2021年03月26日

ついに最終回を迎えた『おじさまと猫』。以前書いた感想では「ある危惧がある」と書きましたが、杞憂に終わってくれましたね。


前回までの記事
『おじさまと猫』に怒り心頭!(去勢・避妊手術について思うこと)
『おじさまと猫』にボロ泣き!(浜田信也という素晴らしい役者さん)


ojisamatoneko1

ある危惧というのは、草刈正雄が心の傷のためにピアニストとして舞台に立てないということでした。正確には、再び舞台に立てるかどうかが問題になっていることでした。

もしかすると、ふくまるによって心を癒された草刈正雄がピアニストとして復活するエンディングが描かれるのではないか。

それでいいじゃないか。という声が聞こえてきそうですが、私はそれは一番やってはいけないことだと思います。

なぜなら、それはナチスの優生思想と同じだからです。

ふくまるのおかげで立ち直れた。それは美談のようでいて、ふくまるを人間が幸せになるための「手段」としてしか捉えていません。

カントの有名な定言命法に、

「汝の他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」

というのがあります。

ふくまるを手段としてのみならず同時に目的として扱わなければ『おじさまと猫』はナチスと同じ汚れた作品に堕してしまいます。

なぜなら、手段として扱えば、それは人間の役に立つペットだけがペットであるということになってしまうからです。何の役にも立たない障害者を片っ端から虐殺していたナチスと何も変わらない。


ojisamatoneko3

確かに、主人公・草刈正雄はピアニストとして復活しました。

でもそれはふくまるではなく周囲の人間のおかげですよね。そりゃふくまるがもたらした縁ではありますが、それでもふくまるが草刈正雄を救ったわけでは少しもありません。

逆に、前回描かれたのは飼い主をとことん心配させる厄介者としてのふくまるでした。


ojisamatoneko5

行方不明になり、みんなで探してやっとのことで見つかったときは死にかけで、何とか復活しましたが、ふくまるは人間の役に立ってないどころか迷惑と心配ばかりかけています。ここが素晴らしい。

前回感想を書いた第9話で、ふくまるが流れ星に「パパさんへの願い」をかけるシーンがありました。あれはないほうがよかったかな、と思います。とことん自分勝手で手のかかる存在として描いてほしかった。だって犬や猫なんて自分のことしか考えていませんよ。うちの犬を見ていればわかります。

だから升毅の言う「ペットは飼い主の荷物を背負ってくれるんだ」というのにも同意できません。そんなのは人間の勝手な幻想です。

大事なのは、この幻想をおそらく草刈正雄はもっていないことです。迷惑ばかりかけて、心配ばかりかけて、とにかく手がかかってしょうがないけど、でもふくまるに出逢えてよかった、とおそらく思っている。

役に立つからいとおしいのではない。何の役にも立たないけどいとおしい。

思えば、ふくまるは「人間の役に立つために生み出された猫」でした。ペットショップで売られている犬や猫はブリーダーを儲けさせるために産まれ、そして売られます。

が、ふくまるは売れ残っていた。役に立たない猫は殺される運命。そこを草刈正雄が拾ったのです。もしかするとあれは草刈正雄だから可能だった邂逅なのかもしれません。

ピアニストとして役立たずになった男と、ブリーダーの儲けに役立たなかった猫だからこその出逢い。


ojisamatoneko2

役になんか立たなくていい。そばにいてくれればいい。

心が洗われる素晴らしい作品をどうもありがとうございました。










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。