連続ドラマ

2021年01月11日

『怪奇大作戦』考察シリーズ第1弾は第3話の『白い顔』。これはあの金城哲夫さんと上原正三さんの共作です。


物語の概要
shiroikao-kaiki3

①村上ジュンコという女が同僚の岡田という男からしつこくデートに誘われている。退社時、ジュンコははっきり断るが、その直後、岡田は炎に包まれて死んでしまう。

②ジュンコが地下の駐車場で白い顔の男を目撃する。

③ジュンコの実家は箱根にあり、父親は頭部をすべて包帯で覆っていて白い顔の男にそっくりである。
「お父様の本当のお顔が見たい」とジュンコは言うが「それだけはいかん。ジュンコがお父さんを嫌いになってしまうからね」

④SRIの面々が岡田死亡の謎を追っている。牧と三沢、ノムの三人は箱根に赴く。

⑤箱根。ジュンコが父親に「池谷さんという恋人に会っていただきたい」と言い、父親は快諾する。

⑥牧と三沢がジュンコの家にやってくる。ジュンコは岡田の死を初めて知り驚愕する。外の車で待っていたノムは白い顔の男を目撃して追うが見失ってしまう。

⑦ある男が車の運転中に狙撃され、崖から転落して死んでしまう。

⑧SRI。男は三沢の親友のレーサーで名を池谷、つまりジュンコの恋人だということがわかる。レーザーで狙撃されたのではないかとの疑惑がもちあがる。

⑨警察。池谷の体からレーザーで撃たれた穴が見つかったことがわかる。あわせて、ジュンコの父親はレーザーの世界的権威である村上博士であることも判明する。牧と三沢は再度箱根へ赴く。

⑩三沢がジュンコと話している間、外で待っている牧は白い顔の男に狙撃されそうになる。逃走と追跡。モーターボートでの追跡、炎上。

⑪屋敷に帰ると、ジュンコが「岡田さんが死んだとき、地下の駐車場で白い顔の男を見ました。あれは父です」。村上博士は実験中に負った火傷で妻に逃げられた。娘にまで逃げられるのは死ぬよりもつらい。それで殺人を重ねていたと告白する。

⑫ジュンコは父親の本当の顔を見る。右半分がケロイド状のひどい顔だった。

⑬SRIではレーザーがどれだけすごいかを少年に見せている。すぐれた科学技術も使い方を誤るとひどい事件を生む、という所長の言葉で幕を閉じる。


驚喜するものと戦慄するもの
kaiki3-shiroikao (3)

物語を駆動するのはこの火傷ですね。

村上博士は世界的権威になるほどだから実直な科学者だったんでしょうが、実験中にひどい火傷を負ってしまい、ダークサイドへ堕ちてしまう。世界的権威=ヒーローから殺人鬼=アンチヒーローへの転落。そのきっかけが次世代を担うレーザー技術の実験。

所長が言うように(セリフで言ってしまうのはよくないと思うけど)使い方によっては文明の利器たるレーザーも、誤れば殺人兵器になってしまう。

つまり、レーザーとは両刃の剣なのですね。『ロード・オブ・ザ・リング』の指輪と同じ。世界を救う鍵ともなれば、悪い奴の手に渡れば世界を破滅に導く。




『クリエイティヴ脚本術』という本では、ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』やユング心理学を援用した作劇理論が展開されるんですが、ヒーローが手にしている問題を解決へ導く小道具を「驚喜するもの」、アンチヒーローが手にしている問題を引き起こすものを「戦慄するもの」と定義しています。

これまでの映画鑑賞経験から言うと、驚喜するものと戦慄するものが同じものであるほうが物語としての強度は強いようです。

shiroikao2-kaiki3

しかも、この「白い顔」では、驚喜するものだったレーザーがなぜ戦慄するものになったか、それはレーザーの実験だった、ということで、科学技術にはあらかじめ大きな問題が内在していると捉えられている。ここが素晴らしい。

円谷プロダクションの特撮技術も『怪奇大作戦』のような作品に使われれば素晴らしいことですが、もし仮にアポロ11号の月面着陸が特撮だったとしたら……それは特撮技術の悪用です。世界を騙した茶番以下の代物に成り下がってしまいます。

金城哲夫さんと上原正三さんの思想が色濃く出た名編ですね。


映像できっちり見せる
kaiki3-shiroikao (3)

どれだけひどい火傷かをきちんと見せているのも、また素晴らしい。

最後でレーザーがどれだけすごい技術かというのも映像とはっきり見せる。
風船を内包した風船があり、それをレーザーで撃つと中の風船だけ割れて外側の風船は穴一つあいていない。

言葉だけでいくら「レーザーは次世代を担う技術だ」と言われてもよくわかりませんものね。当たり前のようでいて、これはとても大事なことです。


上原正三シナリオ選集
上原 正三
現代書館
2009-08-06







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月29日

さて、昨日で仕事納めとなり、待望の6連休が始まりました。

というわけで、コロナで新時代が始まった激動の2020年のテレビドラマとテレビアニメのベスト5を選んでみました。ほんとは去年みたいに10本選びたかったんですが、印象に残ったのが少なかったので。



①彼女、お借りします
⑤半沢直樹

 (過去に感想を書いてあるものはリンクを貼ってますので興味のある方はどうぞ。ただし、『コタキ兄弟と四苦八苦』は第8話についてのみ、『M 愛すべき人がいて』は第1話から第3話についてのみです)

第1位『彼女、お借りします』
d16756-2151-164788-0 (2)

今年は実写ドラマに「これ!」というのがなかったというのが一番大きいですね。コロナの影響で放送された本数が例年より少なかったのもあるでしょうが、そのぶん過去作品も放送されていたのにその中にも印象に残るものがほとんどなかった。ま、私の選球眼に一番の問題があるような気がしますが。

だからベストワンはアニメ『彼女、お借りします』となりました。

これなんて実写でやろうと思えばできないことはない。別にファンタジーとか時代物とか製作費がかかるわけでもない。現代が舞台でレンタル彼女を題材にしたラブストーリーなのだから、広瀬アリスか池田エライザ、あるいは堀田真由あたりを主演に据えれば充分実写化は可能のような気がします。

なぜこの企画がアニメでないといけないのか。なぜ実写ではないのか。という点についてはいまだによくわからないし、考えなくてはいけない課題のような気がするものの、でも内容の面白さは群を抜いていましたね。

第2期もあるらしく、待ち遠しい。


第2位『有村架純の撮休』第3話「人間ドック」
EUsIchuUEAElf4X.jfif (1)

連続ドラマの1回だけを取り上げるのは反則かもしれませんが、でもこれは1話完結ものですしね。詳しい感想はリンク先に書いてますので、そちらをどうぞ。

「仮面」というテーマの追究が素晴らしかった。女優というだけで「仮面」をかぶっているのに、さらに化粧で二重の仮面をする。元カレの「仮面」を剥ぐために。


第3位『コタキ兄弟と四苦八苦』
9a173f83e46b0bb1d8c6c58ec88459d6

これもある意味1話完結ものでしたが、連続ものとしての面白さもありました。

とにかくニート兄弟を「ダメな人たち」とは少しも捉えていないのが素晴らしかった。去年の『俺の話は長い』や今年の『35歳の少女』とは大違いですね。「ニートはいけない」「働かなければいけない」という社会通念をフィクションで語られても。そういう「常識」はワイドショーのコメンテーターにでも任せておけばよろしいかと。

芳根京子が好きになったきっかけの作品でもありました。ありがとうございます。


第4位『M 愛すべき人がいて』
4d66e655c4675d83e3896fd22e96db76_640px

往年の大映ドラマ『スチュワーデス物語』を思わせるケレン味たっぷりの作品でした。

「俺の作った虹を渡れ!」
「あいつを選んだのは俺じゃない。俺を選んだのも俺じゃない。あいつを選んだのは、神様だ」

なんていう臭すぎるセリフから、

「誰かを育てるときに大事なのは、自分も育とうとすることだ」
「未来は見えません。でも未来は作れます」

という普通にいいセリフまで、セリフドラマの真骨頂。こういうのをくだらないと一蹴してはいけないと強く思う。


第5位『半沢直樹』第2シーズン
hanzawa2

これはちょっと7年前の第1シーズンに比べると怒鳴り合いが多すぎて辟易しました。「施されたら施し返す。恩返しです」とか「仕事は感謝と恩返しだ」などのセリフは普通に笑いましたが、香川照之の「何とかDEATH!」というセリフは悪ふざけが過ぎて鼻白んでしまいました。ラストシーンも怒鳴り合いの嵐でもうビデオを止めようかと思ったほど。

とはいえ、意外な展開の連続に舌鼓を打ったのも事実。というわけで滑り込ませました。

10月期では『姉ちゃんの恋人』『共演NG』が堂々のランクイン確実か⁉ と思わせるほどの滑り出しだったのに失速してしまったのは残念でした。

始まりこそ低調だった『35歳の少女』は第8話でとんでもない展開を見せてくれ、どう着地するのかと期待したら最低最悪の最終回でげんなりさせられました。


コロナの第3波が猛威をふるい、しかもイギリスで確認された変異種に感染した人も東京で確認されるなど(なぜ帰国したときにすぐPCR検査しなかったのか!)今後どうなるかわからない状態です。再度緊急事態宣言が発出されたらドラマ製作はまた中断を迫られる。

それ自体はしょうがないとしても、もしそうなったら、まずは『家政婦のミタ』を再放送してほしいですね。あとクドカンの『マンハッタン・ラブストーリー』とか。山田太一さんや向田邦子さんの作品とか。

今年は往年の名作と言われるものも再放送されたけど、どれもつまらなかった。


2019テレビドラマ・アニメ ベストテン!
2018テレビドラマ ベスト5!
2020書籍ベストテン!
2020映画旧作ベストテン!
2020劇場映画ベストテン!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年12月25日

2月に劇場版の公開が決まったらしいバカリズム脚本による『殺意の道程』が面白かった。

バカリズムといえば、『架空OL日記』がとても人気が高いんですってね。職場でも大好きな人がいて「あの『あるある感』がたまらない」と聞いたんですが、私にはさっぱりわからない。

やはりテレビドラマや映画などフィクションには「ないない」を求めたい。日常的によくあることではなく、死ぬまで自分の身には起こりえないであろうことを描いてもらいたいと思っているので「あるある」が面白いという感覚が少しもわからない。

でも『殺意の道程』は復讐ものですからね。最初から「ないない」です。(以下ネタバレあります。ご注意を!)


satsui_sub01

井浦新のお父さんが自殺し、鶴見辰吾が自殺へ追いやったからと、従弟(従兄?)のバカリズムと一緒に復讐することになる。

んですが、バカリズムがインタビューで言っていましたが、「普通のサスペンスドラマでは省略されるところを描いて見ると面白いのではと思った」ということで、まず復讐のプロジェクト名を決めよう、それらしいのは露見する恐れがあるから「苺フェア」に決めたりとか、第2話の「買い出し」では、ロープやバールや刃物を買うんですが、「これじゃまるで俺たちこれから人を殺しますって言ってるみたいじゃない?」となって、ぜんぜん関係ないものを買う。で、「何かエロ本買うときにマンガ雑誌ではさんでレジ持ってく見たいな感じだね」と言って盛り上がったり、確かに普通のサスペンスドラマでは省略されるところをあえて描く面白さはあった。

第5話の「占い」で、「機種変も無理なのかぁ!」と天を仰ぐ井浦新の姿に爆笑したり、ね。

が、やはりこれは『架空OL日記』と同じで「あるある」を描いているのとあまり変わらない感じがしたんですよね。復讐なんてほとんどの人生には「ないない」なことなのに、「復讐あるある」が描かれているというか、「復讐ってこんな感じだよね」とまるで復讐を日常的に経験しているかのように扱う軽さがはっきり言っていやでした。


cast-03

堀田真由演じる、このはちゃんというキャバ嬢にしても、もともとミステリ好きのうえに店に警察関係者がよく来るから殺人や捜査に関して異常に詳しいというのが主役の二人を救うのですが、このあたりは「あるある」や「ないない」とは関係ないものの、逆にこんな都合のいい人物はいないだろう! と突っ込んでしまいました。それに堀田真由って『ブラック校則』で演じた嫌味な女の子のほうが似合ってるというか、あっちのほうが素に近いのでは、と思っているだけに、最後まで二人に親身というのは少し残念だった。彼女の裏切りとかがあるとより面白かったのではないか。

そう、冒頭に記したように、私はこのドラマを最終的には「面白い」と思ったのである。

それはやっぱり最終回ですよね。いや、その手前の第6話。



photo01

鶴見辰吾を自殺に見せかけて殺す計画を立てる。そこで井浦新はふと思う。親父も同じように自殺に見せかけて殺されたのではないか、と。

何だかんだの末に、鶴見辰吾は本当に井浦新のお父さんを自殺に見せかけて殺しており、彼もまた同じ手口で殺されかかるけれどもすべては計画のうち。動かぬ証拠を手に入れて鶴見辰吾を刑務所へぶち込むことに成功する。

どこまでも軽い男二人が「俺たちは近日中に人を殺す」といくら言われても信じられなかったけれど、結局、殺しはしないが復讐は果たすというなかなかの展開に舌鼓を打ったのでありました。

結局のところ、「復讐」という「ないない」な題材をバカリズムという「紋切型をうっちゃりすぎるほどうっちゃる作家」が扱うと、軽く扱いはするけど、どうしても最後の最後では軽い扱いはできないわけで、ちょうどいい塩梅になるのかな、と思いました。

第4話の「張り込み」では、張り込み中にうっかり鶴見慎吾とぶつかってしまったバカリズムが本気で罵るシーンがありました。やっぱりこの二人は本気で復讐するつもりなのだ、とゾクゾクしてしまうんですよね。そして見事復讐を完遂する。

全話を振り返ってみると、「あるある」と「ないない」がいいバランスで組み合わさっているんじゃないでしょうか。

もう物語は完結しているのだから、劇場版は続編とかじゃなくて再編集したものになるんでしょうが、見に行こうかなと思っています。

ちなみに、私がこの世で一番好きな復讐映画は『トカレフ』です。あいつを殺すことができればこの身が破滅してもかまわない、という熱い血潮が感じられるものが好き。そういうのはバカリズムは絶対作らないでしょうが。


トカレフ [DVD]
阪本順治
パイオニアLDC
2000-10-25





  • このエントリーをはてなブックマークに追加