2020年10月04日

長谷川和彦監督の衝撃的デビュー作『青春の殺人者』をチャンネルNECOにて再見しました。


2009_seishunnosatsujinsha


無花果をめぐる物語
水谷豊演じる主人公は、スナックを与えてくれた両親と対立しています。スナックの経営をやっている恋人の原田美枝子をめぐって。原田美枝子は右耳が聞こえないのですが、彼女が語るその理由は、裏庭だったかどこかの無花果の実を食べて母親から思いきり叩かれたからだ、と。

水谷豊はそれを鵜呑みにしているのですが、父親は「考えてもみろ。鼓膜が破れるほどぶっ叩くなんてのはよっぽどのことだぞ。あの女のことだ。母親の男を咥えこんだのを見られて殴られたんだろう。性悪なんだよ。おまえもそろそろ目を覚ませ」

なんてことを言われて、カッとなった主人公はまず父親を刺し殺します。そこへ母親が帰ってくるのですが、咎めるどころか「あたし、こうなることを望んでいたような気がするの」なんてことを言って、父親は女と蒸発したことにして二人でどこか知らないところへ行って静かに暮らそうともちかけます。

何だかんだの行き違いの末に主人公は母親まで殺してしまい、両親を亡きものにした男のウロウロは頂点に達します。

そこで再度、無花果が出てきます。出てくるといっても、確かに原田美枝子が食べる小道具として出てはきますが、それはあくまでも彼女の嘘の映像として、主人公が愚かにも信じてしまった妄想として、幻影として、です。

確かに父親の言うとおり、無花果の話は作り話だった。それは原田美枝子の母親を演じる白川和子にも確認したし(「あれは無花果ではなくヤツデだった」)何より原田美枝子が継父に犯されていただけでなく、自分から咥えこんでいたことも告白します。

すべては両親の言うとおりだった。後悔先に立たず。

とはいえ、彼は原田美枝子の嘘がもっと前に判明していたら別れていたのでしょうか?

違いますよね。嘘は嘘として「それぐらいのこと」とか何とか言って両親に反抗して仲を深めていたに違いありません。


picture_pc_4ead97c969d0070e54ef143d48ac6a51

それに、原田美枝子は両親の言うとおりのあばずれなのはそうなんでしょうが、結構主人公のことを心配し、彼のために行動する場面が結構あります。そんなに悪い女じゃない。いや、むしろいい女でしょう。

何が言いたいかというと、両親を殺すより原田美枝子を殺すことで地獄のどん底に叩き落とされる主人公のほうがよりドラマチックだっただろうということ。

しかしながら中上健次の原作『蛇淫』は実際に起こった殺人事件をモチーフにしているので、そこは動かせなかったのでしょうね。何しろプロデューサーは『復讐するは我にあり』の今村昌平監督であり、実録物からはずれることは許されなかったと推察します。


長谷川和彦監督の狙い
130407

長谷川和彦監督はこの監督デビュー作の前にすでに脚本家としてデビューしていました。

なのに自分で書かず、脚本を田村孟さんに依頼しています。これは自身の判断だったのか、今村さんの判断なのかはわかりません。それに『蛇淫』を読んだことがないので、どこまで原作に即しているのかもわからないし、実際の事件にもそんなに詳しくないのでどこまで現実に即しているのかもわかりません。もちろん、そんなものが評価の対象にならないのは百も承知です。

問題は、書ける監督である長谷川和彦監督が、他人に依頼したのはなぜかということ。

かつて私も長谷川さんに師事しました。師事というのはおこがましいのですが、それでも教えを受けたことには違いなく、専門学校で直接指導してくださった先生方や先日亡くなった桂千穂さん、何度も自作シナリオを読んで感想を送ってくださった小滝光郎さんなどとともに、長谷川さんも師匠の一人には違いない。

さて、その長谷川監督から私がどういう教えを受けたかというと、、、

「君のシナリオでは主人公がウロウロする様が描かれていない。もっと主人公のウロウロを客観的に突き放して書けば人間の可笑しみや哀しみが出るはずなんだ」

だから、『蛇淫』をどう脚色するとか、主人公がウロウロする原因の無花果にどういう意味があるかとか、誰を殺すとか、そういうことはほとんど些末なことだったんじゃないか。

現実の犯人が両親を殺した、それなら親殺しでいいじゃないか。女を殺してたのならそれでいい。とにかく俺は主人公のウロウロを撮りたいんだ。

長谷川さんがほんとにそう思ったかどうかは定かではありませんが、できあがった映画の水谷豊のウロウロぶりは半端ではありません。ここまで主人公がうろうろする様を克明に丹念に追っていった映画はそうないんじゃないでしょうか。映画全編が主人公のウロウロなのです。

両親を殺すのにもあれやこれやがあって、死体の始末をしようにも二人分の始末は大変で、スナックに戻って女を抱こうとしたら旧友が訪ねてきて水を差され、首尾よく死体を始末するも無花果の件で途方に暮れてしまい、警察官にすべてを告白するも信用してもらえず、スナックに放火してついに永遠にうろうろすることが暗示されて映画は幕を閉じます。

実際の犯人は捕まったようですが、映画では生き地獄を味わわされるかのごとく捕まえてすらくれません。どこまでもおまえはウロウロせよ、ウロウロしなければ主人公の資格はないよ。

という長谷川和彦監督のサングラスの奥の冷徹な目が言っているかのようでした。次作『太陽を盗んだ男』でも主人公は最後までウロウロしてましたっけ。

見事な傑作です。もうそろそろ新作見たいんですがね。どうでしょうか。



青春の殺人者
桃井かおり
2013-11-26





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月03日

コロナ禍によりいつもよりかなり遅くに行われたヨーロッパ・チャンピオンズリーグ、グループリーグ抽選会。

目を引くような「死の組」はないようですが、なかなか面白そうな組もあったり、見ものですね。

以下は私の予想です。


グループA
①バイエルン
②アトレティコ

×ザルツブルク
×ロコモティフ・モスクワ

これ以外の予想をする人の意見を聞いてみたいほど。この組は一番面白くない。


グループB
①レアル・マドリード
②ボルシア・メンヒェングラートバッハ

×シャフタール・ドネツク
×インテル

いくら我がレアル・マドリードが今季はまったくいいところがないとはいっても、この組み合わせで首位通過を予想できなければファンをやめたほうがいいと思い。
2位争いは熾烈だと思いますが、ボルシアMGが昨季か一昨季あたりから面白いチームのようなのでこの予想。レアルはドイツのクラブに弱いので足元をすくわれなければいいのですがね。第2戦のアウェー戦が鍵かと。


グループC
①マンチェスター・シティ
②ポルト

×オリンピアコス
×マルセイユ

この組が一番面白そう。首位はシティで決まりでしょうけど、2位はどうなるかわからない。中島翔哉が好きなのでポルトを挙げておきます。
熾烈すぎる2位争いに巻き込まれてシティが敗退に追い込まれると心底うれしいんですけどね。もともと好きじゃないクラブのうえに昨季はシティに敗退に追い込まれたのでね。よけいにね。


グループD
①リバプール
②アヤックス

×アタランタ
×ミッティラン

まぁ予想はこんな感じですが、ミッティランというチームの名前の響きが気になる。あのフランス大統領だった「ミッテラン」に似てるじゃないですか。というか綴りは同じなんですかね? いまの若い人はミッテランなんて知らないでしょうけど。


グループE
①セビージャ
②チェルシー

×クラスノダール
×レンヌ

ここは予想が難しい。いや、突破するのは決まってるも同然ですが、どちらが首位か。別にスペインびいきというわけではなく、何となくの勘で。


グループF
①ドルトムント
②ラツィオ

×ゼニト
×クラブ・ブルッヘ

ここも2位予想が難しい。個人的にはグラルディオラ・バルサを鮮やかなカウンター2発で破ったことのあるゼニトを応援したい気持ちがあるんですが、ラツィオのほうが元気いい予感。


グループG
①ユベントス
②バルセロナ

×ディナモ・キエフ
×フェレンツヴァーロシュ

聞いたことのないクラブがひとつありますが、何といっても話題はCR7とメッシが同組に入ったことでしょう。2年半ぶりに競演が見られます。
バルサはそのメッシの退団寸前騒動でチーム崩壊かと期待したのにリーグ戦ここまでの2試合はめっぽう強いらしい。試合見てないからアレだけど、かなり意外。しかしそのほうがリーガが引き締まってよろしいかと。しかしメッシに依存したくてもそのメッシがチームへの忠誠心を失っている状態ではユーベの後塵を拝すると見るのが妥当でしょう。それにバルサが2位通過してくれたら少なくとも決勝トーナメント1回戦でユーベと当たらずにすむし。


グループH
①パリ・サンジェルマン
②ライプツィヒ

×マンチェスター・ユナイテッド
×イスタンブール・バシャクシェヒル

また聞いたことのないクラブが出てきましたが、ここも結構面白そうですね。パリが優位なのは確かにそうでしょうが、団子状態になる可能性もある予感。予想は上記のとおりですが、あくまでも願望はパリの敗退。ユナイテッド頑張って!


レアルは初戦がホームでシャフタール・ドネツクと、第2戦がアウェーでボルシア・メンヒェングラートバッハと。ここまでで勝ち点4取れればいいんじゃないでしょうか。続くインテルとの連戦でも勝ち点4取れたらよろしい。

チーム状態がよくないのであまり無理に勝ちに行って負けてしまうのが怖い。

何か去年と同じようなことを言ってる気も……?


THE REAL MADRID WAY レアル・マドリードの流儀
スティーヴン・G・マンディス
東邦出版
2018-05-17







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年10月02日

Change.orgというの、あるじゃないですか。
最近なら杉田水脈の議員辞職を求めるとかそういう署名活動をやっている団体。

私も何回か賛同したことがあり、おおむねその活動には好意的でしたが、今回は完全に反対意見です。


履歴書に写真は不要?
change-org

Change.orgからのメールには「履歴書に写真は必要なのか」と書いてありました。

何でも諸外国では性別や人種、年齢、国籍を書く欄をなくそうという動きが活発で、何より仕事において大事なのは能力や適性であり、性別や外見でそれを判断するなどナンセンスだと。

確かに、人種差別が盛んな国では履歴書の写真はなくしたほうがいいかもしれません。書類審査で落とされる可能性がありますから。

でも日本には、日本人以外にもアイヌ人や在日朝鮮人もいますが、外見だけでは判別できません。写真だけでは差別されないのだから別にいいんじゃないかと思います。

Change.orgの言い分で納得いかないのは「外見に内面は反映しない」というきれいごとを信じ込んでいることで、そんなのは子どもの言い分ですよ。

そりゃ、彼らの言い分にある「アルビノや顔面に怪我や痣がある人がそのせいで不採用になるのは防がないといけない」というのはもっともです。

しかし、Change.orgはそういう人たちだけでなく「すべての人が外見で採否を決められるのを防がないといけない」というんです。これは完全に子どもの言い分です。

内面は外見に出ます。

履歴書に写真を貼らずとも、面接ではがっつり外見を見られます。顔を洗ったり、ヒゲを剃ったり、鼻毛処理をしたり、シャツにアイロンをかけたり、靴を磨いたりなどなど、身だしなみを整えていないとそれだけで落とされるのは常識。

自分の身だしなみも整えられない人間に仕事などできないと捉えられても文句は言えません。


写真は「採否」だけに必要なのか?
そもそもの問題として、履歴書の写真って採用か不採用かを決めるために貼らせるんですかね?

私はかつて脚本家を目指していましたが、脚本家に「感想を聞かせてください」と送ったり、あるいは製作会社に売り込んだりするとき、顔写真を必ず貼って送ってましたよ。

なぜか。

理由は至極簡単です。どこの馬の骨かわからない人間から分厚いシナリオが来た場合、その馬の骨の顔がわからないよりわかったほうが読んでもらえる可能性が高まると思ったからです。

私はハゲていますから外見に問題のある人間です。少しも見栄えはよくありません。それでも顔がわからないよりわかったほうが可能性は高まると信じて手紙に写真を貼っていました。

書類にいくらその人の履歴や情報が書かれていても、その情報を「人間」とはあまり感じられない。それが普通の感覚です。顔がわかったほうが「あ、こういう人が送ってきたんだな」とわかって親近感をもってもらえる。

逆に、履歴やスキルだけが書かれた紙だけで能力や適性を判断するほうが非人間的なふるまいだと思いませんか?

採用する側だってそれはわかっているはずです。というか、わからざるをえない。なぜなら、たくさんの人を面接するわけだからあとで選考する際に名前や年齢、履歴やスキルといった情報だけでは誰が誰やらわからなくなってしまう。そこに写真が一枚ありさえすれば「あ、この人ね」とわかってもらえる。顔写真にはありとあらゆる「情報」が詰まっているから一目でわかるのです。

よく、非常識なふるまいをする人がいたら「親の顔が見てみたい」というじゃないですか。決して親の職歴や能力、年齢、日頃の行いなんか問わない。問われるのは「どういう顔をしているか」それだけ。

少年犯罪が起こると、顔をさらすのは違法だから新聞やテレビでは犯人の顔は見れませんが、正義を標榜する週刊誌が載せたりしますよね。載ってたら見ますよね。いったいどんな顔の奴があんなひどい殺人を犯したのかと誰もが思う。そういうことだと思うんです。


美人だからといって採用されたりしない
Change.orgは最近のほとんどの企業と同じく、人間の能力をすべて数値化できると思っているのでしょう。顔写真に含まれる情報は数値化できない(おそらく情報量が膨大すぎて無理なんだと思う)から「そんなものを載せるなんて不当だ!」と思うんじゃないですかね。

怪我や痣なども数値化できません。数値化できないから厄介なのです。

でも、その厄介なものも含めて「その人」であり「その人の内面」を反映していると言えるのではないでしょうか。

顔に痣がある人には心底同情しますが、笑顔ひとつでチャーミングな部位に変えることは可能でしょう。

ピンチはチャンスという言葉があるように、弱点を隠すのではなく、チャームポイントに変える積極的な方法論を模索すべきではないでしょうか。だって、採用されたら自分の顔をさらして働かないといけないんですよ。就活のときだけ隠すなんてできないんですから。

かつてバイト先の同僚に絶世の美女がいましたが、いくら面接を受けても結果が出ず、どこにも決まらないまま結婚という永久就職の道を選ばざるをえませんでした。

見た目がいいからといって採用するようなアホな会社はごくごく少数派です。



美人の正体 外見的魅力をめぐる心理学
越智 啓太
実務教育出版
2013-08-28







  • このエントリーをはてなブックマークに追加