コメディ

2020年11月11日

テレビ東京製作の『共演NG』。第1話、第2話はめちゃんこ面白かったですが、第3話でいきなり大失速してしまったと感じたのは私だけでしょうか。


kyouenNG1

1話も面白かったですが、2話が最高でしたよね。

全部で共演NGが4組いて同時多発的子どもの喧嘩が勃発。特に里見浩太朗と堀部圭亮の喧嘩がひどく、最大共演NGの主役二人がなだめて絶妙なアドリブが生まれ台本よりいい出来のシーンができあがる、なんていうのは、かつて撮影現場で働いていた者からするとたまらないものがありました。

ただ、画像のシーン、劇中劇『殺したいほど愛してる』の主役二人が出逢う場面で、中井貴一がいきなりキスするというふうに台本が改変されましたが、あのとき、ショーランナーの斎藤工が書いた脚本は絶対で異議申し立ては認められない、そういう契約だ、と言われてました。なのにアドリブで勝手に改変するのはいいんですかね? そこらへんの細かい詰めが甘い気もしました。

が、共演NGの二人を別の共演NGの二人がなだめ、いさめ、あの手この手で問題を解決していくというのはとても面白かったんですよ。


kyouenNG

だけど、今回の第3話はちょっとどうなんでしょう?

若い二人の役者が不倫していた。その不倫謝罪会見に当の二人以外に主役二人を出席させるのはわかります。斎藤工は「僕はそこまで策士ではありません」と言っていたけど、おそらく彼は不倫の事実を知っててキャスティングした。で、話題作りのために中井貴一と鈴木京香の主役二人を謝罪会見に出席させてあのようなことを言わせて解決にもっていく、それはわかります。

でも、劇中劇『殺したいほど愛してる』の観点ではそれでいいでしょうが、そこから一歩引いて『共演NG』というドラマを考えた場合、あの謝罪会見はダメじゃないでしょうか。

中井貴一が「いつまでこんなことを…」と言いかけてそこから里見浩太朗の土下座、それを見た堀部圭亮も鈴木京香も頭を下げ、若造二人も頭を下げ、すべて丸く収まり「共演NGが共演NGじゃなくなっちゃいましたね」というセリフになる。

でも、共演NGが共演NGじゃなくなるためには、中井貴一が不倫で世間に謝るいまの風潮に疑問を投げかけたり、里見浩太朗や鈴木京香が頭を下げるのは違うんじゃないか。

不倫をしていた男女は「共演NGアベンジャーズ」の一員で、それぞれ共演NGの同棲俳優がいます。


kyouenNG3

やはり、このような関係にある人間があの謝罪会見で一番前面に立って謝罪会見を丸く収めないといけないんじゃないでしょうか。第2話と同じように。里見浩太朗や鈴木京香の尻馬に乗って謝るんじゃなく、彼らが引っ張っていく展開にしてほしかった。

それで↓こうなったら快感だったんですが↓

kyouenNG2

この第3話はそうなっていないので「共演NG」の話ではなく「不倫バッシング」の話になってしまっています。

昨今の不倫バッシングについては私も作者たちや劇中の中井貴一や里見浩太朗と同じことを思っています。いつまでこんなことをと思っているし、何で世間に対して謝らないといけないのかと思っています。

しかし、作者の主張が正しければいい作品ということにはなりません。

『殺したいほど愛してる』は不倫ドラマで、『共演NG』もおそらくこれから不倫ドラマになっていくのでしょう。(山口紗弥加は美人で好きだけどストーカー顔なので恐ろしい)

だから、第3話はそのための伏線にもなるのかな、とは思うものの、どうしても「作者の言いたいこと」が先走ってる感は否めないし、そういう「テーマをはっきり言葉で語れる物語」には白けてしまうのです。

軽い打ち上げの席でプロデューサーが言う「共演NGが共演NGじゃなくなっちゃいましたね」というのは希望的観測で、またあの4組の男女はいがみ合っていくんだろうと思ってたんですが、次回予告を見ると「新たな共演NG出現⁉」となっていて、新キャラが出てくるそうです。

じゃあほんとにあの4組の子どもの喧嘩は終わっちゃったの? それじゃあつまらない。

というか、やっぱり、不倫中の二人と共演NGの別の男女が活躍するべきでした。残念。


蛇足
kyouenNG4

現場スタッフのこの人が私は一番好み。小島藤子というらしい。若くてかわいいのに、いい感じにやさぐれているのが大変よろしい。(2009年には『おっぱいバレー』に出ていたというから驚き)
瀧内公美もいいですけどね。

それと、いまいち劇中劇の『殺したいほど愛してる』の内容がよくわからないんですが、ちゃんと第1話から最終話までの脚本を全部書いてるんですかね? 劇中劇をやる場合、今回で言えばまず『殺したいほど愛してる』の脚本を全部書いてから『共演NG』の脚本を書くのが鉄則なんですが、ちゃんと実践してるのか怪しくなってきました。

だって、劇中劇と劇中現実のリンクがあまり見られないのでね。ちょっと気になる。いや、かなり気になる。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月11日

『この町ではひとり』『きょうも厄日です』で大ファンになった山本さほさんの目下の代表作とされる『岡崎に捧ぐ』全5巻を読みました。


okazakinisasagu (1)

面白エピソードの数々
①輝かしいマンガの裏には必ず隠れた名作がある。というのが山本さんと岡崎さんに共通する確信で、
読者投票の下位の作品に肩入れしてしまう。順位が上がっていると二人でガッツポーズ。

私なんか下位のマンガを完全にバカにしていたからなぁ。一流になれる人とはそういうところが違うのかな。


②中学は二人そろって剣道部(何と自己主張しない岡崎さんが山本さんを誘って入部)で、通称「山本を探せ」という遊びが流行った。剣道着を着たまま、いろんな部活の練習に参加し、迷惑がられるどころか馴染んでいたという。

私にはこのような野放図さがなかった。

okazakinisasagu2 (1)

③優等生の森くんにとんでもない罰ゲームをさせてしまったこと。

森くんは「とても楽しかった」と喜ぶのだけど、やってはいけないことをやってしまったという後悔と自責の念にかられる山本さん。

似たような経験があるような気がするが思い出せない。


④イケてる女の子のグループに入れてもらって一時的に岡崎さんを裏切ってしまい、号泣して謝ったこと。

これは完全に同じような経験があるなぁ。といっても裏切った山本さんじゃなくて裏切られた岡崎さんと同じ経験。でも私は彼から謝られたりしなかった。その日を境にまったく喋らなくなってしまった。いま彼はどこで何をしているのか。そもそも生きているのか。もう永久にわからないのか。


⑤岡崎さんとのメール。まだネット黎明期だったからか、必ず電話で一報入れてからというのが面白い。しかもそのメールが「岡崎さんへ うんこ 山本より」だったりする。

子どもは本当にウンコとかオシッコガ大好き。私はいまでも好きだが。。。


⑥岡崎さんは常に眠い。人生に一度だけ朝起きて今日は眠くないと思った日があるとか。その日はいろんな人から「目が大きい」と言われたそう。

「人生で一度だけ眠くないと思った日がある」ってそんな人間がいるのか⁉ 爆笑。


⑦「わたし、山本さんの人生の脇役として生まれてきたんだと思う」

自分を主役だと思わない人間に初めて出会った山本さんの衝撃たるや。そしていま、自分自身を主役にしたマンガを描きながらも最終的に岡崎さんという無二の親友の素晴らしさが浮かび上がる、つまり、主役でなかった人間が主役以上に大きい存在になる作品をものした。


⑧高校の同級生は話が合わないと、球技大会の日に別の高校に進学した岡崎さんを呼んで体操服を着せてドッジボールを応援させた。岡崎さん居心地悪い思いしてないだろうかとチラと見ると、めっちゃ馴染んでて驚愕。自分が3年かかってできなかったことを岡崎さんは10分で達成した。

私も高校ではクラスに一人も友だちがいなかったからよくわかる。

岡崎さんは悩まない。(母親が3か月行方不明でも平気)
岡崎さんは怒らない。(山本さんに何をされても平気。むしろうれしい)
岡崎さんは変わらない。(怒りっぽかった妹は大人への階段を上がっているのに)

岡崎さん、岡崎さん、岡崎さん。


okazakinisasagu


最初は岡崎さんのほうが山本さんを必要としていたのに、いつの間にか山本さんにとって一番大きな存在になっている。そして変わらない岡崎さんもいつしか結婚相手を見つけ、山本さんはどうしようもない寂寥感に襲われる。

わかる。わかるぞ、その気持ち。


山本さんの焦燥
私は岡崎さんとの友情やバカ話も好きだけど、それ以上に山本さん個人の人生に対する焦燥感のほうに興味をもちました。

やはりこの『岡崎に捧ぐ』の20年間の一部を切り取った『この町ではひとり』を先に読んだのが大きいのかもしれない。

高校では周りの学力が低く、授業なんか聴かなくても高得点が獲れた。それで学校をさぼる癖がついたが、それを知ったお母さんが叱るよりも涙をぽろぽろこぼして泣き、何という親不孝者かと自らを責めた。それでもさぼり癖は治らなかった。

私も高校では登校拒否をしていましたからね。しかし、うちの親は私の心配よりも、息子が学校へ行っていないことを恥じる気持ちしかなかった。つまり「世間体」というやつ。私が世間体とやらを一切考えない人間になったのはこのときの経験が非常に大きかったと思っている。

だって、中学校くらいまでは、雨が降ってないのに傘をもっていったら笑われるだろうか、とか、周りの目をものすごく気にするごく普通の子だったんですよ。それがいまは周りの目なるものなど存在しないかのように生きている。おそらく私は全身全霊で両親を否定するために生きているのです。


okazakinisasagu1 (1)

「一度何かから逃げたら、一生逃げ続けないといけないんだな」

美大受験を決めるもゲームばかりして不合格。そして関西へ逃げ、「この町ではひとり」状態となる。実家に逃げ、ニート状態を許してくれる母親に甘え、そして「このままでいいのか」という焦燥感にかられる。

私も同じような人生を歩んできたからよくわかる。

大学受験をやめた、そんな世界とは縁を切った、と言っているけれど、逃げたのかもしれない。
脚本家を目指すために撮影所を辞めた、と言っているけれど、逃げたのかもしれない。
シナリオからも逃げて、いまは小説を書いている。

逃げ続ける人生。でも一周回って何かに出逢うかもしれない。いまだに何にも出逢っていないが。


関連記事
『この町ではひとり』感想(島田紳助を思い出した)
『きょうも厄日です①』感想(幸運なのか、不運なのか)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年09月05日

『深夜のダメ恋図鑑』最新の第7巻まで読みました。



91+i4y+8QoL (2)

前回の記事
感想①女たちの痛快なブチキレ劇


セクハラ・性犯罪の本質
ダメンズとダメンズ・メーカーの女たちの物語ですが、今回第4巻から第7巻で一番印象的だったのは、第6巻の「斬新きわまりないセクハラ」ですね。

セクハラに「斬新」なんて言葉を使ったらいけないのかもしれませんが、へぇ~、こんなセクハラがあるの⁉ と驚愕しました。

そのセクハラとは……

主人公の一人である古賀円が駅のホームで電車を待っているとき、後ろに立っている男がケータイで話をしているふりをして、ずっと卑猥な言葉をつぶやいている。円に聞かせるように。

卑猥な言葉を口にすることが純粋に快感なのか、それを若い女に聞かせて反応を見るのが楽しみなのかは円にもわからなかったようですが、いずれにしても「他人を不快にすることで自分だけがエクスタシーを感じる、「そんなタイプの変態がいるんだ」と円はキモすぎて吐きそうだったと述懐するのですが、いやはや、私も想像しただけで何だかいやな気持ちになる。

私は男だし、実際にそういう現場に遭遇したわけじゃないから円ほどの嫌悪感はもてないけれど、こういうことをされて、でも誰にも言えず、精神に傷を負う人がいると思うと本当に反吐が出ます。

痴漢やレイプは性犯罪にカテゴライズされる犯罪だけれど、私はそれよりも何よりも「弱い者いじめ」だと思っています。力の弱い女を腕力でねじ伏せてほしいままにする、声を上げられない弱さにつけこんで好き放題する、それはとても卑怯なこと。性的な快感を得たいのではなく、弱い者を組み伏せることに快感を見出すのが性犯罪の本質だと思うわけです。

円の後ろで卑猥な言葉をつぶやいていた男も、結局同じですよね。

だって電車を待っているときなわけだから、そのあと同じ電車に乗るわけでしょ? もしかしたら家まで尾けてくるかも、という恐怖とも闘わないといけない。何とか撒かなければいけない。でも足の速さは男のほうが断然上。

実際に行っている行為は口を動かすだけだけれど、身体能力の高さを後ろ盾にしているわけです。女より筋肉の量が多いことが根っこにある。

そう、痴漢やレイプは「筋肉の量の男女差」というどうしようもない現実が根っこにあると思うんですよね。体の仕組みが違うのだからこれはどうしても解決できない。ならば男の意識を変えるしかない。男の意識を変えるには女が上手にキレなければいけない。


kogamadoka

前回の記事で、脳科学者の中野信子さんが「上手なキレ方を教えてくれるのが『深夜のダメ恋図鑑』」と紹介していたと書きましたが、円や千鳥佐和子のように思わず喝采を贈ってしまうキレ方をする女性が増えるといいなと思います。もちろん、われわれ男性も卑劣な同性に上手にキレることが大前提ですが。


いとおしいダメンズたち
痴漢男のような卑劣漢と違い、佐和子の元カレで典型的なダメンズの諒くん(ちょいとデフォルメされすぎの感はありますが)や、円の会社の取引先の市来という男などは、確かに「家事は女の仕事」「男に文句を言う女はかわいげがないからダメ」みたいな前時代的なことを平気で言うダメンズではありますが、少なくとも卑劣ではない。

だから、円は市来と映画を一緒に見るし、佐和子は佐和子で、諒くんが別れてもまだ自分をあてにすることに辟易しながらも、諒くんの今カノのところに一緒についていってあげたりする。

上記の痴漢男や、円の上司でとんでもないセクハラ部長などに比べたら、諒くんや市来がめちゃくちゃかわいいというか、最初は「何だこいつは」という腹立たしい気持ちで読んでいたのに、いまじゃだんだんいとおしくなってきたから不思議。作者である尾崎衣良さんの筆力は相当なものです。


kogamadoka

こういう設定の円ですが、市来がもしかしたら最初の男になるのか。
佐和子さんと諒くんの行く末は?

先が気になってしょうがないですが、7巻が出たのが6月なので、8巻は来年1月くらいでしょうか。

嗚呼、待ち遠しい。

円と佐和子の他に、八代という男と結婚しようとしている千代という女性がちょいと邪魔になってきました。もう円と佐和子だけで行ってほしい。勝手なお願いですが。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加