2020年12月31日

大晦日。まだ台所の掃除が残っているけど、後回しにして劇場映画のベストテンを選んでみました。

もう10年くらい前の映芸ベストテンで名前は忘れたけどある人が、こんなことを言っていました。

1位は今年の顔。2位から4位は質とボリューム。5位は裏ベストワン。6位7位は味系。8位と9位でまとめに入り、10位はお祭りの総仕上げだ、と。

私もそれに倣ってみようかな、と。今年も10本に絞り切れなかったのもあり、12位まではこんな感じです。

1位は極私的偏愛映画。2位3位は今年の顔。4位~6位は質とボリューム。7位は裏ベストワン。8位9位は味系。10位11位でまとめに入り、12位がお祭りの総仕上げ。

では行きます。



ザ・ハント(クレイグ・ゾベル監督)
④フォードvsフェラーリ(ジェームズ・マンゴールド監督)
⑤ジョジョ・ラビット(タイカ・ワイティティ監督)
⑥三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(豊島圭介監督)
⑧一度も撃ってません(阪本順治監督)
その手に触れるまで(ジャン・ピエール&リュック・ダルデンヌ監督)
脳天パラダイス(山本政志監督)


面白さだけで言うなら『レ・ミゼラブル』か『アルプススタンドのはしの方』なんですけど、最近『バクラウ 地図から消された村』を見たんですが、同じ人間狩り映画なら断然『ザ・ハント』のほうが面白いのにほとんど誰も挙げていないことに憤激したので。(ジョン・ウォーターズが今年のベストテンの上位に挙げていて大いに溜飲が下がりましたが)


The-Hunt-2020

それに同じアクション映画でもなぜか『ブルータル・ジャスティス』が高い支持率を誇っているのか理解できず、『ザ・ハント』のアクション映画としての活きの良さを称揚したくて極私的偏愛映画として1位にしました。

『フォードvsフェラーリ』と『ジョジョ・ラビット』はさすがハリウッド! と言いたくなる映画らしい映画。

『一度も撃ってません』は最後、敵のヒットマン・豊川悦司も一度も撃ったことがなくて痛み分けに終わるというのが何ともつまらなかったんですが、阪本順治監督の「生活感」の出し方、その演出力に舌を巻いたので。妻夫木なんかほんとにああいう人が目の前にいるかのような存在感で、それは佐藤浩市や桃井かおりなど他の役者たちについても同様。エンディングクレジットの「原田芳雄」には涙があふれました。

『さよならテレビ』についてはもう誰も語らないのが不満で(というか誰にも見られてない?)個人的にはロバート・アルトマンの『ザ・プレイヤー』と同等の傑作だと思うので、『ザ・ハント』と同様、称揚したい意味もこめて裏ベストワンの7位に。

毎年恒例のワーストには、『罪の声』(土井裕泰監督)を挙げます。『パラサイト』『ブルータル・ジャスティス』『ミッドサマー』『ラストレター』など単につまらない映画を挙げてもしょうがないし。グリコ・森永事件を扱うからにはベストワンかワーストワンのどちらかしかふさわしくないとも思うし。

『異端の鳥』『マンク』『れいこいるか』『ミセス・ノイズィ』などなど他にもいっぱい見逃してますが、来年はどんな映画が待っているでしょうか。まずは『シン・エヴァンゲリオン』でしょうかね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。