聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

青春

乙武洋匡『車輪の上』(一人称か三人称か)

たかだか不倫で政界進出を阻まれた乙武洋匡さん。いつの間にか小説を書いていたらしく、それが先日上梓された『車輪の上』。




期待をもって読みましたが、私にはあまり面白いと思える作品ではありませんでした。

ポイントは3つあります。

①テーマについて
②書き方について(一人称か三人称か)
③主人公への甘さについて


①テーマには大賛同
発想はいいと思うんですよ。車椅子の身体障害者がホストとしてデビューする、なんていうのはね。簡単なようでなかなか思いつかない。

それに以前、「感動ポルノ」という言葉が世界中に広まりますようにという記事を書いた人間からすると、少しも感動ポルノになってないのが素晴らしい。乙武さん自身が「感動ポルノとの訣別を!」みたいなことを言っていたから当然といえば当然ですが、実際、この『車輪の上』は障害者だから特別扱いせず殴るべきときは容赦なく殴るリョーマという店のオーナーが魅力的に描かれています。そしてそのリョーマから「障害を言い訳に使うな」と叱られる。私もいろんなことを言い訳にしてきたので、この言葉は胸にしみました。

しかしそれぐらいのことはあの乙武さんが書いているんだから読む前からわかっていたこと。同じ内容、同じテーマでももっと激烈なものを期待していたんですが、完全な肩すかしでした。

最終的に主人公はホストを辞めるんですが、リョーマの計らいで別の大役を担って再就職が決まるというのは読んでて悪い気持ちはしないけれど、何か「突き詰められてない感」が大きいんですよね。

私は、その原因は「書き方」にあると思います。


②一人称か三人称か
この『車輪の上』は一人称なのか、三人称なのかはっきりしません。「え、シゲノブが、とか主語を書いてるんだから三人称でしょう」と乙武さんは言うかもしれません。

でも、乙武さん自身が車椅子を使う身体障害者だからか、主人公の進平=源氏名シゲノブに肩入れしすぎというか、この小説は体裁は三人称小説なのに、実質的には一人称小説になってしまっているんです。

『車輪の上』第1章第1節は次のように始まります。

「これが東京の桜かあ」
進平は両脇にある大きなタイヤに手をかけて動きを止めると、


進平という主語があって三人称小説として始まります。が、直後の第1章第2節の出だしは、

巨大な迷路のような新宿駅の地下道を脱出するだけで二十分もかかるとは思わなかった。

「思わなかった」のは誰か、主語が明示されていません。ここではまだ進平しか登場してないから主語を書かなくてもいいという判断だったのでしょうか。

しかし、この作品で一番重要ともいえる第3章「同伴出勤」の最終第8節もそんな感じなのです。

夜八時過ぎ。すでに『維新』の看板には灯りがともっていた。車椅子を滑らせるようにして店の入り口をくぐると、若手ホストたちが忙しく立ち働いている。

この小説で車椅子に乗っているのは進平=シゲノブだけだから「車椅子を滑らせるようにして店の入り口をくぐっ」たのは彼だろうとわかりますが、しかし、三人称小説なのだから新しい節での最初の文章で主語を抜くのはよくない。もしかしたらシゲノブ以外の障害者が登場したのかもしれないわけだし。それに、ここはアヤという恋仲の女性と同伴出勤して二人の関係が大きく変化するシーン。同伴出勤なのに、

シゲノブはアキラが案内する席へと車椅子を走らせた。その後ろをアヤがうつむきながらついていく。

この書き方では、シゲノブとアヤがかなり距離を置いて入ってきたようで、ぜんぜん同伴出勤という感じがしません。主語は複数形であるべきなのに、単数形として書き始めてしまったからシゲノブとアヤの距離感が変になったんだろうと思います。

で、この節の最後、2万7千円を請求されたアヤが、福沢諭吉が三人いることを確認してホッと胸をなでおろすという描写がありますが、ほとんどシゲノブの視点だけで書き進められているのに突如アヤの視点が入ってくるので混乱してしまうのです。

この直後の第4章「レッテル」においてそれはさらに高まってしまいます。

ここではヨシツネという名のホストが実は女性、トランスジェンダーだったことが判明するんですが、いつものようにシゲノブの視点で「アヤと連絡が取れなくなった」「タイスケという親友ホストの売り上げが上がったが、上がったことで困ったことが出てきた」とシゲノブ目線ですべてが語られているのに、突如そのシゲノブからトイレのモップを受け取ったヒデヨシという名のホストに視点が変わり、ヨシツネの財布を拾って彼が実は女性であることを知ってしまう。

この『車輪の上』は、精神としてはほぼすべてシゲノブの視点で語られる一人称小説なのに、作者の都合で突然三人称の語りになったりする。

私もこないだ一人称小説を書いたので、それなりにわかっているつもりではありますが(その詳細については→「小説を書き始めました」)一人称で書くか三人称で書くかは小説作法においてとても重要です。


③主人公への甘さ
乙武さんは、自身が障害者だから、一人称だと視点が障害者だけに限定されるのを嫌ったんじゃないかと推察します。健常者の視点からも描いて障害者である自分を客観視したいというのはよくわかります。ですが、リョーマやタイスケやアヤが、すべて「シゲノブから見たリョーマ」「シゲノブから見たタイスケ」「シゲノブから見たアヤ」としてしか描かれていませんよね。

あくまで三人称を使って、障害者である主人公をできるだけ突き放して客観的に描きたいという思いはどこへやら。結局、障害者である主人公に肩入れしすぎというか、ほとんど同化して書かれてしまっています。それならそれで最初から一人称で書くべきではなかったでしょうか。すべてを徹底してシゲノブの視点で描く。

私も自分のことを徹底して突き放して書くために二人称という手法を使いました。一人称と言いましたが実は二人称です。というか、「おまえ」を主語にした二人称小説ですが、その「おまえ」とは私自身のことなので精神としては一人称小説なのです。

それはさておき、徹底してシゲノブの視点で描くというのは、乙武さんだからできることだと思うし、この小説でもほとんどそうなってますよね。でも、ところどころで三人称を使う中途半端さが、主人公にとってとても都合のいい甘い結末を生んでしまったように思うのです。


④アキラの話が読みたい
せっかく三人称で書くと決めたのなら、章によって視点を変えるのもありですよね。「リョーマの視点から語る章」「アヤの章」「タイスケの章」など。

ちなみに、私が一番読みたかったのは「アキラの章」です。あの歴史上の偉人から取った源氏名ばかりの店で、ホストでないとはいえ唯一本名(?)を名乗っていた男はいったいどういう出自のどういう人間なのか、とても興味がありましたが、最後まで詳細は語られずに終わってしまいました。

アキラの物語を読みたいですね。そのときは一人称か三人称か、はっきりしてほしいです。


アニメDVDについて文句をつけたい二、三の事柄

今年の目下のところのベストワン映画は『リズと青い鳥』でして、アニメはちょいと苦手なんですが、やたら評判がいいのと、もともとのシリーズ『響け! ユーフォニアム』を見てなくても充分わかると教えてくれた人がいたので思い切って見てみたらこれがドンピシャ! あまりのすごさに言葉を失ったのでした。

で、もとのシリーズを見てみようと思ったんですが……



こんな感じで7巻に分かれてるんですよね。1枚に2話ずつ。しかも私はレンタルでしか見ないけど、画像のブルーレイBOXは5万円以上もするんですって。これは在庫切れで値が吊り上ってるのかと思ったら、1枚当たりの定価が7000円ほどで、それなら7枚プラス特典がいろいろ付いてるはずだから5万以上というのは定価でしょう。

ていうか、え? 1枚7000円??? 

get_image
試みに調べてみると、ジブリアニメがだいたい1枚4000円ほど。

高くないですか? 
日本映画のDVDは、というか、ハリウッド映画以外のDVDはほとんどやたら高いですが、それは、ハリウッド映画は全世界が市場だから単価を安くしても充分利益が上がるからでしょう? 
であれば、日本のアニメだって世界中で見られてるんだから単価を安くしてもいいのでは?

FIFAワールドカップがたけなわな今日この頃ですが、サッカー選手には『キャプテン翼』のファンが非常に多い。
というわけで調べてみたところ、『昭和版』というDVD-BOXが24枚、128話分で7930円。1枚あたり330円。それが『ユーフォニアム』は1枚7000円っておかしくないですか? 

そもそもの問題として、1枚になぜ2話しか入ってないの? これは他のすべてのテレビアニメ作品に言えることですけど。詰め込めば2枚だけで足りるだろうに。そりゃ枚数が多いほうが旨味が多いのはわかるけれども、ちょっとファンを馬鹿にしすぎでは?

というわけで私は総集編の劇場版を見ました。いろいろ解説なんかを読むかぎりではテレビシリーズと劇場版では当然ながら構成が大きく違うみたいだし、テレビでは出番の多かったキャラクターが劇場版ではほんのちょっとしか出てこなかったとかいろいろ異動があるみたいで、よけいにテレビシリーズを見たくなってしまった。

繰り返します。
アニメDVDは枚数が多すぎるうえに単価が高い!(一説によるとDVD1枚あたりの原価って100円程度らしいです)


『レディ・バード』(道徳的だから面白くない映画)

やっと見てきました。グレタ・ガーウィグ監督、シアーシャ・ローナン主演による『レディ・バード』。
しかしながら、これが去年アメリカでベストフィルムを争った映画というのが本当に信じられない。


ladybird1


「#道徳的ではないけど大好きな映画」というハッシュタグ
主人公はクリスティンという名前なのに「レディ・バード」だと主張し続けます。何か理由があるんだろう、その理由は最後に明かされるんだろうとは思ってましたが、ただ母親と和解するための小道具だと知ってげんなりしました。

レディ・バード=鳥女という名前の理由は明言されずじまいでしたが、おそらく憧れの東海岸に飛んでいきたいという願望の表れなのでしょう。それはいいんですが、母親が「クリスティン」と呼んでも「レディ・バードよ!」と親がつけてくれた名前を拒絶し、自分でつけた名前を頑として主張してやまない。
それが最後、母親の願いとは逆に憧れのニューヨークへ行くと母親の手紙が届いていて、「妊娠を望まなかったけどあなたを授かって~~」といった母親の愛情が綴られている。それでバーで知り合った男と、
「名前は?」
「デビッド」
「神を信じてる?」
「信じてない」
「親がつけてくれた名前は受け入れてるのに神は受け入れないのね」

という会話が交わされて、「あたしはクリスティン」と初めて本名で名乗る。つまり親からの愛情を受け入れる。で、母親に感謝の念たっぷりの留守電を残して終幕となるわけですが、こんなお話のどこが面白いんでしょう?

主人公はカトリック系の学校に通ってるんですが、整体とされるパンをおやつ代わりに食べたり、信仰心というものがない。シスターの車にもいたずらしたするけれど、このへんは面白いですよね。「笑えるから許す」と言われたり。なぜ面白いかというと「不謹慎」だからです。「不道徳」だからです。

ちょっと前からツイッターでは「#道徳的ではないけど大好きな映画」というハッシュタグが流行っています。結構いろんなツイートがあるんですけど、私は違和感を禁じえない。「道徳的ではないけど~」ということは「映画は道徳的だから面白い」というのが基本にあるわけですよね。でも、そもそも映画って不道徳なもんじゃないですか。昔は「映画なんて不良が作って不良が見るもの」と言われていました。映画に道徳を求めるなんて愚の骨頂だし、わざわざ「この映画は不道徳だけど面白い」とツイートしてる人の気が知れない。

と思っていたら、「道徳的じゃないけど私が大好きなものは映画そのものだ」という心あるツイートをしている人もいて心が休まりましたが、『万引き家族』に対して「立膝で飯を食うなんてありえない」などとイチャモンをつける人がたくさんいるこのご時世では、そういうまともな言説ほど埋没してしまうようでやりきれません。


母親との葛藤は充分に描かれたか
話を『レディ・バード』に戻すと、母親に反発していた娘が母親に感謝の念を示す物語とようやくできます。しかしながら、母親に反発していた描写がそれほどありません。確かに、地元の州の大学なら学費が割引になるから地元の大学に進学してほしいと願っていた母親と最初は大喧嘩になってましたが、映画全体を通してそれがメインの葛藤を成すような作劇になっていなかったように思います。

百歩譲って母親との確執がメインであったとしても、親に感謝することが大人への第一歩という「政治的に正しい」思想には共鳴することができません。
正しくないと言っているのではありません。正しいからこそ乗れないのです。よく中高生が新聞に投書して「いじめはいけない」とか、ものすごい正論を言ってますよね。あれと同じだと思いました。


蛇足ながら素朴な疑問ですが、親の愛情を受け入れることと神を信じることって通底しているものなんですか? クリスチャンじゃないからわかりませんでした。





ギャラリー
  • ETV特集『キャメラマンMIYAGAWAの奇跡』を見て痛感した「遊び心」の重要性
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード