映画

2021年01月18日

香港ノワールの金字塔『男たちの挽歌』。

何度も見ている大好きな作品ですが、つい先日まで何度見ても「誰が主人公か」という作劇の基本中の基本がよくわからなかったんです。でも今回見直してみてよくわかりました。


①チョウ・ユンファ?
ABetterTomorrow1 (1)

『男たちの挽歌』といえばチョウ・ユンファといわれるくらい、この名優の代表作として知られています。多くの人もこの映画の主人公はチョウ・ユンファだろうといいます。実際、香港アカデミー賞で主演男優賞を取っています。しかしながら、助演にすぎないマーロン・ブランドが主演男優賞を取った『ゴッドファーザー』の例もありますし(詳しくは→こちら)同様にトラブルメイカー役にすぎないダスティン・ホフマンが主演男優賞を取った『レインマン』の例もあります。(→こちら)だから主演賞というのは少しもその役者が主役だったということの証しにはならないのです。


②レスリー・チャン?
ABetterTomorrow3

この映画が「兄弟の葛藤」を軸にした物語であることは誰の目にも明白です。兄貴がヤクザだと知った弟は兄に裏切られたと思い、しかも兄のせいで父親まで亡くしてしまう。「あいつを許してやってくれ」と言われるからよけいに許したくない気持ちが芽生え、兄貴のせいで警察官としての未来はなくなり、重要な仕事からも外される。

だから、兄ティ・ロンが弟レスリー・チャンに許してもらう物語なのか、それとも兄を許したくなかった弟が最終的に兄を許す物語なのか、という二つの考え方の間で揺れた結果、弟が兄を許す物語、つまりレスリー・チャンが主役なんじゃないか、と思っていた時期があったんです。

でも違いました。


③ティ・ロン!
ABetterTomorrow2

主役はティ・ロンです。画像から明らかなように、彼はレスリー・チャンとチョウ・ユンファの間で板挟みになっています。

いままで大事なことを見落としていました。チョウ・ユンファもまた彼の「弟」だということです。もちろん血のつながった弟ではなく「弟分」という意味。

ヤクザの兄を許さないレスリー・チャンのために足を洗おうとするも、ヤクザ世界の弟チョウ・ユンファはもう一旗揚げようとヤクザの世界に戻ることを迫ってくる。二人の弟の間で揺れる兄貴の苦悩を描いていたのですね。

弟といえば……

話の発端はティ・ロンとチョウ・ユンファが弟分シンの裏切りに遭うことでした。で、いまやシンが親玉になっている。シンが裏切りさえしなければティ・ロンは円満に足を洗うことができた。その弟分シンを殺すことで物語は決着します。

だから「二人の弟の間で葛藤する」というのは間違いですね。本当は「三人の弟」です。

弟分の二人は身勝手なことを言うだけで死んでしまいますが、血のつながった弟だけは最終的に兄の苦悩を理解し、シンを殺すための拳銃を手渡します。そして、逮捕。

せっかく心が通い合ったのに、二人をつなぐ物が手錠というのが何とも哀しい。

でも、あれはハッピーエンドですよね。殺すべき弟分を殺し、和解したかった弟とは和解するのだから。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年01月17日

今日1月17日はジム・キャリーの誕生日だそうです。

しかし、ジム・キャリーを語る人の多くは『トゥルーマン・ショー』や『マン・オブ・ザ・ムーン』『マジェスティック』などを挙げていて、私はそれが大いに不満なので筆を執った次第。そりゃああいういい子ちゃんの映画も面白かったけど、やっぱりジム・キャリーなら『ふたりの男とひとりの女』や『マスク』『ブルース・オールマイティ』あたりが最高じゃないかしら、と。おとなしめの作品なら『イエスマン YESは人生のパスワード』とかね。

たまたま昨日、WOWOWで最初の主演作『エース・ベンチュラ』とその続編『ジム・キャリーのエースにおまかせ』が放送されていました。なかなかタイムリーじゃないかと早速見てみました。ジム・キャリー大好き人間なのにこの2本は初見なのです。


ジム・キャリーはチャップリン⁉
ace-ventura

やはり面白かったです。あの顔面芸をはじめやりすぎ感満載のオーバーアクションは好き嫌いがわかれるところでしょうが、私はジム・キャリーは現代のチャップリンだと思っています。

こんなことを言ったら、チャップリンを語らせたら右に出る者はいない泉下の淀川長治さんが激怒するかもしれません。ジム・キャリー大嫌いでしたからね。

それに、チャップリンを出すなら同じサイレント期の巨人バスター・キートンはどうなんだと言われるかもしれません。

でも、キートンにはすでに正統な後継者がいるじゃないですか。


バスター・キートン=ジャッキー・チェン
projectA

ジャッキーはかねてより最も敬愛する映画人はバスター・キートンだと言っていました。え、アクションスターなのにコメディアンを尊敬しているの? と思うかもしれませんが、『セブン・チャンス』や『キートンの大列車追跡』を見ればキートンがアクションスターであることは論を俟ちません。

さて、ジム・キャリーがチャップリンと同等だと思うのは、この人の言葉を幼い頃に聞いたからなんですよね。


萩本欽一の言葉
hagimotokinnichi

中学生でしたから、映画を狂ったように見始める前のこと。NHKで「チャップリンはなぜ時代を超えて人々を魅了するのか」という番組をやっていて、同じコメディアンの欽ちゃんが解説していました。

「例えば熱い鍋に触れて思わず手を引っ込めるシーンで、普通ならアツッを大きく手を引っ込めるだけですが、チャップリンはそこでひっこめた手の指を変なふうに曲げてみせるんです。さらに片目を大きくつぶる。口元を歪める。もう片方の手を反対方向へねじる。片足を上げる。というふうに、同時にいろんな部位を動かす。思わず手を引っ込めるというひとつのリアクションに実はいろんな動きが隠されているんです」

みたいな意味のことを言っていました。いま思えばちょいと変ですよね。だってチャップリンはキートンと同じで笑わせる場面ではいつも無表情だったから。淀川さんはそういう上品さが好きだったんでしょう。


お下劣ジム・キャリー
o0320024014329693905

確かにこんな変な芝居をする役者を淀川さんが好きになるはずはないなぁとは思うものの、しかし淀川さんの言葉がすべて正しいわけではない。もちろん私の言葉も正しいとはかぎりません。

ジム・キャリーが苦手な人は下品・下劣な芝居が満載なのがいやなのでしょう。でも私は好き。欽ちゃんの言葉通りだからとかそういう理屈ではなく、ただ見ていて自然と噴き出してしまう。なぜ爆笑してしまうのかと考えると、欽ちゃんの言葉がよみがえってくるのです。

サイレント期と違い、セリフがあるからジム・キャリーは素っ頓狂な声で笑いを取ることもありますが、基本的には体の動き、つまりアクションで魅せようとしている。上品か下品かの違いこそあれ、チャップリンとジム・キャリーのやっていることはほとんど同じです。

フィルモグラフィーを見ると、最近はあまり映画に出ていないみたいだし、画像を見ると皺だらけになっていて大丈夫かなと心配になってきましたが、『トゥルマン・ショー』みたいな賞狙いの作品ではなく、『ふたりの男とひとりの女』みたいな顔面芸だけで成立しているお下劣な映画を待ってまっせ!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月31日

大晦日。まだ台所の掃除が残っているけど、後回しにして劇場映画のベストテンを選んでみました。

もう10年くらい前の映芸ベストテンで名前は忘れたけどある人が、こんなことを言っていました。

1位は今年の顔。2位から4位は質とボリューム。5位は裏ベストワン。6位7位は味系。8位と9位でまとめに入り、10位はお祭りの総仕上げだ、と。

私もそれに倣ってみようかな、と。今年も10本に絞り切れなかったのもあり、12位まではこんな感じです。

1位は極私的偏愛映画。2位3位は今年の顔。4位~6位は質とボリューム。7位は裏ベストワン。8位9位は味系。10位11位でまとめに入り、12位がお祭りの総仕上げ。

では行きます。



ザ・ハント(クレイグ・ゾベル監督)
④フォードvsフェラーリ(ジェームズ・マンゴールド監督)
⑤ジョジョ・ラビット(タイカ・ワイティティ監督)
⑥三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(豊島圭介監督)
⑧一度も撃ってません(阪本順治監督)
その手に触れるまで(ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)
脳天パラダイス(山本政志監督)


面白さだけで言うなら『レ・ミゼラブル』か『アルプススタンドのはしの方』なんですけど、最近『バクラウ 地図から消された村』を見たんですが、同じ人間狩り映画なら断然『ザ・ハント』のほうが面白いのにほとんど誰も挙げていないことに憤激したので。(ジョン・ウォーターズが今年のベストテンの上位に挙げていて大いに溜飲が下がりましたが)


The-Hunt-2020

それに同じアクション映画でもなぜか『ブルータル・ジャスティス』が高い支持率を誇っているのか理解できず、『ザ・ハント』のアクション映画としての活きの良さを称揚したくて極私的偏愛映画として1位にしました。

『フォードvsフェラーリ』と『ジョジョ・ラビット』はさすがハリウッド! と言いたくなる映画らしい映画。

『一度も撃ってません』は最後、敵のヒットマン・豊川悦司も一度も撃ったことがなくて痛み分けに終わるというのが何ともつまらなかったんですが、阪本順治監督の「生活感」の出し方、その演出力に舌を巻いたので。妻夫木なんかほんとにああいう人が目の前にいるかのような存在感で、それは佐藤浩市や桃井かおりなど他の役者たちについても同様。エンディングクレジットの「原田芳雄」には涙があふれました。

『さよならテレビ』についてはもう誰も語らないのが不満で(というか誰にも見られてない?)個人的にはロバート・アルトマンの『ザ・プレイヤー』と同等の傑作だと思うので、『ザ・ハント』と同様、称揚したい意味もこめて裏ベストワンの7位に。

毎年恒例のワーストには、『罪の声』(土井裕泰監督)を挙げます。『パラサイト』『ブルータル・ジャスティス』『ミッドサマー』『ラストレター』など単につまらない映画を挙げてもしょうがないし。グリコ・森永事件を扱うからにはベストワンかワーストワンのどちらかしかふさわしくないとも思うし。

『異端の鳥』『マンク』『れいこいるか』『ミセス・ノイズィ』などなど他にもいっぱい見逃してますが、来年はどんな映画が待っているでしょうか。まずは『シン・エヴァンゲリオン』でしょうかね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加