2021年04月29日

先日職場の女性に振られました。もう1か月ほど前のことです。

もちろんショックはショックでしたけど、というか、いま「でした」と言ったのはつい2.3日前からその子がどうでもいい存在になってしまったからです。


ついこないだ前で大好きだった女性が軽蔑の対象に
これまで振られたことは何度もあれど(去年も職場の子にね。ほとんどの同僚さんは知らないが約二人ほどは知っている。いや正確には四人か)やっぱり振られても好きなんですよ。当たり前だけど。それは今回も同じでした。好きなのに、物理的には手が届く距離にいるのに、心理的には100億光年の彼方のような、もう気が狂いそうで狂いそうで。

その子は短期限定で入ってきたんですが、人手不足なので契約延長しませんかと上司から誘いがあったというのは聞いていました。私としてはすごく気になった。だってもし続けるとしたら狂おしい状態がずっと続くわけでしょ。

数日前に続けるということを聞き出したんですが、そのときとは違い、いまはどうでもいい存在に成り下がってしまいました。続けてもいいし続けなくてもいい。

嫌いじゃないんですよ。嫌いなら好きの裏返しでしょう。振られた腹いせにストーカーに変貌するような奴は好きな気持ちが裏返って相手の嫌がることをしてしまうわけで。ストーカー自身は「純粋に相手が好きだから追いかけてる」と思い込んでるんだろうけど、あれは「無意識の嫌がらせ」だと思う。

でも、私のいまの気持ちは「どうでもいい」。いや、もっと正確にいえば「軽蔑」ですね。

まだ振られる前、二人だけで一緒にお昼を食べたことがありました。その子は同僚さんのYさんが嫌いでそれが理由で毎日辞めたいと思いながら仕事してると言っていたんですよね。で、私の知らなかったYさんの言動を教えてもらい「社会人失格」って非難してたんですよ。Yさんはその子が思うような人ではなく、ただ仕事熱心で、かつあまりに正直なので言い方がきつくなるだけなんですけどね。まだ若いからか、そのへんの微妙なところがわからないらしい。

それはともかく、その社会人失格の言動というのを聞いて私もさすがに「Yさん、それってどうなの?」と思いました。社会人失格は言いすぎかもしれないが、ちょっと子どもじみてるな、と。

でも、ついこないだ、その子自身がYさんとほとんど同じ言動をしているのを見てしまったのです。

私もYさんと同じで真っ正直な人間なので、言っていることとやっていることが乖離している人間は軽蔑します。言ったことは行動で示す。何らかの言動をやってはいけないことと非難したのなら同じことを自分がやっては絶対にいけない。


匂いが変わった!
iyananioi
好きな人が嫌いになるということは人生初です。かつて同じ人に17通もラブレターを書き続けたことがあって、その人のことはこの日記を書き始めるまで忘れていたけど、嫌いになったわけではない。

でももっと驚くべき変化がありました。

その子の匂いが変わったのです。いや、同じ匂いだけど「いい匂い」が「いやな匂い」に変わったんです。

その子は香水をつけているのか、それともシャンプーの香りなのか、はたまた体臭なのか、ともかく、とてもいい匂いがしていたんですね。甘くてやわらかくてほんのり控えめな人柄そのものみたいなとてもいい香り。それを嗅ぐだけでキュンとなっていました。それは振られたあとも同じ。そんないい香りのする人が永遠に手の届かないところまで行ってしまったことが狂おしくて狂おしくて。

ところが!

軽蔑の対象になり、どうでもよくなった途端、その匂いがとてもいやな匂いに変わってしまったのです。

これはもうあまりに衝撃の体験で、あんまり聞いたことないし、いま書いてる小説のネタに使えるんじゃないかとさえ思う。

調べてみると、他人の匂いでいい香りがする場合は、遺伝的に自分と合っているらしいんですね。合っているというより正確には遺伝的にかけ離れているといい匂いがする。だから遺伝的に近い父親の匂いを娘が嗅ぐと悪臭にしか感じられないそうです。

遺伝的にかけ離れているということはつまり子どもを作るのに適しているということ。

生物界になぜオスが存在するのか、というのはいまだに解明されていないそうです。メスだけで単性生殖で子どもを産んだほうがたくさん産めるでしょ。でもそれだと子どもも孫も子孫は全員自分とまったく同じ遺伝子をもつんですね。その場合、いまのコロナ禍のようにパンデミックが起きると子孫が全滅して自分の遺伝子を残せない。だからオスという別の個体と遺伝子を掛け合わせて子どもを作れば、Aというオスとの間にできた子どもは全滅しても、BやCとの間にできた子どもは生き残れる。それでオスが発生したんじゃないかというのがいまのところ有力な説のようですが、まだはっきりとは言い切れないらしい。

閑話休題。
その子のいい匂いは香水かシャンプーかリンスかは定かではないけれど、少なくとも体臭ではないことがはっきりしました。

だって、体臭ならいくらどうでもいい対象に成り下がっても遺伝情報は変わらないのだからいやな匂いに変わったりしませんよね。変わったということはあの匂いは人工的な香りということです。そしてそれがいまの私には耐えられないほどいやな匂い。すれ違うのも嫌なんです。人工的な匂いだから、軽蔑の対象になってしまったために脳がいやな匂いだと感じるようになったのでしょう。

先に、その子が会社と契約更新してもしなくてもどちらでもいいと言いましたけど、やっぱり辞めてほしいかな。

振られても好きだった頃は、辞めてくれたほうが心が軽くなるけど、それでもやっぱりあの涼しげでやさしそうな目を見ると心が安らいでた。永遠に手が届かなくても、好きな人が目の前にいるのはやっぱり張り合いになる。私も男だから好きな女の前ではかっこつけたくなるし。

何よりもあの匂いは本当に心安らぐいい匂いだった。それがいまや鼻を刺すような悪臭でしかない。

これはほんと小説のネタに使える。もう2か月近く中断しているのでいまからでも続きを書きたいけど、まだ体調が万全じゃないからゴールデンウイークはおとなしくしています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。