2020年10月26日

『家政婦のミタ』の遊川和彦さんの新作『35歳の少女』がなかなか面白い。


492344

私はてっきり植物状態から脱した外見は35歳だけど中身は10歳の女の子が主人公だと思って見ていたんですが……だんだんと違う雰囲気になってきました。


suzukihonami

1話から異様な雰囲気で無表情が恐ろしい鈴木保奈美演じる母親が主人公なのではないか。

3話では橋本愛が「お母さん、お姉ちゃんが目覚めても少しもうれしそうじゃないよね」と、眠っていた間は何があっても柴咲コウのことばかりで自分のことをかまってもらえなかった恨みもあって思わず罵ってしまってましたが、あの母親には何かがある。間違いない。

最初は過保護だから坂口健太郎と逢うなと言っていたのかと思ったら、監視カメラを付けてGPSで常に監視するって常軌を逸しすぎています。ただの過保護な親ではない。25年もの間我が子の面倒を見ていたのは、おそらく突然目覚めて「不都合な真実」を口にしたらどうしよう……ということだったのでしょう。でなければ辻褄が合わない。

すき焼きなのに豆腐を買い忘れ、妹が買いに行くの嫌だというから自転車で買いに行った。でもその自転車はブレーキが壊れていて父親の田中哲司が直すのを忘れていた。

ということになっているけれど、おそらくそれも捏造されたものなのでしょう。

これから何が明らかになっていくのか、興味津々!
そして、そこにテーマ上、何も関係がないと思われる田中哲司の引きこもりの義理の息子のドラマがどう絡んでくるのか。毎週土曜日が楽しみな今日この頃です。


関連記事
秋の新ドラマ・アニメ前半戦!(いきなり7分の3)
秋の新ドラマ・アニメ後半戦(ついに真打ち登場!)

渡 哲也
2015-02-13



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。