SF

2020年01月15日

最初の『機動戦士ガンダム』、いわゆる「ファーストガンダム」の終盤は「ニュータイプ」という言葉が最大のキーワードになりますが、初めてニュータイプとして実戦に起用されるのは、我らがアムロ・レイでもなければシャア・アズナブルの寵愛を一身に受けるララァ・スンでもありません。

この男、シャリア・ブルです。


images (3).jfif

このシャリア・ブルが出てきた時点ではまだララァは実戦に出ていないし、アムロはさんざん実戦やってますが、「おそらくニュータイプだろう」と思われているだけで確証はなかった。「ニュータイプとして実戦に投入された」のは、だからこのシャリア・ブルが最初なわけです。

子どもの頃に見たときはまったく印象に残らず、第39話のタイトルが「ニュータイプ、シャリア・ブル」とあるのを見て「誰だっけ?」と思ったほど。

この男は木星帰りとかでギレン直属の部下なんですが、キシリアのもとへ行けと命じられます。キシリアとギレンが犬猿の仲であることはみなさん知ってますよね? 


images (2).jfif

ギレンもシャリア・ブルがそのことを知っていると充分承知していて、

「私がキシリアのもとへ行けというのだから、その意味はわかっているだろうな」

みたいなことを言います。

結局シャリア・ブルは、ニュータイプとして覚醒し、ガンダムですらその能力についてこれなくなったアムロによって殺されます。あまりにあっけなく殺されるので印象に残っていなかったのでしょう。

でも大人になってから見ると、妙に印象に残るのです。

それは彼の死についてシャアが言うセリフがあるからです。

「彼はキシリア様とギレン様の間でうまく立ち回ることなどできなかっただろう」

そして、あっけなく殺されたほうが彼のためには幸せだった、と。

戦闘能力は高いが組織人としては不器用。シャリア・ブルとはそんな男。シャアにはそれがよくわかっていた。

しかし、「戦闘能力は高いが組織人としては不器用」……

これって、アムロにもララァにも言えることですよね。シャアはララァも同じ運命をたどるかもしれないと思ってあんなセリフを言ったのかも。

でも、最終的にニュータイプとして覚醒するシャアだけは組織人としても非常に器用というのが何とも皮肉というか。

私自身、組織の中でうまく立ち回るのがぜんぜんうまくないので、シャリア・ブルの悲哀が胸に突き刺さってくるのでありました。


関連記事
ファーストガンダムの政治学①地球連邦軍の非情
ファーストガンダムの政治学②シャアを利用するキシリアの狙いとは
ファーストガンダムの政治学③「戦後」を見据えるシャアの深謀遠慮







2019年11月16日

ジェームズ・キャメロンが製作陣に復帰し、28年前の『ターミネーター2』の正統的続編と宣伝されている最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』。うーん、実に残念な映画でした。面白い面白くない以前に辻褄が合わなさすぎ。世界観に異議あり! と言いたい。(以下ネタバレあります)


terminator-dark-fate1

スカイネットを滅ぼしてもリージョンが、ジョンを殺してもダニーが
いきなりジョン・コナーが殺される冒頭はガツンとやられましたが、「え、で、ターミネーターは誰を殺しに来るの?」と見た人ならすぐ思ったはず。一世一代の当たり役サラ・コナーとしてリンダ・ハミルトンが復帰することも知っていたし、シュワがT-800としてまた登場することも知っていた者としては、ジョン・コナーが殺された時点でいやな予感が漂いました。悪役ターミネーターは誰かを殺しに来るんでしょうが、そこにサラ・コナーとT-800がどう関わってくるのか、と。

T-800がジョン・コナー殺害後、20年間隠遁生活をしていたというのは笑いました。確かに、1作目で現代にやってきたシュワもマイケル・ビーンも「もう帰れない」と言ってましたし、ジョン・コナー殺害の指令だけを受けたT-800が指令を完遂した以上、何をしようと勝手だし、別にこれはこれでいいのではないでしょうか。

サイボーグ兵士グレースがメキシコ人の「新たな救世主の母ダニー」を助けにやってくるんですが、問題は、『2』でサラ・コナーとT-800が消滅させたスカイネットが「リージョン」という新たなAIにとって代わり、リージョンと人類の最終戦争がダニーの息子という「新たなジョン・コナー」によって人類側の勝利に終わりそうだという未来設定ですね。

これって完全におかしいでしょ。

いまチラシを見てみると、「時代は変わった。運命はどうだ」というキャッチコピーがあります。確かにこの30年近くでヒスパニック系の割合が格段に多くなったアメリカ社会が反映されていますが、運命に関しては「審判の日は起きなかったが、人類の運命は変わらない⁉」などと書かれています。

そうなんですよね。スカイネットを滅ぼしてもリージョンが開発される。そこには「人類は結局、自分自身の首を絞めるとんでもないものを開発してしまう」という文明批評的なものが感じられます。が、「人類の運命は変わらない」のはここまでにしておかないといけなかったのではないでしょうか。

ジョン・コナーを殺しても新たなジョン・コナーが生まれる。こんなに「人類の運命は変わらない」ことにしてしまうと、『ターミネーター』シリーズの面白さや魅力が完全に損なわれてしまっているのではないでしょうか。

スカイネットだろうとリージョンだろうと他のAIだろうと、人類側の救世主の本を絶つためにターミネーターを過去に派遣してその母親を殺そうとする。仮に首尾よく殺せたとしても、新たな救世主が生まれるだけじゃないんでしょうか。

だって、ジョン・コナーを殺しても新たなジョン・コナーが……という世界観なんですよ。この『ニュー・フェイト』でダニーを殺せたとしても、新たなダニーが登場するだけなんじゃないんですか? 『2』でスカイネットの本を根絶してもリージョンが開発されてしまったのと同じ。


最終戦争は起こらない!?
で、ですよ。そういう世界観ならば、もう人類とAIの最終戦争は起こらないと思います。

参照記事⇒AI自動運転社会は不可能・絶対無理と思う件

AIは通常「人工知能」と訳されますが、いまだに本当の意味での「人工知能」は開発されていません。現在「AI」と呼ばれているものは「恐ろしく計算の速い電卓」にすぎず、できることは四則演算だけです。最近話題の「量子コンピュータ」も異常に計算が速いだけで自分で問題を設定することはできません。

しかし、スカイネットやリージョンは自分の意思でターミネーターを開発し、過去に派遣して勝利しようと目論むのですから、真の意味での「AI」なのでしょう。

が、それならば、最終戦争は起こりません。

なぜなら、自分たちを敗北に追い込む救世主の本を絶とうとしてその母親を殺しても、結局新たな救世主が現れるなら遅かれ早かれAIは敗北します。

AIならそういことを素早く計算して「人類に戦争を仕掛けるのは得策ではない」という結論を弾き出すはずなんです。

だから、「運命は変わらない」のは、スカイネットを滅ぼしてもリージョンが……というところで止めないといけなかった。それなら誰を殺しにくればいいのかって? そんなのジョン・コナーに決まってるじゃないですか。


人類の救世主「ジョン・コナー」
john-conner

『2』でせっかく救ったジョン・コナーをあんなにすぐに殺してしまうなんて、という声がたくさんあるようですが、そういう感情論よりも、救世主はジョン・コナーひとりにしておかないとシリーズの物語が起動しないからダメだと思うわけです。

スカイネットを滅ぼしてもリージョンが開発される。リージョンを滅ぼしても新たなAIが開発される。それほど人類は愚かである。そんな人類の希望の星がジョン・コナー。AIはジョン・コナーの本を絶ってしまえばと何度もターミネーターを過去に送り込んで最終戦争に勝利しようと画策する。

それがキャメロンが監督した2本に共通する世界観だったはずなんです。

だから、このシリーズは『2』で終わるべきだったと強く思います。個人的には『1』だけで充分かな、と。『2』も好きですですけどね。

今回、仮にジョン・コナーを母親とT-800が救う話にしたら『2』と同じになってしまうし、何よりエドワード・ファーロングの顔が変わっちゃってるし。(つづく)


続きの記事
見せ方にも疑問 『ターミネーター:ニュー・フェイト』感想②


関連記事
『ターミネーター』第1作(アクション映画の古典!)
『ターミネーター2』(ラストがいまだにわからない!)

ターミネーター(字幕版)
アーノルド・シュワルツェネッガー
2019-07-01





2018年09月30日

まだまだ来年のことらしいですが、神戸は元町映画館でジョン・カーペンターの名作『ゼイリブ』が上映されると知り、矢も楯もたまらず見てしまいました。

あまりに映画的なアイデア
「宇宙人の正体が見えるサングラス」というのは実に映画的なアイデアですよね。だって、おのずとこうなりますから。↓


theylive4
theylive3 (1)


「見る者」と「見られる者」をカットバックする。いわゆる切り返しショットが多用されることになります。そして、この「見る/見られる」が「撃つ/撃たれる」に変奏されます。


theylive2 (1)

お見事ですね。ジョン・カーペンターはただこういうことがやりたいだけでこの映画を作ったのだろうかと最初は思ったほどです。しかしながらこの『ゼイリブ』は実に風刺に富んだ告発をやってのけた映画だと思います。

告発といっても劇中で描かれる大量消費社会とか、格差の拡大とかそういうことではありません。いや、それもあるんですけど、それはたぶん口実で、カーペンターは同じアメリカの映画人を告発していると思うのです。


異様に長い殴り合い
theylive1

この二人がこうなるまでに、6分もの殴り合いが行われます。「サングラスをかけろ」「かけない」という争いに6分も。全体が正味90分ほどなのに。なぜか。

おそらく「釣り合い」を取ろうとしたのでしょう。
最初に主人公がサングラスをかけるのって単なるご都合主義ですよね。何か金目のものかと思ったらただのサングラスでごみ箱に捨ててしまう。でも手にひとつだけ残ったサングラスを何の必要もないのにかける。あそこはサングラスをかけないと話が始まらないからあれでいいんですが、キース・デビッドが「かけろ」と言われてその通りにするようではあまりに都合がよすぎるし、何より「服従しろ」「何も考えるな」という宇宙人の洗脳にキース・デビッドまで毒されていることになってしまい、それこそ都合が悪い。そこであそこまで執拗な殴り合いが必要だったのだと思われます。

ただ、ここで大事なのは、それまでキース・デビッドは主役ロディ・パイパーにドヤ街を教えてやったり世話を焼く。でも完全に信頼関係になってるわけではないですよね。キース・デビッドは最初から大量消費社会やエリートばかりが優遇される社会に疑問を投げかけていますが、ロディ・パイパーは「もっと気楽に生きようや」というまさに宇宙人に洗脳された地球人の代表でした。

だからこの二人は、「地球人⇔宇宙人」という対立関係と同じく、切り返しの構図で捉えられます。2ショットもあるけど切り返しもある。特に「サングラスをかけろ」「かけない」のところはこれでもかといわんばかりのカットバックです。

それが長い殴り合いを経てロディ・パイパーの真意をキース・デビッドが理解したとき(↑画像のカット)からラストまで、この二人は一度も切り返しで捉えられることがありません。


ホリーという女
その殴り合いの前に、ロディ・パイパーはテレビ局勤めのホリーという女と出逢います。銃で脅して彼女の家まで行き、宇宙人の謀略を説きますが、当然彼女は信じません。それどころか一瞬のすきをついて彼を殴り、家の外へ突き落とします。

theylive5 (1)

最初はこのように2ショットで捉えられていた二人が、ロディ・パイパーが宇宙人がどうのこうのと言い出すところから切り返しになります。すべてを知った者と何も知らない者との対立の構図。

かと思いきや、宇宙人の侵略から地球を守るゲリラ組織にホリーがやってきて、テレビ局は何も心配ないから安心してと言います。何だ仲間だったのか、とロディ・パイパーは歩み寄り、「あたし、あたし……」と言葉を選んでいるホリーが「見る/見られる」としてカットバックされます。

キース・デビッドとは仲間になったら見つめあう場面も2ショットなのに、男と女は気持ちが通い合ってもカットバックなの? それって演出意図が一貫してないのでは?

と思っていると……


最後のカットバック
実は、地球人の中にすでに裏切り者がおり、ドヤ街で知り合った男ギルバードもそうだし、ホリーもそうだった。ギルバートは言います。

「寄らば大樹の陰っていうじゃないか。楽して大金が入るほうがいいだろ?」

まさに冒頭の主人公と同じです。「考えるな」という宇宙人の洗脳が見事に成功しています。ホリーも同じように洗脳されている。

theylive6

それが判明した瞬間、再び男と女は切り返しで捉えられ、カットバックによって「見る/見られる」の関係だった二人がまたしても「撃つ/撃たれる」の関係に変奏されて映画は幕を閉じます。

つまり、この『ゼイリブ』では、宇宙人の正体が見えるサングラスというアイデアを手掛かりに、対立する者同士を徹頭徹尾カットバックで見せるという演出手法が貫かれているわけです。


結局、カーペンターは何を言いたかったのか
ここからは私の推測です。何しろ画面に映ってないことばかりですから。

観客は上記のような映画監督の演出意図なんてまるで気にせずに見ますよね。でも、だからといって何も考えずに撮っちゃっていいの? という同じ業界人に向けた異議申し立てなんじゃないか。

70年代の半ばからアメリカ映画は少しずつ魅力をなくしていきます。古典的ハリウッド映画の作法などまるでなかったかのような雑な作りの映画が横行する。カーペンターはそれに我慢ならななかったのでしょう。古典的ハリウッド映画に通暁した映画インテリですから。

人々が何も考えずに享楽をむさぼる時代を撃つように見せかけて、カーペンターはハリウッドを告発したのだと思います。いくら観客が気づかなくてもちゃんと演出意図をもって撮れ。もっと考えろ。適当に撮った映画で大儲けして恥ずかしくないのか、と。

『ゼイリブ』を発表した80年代末以降、90年代まではコンスタントに作品を発表していたカーペンターも、21世紀に入るとほとんど映画を撮れていません。カーペンターのように真摯に映画と向き合い、自分の頭でちゃんと考えて撮る映画監督が生きにくい時代なのでしょう。

ジョン・カーペンターをハリウッドから排斥した連中、彼らこそゼイリブのTHEYなのだと思います。


ゼイリブ(字幕版)
ロディ・パイパー
2018-01-01