スクリーン

2021年03月23日

『婚前特急』の前田弘二監督最新作『まともじゃないのは君も一緒』がやたら面白かった。

何しろ脚本が『さよなら渓谷』『詐欺の子』の高田亮さんということで期待値が高かったんですが、軽く越えてくれました。

でも、最初の30分、いや、もしかすると1時間くらいはイライラしっぱなしでした。


なぜこんなにも画面が暗いのか
matomojanainoha6.jfif (2)

冒頭の清原果耶が友人たちと無駄話しているシーンにしても、この予備校内のシーンにしても、わざわざ曇天で撮ってたり、ブラインドを下ろしたりしてましたが、これがイライラの原因でした。

だってこんなことをすると否が応でも主役のクロースアップを撮るとこうなってしまいます。


matomojanainoha1

顔にほとんど光が当たっていません。この画像ではわかりにくいですが、表情が読み取りにくいクロースアップやツーショットが多すぎて辟易しました。

ところが……


物語があまりに面白い!
matomojanainoha4

素数の謎を考えるのがたまらなく楽しいという、いかにも数学好きな感じの成田凌は、一緒にご飯に行こうと言ってきた女の子を普通なら連れて行かない店に連れていき主役の清原果耶の顰蹙を買うんですが、清原果耶はいわば「普通教」という宗教の信者。そしてその宗旨に疑問をもち始めている。

疑問をもち始めたから成田凌に興味をもち始めたのか、成田に興味をもったから自分の宗教に疑問をもち始めたのか、それはわかりません。

啐啄の機というやつかもしれない。

普通であることにこだわり、世間に合わせることばかりを考え、自分というものがない。そんな清原果耶が憧れる横文字肩書が似合いそうな小泉孝太郎もクリシェばかりを使っている。清原果耶はセミナーで彼が次に何を言うかを簡単に予測できる。

小泉孝太郎は清原果耶を大学生と勘違いして抱こうとしますが、高校生と知って急に萎える。清原果耶という女にげんなりしたのではない。彼女に付いている「情報」が彼を萎えさせた。体で感じるはずのものを頭で考えてしまっている。

だから小泉孝太郎と同じ思考回路だった清原果耶は「何を食べたいか」ではなく「他の人ならどういう店へ行くか」というふうに考えてしまう。

数学にうつつをぬかすなんてダサい。という「情報」なんて本当は彼女にとってはどうでもよく、むしろそんな「情報」を吹き飛ばしてくれそうな成田凌に恋をした。

同じ高校の女子と彼女とつきあう男子に「どういうところが好きなのか」と問うと、「彼女が働いているバーでちょっと手伝ったら、カウンターの中っていつもと違う距離感だし、見える風景も違うし、何かそんなんでお互い魅力的に見えて」みたいな答えが返ってきますが、まさしくそういうものでしょうね。


「情報化社会」の荒波の中で
youroutakeshi

解剖学者の養老孟子先生はかつて、

「人間は生きているから絶えず変化するものなのに、俺はこういう人間、私はこういう人、と自分や周りの人間を変化しない『情報』として捉えるようになった。それが『情報化社会』です」

という意味のことを言いました。

バーのカウンターで恋心が芽生えた二人は(その恋心もやはり啐啄の機のようなものだったのでしょうが)相手を変化する人間として見ています。「普通」という「情報」に振り回される清原果耶には最初はそれがまったく理解できない。


matomojanainoha4

でも成田凌に告白した彼女はもう普通教という邪教の信者でもなければ、俗物・小泉孝太郎に憧れる頭の弱い女の子でもありません。

清原果耶と成田凌が出逢ったこと。それが高度情報化社会における「啐啄の機」でした。

クラスの友だちの言動に疑問をもち始めたときに成田凌と出逢ったのは、これ以上ない最高のタイミング。

かつて蓮實重彦は、

「映画というのはつまるところ人と人が出逢うことだ」

と語っていましたが、まさにその通りの映画でした。


関連記事
最近のアメリカ映画が人物の顔にちゃんと光を当てない件


まともじゃないのは君も一緒 (朝日文庫)
鹿目けい子
朝日新聞出版
2021-02-05







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月31日

大晦日。まだ台所の掃除が残っているけど、後回しにして劇場映画のベストテンを選んでみました。

もう10年くらい前の映芸ベストテンで名前は忘れたけどある人が、こんなことを言っていました。

1位は今年の顔。2位から4位は質とボリューム。5位は裏ベストワン。6位7位は味系。8位と9位でまとめに入り、10位はお祭りの総仕上げだ、と。

私もそれに倣ってみようかな、と。今年も10本に絞り切れなかったのもあり、12位まではこんな感じです。

1位は極私的偏愛映画。2位3位は今年の顔。4位~6位は質とボリューム。7位は裏ベストワン。8位9位は味系。10位11位でまとめに入り、12位がお祭りの総仕上げ。

では行きます。



ザ・ハント(クレイグ・ゾベル監督)
④フォードvsフェラーリ(ジェームズ・マンゴールド監督)
⑤ジョジョ・ラビット(タイカ・ワイティティ監督)
⑥三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(豊島圭介監督)
⑧一度も撃ってません(阪本順治監督)
その手に触れるまで(ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)
脳天パラダイス(山本政志監督)


面白さだけで言うなら『レ・ミゼラブル』か『アルプススタンドのはしの方』なんですけど、最近『バクラウ 地図から消された村』を見たんですが、同じ人間狩り映画なら断然『ザ・ハント』のほうが面白いのにほとんど誰も挙げていないことに憤激したので。(ジョン・ウォーターズが今年のベストテンの上位に挙げていて大いに溜飲が下がりましたが)


The-Hunt-2020

それに同じアクション映画でもなぜか『ブルータル・ジャスティス』が高い支持率を誇っているのか理解できず、『ザ・ハント』のアクション映画としての活きの良さを称揚したくて極私的偏愛映画として1位にしました。

『フォードvsフェラーリ』と『ジョジョ・ラビット』はさすがハリウッド! と言いたくなる映画らしい映画。

『一度も撃ってません』は最後、敵のヒットマン・豊川悦司も一度も撃ったことがなくて痛み分けに終わるというのが何ともつまらなかったんですが、阪本順治監督の「生活感」の出し方、その演出力に舌を巻いたので。妻夫木なんかほんとにああいう人が目の前にいるかのような存在感で、それは佐藤浩市や桃井かおりなど他の役者たちについても同様。エンディングクレジットの「原田芳雄」には涙があふれました。

『さよならテレビ』についてはもう誰も語らないのが不満で(というか誰にも見られてない?)個人的にはロバート・アルトマンの『ザ・プレイヤー』と同等の傑作だと思うので、『ザ・ハント』と同様、称揚したい意味もこめて裏ベストワンの7位に。

毎年恒例のワーストには、『罪の声』(土井裕泰監督)を挙げます。『パラサイト』『ブルータル・ジャスティス』『ミッドサマー』『ラストレター』など単につまらない映画を挙げてもしょうがないし。グリコ・森永事件を扱うからにはベストワンかワーストワンのどちらかしかふさわしくないとも思うし。

『異端の鳥』『マンク』『れいこいるか』『ミセス・ノイズィ』などなど他にもいっぱい見逃してますが、来年はどんな映画が待っているでしょうか。まずは『シン・エヴァンゲリオン』でしょうかね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加