2020年09月22日

いきなりですが、この絵、何だかわかりますか?

cfb6d98e-s (1)

これ、自画像なんです。

ええええ、自画像⁉⁉

自画像っていったら……


Van_Gogh

ゴッホのこんなのとかじゃないの?


picaso

ピカソの自画像ですらこんな普通な絵なのに、おまえの自画像はほとんど抽象画じゃないか!

というお叱りの声が聞こえてきそうですが、さにあらず。

実は私の頭は知っている人は知っているでしょうが、実はこんな感じでして。


hage

この頭頂部だけを超拡大して絵にしたものが、、、

cfb6d98e-s (1)

この絵なわけです。仕事でも使っている私のトレードマークです。はい。

世の中には失礼な人がいるもので、私の頭のことを「ひよこみたい」なんて評する輩もいるんですよね。ま、言い得て妙ではありますが。


自分で散髪

1390312532.g_400-w_g
私はこのようなバリカンを使って自分で散髪しているのですが、これを言うと「ええええ、どうやって自分でやるんですか? 後ろなんか絶対無理じゃないですか」という人がいるんですが、案外簡単なんですよ。

まず、前は鏡を見ながら簡単にできますよね。で、一番難しいのが耳の生え際なんですが、ここも鏡を見ながらできます。

問題の後ろですが、とりあえず全体的に髪の毛はあるわけなので、適当に刈っていくわけです。バリカンは刈れるとジョリジョリと気持ちのいい音がするので、音がしなくなるまでまんべんなく刈っていきます。

もう音がしないな、と思ったら、指で後頭部を触ります。刈れてないと浮いているのですぐわかります。浮いているところをジョリ、また浮いているところをジョリ、とやればほぼできあがり。

いまはもう完全に慣れているのでこの時点でほぼ完成ですが、一応手鏡を使って合わせ鏡で後頭部をチェックし、もし刈れてないところがあれば、そこだけジョリ、ジョリとやればOK。ね、簡単でしょ。

刈り始めから終了まで約5分。ところが……!

もう15年は使っていたバリカンが先日、危ないことになったんです。まだ使おうと思えば使えるんでしょうけど、前回の散髪のとき、途中で動かなくなったんですよ。

え、マジ⁉ ここでやめたら虎刈りもいいところ。

運よく再始動してくれましたが、思えば1年ほど前からほんの1秒だけ止まる、というようなことが度々あり、かなり長いこと使っているので寿命かな、買い換えよう。

とヤマダ電機に行ったものの、いいやつはバカ高いし、安いものは銭失いになってしまいそうなものばかりで、帯に短したすきに長しだなぁ、と思って帰ってからアマゾンで検索したら結構よさげなものがほどよい値段で売られていたので購入。昨日届いたのです。で、早速使おうと思ったら……


まさかのUSBケーブル
mono43369979-190610-02
充電式なんですが、コードがUSBケーブルだったんですね。普通のプラグじゃなくて。え、どうしよう。これじゃ使えないじゃないか! とこの手の近代兵器に疎い私は思ったわけです。

が、考えてみれば、いまこの記事を書いているパソコンにはUSBケーブルで外付けハードディスクやマウスを接続しているわけで、パソコンを経由すればいいのでは? と試してみたら充電中を示すランプが点灯。うまくいきました。パチパチパチパチ。


失礼極まりない櫛
いままで5分かかっていた散髪時間が3分に短縮されるなど、新しいバリカンは使い勝手がよく、こんなことならもっと早く買い換えておけばよかったなぁとまで思うほどなんですが、ひとつだけ憤ることがあるのです。


zz-mg800bk-mon-1
櫛がついているんですが、これがよけいなのです。

だって、バリカンを使う人間は丸坊主なわけで、櫛なんかいらんじゃないですか。失礼千万。気分を害した。

とはいえ、値段と使い勝手の良さを考えるとかなりコスパにすぐれており、いい買い物をしたと自分をほめてあげたい敬老の日の夕暮れでした。(どうでもいい日記を書いてしまった)








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。