2021年01月11日

『怪奇大作戦』考察シリーズ第1弾は第3話の『白い顔』。これはあの金城哲夫さんと上原正三さんの共作です。


物語の概要
shiroikao-kaiki3

①村上ジュンコという女が同僚の岡田という男からしつこくデートに誘われている。退社時、ジュンコははっきり断るが、その直後、岡田は炎に包まれて死んでしまう。

②ジュンコが地下の駐車場で白い顔の男を目撃する。

③ジュンコの実家は箱根にあり、父親は頭部をすべて包帯で覆っていて白い顔の男にそっくりである。
「お父様の本当のお顔が見たい」とジュンコは言うが「それだけはいかん。ジュンコがお父さんを嫌いになってしまうからね」

④SRIの面々が岡田死亡の謎を追っている。牧と三沢、ノムの三人は箱根に赴く。

⑤箱根。ジュンコが父親に「池谷さんという恋人に会っていただきたい」と言い、父親は快諾する。

⑥牧と三沢がジュンコの家にやってくる。ジュンコは岡田の死を初めて知り驚愕する。外の車で待っていたノムは白い顔の男を目撃して追うが見失ってしまう。

⑦ある男が車の運転中に狙撃され、崖から転落して死んでしまう。

⑧SRI。男は三沢の親友のレーサーで名を池谷、つまりジュンコの恋人だということがわかる。レーザーで狙撃されたのではないかとの疑惑がもちあがる。

⑨警察。池谷の体からレーザーで撃たれた穴が見つかったことがわかる。あわせて、ジュンコの父親はレーザーの世界的権威である村上博士であることも判明する。牧と三沢は再度箱根へ赴く。

⑩三沢がジュンコと話している間、外で待っている牧は白い顔の男に狙撃されそうになる。逃走と追跡。モーターボートでの追跡、炎上。

⑪屋敷に帰ると、ジュンコが「岡田さんが死んだとき、地下の駐車場で白い顔の男を見ました。あれは父です」。村上博士は実験中に負った火傷で妻に逃げられた。娘にまで逃げられるのは死ぬよりもつらい。それで殺人を重ねていたと告白する。

⑫ジュンコは父親の本当の顔を見る。右半分がケロイド状のひどい顔だった。

⑬SRIではレーザーがどれだけすごいかを少年に見せている。すぐれた科学技術も使い方を誤るとひどい事件を生む、という所長の言葉で幕を閉じる。


驚喜するものと戦慄するもの
kaiki3-shiroikao (3)

物語を駆動するのはこの火傷ですね。

村上博士は世界的権威になるほどだから実直な科学者だったんでしょうが、実験中にひどい火傷を負ってしまい、ダークサイドへ堕ちてしまう。世界的権威=ヒーローから殺人鬼=アンチヒーローへの転落。そのきっかけが次世代を担うレーザー技術の実験。

所長が言うように(セリフで言ってしまうのはよくないと思うけど)使い方によっては文明の利器たるレーザーも、誤れば殺人兵器になってしまう。

つまり、レーザーとは両刃の剣なのですね。『ロード・オブ・ザ・リング』の指輪と同じ。世界を救う鍵ともなれば、悪い奴の手に渡れば世界を破滅に導く。




『クリエイティヴ脚本術』という本では、ジョーゼフ・キャンベルの『千の顔を持つ英雄』やユング心理学を援用した作劇理論が展開されるんですが、ヒーローが手にしている問題を解決へ導く小道具を「驚喜するもの」、アンチヒーローが手にしている問題を引き起こすものを「戦慄するもの」と定義しています。

これまでの映画鑑賞経験から言うと、驚喜するものと戦慄するものが同じものであるほうが物語としての強度は強いようです。

shiroikao2-kaiki3

しかも、この「白い顔」では、驚喜するものだったレーザーがなぜ戦慄するものになったか、それはレーザーの実験だった、ということで、科学技術にはあらかじめ大きな問題が内在していると捉えられている。ここが素晴らしい。

円谷プロダクションの特撮技術も『怪奇大作戦』のような作品に使われれば素晴らしいことですが、もし仮にアポロ11号の月面着陸が特撮だったとしたら……それは特撮技術の悪用です。世界を騙した茶番以下の代物に成り下がってしまいます。

金城哲夫さんと上原正三さんの思想が色濃く出た名編ですね。


映像できっちり見せる
kaiki3-shiroikao (3)

どれだけひどい火傷かをきちんと見せているのも、また素晴らしい。

最後でレーザーがどれだけすごい技術かというのも映像とはっきり見せる。
風船を内包した風船があり、それをレーザーで撃つと中の風船だけ割れて外側の風船は穴一つあいていない。

言葉だけでいくら「レーザーは次世代を担う技術だ」と言われてもよくわかりませんものね。当たり前のようでいて、これはとても大事なことです。


上原正三シナリオ選集
上原 正三
現代書館
2009-08-06







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。