2020年06月07日

いま脳科学者・中野信子先生の『空気を読む脳』を読んでいて、まだ最後まで読んでないんですが、途中にセクシュアリティの話があって、セクシュアリティは脳に先天的に埋め込まれているのか否か、みたいなことが書いてあります。


kuukiwoyomunou

同性愛遺伝子
結論から言うと、同性愛を促す遺伝子というものがあって、生得的なものではなく先天的なものだそうです。

同性と愛し合うと子孫を残せないのになぜそんな遺伝子があるかというと、繁殖には役立たないけれど、群れの行動を円滑に進めるのに同性愛遺伝子は非常に役立つそうです。

よく女子の間でも、普通の男よりゲイのほうが女の気持ちがわかる、とか言われますが、そういう性質が共同体や組織を維持するのに役立つんだそうです。

それはそれでよくわかるんですが、それはあくまでも人間だけの話だろうと思っていたんですよね。


動物のほうが活発な同性愛者⁉
e862062c

『空気を読む脳』にはアッと驚く為五郎な話が書いてあって、何とアホウドリの3分の1はレズだとか、オス同士でしか交尾しないオウサマペンギンの話が書いてあって目からうろこでした。人間では5~15%が同性愛者らしく、『世界が100人の村だったら』という一世を風靡した絵本にも、

「世界が100人の村だったら、11人が同性愛者」

と書いてありました。つまり11%が同性愛者らしい。でも、欧米の若者の意識調査では、何と30~50%もの人が「自分はストレート(異性愛者)ではない」と回答したとか。

それはともかく、ゴリラも同性愛をするというのは、京大総長で霊長類学者の山極寿一さんの著書を読んで知っていましたが、鳥類でも⁉ とびっくり。

しかももっと驚いたのは、何とショウジョウバエの世界でも同性愛があるとかで、どうも同性愛遺伝子というのは、霊長類や脊椎動物といった高等動物特有の現象ではなく、生物全体に不可欠なもののようです。


同性愛は子孫繁栄に寄与する⁉
同性愛者男性の女性親族は、ストレート男性の約1.3倍の子どもがいるそうです。

この理由はまだ定かではないそうですが、同性愛の伯父または叔父がいる女性は性的に早熟になる可能性が高いと仮定すると辻褄が合うとか。

これは実験でも明らかにされつつあるらしく、ある昆虫を人工的に交配して同性愛遺伝子をもつ昆虫のグループを作ると、この遺伝子グループでは異性の繁殖力が高いことが判明したとか。

ここらへんの記述で「一方の性」「他方の性」「異性」というのが何を指すのか何度読んでも判然としない箇所があり、十全には理解できていません。

が、つまるところ、同性愛者の伯父または叔父は血縁者の子育ての手伝いをよくするため、自分自身は子どもを作らなくても、その遺伝子が後世に残りやすい、と。これを「ヘルパー仮説」または「ゲイの伯父(叔父)仮説」というらしい。

ともかく、2年ぐらい前に杉田水脈が言っていた「LGBTは生産性が低い」という言葉は科学的に否定されました。そもそも倫理的にアウトですがね。


新型コロナだって
images

昔懐かしい岸田秀の『ものぐさ精神分析』には「人間は本能が壊れているから同性愛などが起こる」と書いてありましたが、それはもう完全に過去の話。ゴリラだって同性愛に走るし、アホウドリも、はたまたショウジョウバエも!

しかも同性愛遺伝子があったほうが自分の遺伝子をたくさん残しやすいと。これはかなり意外。

そのような複雑な機構を大自然はどのようにして考え出したのか。こういうことを知ると、

「神はいるに違いない」

と私なんかは思ってしまうし、実際、科学者(特に物理学者や天文学者)は神を信仰しているらしいですが、同性愛という直接的には子孫を作らない、つまり自分の遺伝子を残さない形態が、実は自分の遺伝子を多く残すことができる。

こんなの仮に神がいるとしてもどうやって考えたのか。

大自然の摂理はこのように複雑怪奇なうえにものすごく合理的。

とすれば、新型コロナウイルスも人間にとっては理不尽な存在ですが、地球全体にとっては合理的な存在なのでしょう。

いや、もしかしすると人間にとっても合理的な存在なのかもしれない。中世のペストのおかげで教会の権威が失墜し国民国家が誕生したように、今回の新型コロナが資本主義か民主主義か何かはわかりませんが、いま人類を縛っている体制を終わらせ、新しい経済体制あるいは政治体制を生み出すのかもしれません。

同じことを以前にも書きましたけど。


空気を読む脳 (講談社+α新書)
中野信子
講談社
2020-02-20





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。