2020年11月26日

愛読させてもらっているあるブログでずっと前ですが、紹介されていたのが、リーフ・ハウンドというバンド。

由緒正しきブリティッシュ・ロックの流れをくむバンドらしいのですが、まったく知りませんでした。名前すら。

もう半年ほど前ですがアマゾンで購入し、折に触れて聴いているんですが、これが本当にいい。

というか、いま調べてみたらとんでもない値段がついています(何と13万!)。いま売ったら儲かる。儲かる。絶対儲かる。でも売りません。好きなアルバムを売るなんて魂を売ってしまうに等しい。

さて、この『Growers of mushroom』というアルバムはほんとは9曲しか収録されていないんですが、そこは最近の日本版の悪習で「ボーナストラック」なるものが付録でついており、その最後の一曲「Too Many Rock'n Roll Times」という曲が素晴らしいのです。(ボーナストラックも侮れないことがあるのです)




どうです? いかすでしょ。いまだヘビロテ状態になったことのないアルバムですが、週に一度は聴かないと腹に力が入りません。

この一枚を出しただけで解散したそうですが、21世紀になってから新たに活動を再開させたらしく、そちらのアルバムはまだ聴いていません。でも、この一枚で充分な気も。


グロウワーズ・オブ・マッシュルーム
リーフ・ハウンド
ヴィヴィッド
2006-02-15





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。