北野武監督最新作『龍三と七人の子分たち』がめったやたらに面白かったです。

803484fb

この映画はやはり「世代間抗争」ですよね。悪い奴らが悪い奴らを懲らしめるわけだから勧善懲悪ではないし、昔気質のヤクザがいま自分がヤクザだという自覚もなしに弱い者いじめしている新興ヤクザを懲らしめる。

昔はよかった、なんてよく言いますし私自身もそう思いますけど、北野監督にとってはもっとそういう思いが強いんじゃないでしょうか。

この映画に出てくる悪役たち(主人公も悪人ですが、さて「悪」とは何でしょうか)の悪辣さは自分たちが悪人だと自覚してないところにあります。


ryuzo7_yasudaken_large

ま、龍三たちにも自覚がないと言えばないんですけどね。「俺は殺しが5つで傷害が2つで~」とか気楽に言い合う場面では、およそ自分たちが悪いことをしたという自覚などないように見えます。

しかしながら、彼らは同じヤクザを殺してたんですよね。堅気の人間を傷つけたわけではなかった。ところが、新興ヤクザどもは拳銃はもってるわ、平気で人殺すわ、弱い者たちから金巻き上げるわ、まさにやりたい放題。なのに、「俺たちはヤクザじゃない。ちゃんとした堅気の会社です」と堂々と言えてしまう面の皮の厚さがどこまでも憎々しい。

結局、この映画は、かつての東映任侠映画と同じ構図なんですね。「義理だの人情だのそんなものは過去の遺物だ」とばかりにやりたい放題する同業者を鶴田浩二や高倉健がぶった斬る!!! 愉快痛快。

だから、この映画は勧善懲悪ではないなんて言いましたけど、やっぱり勧善懲悪なんですね。その「善」なる者もまた悪人にすぎないというところが肝でして。クリント・イーストウッドの『許されざる者』も同じでしょう。己を許されざる者だと自覚しているイーストウッドと、自覚せずに正義の執行者と自認しているジーン・ハックマンの対決。悪が悪を成敗する。そこにはかつての東映任侠映画と同様、徒労と虚しさしか残りません。

しかし、この『龍三と七人の子分たち』は同じことを語りながらも、それを喜劇として提示したところが素晴らしいと思います。

ラスト、新興ヤクザどもをやっつけた組長・藤竜也に若頭・近藤正臣が「次は俺が組長だな」と言うと、「バカ野郎、出てくるころにはみんな死んでるよ!」という愉快痛快なセリフが実に新しい。笑いですべてを締めくくりながら、映画館が明るくなり帰途につくころには、「嗚呼、あの素敵な人たちはもうすぐ死ぬんでしまうんだ。弱い者から金を巻き上げる悪人どもを懲らしめてくれる人たちがいなくなるんだ」という妙な哀しさに包まれる。

東映任侠映画では主人公が感じていた徒労と虚しさを、この映画では主人公たちが感じずに観客にだけ感じさせるんですね。そこが同じ悪が悪を成敗するヤクザ映画でありながら喜劇として提示した『龍三と七人の子分たち』の新しさだと思います。

昭和と平成の対決。
それは当初、龍三たちと新興ヤクザの対決であったかのように見えて、実は新興ヤクザもほとんどは昭和生まれ。

真の昭和と平成の対決は、60年代東映任侠映画と21世紀たけし映画とのガチバトルだったのだな、と気づいたところで、カット、カット!


龍三と七人の子分たち [DVD]
藤竜也
バンダイビジュアル
2015-10-09



このエントリーをはてなブックマークに追加