アニメ

2020年10月15日

今年ももうはや10月になり、秋の新ドラマと新アニメが続々放映開始となっています。

前クールでは『彼女、お借りします』や『半沢直樹』が印象深かったですが、今回はまだ前半戦なのに「大凶作」といって差し支えないありさまで、げんなりしている今日この頃です。

これからに期待がもてる順番に簡単に感想を述べましょう。


『体操ザムライ』
taisouzamurai

これは何しろ愛すべき先輩、村越繁さんのシリーズ構成4作目ということで期待せざるをえません。

村越さんの作品はこれまで『ゾンビランドサガ』『かつて神だった獣たちへ』『群れなせ! シートン学園』とどれも好みに合わなかったのです。村越さん自身、無理して書いてるんじゃないかしら? と邪推してしまいましたが、今回の『体操ザムライ』はこれまでで一番村越さんの資質に合ってる感じがしました。

惜しむらくは、出だしですでに主人公が「引退しない宣言」をするのが見え見えなので、それなら最初の10分でまとめてほしかった。そして第2話までの展開を1話でやる。それぐらいスピーディーにやったほうがよかったように思います。生意気な後輩の意見ですが。

期待してまっせ、村越さん!


『あのコの夢を見たんです。』
f0a618b1e77611ea8333ef8094a2444f

全映画ファン男子の憧れだった蒼井優と結婚した山ちゃんが自身の妄想をまとめた短編集が原作と聞いて見てみました。

第1話はすごくというほどではないけどよかったですね。振られ屋として楽しんでいた中条あやみが実は振り屋の山ちゃんに遊ばれていた、でもお互い楽しくてしょうがない、というのはやりすぎの感は否めませんが、でも「これが俺の妄想だ!」と言われたらもう何も返せません。


nakajouayami

中条あやみはぜんぜん好きな女優じゃないけど、この作品での彼女は魅力的でした。高い身長と長い手足を活かしてアクション女優になってほしい気もする。

ただ、2話の芳根京子は……というか、芳根京子自身は『コタキ兄弟と四苦八苦』で好きになったのでいいんですが、お話があまりに突飛で好きになれませんでした。1話みたいなのをテレビドラマには期待してるのでね。逆に2話は映画に求めているものかもしれない。

たぶん最後まで見ます。だってトリが池田エライザでしょ。エライザ姐さんの前で挫折するわけにはまいりませぬ!


『35歳の少女』
35sainosyoujo

『家政婦のミタ』の遊川和彦さんの新作ということで見てみました。柴咲コウは好きだし。

10歳になりきった彼女の芝居が絶賛されているそうですが、あの程度の芝居は役者なら当然でしょう。みんな役者というものを舐めているのでしょうか。

すっかり魅力を失った橋本愛はともかく、無表情が恐ろしい鈴木保奈美がこれから何をするのか興味津々。でも、別れた旦那の田中哲司の義理の息子が引きこもりというのはどうなのか。もう映画やテレビドラマで引きこもりとかそういうの見たくない。そういうので「問題」を作るのって安易な感じがしてしまいます。


以下は1話目で見るのをやめる決意をした作品群です。(見た順)


『池袋ウエストゲートパーク』
やっぱりクドカンのIWGPというか長瀬智也のマコトのイメージが強すぎてまったく乗れませんでした。

『危険なビーナス』
金持ちの家の遺産相続がどうたらとかまったく興味ありません。

『極主夫道』
時代錯誤も甚だしい。

『まえせつ!』
絵が好きになれない。この内容なら『彼女、お借りします』みたいな画風にしてほしかった。


というわけで、まだまだ、エライザ姐さんの『名建築で昼食を』に木村文乃の『七人の秘書』、岡田惠和さんの新作『姉ちゃんの恋人』などが控えていますが、現段階で7本中4本がすでに脱落。完走できるのは全10本中で何本あるのでしょうか。


第一話 引退ザムライ
小山力也
2020-10-12





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年03月17日

東京時代の恩師である、じんのひろあきさん(『櫻の園』など)に初めて自作シナリオを読んでもらったとき、こっぴどく叱られました。

「どうしてファーストシーンでこんなどうでもいいことを書くんだ。最初から暴走するくらいの勢いで話を進めていかなきゃダメだろう。映画ならまだいいけどテレビだったらチャンネル替えられちゃうよ。いまの観客はこんなテンポの遅い話には誰も乗ってこない」



captain1 (1)

いま、DAZN(チャンピオンズリーグがいつ再開するのかわからないのでいったん解約するつもり)で『キャプテン』を見てるんですが、40年も前の作品なのに異常なまでに展開が速いんですね。

こんなあどけない顔をして名門・青葉学院中学から平凡校・墨谷二中に転校してきた谷口くん。二軍の補欠だったのになぜかみんな「青葉のレギュラー」と勘違いしてしまう。そして連夜の猛特訓をする。それを前キャプテンが陰で見ていて彼を新キャプテンに指名する。

までを何と第1話で描いているんですね。記憶では数話かかっていたように思うんですが驚くべき速さ。

しかも、第2話では「キャプテンなのにノックもできない」と新入生イガラシを怒らせ、それも連夜の猛特訓で覆してみんなを驚かせる。

そして地区予選の一回戦。優柔不断の谷口くんらしいミスでリードを許すが、自身の逆転サヨナラランニングホームランで勝利の立役者となり、押しも押されぬキャプテンとなる。

ここまででまだ2話。こんなに速かったの? 

第3話はデータ野球を標榜する嫌味なマネージャーが支配する金成中が相手で、3話だけでは試合が終わらないんですが、続く第4話の半分までで勝利し、決勝の相手、青葉学院のプロ並みの練習をナインに見学させ、そしてシートノックを半分の距離から行うという殺人的練習をナインに課す。


captain2

あの「一番キャプテンらしからぬキャプテン」だった谷口くんが4話ですでにこの顔です。

そして、怪我人続出に激怒したナインが抗議しに谷口くんの家を訪ねると、神社で深夜の猛特訓をしている。それを見たナインは自分たちの不明を恥じる。「好きだね、抗議が」や「これなんだな、キャプテンのみんなを引っ張る力ってのは」というイガラシの名セリフが聞けるのもこの第4話です。

うーん、こんなに展開が速かったとは。

そういえば……


『機動戦士ガンダム』いわゆるファーストガンダムでは、ただの機械いじりの好きな少年アムロが、ガンダムの正規のパイロットでもなければ地球連邦軍の軍人ですらないのに、父親の作ったガンダムに乗り込みザクを倒すまでが第1話で描かれます。

『新世紀エヴァンゲリオン』では、主人公・碇シンジがエヴァ初号機に乗り込むのも第1話です。ま、庵野秀明さんはファーストガンダムの第1話をかなり参考にしたらしいですし、シンジは最初から初号機のパイロットとしてネルフに呼ばれたのだから、そんなに難しくなかったはずですが、アムロがガンダムに乗り込んでザクを倒すまでを正味22分ほどでやるのは至難の業。シャアがサイド3に潜入してスパイ活動したり、その過程でセイラと再会するというサブプロットも展開させながらですからね。天才。

というわけで、じんのひろあきさんは「最近の客はテンポの遅い話には乗ってこない」と言ってましたが、むしろ昔の子どものほうがテンポの速さを求めていたんじゃないか。

最近見た『映像研に手を出すな』とか『荒ぶる季節の乙女どもよ。』、京アニの『響け! ユーフォニアム』『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』などを見ていても、テンポはあまり速くない。じっくり丁寧に描写している感じ。

いまは子どもよりむしろ大人がアニメを見ているからなんでしょうかね?

そのへんの事情はよく知りませんが、とりあえずいまから『キャプテン』の第5話を見ます。5話にして青葉学院との決勝戦というのだから恐れ入ります。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年01月16日

2020年1月期に見始めたドラマとアニメは全部で6本。

見始めた順に簡単な感想を。


『贋作 男はつらいよ』
これはきつかったですね。桂雀々はまだ芸達者なほうでいいんですが(でも渥美清のほうが百万倍は上)常盤貴子の芝居とか見てられない。どうしても倍賞千恵子と比較してしまう。他の面子も同様。
お話がどうとかいう以前に、というか、同じ話じゃないですか。同じ話だからこそ役者の芝居で魅せてくれないと見てられない。第1話でリタイア。


『映像研には手を出すな!』
images.jfif

『四畳半神話大系』の湯浅政明監督が5年ぶりに手掛けるというテレビアニメ。
第1話では「メタ・アニメ」なのかな、と思ったら、第2話では特別そういうわけでもなく、アニメ好きが自分たちが作ろうとしているアニメの世界で楽しく遊んでいるだけというか。登場人物たちは楽しいんだろうけど、見ているこちらは少しも楽しくない。出演している芸人たちだけが楽しんでて少しも笑えないバラエティと同じようなものか。
次回以降の展開に期待します。


『pet』
pet

東京時代の恩師である村井さだゆきさんがシリーズ構成をなさっているということで見始めたんですが……うーん、これは面白いとか面白くないとかいう以前に私には合わないです。世界観なのか何なのかはわからないけど。恩師の作品ですが2話の途中でギブアップ。


『知らなくていいコト』
ogp2

吉高由里子の作品はすべて見るようにしています。女として魅力があるとは思わないけど、女優としては素敵すぎる。なぜなら「主役しか似合わない」から。あんなに個性豊かな役者が脇にいたら主役の邪魔になってしまう。だからこの子が脇役の作品って私はデビュー作の『紀子の食卓』しか知らない。あの映画でも異彩を放っていました。(もう14年前!)

それはともかく、この『知らなくていいコト』はなかなか大きなテーマを扱っていますね。

母親が死ぬ直前に「あなたはキアヌ・リーヴスの子だ」と言い、まさかとは思いつつも喜んでいたら、実は殺人犯の娘だった。第1話では「殺人犯の遺伝子」を理由に彼氏に振られ、第2話では「DNAマッチング婚活」なるものが取り上げられる。

市川由衣(何でこんな役で出てるんだろうと思ったら、そういうことかという展開でしたね)のセリフがすべてを象徴しています。

「洗脳じゃありません。科学です」

洗脳は宗教の分野だとでも言いたいのでしょうが、いかんせん、科学もまた宗教なんですよね。たいていの科学者(特に数学者や物理学者)は神の存在を信じているらしいですから。

DNAの魔力を信じて吉高を振った重岡大毅と、そんなものなどどこ吹く風と彼女が殺人犯の娘と知りながらプロポーズした元カレの柄本佑。一人の女をめぐる二人の男の対立がこの物語を貫くメインの葛藤ということになりましょう。

そこに「科学」と「宗教」がどう関わってくるのか。いや、科学など私にはどうでもいい。「宗教」の領域に踏み込んでくれなくては意味がない。

「好き」という気持ちだって「宗教」ですから。


『彼らを見ればわかること』
耐えきれず20分ももたずにリタイア。なぜ小説家に脚本を書かせたんでしょうか? 脚本家に小説は書けても小説家に脚本が書けるとはかぎらないのに。戯曲>シナリオ>小説の順に難しいのは常識です。


『コタキ兄弟と四苦八苦』
images (1).jfif

前作『獣になれない私たち』は好きになれなかったけど、『逃げ恥』の野木亜紀子さんの新作ということで見始めました。開巻早々「監督:山下敦弘」と出たので不安になりましたが、テレビドラマは映画ほど監督の色が出ないのか、あまり間延びしてなくてホッと一安心。

常識的な兄と非常識な弟という鉄板設定。しかも未婚の兄に対して弟のほうが人情味があってモテそう(既婚)というこれまた鉄板設定。

この二人は『第三の男』のジョゼフ・コットンとオーソン・ウェルズですよね。人情よりも社会正義を重んじるジョゼフ・コットンが古館寛治で、不正を犯したオーソン・ウェルズが滝藤賢一。女=アリダ・ヴァリ=市川実日子は、違法だけどやさしさを見せる滝藤賢一を選び、社会正義を貫いた古館寛治は決して選ばれない。

それだけなら名作を焼き直しただけですが、滝藤賢一も妻から離婚を迫られているのにサインできない。「他人の離婚届なら簡単にサインできるのに」というセリフがこのキャラクターをより深いものにしていると感じました。

この作品も二人の男がメインの対立軸ですね。

『知らなくていいコト』と『コタキ兄弟と四苦八苦』、どちらに軍配が上がるか。

どっちも頑張れ!!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加