聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

群像劇

『王様のレストラン』オーディオコメンタリーが面白い!

三谷幸喜の不滅の大傑作『王様のレストラン』DVDのオーディオコメンタリーを聴いたんですが、これがやたら面白かった。



登場人物名の由来
まず驚いたのが、この物語は「弁慶と牛若丸」がベースなんですってね。千石さんが弁慶で禄郎が牛若丸。だから平安時代から鎌倉時代の人の名前をもじっているとか。

千石武の武は武蔵坊の武で、禄郎は「九郎義経」から来ているとか。三条政子は北条政子から(最初の台本では「南条政子」だったとか)。ディレクトールの水原範朝は禄朗の兄だから源頼朝から。「源」はサンズイに原なので「水原」にしたとか。へぇ~~~。

とはいえ、11話全部で作者の三谷幸喜がホスト役を務めるということで、作劇に関する秘術など伝授してもらえるのかと思ったらぜんぜん違いましたね。だいたいは俳優さん同士で遊びに行った話とか、お互いの芝居を見に行ったとか、あのシーンは誰それのアドリブとか、そんな話ばかりで。

でも、不満だったわけではありません。すごく面白かったです。

とはいえ、あくまでもこのブログでは、例えばデュヴィヴィエ役のジャッケー・ローロンがフランスで映画監督になったとか、梶原善は誰に対しても失礼だったけど誰とも仲がよかったとか、死んでしまった伊藤俊人がやたらマニアックなエッチビデオを共演者仲間に貸しまくっていたとか、そういう話には触れません。

やはり私にとって興味深いのは、作劇術は語らなかったけど三谷幸喜のプロ根性とか、松本幸四郎の「エッチビデオから古典芸能まで」とか、そういう話。


自分の作品は見ない
三谷幸喜が毎回ゲストに訊いていたことのひとつが、

「自分が出演した作品を見るかどうか」

ということでした。

見る人もいれば山口智子みたいに「究極の飽き性」で新しいことを吸収することばかり考えてるから見ないという人もいる。
でも、見るという人も「このドラマだけ特別」という感じで、普通は見ない人が多かった印象。

それよりも、三谷幸喜の「自分の作品を見るのがいや」という言葉が興味深い。

「僕にしかわからないミスというか、もっとこうすればよかった、こういうセリフにすべきだったとか、反省することばかりだから基本的に見ません」

とのこと。自分の作品を「会心の出来だ!」とかいって読んでほくそえんでいる私とはそういうところが違うんだなぁ、と。

でもオンエアでは必ず見るそうで、というか、オンエアでしか見ないそうです。もちろん録画じゃなくて生で。山口智子は「日本中のいろんな人がいま同じものを見てると思うとすごくいやになるからオンエアでは絶対に見ない」と言っていたのとは好対照。

三谷幸喜がなぜオンエアで見るかというと、裏番組のチェックをしたいから、とのこと。CMになったらすぐ裏番組を見て面白そうだったら「やばいな」とか、いろいろ考えるそうです。

この人がCMを入れるタイミングも脚本に書いてることは知ってましたが(『今夜、宇宙の片隅で』のシナリオ集にはっきり書かれていました)出演俳優がスポンサーのCMに出ている場合は、その俳優のアップで終わらないように書くんだとか。そこまで考えて!? すげー!


松本幸四郎の「総合芸術論」
52f01bafbf3221ab8bcd519db8745bba
エッチビデオから古典芸能まで上手下手というものがある。と力説する千石さんこと松本幸四郎。あまりにエッチビデオを語るのでやっぱりこの人はすごく面白いんだなぁと思いましたが(あとダジャレが大好き!)もっと印象に残ったのは「総合芸術論」でした。

「芝居や映画は総合芸術と言われますが、いま、それを履き違えている人が多いんじゃないか」

「脚本家、俳優、演出家、カメラ、美術、小道具、音声など、自分の役目だけを極めた人が集まってそれぞれの技を総合するのが総合芸術だと思われている節がある」

「本来の総合芸術とは、俳優も芝居だけでなくホンのことも演出のこともカメラのこともわかっている、カメラマンもカメラ以外のことがわかっている、一人一人がすべてのことをわかったうえで自分の専門分野の技を出す、ということだと思うんです」

うーん、深い! さすが数十年も舞台に立ってきた人の言葉だな、と。

とにかくめったやたらに面白かったです。


関連記事
①ヒーローは千石さんではない?
②ヒーローはオーナー禄郎である!
③シェフしずかはヒーローでないのか?
④ディレクトール範朝から千石さんへと至る道
⑤アンチヒーロー千石武
⑥最低だが素晴らしい!



『ゆとりですがなにか』総括(2010年代を代表する大傑作!)

クドカンの最高傑作『ゆとりですがなにか』がついに昨日で終わってしまいました。

①問題作『ゆとりですがなにか』の問題とは何か
②怒涛の第8話を振り返って
③島崎遥香の役名を「ゆとり」にしたクドカンの熱き想い

これまでこのドラマについていろんなことをつらつら書いてきましたが、今回の最終回は8話、9話に比べるととても落ち着いたものでした。

m_sponichi-spngoo-20160619-0093

9話までで「ゆとり世代」に関するテーゼをしっかり打ち出したからでしょう。最終話はそのためにとっ散らかった人間関係を整理するための回でした。

といっても、そこはクドカン。いろいろ面白い趣向を見せてくれました。

わからなかったのは、冒頭で酒瓶を倒し、そこで吉野家で酒瓶を倒す岡田将生の姿がフラッシュフォワードで見せたこと。何度かあのカットはフラッシュフォワードされてましたが、いったい何のためだったんでしょう?

松坂桃李の性教育の翌日が結婚式で、二つのシーンを交互に見せていたのは、あれはフラッシュバックでもフラッシュフォワードでもなく、時間を超えたカットバックですよね。

思春期とは何か、から始まって、心は死ぬまで思春期です、と子どもたちに教える松坂桃李が、上司と一夜かぎりの関係になったことで破談になりそうな岡田将生と安藤サクラを温かく見守るいいカットバックでした。なるほど、童貞教師の性教育って単なる下ネタじゃなくてこういうふうに使うつもりだったのかと、クドカンの深謀遠慮にはまたしても唸らざるをえませんでした。

あそこは脚本の段階からああいう構成だったのは明白ですが、岡田将生が酒瓶を倒すフラッシュフォワードはもしかして撮影のあとの編集でああなったんでしょうか。気になります。いずれにしてもあまり効果がなかった気がするのでちょっと残念でした。

しかし、岡田将生と安藤サクラはめでたく結婚できたし、松坂桃李は童貞卒業&吉岡里帆と恋仲になったし、柳楽優弥の中国人妻は吉野家で見つかったうえに(吉野家はすべての中国人の見方です!)強制送還されずにすんだし、柳楽も植木屋として何とかやっていけそうだし、島崎遥香は旅行会社で何とか頑張ってるし、最初はどうしようもないゆとり野郎だった太賀は自分で自分のことを笑いのネタにできるようになったし、最後までダメなのは吉田鋼太郎演じるレンタルおじさんだけですかね。(笑)

とにかく、このドラマの主題は前回までで描き尽くされてるのでほぼすべて丸く収まったのならもう何も言うことはありません。





『ゆとりですがなにか』第9話(島崎遥香の役名を「ゆとり」にしたクドカンの熱き想い)

いやぁ~、前回からがぜん面白くなってきた『ゆとりですがなにか』。
昨日の第9話もやたら面白かったですね。7話目までその凄さに気づけなかった自分を恥じます。

8fa78bb0


①『ゆとりですがなにか』の問題点とは何か
②第8話を振り返って(チャイ! チャイチャイ!)

に続く第9話を見ての感想です。

前回の最後では、柳楽優弥が逮捕され、安藤サクラと結婚して会社を辞め実家の造り酒屋を継ごうと決めた岡田将生に試練が訪れます。

岡田将生の試練はともかく、柳楽の逮捕にはちょっと違和感があったんですよね。このドラマにはたして国家権力の介入って必要なんだろうかと。

しかも、柳楽の中国人妻も不法滞在のために警察に追われ行方をくらます。おいおい、そんなのゆとり世代という主題と何の関係もないじゃないかと。

でも関係あるったんですね。いや、不法滞在は関係ないにしても国家権力の登場は必要だった。

このドラマがユニークなのは、そして並大抵の才能では絶対無理なのは、ゆとり世代を否定することなく世代間闘争せよというメッセージを打ち出しているところだと昨日初めてわかったんです。

普通、世代間闘争といえば、上の世代が下の世代を否定するところから始まりますが、上の世代は少しもゆとり世代を否定しない。いや否定してるんだけど面と向かって否定しない。そこから始めろよ、とクドカンは言ってるんだと思います。

大人たち世代はLINEで辞めると言ってきたり、仕事を頼むといやだとダメ口で返事するといったエピソードを聞くと、「ゆとり世代っていったい何なんだ? 少しもわからね~」とどうしても匙を投げてしまうんです。彼らは自分たちとは違う別の日本人なんだと。私もつい最近までそういう人間でした。

それって、ゆとり世代を否定しながらも最初から闘争を拒否してるんだとこのドラマを見て気づかされました。なぜなら面と向かって非難しないから。わからない生き物だから関わり合いにならないでおこうと距離を置く。世代間闘争ではなくもっと深刻な世代間断絶が起こってしまっている。

クドカンは「それでいいのか大人たち!」と疑問を投げかけます。

ゆとり世代にも上の世代と下の世代があり、第一世代の岡田将生は第二世代の後輩・太賀を叱り飛ばしたり妹の島崎遥香に説教したりする。
ここで大事なのは、第一世代と第二世代はちゃんと世代間闘争できてるってことなんですよね。太賀を叱ったら逆にパワハラで訴えられたり、島崎遥香に説教したら、反発した彼女が内緒でガールズバーで働くことになったり。

でも、第一世代は上の世代から叱られることがない。「これだからゆとりは…」というセリフが象徴的ですが、呆れられることはあっても叱られることはない。

そのために吉田鋼太郎が女癖が悪く妻に逃げられた情けない男という設定が必要だったわけですね。
吉田鋼太郎は「自業自得」という言葉が一番嫌いと言いながら、逮捕された息子・柳楽に「自業自得」と言いかけて自分にはそう言える資格がないと謝る。柳楽は「何で謝るんだよ。俺を叱るのはあんたしかいねーじゃねーか!」と怒り、吉田は叱り飛ばします。なるほど!と唸りましたね。

しかも、叱られた柳楽がすぐに「おまえにそんなこと言えんのか!!!」と逆上して殴るんですね。世代間闘争ですね。本物の。こういうことが現実社会ではできてないことにクドカンは苛立ってるんだと思います。大人たちはもっとゆとり世代とちゃんと向き合えよと。面と向かって否定しろと。

そして、クドカンのゆとり世代をめぐる想いはもっと深い。

島崎遥香の名前が「ゆとり」なのはなぜだろうとずっと不思議だったんですが、ついに昨日の第9話でその理由が明かされました。


16ad105b
兄二人がどういう名前にしようかと決めるとき、「かば」「ばか」などの変な名前とともに「ゆとり」も交えて、「どれにしようかな、神様のゆうとおり」で決めちゃうんですが、「ゆうとおり」と言いながら幼い日の岡田将生は強引に「ゆとり」を選ぶんですね。それで決まったと。

でも名づけたからには責任をもたなくては。生んだからには責任をもたなくては。というのがこのドラマの最も大事なメッセージ。

第6話だったか7話だったか、松坂桃李が小学生たちに「ゆとり世代とは何ぞや」という授業をしますが、そこで「先生たちゆとり第一世代は勝手に国がゆとり教育をして勝手にゆとり世代って名づけられただけなんだ」といいます。

なるほど、だから国家権力の登場が必要だったのかと。しかも柳楽の妻が不法滞在の外国人という設定もこのためだったのかと。
柳楽の恐喝容疑は主題と関係ないですが、不法滞在で登場する日本政府の手先たちは「なぜ在留許可を出さなかった」と柳楽を責めます。そんなこと知らねーもん、そっちが先に教えてくれなきゃと柳楽は反発。中国人をはじめ経済成長のためにビザの発給要件を緩和しておきながら、どうすれば在留期間を長くできるかということを少しも教えない日本政府に対する非難ですね。

そのエピソードと、島崎遥香の役名「ゆとり」の由来とが相俟って、ゆとり世代を生んだ国家に対し「名づけたからには責任もてよ。生んだからには責任もてよ」という激烈な主張へと発展する。うーん、深い! 隅々までよく考えぬかれています。

さて、来週は最終回ですが、どうなるんでしょうか。

予告編によると結婚式の場面があるようですが、結婚はゴールではなく人生の墓場だと頻繁に言われるようになった今日において、最終回に結婚式をもってくるクドカンはどのようなG難度を見せてくれるのでしょうか。着地はピタリと決まるのか。

楽しみでなりません。




続きの記事
総括「2010年代を代表する大傑作!」


ギャラリー
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』(禍々しさと可笑しさと)
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 許せない映画⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
  • 黒澤明『天国と地獄』の疑問点
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード