2021年06月12日

竹倉史人という人類学者が著した『土偶を読む 130年間解かれなかった縄文神話の謎』(晶文社)を読みました。あの養老孟司先生が絶賛していると聞いて興味津々だったんですが、それも大納得。すこぶる面白かった。


doguuwoyomu


土偶は女性をかたどっている?
昔学校で習ったときも、そしていまも、教科書には「土偶は女性、主に妊娠女性をかたどっている」と書かれていて、私もそれを信じ込んでいましたが、著者は「どうしても女性に見えない。そもそも人間にすら見えない」と疑問をもち、考古学が専門ではないのに研究に打ち込んだと。でもその道の専門家じゃないから先入観や固定観念を打ち破ることができたんですよね。あとがきに「考古学者のなかには私の研究成果が世に出ないように画策する人まで現れた」とありますが、新しい挑戦者にはえてして世間というものはそういうものなのでしょう。醜いことこの上ない。

土偶が女性の性徴を有していることは著者も認めます。

しかしながら、ここがとても大事です。

「土偶が女性の性徴を有していること」と「土偶が女性をかたどって作られている」ことは同値ではない。

確かに。二つは必要充分条件ではない。


土偶は植物をかたどっている!
では、土偶は何をかたどっているのか。それは「植物」だというから仰天するではありませんか。だって、植物ですよ。明治に土偶研究が始まってから100年以上「女性」だと思われていたのに人間でないどころか動物ですらない植物を直観したというのはほとんど天才です。

いや、天才というのは間違っている。著者はただ単に「素直」なのです。


doguuwoyomu

土偶といえば誰もがイメージするのがこの遮光器土偶。

北方民族が装着していたというゴーグルに似ているからその名前がつけられたそうですが、さすがにそれを信じている学者はいまはいないとか。でも、名前にだけその名残が残っている。

でも、これ、普通に見たら人間の形に見えますよね。私は「女性をかたどっている」と習ったからそうだと思い込んでいましたが、少なくとも女性には見えない。妊娠女性なんてもっと見えない。

著者は言います。

遮光器土偶は「見た目の類似は当てにならない」というトラウマを生んだ。しかし土偶の正体を探るにあたって、イコノロジーにはリスクはあるが不要ではない。我々が採るべき道はイコノロジーの排除でなく、イコノロジーの補強である。

著者はこの土偶に何とサトイモを直観したというんですね。

遮光器土偶とサトイモ、どこが似ているのか。

驚くべき画像があります。

IMG_20210612_083832 (1)

上の土偶画像と見比べみてください。四肢の部分をサトイモの画像に差し替えているんですが、ほぼ完全に一致しています。目からウロコとはまさにこのこと。

遮光器土偶の乳首に当たる部分はサトイモの芽だそうです。第二次性徴を迎えた少女の胸が膨らむことを「芽生え」と称する(←これ、知らなかった)。英語でもbreasts budというとか。『市民ケーン』バラの蕾rose budのbudですね。

遮光器土偶は土中に貯蔵するサトイモを守護する役割を担っていた。もともと遮光器土偶は真っ赤に塗られていたそうです。血液と同じ色。いまでも還暦の年に赤いちゃんちゃんこを着ますもんね。あれは生命力を回復する意味をもつ。縄文人は遮光器土偶に莫大な生命力をもたせて細菌などの魔力からサトイモを守ろうとしたのだろう、と著者は言います。

しかも遮光器土偶は自立しない。立てて置いておくことができない。だから礼拝や鑑賞の対象ではなかったことは明らか。背面が平らに造形されていて、しばしば後頭部に磨滅痕が見られることから、サトイモと一緒に土中に寝かせて埋められたのだろう、と。でもなぜサトイモと一緒に埋めるの?


土偶は植物霊祭祀の道具だった
doguu2
(ハート形土偶はオニグルミをかたどって作られたとか)

森の恵みによって生命を維持していた縄文人は、一方的に森からの恵みを受け取ることを良しとしなかった。秋に祭祀の場を設け、そこへ精霊たちへ供物をささげ、盛大な儀礼をおこなってきた。(遮光器土偶はサトイモが腐らないようにという願いがこめられていますが、ほとんどの土偶は「感謝」の気持ちがこめられていたそう)

この発見に至るにはフレイザーの名著『金枝篇』の援けがあったからこそのようですが、私は15年ほど前に読んだけど「王殺し」のことしか憶えておらず、植物霊祭祀についての記述は完全に忘れてしまった。(近いうちに再読しよう)

著者が「この土偶はこの植物をかたどっている」と主張するのは下の画像のように様々です。

doguu1

あれ? 変ですね。植物霊祭祀のはずなのに貝があるのはなぜ?

何と、ハマグリとは「浜栗」つまり「山の栗」に対して「海の栗」と縄文人は考えていたらしいんですね。

昔の友人とのやり取りを思い出しました。「蟹(カニ)」や「蝦(エビ)」って虫じゃないのに「虫」という字が含まれている。おかしい。

と考えるのは現代科学によって虫ではないと我々が知っているからであって、漢字ができた頃の古代の人々はカニやエビを虫の一種だと考えていたということ。当時の人々の目で見つめてみることが大事。


縄文のビーナスは妊娠した女性?
joumonn-

国宝に指定されている「縄文のビーナス」も妊娠女性をかたどっていると長年言われてきました。そして著者もその通りだという。これはどういうことでしょうか。

妊娠女性は妊娠女性でも、トチノミの精霊の妊娠像だというんですね。

稲が実って膨らんでいく事象を、人間の女性が妊娠して腹が膨らんでいく事象を同じものとして捉えるアナロジー(類推)が大事だと著者は言います。

ちなみに、稲妻という言葉。古代、男女を問わず「配偶者」のことを「妻」といったそうです。稲妻の妻は男性。稲妻とは「稲の夫」という意味。夏に落雷が多い年は稲がよく実るという民間伝承から「雷が稲を妊娠させる」という観念が生まれたとか。目からウロコ。


私たちは生かされている
すごい本でしたが、著者がこのような発見を可能にできたのは、縄文人と同じように、森や海で作物を採って食べたからだそうです。

縄文人が何をかたどって土偶を作ったのか。何を願って土偶を作ったのか。そういうことは「蟹」や「蝦」という漢字と同じで、古代人と同じ目で物事を見つめないかぎりわからない。

だから、著者は当たり前のことをして、そこから素直に類推して、素直に考えて結論に至った、というそれだけのこと。

しかしながら、「それだけのこと」が現代人にはできなくなっている。科学に汚染された我々現代人には、古代の人々がどのように世界を見つめていたのかがわからなくなっている。

雨が降るといやだなと思う。週末くらい晴れてくれよと思う。

でも、ほんの100年、200年前まで、雨が降るかどうかは生きるか死ぬかの問題だった。降りすぎてもいけない。適度に晴れて適度に降るのが大事。そのような天の恩恵を受けて生きていた人々は、せめてもの感謝の印として土偶を作った。

私たちは生かされている。天への畏敬の念からおそらく宗教は生まれたのでしょう。

宗教というだけで「科学的でない」と非難する現代人は、古代人がもっていた素直な心を失ってしまった。古代人には見えていたものが見えなくなってしまった。

この本を読んで「私たちは生かされている」という感謝の気持ちを新たにしました。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。