日記・コラム・つぶやき

2020年10月18日

昨日おとといあたりからツイッターで「#努めて客観的に見て世界一面白い映画」というハッシュタグが流行っています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』
『七人の侍』
『ダイ・ハード』
『ゴジラ』
『アンタッチャブル』
『ルパン三世 カリオストロの城』

といった最大公約数的に面白い映画のツイートが多くのリツイートやいいねを得ていました。

私も時流に乗って考えてみました。

かつて、甥っ子がまだ幼稚園児だった頃、「面白い洋画が見たい」というので、ジャッキー・チェンなら話の内容がわからなくても動きが面白いので楽しめるだろうと『スパルタンX』を見せたらキャッキャキャッキャと喜んでいました。

だからジャッキーから選ぶことにしよう。で、「客観的に面白い」ということは脚本がよくできていないと無理だろうから、ジャッキー映画の中で一番脚本が練れている映画を選びました。

そのツイートが↓こちら↓


で、そのあとにフォロワーさんの以下のツイートを目にしました。


とても恥ずかしくなりました。その通りだと思ったからです。

でも、一日たってつらつら考えていると、本当にそうだろうか? という思いに囚われました。

いや、そりゃ私だって先に挙げた最大公約数的に面白いとされる映画が「世界一面白い映画」だなんて大反対なんですよ。それが私の主観。

でも、そこにこそこのハッシュタグの意味があるんじゃないかと思いました。

こんなツイートがありました。


私も『龍拳』を挙げるときに同じことを考えました。ミュージカル嫌いは増える一方だから『バンド・ワゴン』や『イースター・パレード』は挙げられない。ホラー嫌いも多いから『悪魔のいけにえ』なんてもってのほか。コメディもシリアスに比べて軽く見られる傾向があるから(作るのは一番難しいにもかかわらず!)『シリアル・ママ』もダメだな、とかね。

結局、「努めて客観的に見て世界一面白い映画」を考えるとき、自分の主観と世間的な価値観とのずれを考えざるをえないわけです。

当然のことながら、ずれてるからダメなわけでもずれてるから偉いわけでもありません。


2978_1301303462_l

かつて黒沢清監督は、

「映画館は自分と世間がどれだけずれてるかを確認する場だと思っています。自分はとても可笑しいと思っているのに周りは誰も笑っていなかったり、つまらないと思っていたら周りはみんな泣いていたり。私はそうやって自分の価値観だけがすべてでないことを学びました」

と言っていました。

だから「#努めて客観的に見て世界一面白い映画」というハッシュタグは「ネット上の映画館」なんじゃないかと思った次第。

あのハッシュタグで「話題のツイート」を見ると、上位はほんとつまらないものばかりですが、それもまた自分と世間とのずれや葛藤を知るにはもってこいの場だと思いました。

そういえば現在公開中の『スパイの妻』も自分の価値観と世間的価値観との葛藤が描かれていましたっけ。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月12日

職場で最近、ある人が辞めました。辞めてみんなが喜ぶような人でした。

かつてその人を川柳に詠んで好評を博したことを思い出し、備忘録的に書いておこうと筆を執りました。


ヤな奴の ウラ声キモい 社の電話

あの女 のっしのっしと 歩くだけ

たまってる ストレスもだが 問い合わせ!

数合わせ 合わないほうが イキイキす

これやって! 5分後に いま何してる?

私語禁と 言うが自分も 私語してる

H氏を けなすが頼りにも してる

受調の ハンコの無意味さに 萎える

うれしない 頼りにしてる 言われても

Mさんと 火花散りそう チビリそう



これはもううちの職場で働いてる人でないとわかりませんねー。

以下は辞めたあとの今日になって詠んだ句です。


あの人が 何をしてたか みな知らぬ

辞職後も ミスが見つかる 掻き回す

哀しいが 辞めて喜ぶ 人ばかり


おあとがよろしいようで。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月02日

Change.orgというの、あるじゃないですか。
最近なら杉田水脈の議員辞職を求めるとかそういう署名活動をやっている団体。

私も何回か賛同したことがあり、おおむねその活動には好意的でしたが、今回は完全に反対意見です。


履歴書に写真は不要?
change-org

Change.orgからのメールには「履歴書に写真は必要なのか」と書いてありました。

何でも諸外国では性別や人種、年齢、国籍を書く欄をなくそうという動きが活発で、何より仕事において大事なのは能力や適性であり、性別や外見でそれを判断するなどナンセンスだと。

確かに、人種差別が盛んな国では履歴書の写真はなくしたほうがいいかもしれません。書類審査で落とされる可能性がありますから。

でも日本には、日本人以外にもアイヌ人や在日朝鮮人もいますが、外見だけでは判別できません。写真だけでは差別されないのだから別にいいんじゃないかと思います。

Change.orgの言い分で納得いかないのは「外見に内面は反映しない」というきれいごとを信じ込んでいることで、そんなのは子どもの言い分ですよ。

そりゃ、彼らの言い分にある「アルビノや顔面に怪我や痣がある人がそのせいで不採用になるのは防がないといけない」というのはもっともです。

しかし、Change.orgはそういう人たちだけでなく「すべての人が外見で採否を決められるのを防がないといけない」というんです。これは完全に子どもの言い分です。

内面は外見に出ます。

履歴書に写真を貼らずとも、面接ではがっつり外見を見られます。顔を洗ったり、ヒゲを剃ったり、鼻毛処理をしたり、シャツにアイロンをかけたり、靴を磨いたりなどなど、身だしなみを整えていないとそれだけで落とされるのは常識。

自分の身だしなみも整えられない人間に仕事などできないと捉えられても文句は言えません。


写真は「採否」だけに必要なのか?
そもそもの問題として、履歴書の写真って採用か不採用かを決めるために貼らせるんですかね?

私はかつて脚本家を目指していましたが、脚本家に「感想を聞かせてください」と送ったり、あるいは製作会社に売り込んだりするとき、顔写真を必ず貼って送ってましたよ。

なぜか。

理由は至極簡単です。どこの馬の骨かわからない人間から分厚いシナリオが来た場合、その馬の骨の顔がわからないよりわかったほうが読んでもらえる可能性が高まると思ったからです。

私はハゲていますから外見に問題のある人間です。少しも見栄えはよくありません。それでも顔がわからないよりわかったほうが可能性は高まると信じて手紙に写真を貼っていました。

書類にいくらその人の履歴や情報が書かれていても、その情報を「人間」とはあまり感じられない。それが普通の感覚です。顔がわかったほうが「あ、こういう人が送ってきたんだな」とわかって親近感をもってもらえる。

逆に、履歴やスキルだけが書かれた紙だけで能力や適性を判断するほうが非人間的なふるまいだと思いませんか?

採用する側だってそれはわかっているはずです。というか、わからざるをえない。なぜなら、たくさんの人を面接するわけだからあとで選考する際に名前や年齢、履歴やスキルといった情報だけでは誰が誰やらわからなくなってしまう。そこに写真が一枚ありさえすれば「あ、この人ね」とわかってもらえる。顔写真にはありとあらゆる「情報」が詰まっているから一目でわかるのです。

よく、非常識なふるまいをする人がいたら「親の顔が見てみたい」というじゃないですか。決して親の職歴や能力、年齢、日頃の行いなんか問わない。問われるのは「どういう顔をしているか」それだけ。

少年犯罪が起こると、顔をさらすのは違法だから新聞やテレビでは犯人の顔は見れませんが、正義を標榜する週刊誌が載せたりしますよね。載ってたら見ますよね。いったいどんな顔の奴があんなひどい殺人を犯したのかと誰もが思う。そういうことだと思うんです。


美人だからといって採用されたりしない
Change.orgは最近のほとんどの企業と同じく、人間の能力をすべて数値化できると思っているのでしょう。顔写真に含まれる情報は数値化できない(おそらく情報量が膨大すぎて無理なんだと思う)から「そんなものを載せるなんて不当だ!」と思うんじゃないですかね。

怪我や痣なども数値化できません。数値化できないから厄介なのです。

でも、その厄介なものも含めて「その人」であり「その人の内面」を反映していると言えるのではないでしょうか。

顔に痣がある人には心底同情しますが、笑顔ひとつでチャーミングな部位に変えることは可能でしょう。

ピンチはチャンスという言葉があるように、弱点を隠すのではなく、チャームポイントに変える積極的な方法論を模索すべきではないでしょうか。だって、採用されたら自分の顔をさらして働かないといけないんですよ。就活のときだけ隠すなんてできないんですから。

かつてバイト先の同僚に絶世の美女がいましたが、いくら面接を受けても結果が出ず、どこにも決まらないまま結婚という永久就職の道を選ばざるをえませんでした。

見た目がいいからといって採用するようなアホな会社はごくごく少数派です。



美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学
越智 啓太
実務教育出版
2013-08-28







  • このエントリーをはてなブックマークに追加