2021年09月08日

メナヘム・ゴーランとヨーラン・グローバスの二人が立ち上げたキャノンフィルムズの栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー『キャノンフィルムズ爆走風雲録』をWOWOWにて視聴。無類の面白さでした。そして身につまされる痛い映画でした。


168537_01 (1)

メナヘム・ゴーランって一時期のアメリカ映画でよく名前を見たプロデューサーであり監督でもあったけど、ディノ・デ・ラウレンティスと同様、「よく名前を見るけどよく知らない人」だった。

『オーバー・ザ・トップ』が彼の作品なのは知ってたけど(監督もしてるしね)、『ゴダールのリア王』『フール・フォア・ラブ』『ラヴ・ストリームス』がキャノン作品なんてぜんぜん知らなかった。見てるのに。

ただ『オーバー・ザ・トップ』は大好きな作品ですが、アメリカでは当たらなかったんですってね。これも知らなかった。私が本格的に映画を見始めたのは80年代末というか厳密には90年代からなので、彼らが没落したあとだったのかな。


canonfilms_20151014_01

根っからの映画好きの二人ですが、とにかく映画を作りたいメナヘム・ゴーランと、彼が言うには「権利を売り買いするのが好き」なヨーラン・グローバスはタイプが異なり、それがゆえに上昇気流に乗っているときは車輪の両輪になって強いんでしょうが、座礁しかかると「おまえが悪い」と責任をなすりつけあって決裂してしまう。

実際は、どちらが悪いというわけでもなく、どちらも悪いんでしょうね。二人とも「数」にこだわってしまったから。

「メジャースタジオが10年かかって作る本数を奴らは1年で作る」と誰かが言ってましたが、とにかく低予算でどんどん作っていくバイタリティはたいしたもの。しかし、結局たくさん作ることを至上命題にして粗製乱造してしまい、買い手が離れていってしまう。

そこで彼らが打った手は、何と他の会社の買収。。。

そりゃ沈没しますわな。会社を大きくすれば彼らの得手ではない大規模予算の映画を大ヒットさせざるをえない。そうなると低予算のときのフットワークのよさは失われてしまう。しかも「たくさん作る」体質は変わってないので、『スーパーマン4』に全身全霊をこめないといけないときにも他の作るべき企画をたくさん抱えていて情熱も金も分散してしまい、すべてが中途半端に終わる。

このへんはまるで自分のことのようで身につまされました。

私があるシナリオコンクールで受賞したとき、10社のプロダクションに売り込んだんですが、唯一ある会社の社長さんが「面白い」と返事をくれました。「面白いとは思うがこれを映画化したいとは思わない」。でもある人気シリーズの企画コンペに参加させてくれたり、「独自の企画があればいつでも送ってきなさい」と言ってくれました。

私はじっくり腰を落ち着けないといけなかった。なのに、キャノンの二人が『スーパーマン4』1本に全身全霊をこめないといけないときに、あれもやりこれもやりとすべてが中途半端に終わったのとまったく同じように、「数」にこだわってしまった。あまり間が空くと忘れられてしまうと思い、粗製乱造してしまった。で、結局「もう送ってくるな」みたいなことを言われて、ジ・エンド。あれは痛恨。やり直せるものならやり直したいが、もうそれは叶わぬ夢。

メナヘム・ゴーランはこの映画が完成した2014年に亡くなっているようです。そのゴーランがこの映画の最後のインタビューを受けているとき、製作者陣の手引きで喧嘩別れしたヨーラン・グローバスが入ってくる。二人は20年の時を飛び越えて悪態をつく。ここらへんは男の子でないとわからない感覚でしょうか。

そして二人は一緒に自分たちの映画を見る。


scene_photo_02

あのときは忙しすぎてゆっくり見る暇がなかった。という二人は、主題歌が流れると一緒に歌い出します。ゆっくり見る暇はなくても編集やダビングで何度も見てるからか歌は憶えてるんですね。

『ニュー・シネマ・パラダイス』もこういうふうにしなきゃいけなかったと思いますよ。回想形式にする以上、主人公は子どものトトではなく中年になったトトなんだから、若者から中年に至るまでの彼に何があったのかをきちんと描かないと、ラストでキスシーンの連続を見るトトの胸中がわからないし、見たあとでトトがそれを明日からの人生にどう活かすのかも見えてこない。

『キャノンフィルムズ爆走風雲録』のこのラストシーンは本当に素晴らしかった。もう叶わない夢。もう戻ってこない若い日々。悔恨。まだ失わない飽くなき情熱。いい映画でした。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年09月06日

モデルナワクチンを2回接種してもらいました。さすがに2回目の副反応は噂にたがわぬきつさでした。体験記をできるだけ詳細に簡潔に記します。個人差がかなりあるみたいですが、ひとつの参考として。
ちなみに、私は40代後半の男性です。接種してもらったのはモデルナのワクチンであり、ファイザーではありません。
文中に出てくる「〇日目」というのは接種した日を起算日としています。つまり接種した日が1日目、翌日が2日目となります。


1回目
1日目
b5ad7fd4c96ed4fa3d846a1583a9a05d

12時ちょうどくらいに接種。1日目はたいしたことないと聞いていたので2本立ての映画に行きました。1本目を見終わった頃(接種から3時間半後)くらいには少し腕が痛くなりました。

が、寝る前にはかなり痛くなっていました。少しずつ痛みが増していたみたいで、なかなか気づけなかった。気づいたときには肩より上に上がらないとよく聞いていた通りの症状に。痛み止めを常備していないので右を下にして寝ましたが、2時間ほど寝たところであまりの激痛のため飛び起き、それから一睡もできず。

翌朝、ツイッターで一睡もできなかった旨のツイートをすると、フォロワーさんから「ロキソニンという痛み止めが抜群ですよ」と教えてもらいました。で、近くの小さな薬局に買いに行ったんですが「ここには置いてません。もっと大きなところならあるかもしれませんが」と言われ、わざわざ電車に乗って繁華街まで行きました。駅を出てすぐのだいぶ大きめの薬局で聞いても「置いてない」と。じゃあどこに? 「薬剤師がいる薬局でないと置いてないんですよ」という。そこで神戸では有名なオーエスドラッグという薬局に行きました。

すると「ロキソニン飲んだことありますか? なければ売ることはできません」と冷たい応対。ただ私は数か月前に歯医者で処方してもらった痛み止めに「ロキソニン」と書いてあったので、それを伝えると売ってもらえました。500円。「ワクチンは今日打ったんですか? 昨日? それならいいですが、今日打ったのなら注意が必要です」と薬剤師は釘を刺していましたが、目当てのロキソニンが手に入ったのでご満悦で帰宅し、少し腹に何か入れてから飲みました。劇的に痛みが緩和され、その夜は安眠できました。


2日目
起きたときはまだ痛みが残っていたので念のためにロキソニンを飲みました。でも、1回目の副反応はほぼここまで。

3日目は痛みは完全になくなりました。4日目にまた少し痛くなり(ほんの少しだけ。充分耐えられる痛み)7日目、10日目あたりにも痛みが。7日目には手首がかゆくなったりもしました。

しかし、この程度の副反応はまだかわいいものです。問題は2回目です。


2回目
1日目
11時40分に接種。接種前の予診で医師に質問しました。薬剤師が「接種当日にロキソニンを服用するのは注意が必要」と言っていたので、当日に飲んでもいいか、と。
答えは「まったく問題なし」。ただ「すでに飲んでますか?」と訊かれました。ノーと答えましたが、仮に接種を受ける前に予防的に飲んでいるとワクチンの効果が半減するらしいです。あくまでも痛みが出てから飲むことが肝要とのこと。

晩ご飯を食べた頃にはだいぶ痛くなってきたのでロキソニンを飲みました。でも1日目はそれだけ。熱もないし、ロキソニンを飲んでいるのでそれほど痛みもない状態で床に就きました。


2日目
午前4時に悪夢にうなされて起きました。熱はこのときまだ37.3度。頭痛、関節痛、悪寒があり、とにかく苦しい。まったく眠れず、5時37.6度、6時半37.9度と上がっていきました。

まだ腕が痛かったのでロキソニンを飲みました。すると、8時にトイレで起きたとき、体がかなり軽くなってたんですね。熱は36.7度。救われた気持ちになりました。かなり苦しかったけど短時間ですんでよかった、と。

そのあと、ワイドショーを見たり、録画した映画を見たりして、昼ご飯を食べて12時半ごろ寝ることにしました。4時までしか寝てなかったので寝不足だったのです。


images.jfif

14時ごろ起きてギョッとなりました。頭痛と倦怠感が戻ってきているのです。熱を測ると37.6度。ウソやん! また寝て16時半ごろ起きると今度は37.9度、18時には38.2度と、これまで一度も破られなかった38度の壁を破る事態に。

副反応にも第2波とかあるのかと訝しんでいましたが、違いました。ロキソニンには痛み止めの他に解熱作用もあるので、それで下がっていただけだったのです。痛み止めとして買ったから盲点になっていました。

ネットで調べると、「副反応で高熱が出た場合、市販の解熱剤を服用することは何も問題がない」と複数のサイトに書いてあるし、接種会場の医師が言っていた通り、「接種前に服用するとワクチン効果が半減」とも書いてありました。これはほんとに注意が必要です。

熱を少しでも下げようとロキソニンを服用。すぐ下がってはくれるし、頭痛や関節痛も緩和してくれるけど、倦怠感はどうしようもなく、午前中に見ていた映画の続きをのんべんだらりと見ていただけ。明日の朝には治っているだろうかと祈る気持ちで就寝しました。


3日目
朝7時に起きると、37度ちょうど。ちょっとは下がったかと安堵しましたが、倦怠感がひどいので朝食を摂ったあと寝ることに。熱もたいしたことないし、腕の痛みも頭痛もかなり緩和されたのでロキソニンは飲まず。

すると、13時すぎに起きると37.7度に上がっている。これはいったいいつまで続くの? ネットで検索すると副反応が2週間も続いた人の話が載ってたりして、戦々恐々。昼ご飯を食べたあと、また熱冷ましのためにロキソニンを飲み、祈る思いで寝ました。


img_580_sp_01

19時に目が覚めると、36.3度! またロキソニンの効果というだけの話かもしれないし、喜ぶのはまだ早いと自分に言い聞かせたものの、倦怠感がほとんどなく、頭痛も関節痛もまったくない。これは完全に収まったと見ていいのでは?

20時に熱を測ると、36度ちょうど。ここで確信しました。やっと終わった、と。


まとめ
①接種前に痛み止め・解熱剤を飲むのはワクチン効果が半減するから絶対ダメ!
②しかし、ロキソニンは薬剤師がいる薬局でないと置いてないので探すのが大変。事前に買っておくとよい。バファリンでも同じ効果があるようですが。
③私は1日目は腕の痛みのみ。2日目はそれに加えて発熱、頭痛、関節痛、悪寒、倦怠感と典型的なパターン。
④しかし3日目まで続いた人は周りにはいないので目の前が真っ暗になることも。いつか終わると信じて解熱剤を飲み、ひたすら寝ることが肝要。
⑤解熱剤を飲んだ場合は、熱が下がってもすぐ安堵しては痛い目に遭う。解熱剤の効き目が薄れた頃にまた熱が出る可能性が高い。平熱に下がって安定するまで油断は禁物。


3回目がもしあるとしたら、そのときも同じように3日目まで副反応があるんでしょうかね? まぁ一度経験しているから今度はだいぶ楽観的に対処できるんでしょうが。いつまで続く、ウィズ・コロナ。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加