躁うつ病は難しい2024パート③

という日記を1か月前に書きました。

主治医が出していた職探ししていい条件の「本を2,3時間読めて、かつ、その疲れが翌日に出ないこと」は完全にはクリアできていないんですが、これ以上ブランクが続くともう2度とどこにも決まらないかもしれないとの悲痛な叫びを出したからか、「もうちょっと体力が出たら職探ししていいですよ」と許可が出た。

最初からがむしゃらに探すのはよくないと思い、月木の午前中だけ職探しすると決めました。とりあえず1か月は。

最初が先週の木曜日、次が今週の月曜日、昨日ですね。だいたいどんな求人があるかを眺めただけってな感じです。そういうところから始めないと体調崩すと思って。

ところがこれだけ用心していたにもかかわらず、体調を崩してしまったのです。

360_F_497484989_J78vYUKNYyVU3QAxARHw4fw3tSrkhgfe (1)

鬱になったのではありません。またしても躁になってしまったのです。

躁を抑える薬にエビリファイというのがあるんですが、これを私は最近6mg飲んでました。ところが先週の土曜日にまったく眠れず、12mgに増やしたんですが(エビリファイに関しては、増やしたり減らしたり自分の判断でしていいと言われています)それでも昨日の夜がもっと眠れなくなった。

そこで今日から18mgにまた増量。これで落ち着いてくれるといいんですが、さっき母にちょっと用があって話に行ったら、

「ちょっとハイになってきてるんちゃう?」

と言われてしまいました。母も躁うつ病の患者だからわかるのかな。指摘されると自分でも「確かにいまの言い方は躁と取られてもおかしくないな」と思ってしまいました。

だから、安定するまではまた職探しは中断です。いくら何でもエビリファイを24mgに増やせば安定すると思うけど、24がリミットなので、もし落ち着かなければ病院に行って新しい薬をもらうか何か、指示を仰がねばならない。

それにしても、躁はほんと厄介だ。何がきっかけで躁になるんだろう?

鬱だったら、甘いものばかり食べてはダメとか、睡眠不足や運動不足は厳禁とか、年末年始や春先、梅雨時は要注意とか知ってるのだけど、躁はわからない。

主治医の話によると、「生活リズムの崩れが原因」らしいのだけど、別にいま生活リズムが崩れてるわけじゃないし、以前と変わったことといえば職探しを少し始めたくらいのもの。何も変わってない。

360_F_497484989_J78vYUKNYyVU3QAxARHw4fw3tSrkhgfe (1)

躁は楽しいから厄介なんですよね。一人で部屋で笑い転げたりする。そこで薬を増やせば安定する場合もあるけど、少しでも躁になったら、いつかは落ち込むときが来るので、これがまた厄介。体力を殺がれてしまうから。

ただでさえろくな職歴も学歴もないのに、ブランクも長くなり、かなり不利になっているうえに、そのうえ躁のせいで何度も中断せねばならないとしたら、これは由々しきこと。

なぜこんな病気になってしまったのか。遺伝が原因なのはわかっているが、そういうことじゃなくて、何でこの俺がこんな目にばかり遭わねばならんのか! ということです。

続きの記事
躁うつ病は難しい2024パート⑤




このエントリーをはてなブックマークに追加