的な兄と非常識な弟という鉄板設定。しかも未婚の兄に対して弟のほうが人情味があってモテそう(既婚)というこれまた鉄板設定。

この二人は『第三の男』のジョゼフ・コットンとオーソン・ウェルズですよね。人情よりも社会正義を重んじるジョゼフ・コットンが古館寛治で、不正を犯したオーソン・ウェルズが滝藤賢一。女=アリダ・ヴァリ=市川実日子は、違法だけどやさしさを見せる滝藤賢一を選び、社会正義を貫いた古館寛治は決して選ばれない。

それだけなら名作を焼き直しただけですが、滝藤賢一も妻から離婚を迫られているのにサインできない。「他人の離婚届なら簡単にサインできるのに」というセリフがこのキャラクターをより深いものにしていると感じました。

この作品も二人の男がメインの対立軸ですね。

『知らなくていいコト』と『コタキ兄弟と四苦八苦』、どちらに軍配が上がるか。

どっちも頑張れ!!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月31日

WOWOWジャパンプレミアで放送された、アンドレ・テシネ監督、カトリーヌ・ドヌーブ主演『見えない太陽』を見ました。

テシネとドヌーブのコラボレーションといえば『夜の子供たち』というのがあって、あの映画の不思議な構成に魅了された者としては見ずにはいられない映画でした。


o7m7lut4_0

劇場未公開で放映もWOWOWだけなので見てない人がほとんどでしょうから簡単にあらすじを記すと、

カトリーヌ・ドヌーブ演じるミュリエルという女性は農場と牧場を営んでいて久しぶりに孫のアレックスが訪ねてくる。しかし彼はイスラムに改宗しており、シリアに行ってISに入ってテロリストになり自爆テロを敢行して天国へ行こうと画策している。それを知ったミュリエルは何とか必死で止めようとする。

というもので、こういう映画が作られるということはフランス、ひいてはヨーロッパ全体でアレックスのような若者がたくさんいるのでしょう。そういう宗教を題材にした社会派映画は大好きなので期待していたんですが、これが悪い意味で期待を裏切られました。


image

アレックスには恋人がいて、彼女と一緒に農場を訪れるんですが、もちろんアレックスと同じくイスラムに改宗して二人でシリアに行こうとしている。

画像が見当たらなかったので文章だけになりますが、他のムスリムの描写もあるんですが、何だか「イスラムは得体が知れない」「理解不能」「とても恐ろしい存在」という描き方しかされておらず、逆にミュリエルなどキリスト教徒たちはイスラム教徒に被害を受けるまともな人々という描き方しかされていません。

キリスト教もイスラム教も、ついでにいえばユダヤ教も元は同じ宗教です。同じ神様を戴いているわけで、ヤハウェもアッラーも元は同じ。ただ、どうしてもいまは違う宗教になってしまって、どちらも「異教徒を排斥せよ」というのが神の御言葉なので(元が同じなんだから当然同じことを言いますよね)この映画の作者たち、つまりキリスト教徒がイスラム教徒を排斥する映画を作ってしまうのは教義の点からいえば正しいのかもしれません。

しかしながら、映画や芸術もまた神の御言葉同様、人々を変えてこそ、と思うのです。新しく作られる作品は新しい宗教でなければならない、と。

だから、既成の神の御言葉を蹴散らす何かを映画全体で言ってほしかったんですが、最終的にミュリエルがアレックスを監禁したり、アレックスが暴力で脱走したり、結局警察に逮捕されて終わりって、それじゃ「イスラムは得体が知れない」というところで思考が止まったままじゃないですか。

そもそも、自爆テロなど聖戦を戦えば天国に行けるという教えはイスラムにはないんでしょ? ずっと前に読んだ本に書いてあったことなのでうろ憶えなのですが、天国に行けるというのはISなどが自爆テロをする若者を勧誘するための嘘なんだそうです。

そういうところをきちんと描けば、イスラムとキリスト教の終わりなき戦いを相対化できる可能性もあったのでしょうが、単に「キリスト教徒=善」「イスラム教徒=悪」とだけ描いたのでは俺の2時間を返してくれ! と言いたくなります。

イスラム教徒にはイスラム教徒なりの真実があろうし、言い分もあるでしょう。そこを封じ込めて自分たちキリスト教徒の正当性だけを歌い上げるのはいかがなものか。どちらの言い分も描かないと「ドラマ」になりません。

さすがはシャルリー・エブド事件を起こした国の映画だな、とこれは大いなる皮肉をこめて。(私も批判するだけではアレなのでもっと勉強しよ)


日本人のためのイスラム原論
小室 直樹
集英社インターナショナル
2002-03-26





  • このエントリーをはてなブックマークに追加