聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

週刊リテラシー

百田尚樹が「週刊リテラシー」で口走った3つの間違い

今日の「週刊リテラシー」ゲストは「炎上王」として知られる百田尚樹氏でした。

bn_photo_7600001_1

いままで写真でしか見たことがなく、喋ってるところを初めて見ましたが、なかなか面白いおっさんですね。

しかし、いくら面白いといってもその思想は容認できないというか、論理的にかなりおかしいことを言っていました。

最初の半蔵門世論調査「18歳で成人に賛成ですか、反対ですか?」という問いに対しては、選挙、酒・たばこ、少年法とさまざまな事柄を全部一緒くたに論じるのはおかしい、それぞれ別個の問題として考えるべきではないか、との答えで、これには私も大賛成。上杉隆氏の「人それぞれ大人になる年齢は違う」というのにはもっと大賛成。

しかし、話が安保法制に移ると百田氏は馬脚を現すのでした。

①安保法制に反対する大がかりなデモが先週末あったことに対して、「主催者発表の12万人を信用したとしても日本人全員のほんの0.1%。たったそれだけの人の意見で法案が覆るなんておかしい」との発言。

そりゃ確かにデモに集まった人の数は0.1%なんでしょうけど、デモに行った人間だけが安保法制に反対でそれ以外は全員賛成みたいに言うのは論理的におかしいです。私みたいに反対だけどデモに行かなかった、そもそも行きたくない人間だっているんですから。(私がデモに参加したくない理由は過去に書いてるので興味のある方は読んでみてください)

デモに行った人は、「何が何でも反対!」の人たちなんですよね。だから「そこまでじゃないけど猛反対」から「猛反対じゃないけど結構強く反対」とか「普通に反対」「どちらかといえば反対」までを入れると結構なパーセンテージになると思うんですが。

安保法制に反対してる人は一部のバカだけみたいな言説は橋下徹も言ってましたけど、ああいうのを我田引水というんだろうな、と。

あと、何が何でも反対!の人たちのネット上での盛り上がりに乗ろうと「ファッション」としてデモに参加してる人もいたはずなんですよ。「デモに参加してる俺ってかっこいいでしょ、みたいな。そういう人たちは思想的には百田氏たちの考えるようなバカかもしれませんが、しかし、政治現象としてファッションになるまで反対意見が高まっているというのは、やはりかなりの人の数があの法案はおかしいと感じてる何よりの証左だと思うわけです。


②安倍総理が参議院での安保法制論議そっちのけで大阪まで「ミヤネ屋」に出演しに行ったことについて、参院特別委員会の委員長から「いかがなものか」と批判され、参議院の委員会での採決ができなくなるのではないか、そこまでしてミヤネ屋に出るべきだったのか、ミヤネ屋よりリテラシーに出てよ安倍総理!!と司会の田村淳さんが大声で叫ぶと、百田氏は「視聴率が違うから」と言っていました。

言っていることは正しいでしょう。でも、見てる人の層がぜんぜん違うじゃないですか。ミヤネ屋を見てるアホな主婦と、週刊リテラシーを見てる政治に興味津々の老若男女とはまったく違う。

視聴率が違うから、じゃなくて、ちゃんとリテラシーをもった人たちに向けて言葉を発したらよけい危ないと直感してるんでしょ。アホな主婦向けならいくらでも喋れるし騙せるという計算もあったのでしょう。

だから「視聴率が違うから」という発言は間違いというよりそういう計算を含んだものだった、というところですかね。


最後のは一番ひどいです。


③安保法制について、解釈改憲をするぐらいなら堂々と憲法を改正すればいい、との発言。

これはこれで正論でしょう。

しかし、この発言の直前には「この法案ははっきり九条に違反してるから」と言ってました。違憲なのだから憲法を改正して合憲法案として堂々と国会を通せばいいと。

違憲?

確か番組の最初のほうでは、「安保法制は戦争をしないための法案」と言ってませんでしたっけ?

本当に戦争をしないための法案なら九条に違反していません。それを違憲とは、ついに本音がポロッと出てしまったようですね。やはり安保法制は「戦争法案」なのですよ。

ならば百田氏の言うとおりはっきり違憲なのだから、何が何でも成立させてはいけません!!!!!



合祀か分祀か以前に「神を信じているか」のほうが先では?

今日、アルタから生放送だった「週刊リテラシー」の半蔵門世論調査ならぬ新宿世論調査の質問は、

「靖国神社の英霊を合祀のままにすべきか、分祀すべきか、どちらがいいと思いますか」

というものでした。

yasukuni_jinja_01l


そもそも、神道では合祀というのは炎を一つにすることで、それを分けることなどできないのだから、質問そのものがナンセンス極まりないと思うんですが、それはまあいいとして、この問題についてはいろんな人がいろんなことを言ってますけど、普段「神」を信じてない人までがいろいろ論じているのがそもそもおかしいと思うんですよね。

靖国問題は政治問題だ、外交問題だ、いやいや外交問題じゃない、いやもとは外交問題じゃなかっただろうがいまはもう外交問題になっちゃってる、といろいろかまびすしいですが、やっぱり死んだ魂を神として祀っている神社の問題なのだから、外交問題になってるとしてもまずは宗教の問題だと思うんですよね。

でね、私の周りでもいろんな意見が飛び交ってるんですけど、普段から「俺は神なんか信じてない」と言ってる奴が、「分祀すべきだ」とか「A級戦犯のA級というのはAレベルという意味ではなく、A群、B群というグループ分けにすぎないから合祀でよい」とか言ってるんですけど、これってめちゃくちゃおかしいと思うんです。

だって、神を信じていないのであれば、死んだ軍人たちを神として祀るという行為そのものが彼らには「どうでもいいこと」のはずなのだから、「合祀でも分祀でもどっちでもいい」でなければおかしい。どうしても合祀か分祀かを論じたいのであれば、そもそもその人は「神を信じている」ことになります。

だから、靖国問題を論じる際に大事なことは、まず「あなたは神を信じますか?」と問うことから始めなければいけない、ということです。政治問題である前に宗教問題なのだから。

別に八百万の神々でなくてもいいと思いますよ。ヤハウェでもアッラーでも大日如来でも何でもいい(全部一緒か)。とにかく「信仰心」があるかどうかをまず明らかにして、靖国問題を論じる資格があるかどうか確認すべきです。

そうです。靖国問題は論じる資格のある人だけが論じられる問題なのです。

「神なんか信じてない」とか「神を信じてるなんて恥ずかしくて言えない」という人にはこの問題から退場してもらうべきです。

まずは信仰心の有無を確認することから始めないかぎり、靖国問題は永遠に解決しないと思います。



利己的であることは絶対に「悪」なのか?

bn_photo_600001_1

今日の「週刊リテラシー」の半蔵門世論調査は、自民党のある議員が、SEALDsの人たちを指して「戦争に行きたくないなどと利己的なことを言っている」とツイッターでつぶやいた件について、「あなたは「戦争に行きたくない」は利己的と思いますか?」というものだった。

うーん、なんかおかしいんですよね。

番組内で「利己的じゃない」「いや、利己的だ」と議論が交わされてましたが、利己的=悪という図式でこの問題をとらえていることがそもそもおかしいのではないかと。

前提となっている「利己的=悪」という図式が果たして本当にいかなる場合でも正しいのか、という検証がなされていないと思いました。

私は、戦争に行きたくないというのは、死にたくない、殺したくない、ということだから利己的なことだと思います。しかし、それは「良い利己主義」なんじゃないんですかね?

「100%悪い人間もいなければ100%良い人間もいない」という方程式に則れば、利己主義というものも100%悪じゃないんじゃないの?と。

だって、戦争に行きたくないが悪い利己主義なら、その対極にあるのは、お国のために戦争に行く利他主義ということになりますが、それって良くないことなんじゃないかな。まぁ私がそう思うだけのことかもしれませんがね。

しかしながら、お国のために死ぬことを唯一の美徳として勝ち目のない戦争に突っ走ったことを忘れてはなりますまい。

だから、今日の半蔵門世論調査では、

「戦争に行きたくないは悪いことだと思いますか?」

と質問するべきだったと思います。
私は少しも悪いことだとは思いません。良いと思う人だけが戦場に行けばいいんだと。



同性婚問題(「神」というフィクション)

今日の「週刊リテラシー」の半蔵門世論調査は、

「同性婚についてどう思うか。①論議するべきだ②論議しなくてよい③わからない」

というものでした。

鈴木奈々さんをはじめ、ほとんどの人が①で、上杉さんだけが「リテラシー的には反対の意見も必要でしょう」ということで敢えて②の意見を述べていましたが、まぁ本音は①でしょう。

私も①なんですよ。でもそれは鈴木奈々さんみたいに「①じゃない人の意見がわからない。絶対①!!!」というものではなく、ほんとは②なんだけど、結局①になるのかなぁ、というものなんですよね。

私はヘテロセクシャルなので、ゲイやレズビアンの人たちの同性を欲する気持ちはまったくわかりません。でも、実際にそういう人たちがたくさんいるのだから、認めて何が悪いの? とも思うんですけど、もっと根本的なところから②なんですよね。

まず、同性婚云々の前に「結婚」とは何ぞや的なところから考えるべきでしょう。

結婚とはお役所に婚姻届を出して、「私たち二人を法律上の夫婦として認めてもらう」ことですよね。

ここからしてもうおかしいと思います。

おかしいというか「まやかし」というか。「法律上の」というところがね。

結婚した二人は同性だろうと異性だろうと「法律上の夫婦」になるだけ。もちろん、生まれた子どもや養子としてもらった子どもも「法律上の親子」になるだけ。

異性の結婚なら法律上の親子じゃなくて生物学的にちゃんとした親子じゃないか、という声が聞こえてきそうですが、生物学的に親子であっても父親が認知しなかったら法律上は親子じゃないわけですよね? 番組内でも言っていました、「同性婚が法的に認められなかったら、子どもが片方の親とは親子だけど、もう一人とは何の関係でもなくなってしまう。だから法整備をしないといけない」と。

ここが同性婚問題の肝だと思います。

結局、同性婚論議というのは、生物学的な親子ではなく、あくまでも擬制としての「法律上の親子」「法律上の夫婦」として認めるべきか否か、ということなんですよね。

それなら論議なんて最初からすっ飛ばして認めればいいんですよ。普通の男女の結婚だって法的擬制にすぎないんだから。

人間が考え出した制度はほとんどが「擬制=フィクション」です。そして、血がつながっているという「現実」よりも法的に親族かどうかの「フィクション」のほうが大事になってしまっているわけです。本当の親子なのに認知してなければ遺産も相続させられないとかいろいろな問題が出てきてしまう。

よく「結婚なんて紙切れ一枚のこと」と言いますけど、まったくそのとおりだと思います。

いくら夫婦が心から愛し合い、その結果として子どもが産まれ、みんなで何十年も仲睦まじく暮らしたとしても、その紙切れを提出してないというただそれだけで何だかんだとさまざまな問題が噴出するんですよね。それは人間社会が現実よりもフィクションを大事にしているからです。

と、ここまできて、初めて宗教的な理由で同性婚に反対する人たちが多数いる理由がわかったような気がします。

宗教的に同性婚に反対する人たちは、この人間社会が擬制=フィクションで成り立っていることの露顕を本能的に恐れているんじゃないでしょうか。

だって、「神」こそは人間が生み出した最大のフィクションですから。

 


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。