2020年03月09日

脳科学者・中野信子さんの『悪の脳科学』を読んだら、これが藤子不二雄Ⓐの『笑ゥせぇるすまん』の解説書で、興味をもって全5巻を読んでみました。

その昔、大橋巨泉が司会をしていた『ギミア・ぶれいく』という番組でアニメ版が放映されていて、確か見ていた気がするんですがほとんど記憶にない。だからほぼ初体験に等しい。

めちゃくちゃ面白かったわけじゃないけど、楽しく読みました。

そういえば、かつて京都に住んでいた頃、『笑ゥせぇるすまん』がまったく好きになれない、あれはダメだと言っていた友人がいたんですね。

彼が『笑ゥせぇるすまん』を嫌う理由はつぶさには知りませんが、おそらく市井の普通の人たちを不幸のどん底に叩き落とすのがいやだったんでしょう。映画に関する意見も似たようなことを言っていました。

例えば、「的中屋」という一編。


的中屋
e58ea362-51ec-46ab-bcb5-05f8a362956f.jfif (1)

実家から仕送りをしてもらっている学生が競馬にはまり、仕送りのお金をすべてすってしまう。そこへ現れた喪黒福造が当たり馬券を教えて大儲けさせてやる。

喪黒の言うとおりに張れば大儲けできると思った学生はやくざから20万の金を預かり、増やすことを約束する。が、喪黒はそんな彼を遠くから見つめるだけ。学生は喪黒がいないから自分の勘に頼って20万すべてすってしまう。そこへ喪黒が現れ「最終レースには間に合いました。私の言うとおりに買えば儲かりますよ」というが、学生はもう殺されるだけだと肩を落として去っていく。

博打にはまるのは誰にでもありうることで、そういう普通の人を奈落の底に突き落とすのを何よりの悦びとしている喪黒福造に友人は反感をもったのでしょう。

『笑ゥせぇるすまん』はほぼすべてがこの話型です。初めはいい目を見させてやるものの、そこから深みにはまり、喪黒の「深入りするな」という約束を破ったためにとんでもなく不幸な目に遭う。


笑いと戦慄
友人の意見もわかるものの、『笑ゥせぇるすまん』の面白さは、まさに市井のごく普通の人が金や女など誰にでも理解できる「原始的な欲求」にはまってしまい、深入りするなと言われるからよけい深入りしてしまい破滅するところにあるんじゃないでしょうか。

喪黒福造が「これだけは約束してください」と言って約束させるとき、読者は「あぁこの人も約束を守れず破滅するんだな」と期待してしまう。主人公が破滅するのを期待し、その期待に応えてくれるのがこのマンガの面白さでは?

「人間なんてみんな弱い存在」というのがこの作品のテーマなんでしょうが、そんな小賢しいことを言わずとも、堕ちていく人物たちを笑い飛ばす自分の冷酷さがそのままブーメランのように己の胸に突き刺さってくるのも感じます。

つまり、自分がもし主人公だったら同じように破滅するだろう、ということ。主人公を笑いながら、同時に戦慄もする。

誰もが喪黒福造の手にかかると破滅せざるをえない。誰もがファウストであり、メフィストフェレスの甘い囁きに勝てる者などいない、という作者の世界観は現実をシビアに見つめるリアリストのものですが、同時に当たり前すぎて面白みに欠けるのも確か。

だからこそというべきか、私は喪黒福造と約束を交わさない人物の話のほうが好き。

約束を交わしていないのだから破ることもない。でも彼らは不幸になる。少なくとも幸福にはなれない。


例えば「見おろす男」という一編。

見おろす男
後輩の上司にガミガミ怒鳴られてペコペコばかりしている男が、喪黒福造のアドバイスに従って高層ビルの屋上で外界を見下ろしながら一週間生活してみると、完全に上から目線の男に変身する。


20190205132414 (1)
20190205133137

こうやって大いに溜飲を下げた男に待っている不幸とは……

一週間家に帰らなかったために久しぶりに家に帰ると奥さんに入れてもらえず、再びペコペコする男に逆戻りしてしまう。

一週間見下ろす生活をすれば変身できる、しかし、奥さんから愛想もつかされる。これは喪黒福造の完璧な計算でしょう。誘惑に負ける主人公自身の弱さではなく、喪黒福造の奸計がオチを招く。

こういうもののほうが面白い。

そして「夜行列車」という一編はさらにその上を行きます。


夜行列車
20191021084751

日々の生活にうんざりする初老のサラリーマンが、喪黒福造の「夜行列車に乗って日常から逃げてみては」という悪魔の囁きによってまったく知らない田舎町に行く。そこで小料理屋の美しい女将と仲良くなり、すべてを捨てて住みつこうかと考える。

が、喪黒福造が「一度家に電話なさっては」とテレホンカードをくれたのでかけてみると、「ママが倒れたのよ!」という娘の声。男は家族を捨てきれず、理想郷を捨てて自宅へ戻る。

これなどは喪黒の奸計といえば言えるけれども、完璧な計算ではないですよね。奥さんが倒れるなんて計算外だろうし、娘から帰ってきてと言われてもあのまま住みついてしまっていたかもしれない。

でも、とも思う。

大金や美女に目がくらみ、欲望の虜になって破滅するのも人間の弱さのひとつでしょうが、美女より糟糠の妻を選ぶのも人間の弱さかもしれない。すべてを捨てて己の欲望のままに……と思っていても、本当は捨てたくなかった、捨てられるわけがなかった、という「夜行列車」はほとんど「文学」の域に達しています。

「終わりなき日常」なんて言葉がはやった時代もありましたが、そういう「日常」を何よりも愛しているのが人間だ、美女やカネよりも、目くるめく陶酔や安寧よりも「終わりなき日常という蟻地獄」を愛しているのが人間だという新しい思想が「夜行列車」には息づいています。

だからデマとわかっていもトイレットペーパーやティッシュを買い占めるのか。日常を壊されたくない人々の心理が少しはわかった気がします。

『笑ゥせぇるすまん』の面白さを教えてくれた中野信子先生に感謝。


悪の脳科学 (集英社新書)
中野 信子
集英社
2019-11-15





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。