2021年07月22日

640

本来は去年5月に公開のはずがコロナのせいで延期に次ぐ延期でやっと公開日を迎えた『サイダーのように言葉が湧き上がる』。非常に美味でした。

色づかいもあっさり味を基調にして同時に鮮やかでしたが、私はやはり「神話的物語」に魅入られました。


書き言葉だけを信じる男、チェリー
1016607_02

主人公のチェリーは、俳句をたしなむ17歳。もうすぐ引っ越しを控えている。

彼は、紙に書く、あるいはツイッターに入力する言葉の力だけを信じている。私には俳句の良し悪しはわからないが、チェリー君の作る俳句はだいたい好きであった。が、彼は書かれた俳句がすべてであり、それを朗々と声に出すことに何の意味があるのかとはっきり言う若者。そして他人から話しかけられるのを極度に恐れるあまり、音楽も何も流れていないヘッドホンで常に耳を覆っている。

だからチェリー君は「話し言葉」「声」つまりは「聴覚」に囚われている。


視覚に囚われる女、スマイル
1398933

ヒロインのスマイルは、スマイルというのはもちろん本名ではなくハンドルネームで、自撮り動画をインスタみたいなSNSに上げて驚異の再生回数を稼いでいるネット上のアイドル。

彼女は、幼い頃は自分でも好きだった出っ歯がいやになり歯医者で矯正してもらうことになる。その矯正器の見栄えを極度に気にし、常にマスクを外せない。

スマイルは、自撮り動画という視覚に訴えるメディアの寵児であり、同時に自分の見た目を極度に嫌う。彼女は「見た目」つまり「視覚」に囚われている。


出逢ってすぐに二人はデキる
「聴覚」に囚われたチェリーと「視覚」に囚われたスマイル。彼らがどのように恋を紡いでいくのか。

と思ったら、すぐれた映画というのはやはり観客の予想にうっちゃりをかけてくる。

この二人は出逢ってすぐにもうデキているのである。なぜなら、俳句というのは情景を描写するものだから。


cyder1

「何か俳句作って」とねだるスマイルにチェリーは即興が苦手らしく慌てふためくのだが、そのとき二人の目の前に広がっていた情景をチェリーが詠む。

その句をスマイルが気に入った時点でこの二人は恋におちたのだが、思えば、このときチェリーは俳句を書いたのではなく、声に出して詠んだのだ。これがクライマックスで増幅されることになる。

二人はもう好き合っている。問題はチェリーがその気持ちをスマイルに伝えるかどうかだけ。そこに行き着くまでの迂回として選ばれた題材が「レコード探し」。聴覚に囚われたチェリーにふさわしい難関が設定される。


山桜かくしたその葉ぼくはすき
レコードを探しているのは、二人が出逢ったショッピングモールの中にあるデイサービスの利用者のお爺さん。ジャケットはあるが中身がないという。

ここでの二人の探し方がそれぞれの特徴が出ていて面白い。

チェリーはスマホでいろんな言葉で検索していく。書き言葉の力を信じているチェリーならでは。
スマイルはジャケットの端に写っている女の人の服装を画像検索して調べる。視覚の寵児スマイルならでは。

何だかんだの末に、そのショッピングモールはかつてレコードのプレス工場だったことが判明。お爺さんもいまは中古レコード屋を営んでいる。しかもその爺さんの死んだ奥さんが歌ったレコードだという。チェリーもスマイルも他の若者たちも総出で店のレコードのジャケットの中を探す。

探し出す鍵は「移動」。引っ越しを控えたチェリーは部屋の物を段ボールに入れて整理しており、ある夜、棚をすこし移動させると歳時記みたいなものが出てくる。そこには「山桜」のことが書いてある。「花(鼻)より先に葉(歯)が出る(先に咲く)」ということで出っ歯のことを山桜ということを知ったチェリーは、「山桜かくしたその葉ぼくはすき」という恋歌を作ってツイッターに上げる。当然、スマイルは読むけれど意味がわからない。

さて、「移動」とは何かというと、爺さんの店のレコードジャケットを全部見たけど探しているレコードが見つからなかった。そこでチェリーが自分の部屋と同じ要領で店の冷蔵庫を少し移動させると、壁との隙間に問題のレコードが挟まっていた! 引っ越しという「移動」が家具を「移動」させることを想起させ、それがレコード発見の鍵となる。この鍵はクライマックスで反復される。


クライマックス(叫ぶチェリー)
スマイルに引っ越すことを言ってなかったチェリーは謝るけれど、がっかりしたスマイルは「もうお別れね」と悲しい言葉をつぶやく。

夏祭りの日がチェリーの引っ越しの日で、くだんのレコードがかけられ、爺さんの亡き妻の恋歌が大音量でかかる。スマイルはSNSで恋歌に合わせて踊る人々の姿をチェリーに向かって流すが、チェリーはその動画を見るも、親の運転する車の後部座席で(移動している)あきらめかけている。ところが!

大音量で聴こえてくる歌の力と、悪友たちが路上に書いた「山桜かくしたその葉ぼくはすき」というチェリー自身の句を見て、矢も楯もたまらず夏祭り会場へ行く。移動するのだ。走るのだ。

古今東西、ラブストーリーのクライマックスで男が女を追いかけるシーンのある映画には名作が多い。『恋人たちの予感』『誰かがあなたを愛してる』などなど。


001_size6

チェリーは叫ぶ。山桜だけでなく、劇中で作った俳句を全部朗唱する。聴覚を信じていなかったチェリーがスマイルの耳に、耳というのはつまり「心」、スマイルの心に届くようにあらんかぎりの声で叫ぶ。

二人はすでにデキていたのだからお話はここでおしまい。

書いた言葉だけを信じ、語りを信じていなかった男がそれを改める。というただそれだけのお話だけれど、神話的な響きがあった。

他人からの声を恐れてヘッドホンで防御していたチェリー君だけれど、スマイルが動画を更新したとか、そういうスマホの通知音には敏感だったわけで、彼の心のどこかに「音」「声」への憧憬があったのでしょう。そこに本人が蓋をしていたけれど、運命の人(アニマ)が開けてくれる。

これぞ神話。私の大好きな神話。ささやかだけれど力強い物語でした。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。