2021年05月27日

テレビで紹介されていた『消えたママ友』が面白かったので、野原広子さんの最新作『妻が口をきいてくれません』を読んでみました。

が、これにはまったく得心がいかないばかりか、何だか私が昔書いた出来の悪いシナリオを読んでいるようで腹が立ってきました。(以下ネタバレあります。ご注意を)


tsumagakuchiwo

夫の言い分が一番納得いかない
この記事、「妻と子どもの言い分に納得いかない」と題していますが、一番納得がいかなかったのは夫の言い分です。

そりゃそうでしょう。つきあってるときはとてもやさしかったのに、結婚して好きな女が自分のものになったと思った途端、仕事で疲れてるのを言い訳に家事はまったくしないわ、ちゃんとしてる妻のほんの少しだけできていないところを難詰するわ、私は結婚したことないけれど、こういう男にだけはなりたくないニャ、と思ってしまう。

しかも、妻が口をきいてくれなくなると途端に家事の一部をやったり、やさしい言葉をかけたり、花束をプレゼントしたりと下手に出る。妻は当然「いまさら」と思う。


妻の納得できない言い分
その妻の言い分に納得できないというのは、身勝手な夫に腹を立てたり口をきかなくなったりすることではなく、そんなにいやならなぜ離婚しないんだろう? ということです。妻の言い分では「私には仕事がない。お金がない。子どもたちを養っていけない。だから子どもたちが大きくなるまでは我慢しよう」と言うのですが、うーん、、、それはどうなんでしょうか。

仕事がないなら探せばいいじゃないですか。子どもたちの食い扶持や教育費はおろか、自分の食い扶持だって夫に稼いでもらって、それでいやな気持ちを我慢するというのがまったくわからない。もっと自分の気持ちに素直になればいいのに、と。ま、これは、父親への恨みつらみがあるのに自立することを忌避し、40過ぎまで実家にいた自分への怒りでもあるんですがね。

しかし、妻の言い分には「理由」があるのでした。


子どもたちの言い分
妻は離婚しようと考えるのですが、子どもたちが「お母さん、離婚しちゃダメ! 僕たちが大きくなるまでは絶対離婚しないで!」と言うんですが、ここが一番腹が立ったというか、自分のシナリオを読んでる気がした部分です。

私は親になったことがないから親の子どもを思う気持ちは逆立ちしてもわかりません。が、子どもが親を思う気持ちならわかる。子どもというのは自分が幼かろうが、大きくなっていようが、自立していようが、父親がひどい男だろうが、両親には離婚なんかしてほしくないもんですよ。「大きくなるまで離婚しないで!」なんか言う子どもなんていない。いつまでも離婚なんかしてほしくないんです。

仮に、子どもたちが「いつまでも離婚しないで!」とお願いし、母親が「この子たちのために大きくなるまでは離婚はしない」と決意するという展開ならまだわかります。でも、子どもたちのほうから「大きくなるまで離婚しないで」と要求するのでは、世の大半の子ども像に反しています。

おそらく作者も私のように「私には仕事がない。だから子どもたちが大きくなるまで離婚はしない」という妻の言い分に納得がいかなかったんじゃないでしょうか。その言い分を是とするために子どもたちの言い分を後出しで出してきた。

嘘の上塗りと同じで、話の矛盾を解消し、理屈を通そうとすればするほどキャラクターは歪んでしまいます。

これは私がまだ脚本家を目指していた頃によく犯していた過ちです。

父親から自立するまで時間がかかりすぎた自分。
脚本家になれなかった自分。

二人の醜い自分にふいに遭遇してしまったようで、とてもいやな気分になった読書体験でした。


消えたママ友 (コミックエッセイ)
野原 広子
KADOKAWA
2020-06-25








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。