見てきましたよ。『ロッキー』シリーズ最新作『クリード チャンプを継ぐ男』。

20151123-creed-thumb-950x633-16487

でも今回はロッキー・バルボアじゃなくて、かつて敵でありその後親友になったアポロ・クリードの息子アドニス・クリードが主人公。ロッキーは彼のトレーナー役です。

私は長年のアカデミー賞ウォッチャーなんですが、このところの賞レースでスタローン先輩が助演男優賞にノミネート、あるいは受賞というケースが相次いでおり、第1作以来39年ぶり、しかも同じ役でのノミネート、そして初受賞はあるのかないのか、というところが最大の関心事でして、もう映画を見るというよりスタローン先輩を見に行くという感じでいそいそと劇場へ出かけて行ったのでした。

最初は乗れませんでしたね。何かこう脚本の構成がぎこちないというか、主人公アドニス・クリードにすんなり乗れない語りになってるんですよ。気のせいか?

で、それはクライマックスであるタイトルマッチ直前まで続きました。何か乗れない。ロッキーが癌に侵されていると知っても「あ、そういう手を使ってきたのね」とものすごく冷静に見てしまう。作品自体の評価も高いようだけど、どこが?という感じでした。スタローン先輩もそんなにいい芝居してないし。いつもよりはいいんだろうけど、と。

それがですね、タイトルマッチが始まると一変するわけです。もう血沸き肉躍ってしまったんですよ。普段はボクシングとかぜんぜん興味ないんです。サッカーにしろ野球にしろ相手の体を直接攻撃しない、したら反則というのがスポーツの面白さだと思ってるのでね。

でも映画の中で主人公がやることとなると話は別。

「映画においては、愛してると一言つぶやくより一発ぶん殴るほうが決定的なのだ」

とは黒沢清監督の言葉ですが、ボクシングこそはその決定的な事態がいくつもあるわけで。

まぁ、現実のボクシングに比べてクリーンヒットがありすぎ、というのはどのボクシング映画でもそうですが、この『クリード』でも、いくら何でもいまの一発でKOでしょう、と言いたくなるのをグッとこらえて画面を見つめていますと、もうノリノリというか正真正銘血沸き肉躍ったわけです。

そして、最終ラウンドの直前、左目が開かなくなったクリードに対してロッキー・バルボアが言うセリフが泣かせるんですよ。

「アポロはミッキーの死から俺を救ってくれた。でもおまえにはもっと救われた。俺は癌と闘う。必ず勝つ。だからおまえもあいつを倒してこい」

そして、あろうことか、ここで初めてあの「ロッキーのテーマ」が高鳴るわけですよ。アドニス・クリードがロッキー・バルボアの魂を受け継いだ瞬間でした。あの瞬間に鳥肌立てられないような人間とはお近づきになりたくありません。

だから、チャンプを継ぐ男と銘打ってはいますが、この映画はロッキー・バルボアの魂を受け継いだ男の物語なのですね。

ちょっと前に、『ロッキー』とまんま同じ話型をもつ『英国王のスピーチ』なんて映画がありました。同じころ『オーバー・ザ・トップ』の変奏曲『リアル・スティール』なんて映画もありました。

ロッキーの魂のみならず、スタローン先輩の魂が受け継がれていってるわけですね。

クレジットをよく見てみると、脚本がスタローンじゃない! 『ロッキー』シリーズの生みの親は他でもないスタローンなのに。プロデューサーはアーウィン・ウィンクラーとロバート・チャートフという第1作からのコンビ。それなのになぜスタローン脚本じゃないのか。

考えてみれば、これもスタローン先輩の魂が受け継がれていることの何よりの証左かもしれません。監督自身が原案を担当してるんですもの。ロッキー・バルボアとスタローン先輩の遺伝子はもうアメリカ映画界に蔓延していると見ていいようです。

もうオスカー取れるかどうかなんてどうでもよくなりました。

ロッキー・バルボア万歳! シルベスター・スタローン万歳!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加