文化・芸術

2020年10月01日

長きに亘って懸案だった小説をようやく脱稿することができました。パチパチパチパチ。

いやぁ、長かった。
創作ノートの最初のページには「3/15」とあるので、半年以上かかってしまったんですねー。


前回までの記事
小説を書き始めました(二作目)
二作目の小説、その後
白紙と向き合う恐怖と闘え!
二作目の小説、その後(パートⅡ)


長かったといってもずっと書いていたわけではありません。

3月15日の直後からは職場が繁忙期に入ったため連日残業で小説なんてとてもとてもな状況で、ゴールデンウイーク明けくらいまでほぼ何もできませんでした。

運がよかったのは、コロナ対策ということで5月の後半は2班体制になり、1日おきの出勤になったため時間がたっぷり。だいぶ進みました。

書き始めたのは6月に入ってからですが、梅雨入りから7月末の梅雨明けまで体調がぐずつき、書いたら書いたでやたら疲れるので数日おきにしか書けなかったり。

梅雨が明けたら猛暑到来。8月下旬には「猛暑が原因の鬱」なんてものにもなってしまいました。2年前の冬、2018年の1月2月がやたら寒かったの憶えてますか? あのときは「寒さが原因の鬱」になってしまったんです。暑さが原因より寒さが原因の鬱のほうが重いんですよ。

熱中症で死ぬ人が最近は多いので「冬より夏のほうが死ぬ人が多い」と思い込んでいる人がいますが、大きな間違いです。熱中症で死んだり病院に搬送されたりするとニュースになるけど、寒さが原因で心筋梗塞を起こしてもニュースにならないでしょ。

冬のほうがたくさん人は死にます。寒いと体温が下がって死にやすくなりますからね。当たり前のことですが、どうしても現代人はニュースの多寡によって違う印象を抱いてしまいがち。

話がかなりそれましたが、8月15日にとりあえず最後まで書いたものの、鬱のために9月の猛暑明けまでほぼ何もできず。

で、涼しくなったのをきっかけに一気呵成に仕上げたのですが、こうして概観してみると、私の体調というのは気候にばかり影響されてるなぁといまさらながら思いますね。こんな体に生まれてしまったことを呪いたくなります。

で、できあがった小説はものすごく短い短編。

何人かに送って読んでもらいましたが、これは失敗作ですね。封印したほうがいいかも。

というわけでしばらく創作から離れ、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、思索の秋を思う存分楽しみたいと思います。

肩の荷を下ろすのって快感!


シナリオ 2011年 09月号 [雑誌]
シナリオ作家協会
2011-08-03





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年08月19日

宮藤官九郎の『JOKE ~2022配信パニック!~』が先週放送されました。


伏線は簡単
joke (1)

このドラマについて、「伏線の回収がハンパない」という絶賛の言葉があったと聞きましたが、私には「???」でした。なぜなら、伏線を張ってそれを回収するのはとても簡単なことだからです。

私が言っているのではありません。ある高名な脚本家が言っているのです。

とはいえ、私自身も何本も脚本や小説を書いていて実感として思います。伏線を張るのはとても簡単だと。


その高名な脚本家の弁をそのまま引用すると、

「映画を見る側にとっては伏線を張る、伏線を回収するのはとても難しいもののように感じられる。でも作る側からするとめちゃくちゃ簡単なんだよね。だって、ひとつの情報を前と後ろに分けて置くだけだから」

ということになります。

例えば、『太陽を盗んだ男』でいうと、中盤、すべて菅原文太刑事に見ぬかれたかもしれないと思った沢田研二が、学校で授業していてもどこで何をしていても菅原文太の影におびえ、走って走って走って逃げた末に、登場するのは西田敏行演じるサラ金で爆笑してしまうシーンがあります。

いきなりサラ金が登場したのでは面白くないし主人公にとって都合がいいので、前半に原爆を作るためにサラ金で金を借りるシーンがあります。これが伏線です。

だから「主人公がサラ金で金を借りる」というひとつの情報を、前半では金を借りる場面、後半はサラ金に追われる場面というふうに「ひとつの情報を前と後ろに分けて置いている」だけなのです。

それだけです。それ以上でも以下でもない。

だから脚本を評価するときに「伏線の回収がちゃんと行われているか」というのは何の材料にもなりません。


hukusen1

よくない伏線の張り方・回収の仕方
ただ、「よくない伏線の張り方」というのもあるんですね。張り方というよりは「回収の仕方」でしょうか。

劇作家の平田オリザさんから直接聞いた話ですが、3つの伏線を張って回収する場合、次のような張り方・回収の仕方はダメの典型だそうです。

A-B-CーA'-B'-C'

張った順番に回収してしまう。ではどうすればいいか。



A-B-CーC'-B'-A'

というふうに、張った順番とは逆に回収していくのがセオリーだそうです。

好きな映画の物語を思い出してみてください。だいたいこういうふうになっているはずですから。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年07月28日

もう3月からやり始めたというのにまだ完成していない生涯二作目の小説は、この梅雨空のせいでようやくちょうど半分のところまで書くことができました。


20160608092615

前回までの記事
小説を書き始めました(二作目)
二作目の小説、その後
白紙と向き合う恐怖と闘え!


梅雨空がなぜ遅筆の原因なのか、というと、私はある持病があって、この病気の患者さんは一年で梅雨の時期が一番危険なのです。

しかも今年の梅雨は異常でした。なかなか梅雨前線も雲も移動してくれず、日本列島の真上に鎮座ましましていたからか、私も含めて他の患者さんも大変だったらしい。少なくとも私はいまの病院にかかり出してからこの梅雨が一番ひどかった。

何しろ、仕事のある日は仕事以外特に何もしていないのに、帰ってくるとクタクタなんですよね。それどころか遅くとも9時半には寝ないと次の日がしんどすぎるほどしんどい。

仕事のない日もつらかった。日曜日の夕方に1本映画を見に行っただけでありえないしんどさ。次の月曜日に早退を余儀なくされたり。

というわけで、今月はほとんど小説を書いていません。先月末までにおよそ半分まで書いたというわけ。

で、先の4連休中は梅雨が明けさえすればどんどん書いていく予定でしたが、梅雨明けが先に延びる伸びる。いったいいつまで梅雨なんじゃ! 責任者出てこい!! と怒鳴りたくなる始末。


shippitsu


でも、ちょっとはやっていたのです。

書いたところまでをプリントアウトして読んで自分で添削したり、添削した原稿をもとに書き直したり。

新しい章は書かないけれど、あのシーンにはこんな描写が必要ではないか、こういうシーンがあれば後半に活かせるのではないか、テーマがより深まるのではないか。

何しろ蒲団に横になっていた時間が長かったので、いろんな妄想が頭の中で生まれては消えていった一か月。消えなかった妄想だけを書き足しました。

さて、後半はどうなるか。実は、前半を読み返した手応えはなかなかのもので、後半次第では傑作になる! と意気込んでいます。だから作者の私が一番わくわくしていて書きたいのだけど、梅雨明けはおそらくあさって。

今日はもう寝ます。
(しかし、書きたいのに書けないもどかしさ、書きたいのに我慢せねばならない悔しさ、これは書いたことのある人にしかわからないでしょうね)

続きの記事
二作目の小説脱稿!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加