2020年11月11日

テレビ東京製作の『共演NG』。第1話、第2話はめちゃんこ面白かったですが、第3話でいきなり大失速してしまったと感じたのは私だけでしょうか。


kyouenNG1

1話も面白かったですが、2話が最高でしたよね。

全部で共演NGが4組いて同時多発的子どもの喧嘩が勃発。特に里見浩太朗と堀部圭亮の喧嘩がひどく、最大共演NGの主役二人がなだめて絶妙なアドリブが生まれ台本よりいい出来のシーンができあがる、なんていうのは、かつて撮影現場で働いていた者からするとたまらないものがありました。

ただ、画像のシーン、劇中劇『殺したいほど愛してる』の主役二人が出逢う場面で、中井貴一がいきなりキスするというふうに台本が改変されましたが、あのとき、ショーランナーの斎藤工が書いた脚本は絶対で異議申し立ては認められない、そういう契約だ、と言われてました。なのにアドリブで勝手に改変するのはいいんですかね? そこらへんの細かい詰めが甘い気もしました。

が、共演NGの二人を別の共演NGの二人がなだめ、いさめ、あの手この手で問題を解決していくというのはとても面白かったんですよ。


kyouenNG

だけど、今回の第3話はちょっとどうなんでしょう?

若い二人の役者が不倫していた。その不倫謝罪会見に当の二人以外に主役二人を出席させるのはわかります。斎藤工は「僕はそこまで策士ではありません」と言っていたけど、おそらく彼は不倫の事実を知っててキャスティングした。で、話題作りのために中井貴一と鈴木京香の主役二人を謝罪会見に出席させてあのようなことを言わせて解決にもっていく、それはわかります。

でも、劇中劇『殺したいほど愛してる』の観点ではそれでいいでしょうが、そこから一歩引いて『共演NG』というドラマを考えた場合、あの謝罪会見はダメじゃないでしょうか。

中井貴一が「いつまでこんなことを…」と言いかけてそこから里見浩太朗の土下座、それを見た堀部圭亮も鈴木京香も頭を下げ、若造二人も頭を下げ、すべて丸く収まり「共演NGが共演NGじゃなくなっちゃいましたね」というセリフになる。

でも、共演NGが共演NGじゃなくなるためには、中井貴一が不倫で世間に謝るいまの風潮に疑問を投げかけたり、里見浩太朗や鈴木京香が頭を下げるのは違うんじゃないか。

不倫をしていた男女は「共演NGアベンジャーズ」の一員で、それぞれ共演NGの同棲俳優がいます。


kyouenNG3

やはり、このような関係にある人間があの謝罪会見で一番前面に立って謝罪会見を丸く収めないといけないんじゃないでしょうか。第2話と同じように。里見浩太朗や鈴木京香の尻馬に乗って謝るんじゃなく、彼らが引っ張っていく展開にしてほしかった。

それで↓こうなったら快感だったんですが↓

kyouenNG2

この第3話はそうなっていないので「共演NG」の話ではなく「不倫バッシング」の話になってしまっています。

昨今の不倫バッシングについては私も作者たちや劇中の中井貴一や里見浩太朗と同じことを思っています。いつまでこんなことをと思っているし、何で世間に対して謝らないといけないのかと思っています。

しかし、作者の主張が正しければいい作品ということにはなりません。

『殺したいほど愛してる』は不倫ドラマで、『共演NG』もおそらくこれから不倫ドラマになっていくのでしょう。(山口紗弥加は美人で好きだけどストーカー顔なので恐ろしい)

だから、第3話はそのための伏線にもなるのかな、とは思うものの、どうしても「作者の言いたいこと」が先走ってる感は否めないし、そういう「テーマをはっきり言葉で語れる物語」には白けてしまうのです。

軽い打ち上げの席でプロデューサーが言う「共演NGが共演NGじゃなくなっちゃいましたね」というのは希望的観測で、またあの4組の男女はいがみ合っていくんだろうと思ってたんですが、次回予告を見ると「新たな共演NG出現⁉」となっていて、新キャラが出てくるそうです。

じゃあほんとにあの4組の子どもの喧嘩は終わっちゃったの? それじゃあつまらない。

というか、やっぱり、不倫中の二人と共演NGの別の男女が活躍するべきでした。残念。


蛇足
kyouenNG4

現場スタッフのこの人が私は一番好み。小島藤子というらしい。若くてかわいいのに、いい感じにやさぐれているのが大変よろしい。(2009年には『おっぱいバレー』に出ていたというから驚き)
瀧内公美もいいですけどね。

それと、いまいち劇中劇の『殺したいほど愛してる』の内容がよくわからないんですが、ちゃんと第1話から最終話までの脚本を全部書いてるんですかね? 劇中劇をやる場合、今回で言えばまず『殺したいほど愛してる』の脚本を全部書いてから『共演NG』の脚本を書くのが鉄則なんですが、ちゃんと実践してるのか怪しくなってきました。

だって、劇中劇と劇中現実のリンクがあまり見られないのでね。ちょっと気になる。いや、かなり気になる。







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。