映画

2021年03月23日

『婚前特急』の前田弘二監督最新作『まともじゃないのは君も一緒』がやたら面白かった。

何しろ脚本が『さよなら渓谷』『詐欺の子』の高田亮さんということで期待値が高かったんですが、軽く越えてくれました。

でも、最初の30分、いや、もしかすると1時間くらいはイライラしっぱなしでした。


なぜこんなにも画面が暗いのか
matomojanainoha6.jfif (2)

冒頭の清原果耶が友人たちと無駄話しているシーンにしても、この予備校内のシーンにしても、わざわざ曇天で撮ってたり、ブラインドを下ろしたりしてましたが、これがイライラの原因でした。

だってこんなことをすると否が応でも主役のクロースアップを撮るとこうなってしまいます。


matomojanainoha1

顔にほとんど光が当たっていません。この画像ではわかりにくいですが、表情が読み取りにくいクロースアップやツーショットが多すぎて辟易しました。

ところが……


物語があまりに面白い!
matomojanainoha4

素数の謎を考えるのがたまらなく楽しいという、いかにも数学好きな感じの成田凌は、一緒にご飯に行こうと言ってきた女の子を普通なら連れて行かない店に連れていき主役の清原果耶の顰蹙を買うんですが、清原果耶はいわば「普通教」という宗教の信者。そしてその宗旨に疑問をもち始めている。

疑問をもち始めたから成田凌に興味をもち始めたのか、成田に興味をもったから自分の宗教に疑問をもち始めたのか、それはわかりません。

啐啄の機というやつかもしれない。

普通であることにこだわり、世間に合わせることばかりを考え、自分というものがない。そんな清原果耶が憧れる横文字肩書が似合いそうな小泉孝太郎もクリシェばかりを使っている。清原果耶はセミナーで彼が次に何を言うかを簡単に予測できる。

小泉孝太郎は清原果耶を大学生と勘違いして抱こうとしますが、高校生と知って急に萎える。清原果耶という女にげんなりしたのではない。彼女に付いている「情報」が彼を萎えさせた。体で感じるはずのものを頭で考えてしまっている。

だから小泉孝太郎と同じ思考回路だった清原果耶は「何を食べたいか」ではなく「他の人ならどういう店へ行くか」というふうに考えてしまう。

数学にうつつをぬかすなんてダサい。という「情報」なんて本当は彼女にとってはどうでもよく、むしろそんな「情報」を吹き飛ばしてくれそうな成田凌に恋をした。

同じ高校の女子と彼女とつきあう男子に「どういうところが好きなのか」と問うと、「彼女が働いているバーでちょっと手伝ったら、カウンターの中っていつもと違う距離感だし、見える風景も違うし、何かそんなんでお互い魅力的に見えて」みたいな答えが返ってきますが、まさしくそういうものでしょうね。


「情報化社会」の荒波の中で
youroutakeshi

解剖学者の養老孟子先生はかつて、

「人間は生きているから絶えず変化するものなのに、俺はこういう人間、私はこういう人、と自分や周りの人間を変化しない『情報』として捉えるようになった。それが『情報化社会』です」

という意味のことを言いました。

バーのカウンターで恋心が芽生えた二人は(その恋心もやはり啐啄の機のようなものだったのでしょうが)相手を変化する人間として見ています。「普通」という「情報」に振り回される清原果耶には最初はそれがまったく理解できない。


matomojanainoha4

でも成田凌に告白した彼女はもう普通教という邪教の信者でもなければ、俗物・小泉孝太郎に憧れる頭の弱い女の子でもありません。

清原果耶と成田凌が出逢ったこと。それが高度情報化社会における「啐啄の機」でした。

クラスの友だちの言動に疑問をもち始めたときに成田凌と出逢ったのは、これ以上ない最高のタイミング。

かつて蓮實重彦は、

「映画というのはつまるところ人と人が出逢うことだ」

と語っていましたが、まさにその通りの映画でした。


関連記事
最近のアメリカ映画が人物の顔にちゃんと光を当てない件


まともじゃないのは君も一緒 (朝日文庫)
鹿目けい子
朝日新聞出版
2021-02-05







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月20日

ちょいと前ですが、看過できないニュースを読みました。

何と、映画や動画などを見るときに倍速で見る若者がいまや多数派を占めると。


内容がわかればいい⁉
smartphone_native_1280

何でも、いまどきの若者は「コスパ」を異常に重視するとかで、スマホでツイッターやらインスタやらLINEやらを常時見てないと安心できない。そこへさらにYouTubeで話題の動画を見たり、テレビのドラマや映画など話題の作品を見ておかないと友だちとの話についていけない。だから倍速で見るというんですね。普通の速度で見ると「時間を無駄にしている」と思うらしい。

いやはや、そんな見方をするほうが時間の無駄だとおじさんは断言します。

しかし、まだ倍速で見るならいいほうで、中には「内容さえわかればいい」と、ネタバレしているブログやらまとめサイトなどであらすじや結末を知っておけば流行に乗り遅れなくてすむと信じている輩もいるとか。


img_048a25ce4336bf21aa8f480609cbcbfe215225

いやはや。私が高校生ならこんな目で世をはかなんでいることでしょう。

映画や文学など「作品」のことを「コンテンツ(内容)」なんて言うようになったからこんな人たちが跳梁跋扈するようになったんじゃないですかね?

映画や文学は「時間芸術」でもあるのにその時間を味わわず、内容だけわかればいいというのは笑止千万。

なぜ笑止千万か。


健康のためなら死んでもいい人たち
2172887uz.jfif (1)

以前働いていた職場で、まさに健康のためなら死んでもいい人がいました。その人は、食事を栄養補給の時間としか考えていませんでした。

血栓を予防するにはこの食材をこう調理して夜食べるのがいい、とか、便秘を解消するにはこの食材をこう調理して朝食べるのがいい。などの健康蘊蓄をたくさん聞かされました。で、その人は食べる順番から量まですべてを管理していると。旦那さんにも「その順番は違う! これはそれ以上食べたらダメ。こっちをもっと食べて」といちいち叱りつけるんだそうです。

こんな人と結婚したら人生の墓場だと思いませんか?

食事の時間は何より団欒の時間なのに、食材に含まれる栄養素をいかに効率よく摂取するかということにしか関心がない。毎日毎晩叱られてたらストレスが溜まって逆に病気になってしまいます。

料理を食べているのではなく、栄養素を摂取しているだけ。機械に油を指すようなもの。それが「食事」ですか?

映画や動画を倍速でみて内容だけわかればいいと言っている人たちも同じです。効率よく内容だけ摂取しても、そのときの話題にはついていけるかもしれないが、長い人生の滋養にはなってくれません。心が風邪をひいてしまいます。


unnamed

これは中国の授業風景だそうです。

目を輝かせて教師の話に聞き入るのと映画や文学をじっくり味わうのは同じ。問題は量ではなく質。話題になんかついていけなくていいから我が道を行ってほしい。

すべての若者が人生の滋味を味わう輝かしい顔になってほしいとおじさんは切に願っています。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加