2021年09月14日

菅総理が自民党総裁選に不出馬というニュースが出たのが10日ほど前でしたか。なぜ菅に不出馬の理由を聞くのか私にはさっぱり意味がわからなかったです。


なぜ核心の人物に聞かないのか
suga (1)

菅は総理を辞めるんじゃなくて辞めさせられるんでしょ。麻生に「おまえじゃ選挙に勝てない」と言われ、後ろ盾の安倍晋三にもそっぽを向かれて四面楚歌状態。不出馬という選択肢しか残っていない。自分で選択したんじゃないんだから不出馬の理由を菅に問うのはおかしいと思う。「コロナ対策に専念するため」と取ってつけたことしか言ってなかったけど、「俺に聞くなよ」という気持ちだったのではないか。

院政の慣習が残るこの国では核心の人物、「本当の権力者」に話を聞きに行かない。どう考えても自民党を牛耳っている安倍と麻生が本丸だろうし、まだまだ忠犬ポチ=安倍に頑張ってもらいたい宗主国アメリカの意向もあるだろうに、誰もそういう「本当のこと」は言わない。言わないからこれからも政権交代しない以上は安倍の院政が続くのだろうなぁ、と暗い気持ちになる。


憲法九条に関して
000002

かなり前から叫ばれている改憲問題。他の条文はともかく、九条に関しては「よくわからない主張」が幅を利かせてますよね。曰く、

「自衛隊は実質的には軍隊。現実にそぐわないから九条は改正すべき」

現実に合わせて理念を変えようというのがさっぱりわからない。理念に合わせて現実のほうを変えていくべきじゃないの?


河野太郎の変節
kounotarou

総裁選の最有力候補と言われる河野太郎が反原発思想の持ち主だったことを不覚にもまったく知らなかったけど、このたび、祖父の代からの「河野家の悲願成就」のため現実路線に変更し、原発を容認することにした、と聞いて唖然となった。

いや、この言い方は正確ではない。正確には、「現実路線のために理念を変えざるをえなかったのでしょう」と解説するコメンテーターもそれを聞いている人たちも「それが当たり前」と思っているらしいことに唖然となった。

総理になるために信条に反する思想を掲げる。なるほど、石破が総理総裁になれないのはそういうところがないからだろうか。と思ったりした晩夏の夕暮れでした。



第一章 組閣
菅田将暉
2015-08-04






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。