連続ドラマ

2021年03月26日

ついに最終回を迎えた『おじさまと猫』。以前書いた感想では「ある危惧がある」と書きましたが、杞憂に終わってくれましたね。


前回までの記事
『おじさまと猫』に怒り心頭!(去勢・避妊手術について思うこと)
『おじさまと猫』にボロ泣き!(浜田信也という素晴らしい役者さん)


ojisamatoneko1

ある危惧というのは、草刈正雄が心の傷のためにピアニストとして舞台に立てないということでした。正確には、再び舞台に立てるかどうかが問題になっていることでした。

もしかすると、ふくまるによって心を癒された草刈正雄がピアニストとして復活するエンディングが描かれるのではないか。

それでいいじゃないか。という声が聞こえてきそうですが、私はそれは一番やってはいけないことだと思います。

なぜなら、それはナチスの優生思想と同じだからです。

ふくまるのおかげで立ち直れた。それは美談のようでいて、ふくまるを人間が幸せになるための「手段」としてしか捉えていません。

カントの有名な定言命法に、

「汝の他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」

というのがあります。

ふくまるを手段としてのみならず同時に目的として扱わなければ『おじさまと猫』はナチスと同じ汚れた作品に堕してしまいます。

なぜなら、手段として扱えば、それは人間の役に立つペットだけがペットであるということになってしまうからです。何の役にも立たない障害者を片っ端から虐殺していたナチスと何も変わらない。


ojisamatoneko3

確かに、主人公・草刈正雄はピアニストとして復活しました。

でもそれはふくまるではなく周囲の人間のおかげですよね。そりゃふくまるがもたらした縁ではありますが、それでもふくまるが草刈正雄を救ったわけでは少しもありません。

逆に、前回描かれたのは飼い主をとことん心配させる厄介者としてのふくまるでした。


ojisamatoneko5

行方不明になり、みんなで探してやっとのことで見つかったときは死にかけで、何とか復活しましたが、ふくまるは人間の役に立ってないどころか迷惑と心配ばかりかけています。ここが素晴らしい。

前回感想を書いた第9話で、ふくまるが流れ星に「パパさんへの願い」をかけるシーンがありました。あれはないほうがよかったかな、と思います。とことん自分勝手で手のかかる存在として描いてほしかった。だって犬や猫なんて自分のことしか考えていませんよ。うちの犬を見ていればわかります。

だから升毅の言う「ペットは飼い主の荷物を背負ってくれるんだ」というのにも同意できません。そんなのは人間の勝手な幻想です。

大事なのは、この幻想をおそらく草刈正雄はもっていないことです。迷惑ばかりかけて、心配ばかりかけて、とにかく手がかかってしょうがないけど、でもふくまるに出逢えてよかった、とおそらく思っている。

役に立つからいとおしいのではない。何の役にも立たないけどいとおしい。

思えば、ふくまるは「人間の役に立つために生み出された猫」でした。ペットショップで売られている犬や猫はブリーダーを儲けさせるために産まれ、そして売られます。

が、ふくまるは売れ残っていた。役に立たない猫は殺される運命。そこを草刈正雄が拾ったのです。もしかするとあれは草刈正雄だから可能だった邂逅なのかもしれません。

ピアニストとして役立たずになった男と、ブリーダーの儲けに役立たなかった猫だからこその出逢い。


ojisamatoneko2

役になんか立たなくていい。そばにいてくれればいい。

心が洗われる素晴らしい作品をどうもありがとうございました。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年03月06日

山田太一さんの不朽の名作『男たちの旅路』。第4部の第1話「流氷」を再見しました。

実はこの回、あまり好きではなかった。一番好きになれないのは、第2部第3話の『釧路まで』なんですが、この「流氷」はその次に好きじゃなかった。

だって第3部第3話「別離」で、部下の桃井かおりから求愛されて溺れてしまう鶴田浩二が彼女の死によって文字通り、桃井かおりとも水谷豊とも戦友の池辺良社長とも別離してしまう。

山田太一さんの言葉によると、ここでこの部を打ち止めにするつもりだったと。終わるべきところで終わらないといけない、と思っていたそうですが、プロデューサーとディレクターからの強い説得があり、さらにこの第4部だけでなく『男たちの旅路』という稀有なテレビドラマ全体の一番の代表作と言っていい最終話「車輪の一歩」の基本的アイデアがすでにあり、吉岡司令補=鶴田浩二にあの有名なセリフ「君たちは迷惑をかけていいんだ」を言わせたくてオファーを受けたそうです。

ただ、この「流氷」は行方不明となった鶴田浩二を東京へ呼び戻す回、つまりは「車輪の一歩」のための布石にすぎないわけです。「流氷」と「車輪の一歩」をつなぐ「影の領域」だってなかなかの名作ですが、そこでは新キャラの清水健太郎と岸本加世子が鶴田浩二の警備会社で働き始めるという布石を打っておかなくてはならない。すべては「車輪の一歩」へつなぐため。

「影の領域」は複雑な問題を孕んだ物語なので「つなぎ」という感じはしませんが、「流氷」は「つなぎ」以外の何ものでもない。

これが今回見直すまでの私の浅はかな見解でした。


これが本当の「別離」
20120813230740

第3部の「別離」は77年。この第4部は79年。当時、水谷豊は別の局で主役を張っているので(おそらく『熱中時代 刑事編』でしょう)1回しか使えない。だから最初から鶴田浩二を連れ帰るだけの役割だった。連れ戻して、次回の「影の領域」で姿を消す。「これ以上一緒にいるとベタベタしてしまいそうだから」とだけ残して。

役者のスケジュールで内容が左右されるなんてことはテレビや映画の世界ではよくあることで、それを四の五の言っても始まらない。大事なのはこの「流氷」が鶴田浩二と水谷豊の「別離」を描いているということです。

純粋に内容だけ見れば、おそらく水谷豊は最初から鶴田浩二を東京に連れ戻せたら姿を消そうと思っていたのでしょう。鶴田浩二が東京へ帰る列車の中にいるのを見たとき、うれしそうではあったけど、いろいろ言葉を交わして列車が出発すると思いつめた表情になる。「とうとう本当に吉岡さんとはお別れなのだ」という気持ちの表現でしょう。

思えばこの『男たちの旅路』は戦中派で元特攻隊の鶴田浩二と、いまどきの若者の代表者として現れた水谷豊が出逢うところからすべてが始まりました。確かにあのとき桃井かおりとも出逢う。でもやっぱりこのシリーズの主軸は水谷豊と鶴田浩二だと思うんですよね。「別離」だって桃井かおりをはさんで三角関係になっていたし。

いまどきの若者が大嫌いな鶴田浩二と、そういうことを言う中年が大嫌いな水谷豊。水と油の二人が次第に距離を縮めていくのがこのシリーズの一番面白いところ。

水谷豊は鶴田浩二に心酔している。たぶん桃井かおりより心酔している。心酔していながら、「あんな中年の言うことなんて」みたいなことを言う。

そんな彼が、この「流氷」では清水健太郎相手に「おまえ喧嘩で負けたことないだって? 笑わせてくれるよ。おまえなんか吉岡さんの手にかかったらあっという間にやられちゃうよ」とか「あの人が皿洗いなんかしてるわけがない」(←このセリフ、いまだったら炎上しますな)などとついに「本音」を吐くんですね。だって目の前に本人がいないから。本人がいる前ではかっこつけて嘘を言い、本人がいないと本音を言う。人間という存在の本質がよく描けています。


「あんたには責任があると思うね」
20121105063319

「住所を書かず、消印で知らせてくるなんてかわいいじゃないか」と池辺良社長は水谷豊に出張という名目で根室まで鶴田浩二を探しに行かせます。

住んでいる町から出したのだから、誰かが探しに来るのは必定。鶴田浩二も帰りたくて手紙を出したのです。でもやっぱり勝手に姿を消した負い目もある。必死で愛した女への想いもある。だから帰らない。「東京へ帰って何がある?」と意地でも帰らない決意を示す鶴田浩二をどうやってチャラ男の水谷豊が連れて帰るかと思ったら、何と「あんたには責任がある」という。

「これまで司令補、特攻隊の連中は本当に生き死にのことを考えていたとか、そういうこときれいなことばっかり言ってるけど、でも、あの頃は戦争に反対できる雰囲気じゃなかったとも言ってたよね。なぜそういう雰囲気になったの。そこを言ってくれなかったら、また俺たち戦争してしまうかもしれないじゃない。俺は50代の人間には責任があると思うね。あんたには責任があると思うね」

鶴田浩二はまったく言葉を返せません。説教されるばかりだった水谷豊が初めて鶴田浩二を論破したのです。お見事!

というわけで鶴田浩二は帰る決心をするんですが、自分を論破するまで成長した水谷豊のことがうれしかったのでしょうね。

タイトルの「流氷」について鶴田浩二はこんなセリフを言います。

「流氷にぶつかられて転覆する船もある。迷惑な行為だが、美しい」

流氷が船にぶつかることを「行為」と言っている。おそらく、自分という船にぶつかりに来た水谷豊のことを流氷に例えているのでしょう。おまえの昨日の説得は美しかったよ、と。

だからこそ、この二人の「別離」がたまらなく哀しい。役者のスケジュール? そんなのどうでもよろしい。最近は映画やテレビドラマの裏側がDVDの特典映像なんかで詳しく知ることができますが、私はあまり好きではありません。

できあがった作品がすべて。裏の事情などどうでもよくなるくらい、この「流氷」は美しい。


関連記事
『男たちの旅路』①-③「猟銃」(デウス・エクス・マキーナのうまい使い方)
『男たちの旅路』④-②「影の領域」(善と善の対立がドラマを深める)










  • このエントリーをはてなブックマークに追加