神話

2018年05月12日

日本映画専門チャンネルでやっていた『鬼の棲む館』。これがべらぼうに面白かった。神話と宗教が絡み、男二人の「英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニー」が時代背景とともに見事に描かれています。


20100520095929

1969年大映作品『鬼の棲む館』
原作:谷崎純一郎『無明と愛染』(「あいぞめ」ではなく「あいぜん」)
脚本:新藤兼人
監督:三隅研次
出演:勝新太郎(無明の太郎) 
   高峰秀子(楓)  
   新珠三千代(愛染)  
   佐藤慶(高野の上人)


時代背景
まず、高峰秀子演じる楓が「頼もう」と荒れ果てたお堂を訪ねる場面から始まります。そこに住んでいるのは無明の太郎と言われる盗賊とその愛人の愛染。楓は太郎の妻なんですが、愛染に寝取られたと。それで太郎と奪い返しに来た。

そんな楓の気持ちなどお構いなしに、太郎は京へ金目のものを盗みに行くと言って出かけます(このとき薪代わりに仏像を叩き斬るのが後半に向けての伏線ですね)。京はひどい戦乱にまみれていて、応仁の乱の頃かな、と思いましたが違いました。

太郎がいない間に佐藤慶演じる高野の上人が一夜の宿を求めて訪ねてきます。このとき「京方と吉野方が……」と語っていて、なるほど、南北朝時代かと。

鎌倉末期の直後で南北朝時代が舞台というのがこの映画のミソですね。鎌倉末期から持明院統と大覚寺統の間で「両統迭立」の状態にあり、その末期に後醍醐天皇が現れて南北朝時代に突入。皇統が分裂していた時代でした。

この時代背景は後半の展開にかなり大きな意味をもってきます。


英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニー
楓は上人に語ります。
かつて荘園名主だった太郎は戦火で荘園が潰れたために京へ出てきて愛染と出逢い、その愛染によって暗黒面に落とされた。楓はそんな太郎を奪い返しに来たのだと。しかし、実際は愛染に復讐したい気持ちのほうが強いようです。。

そこを上人は鋭く突きます。愛染を「鬼」と罵る楓の心にもまた鬼が棲んでいると。鬼は多かれ少なかれ誰の心にも棲むものだ、というのが真言宗の考え方かどうかは知りませんが、少なくともこの上人の思想ではあるらしい。

では、なぜこの上人はそのような思想をもつに至ったか。やはり上人自身がかつては暗黒面に堕ちたアンチヒーローだったことが大きいのでしょう。
いまは出家して英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニーを歩んでいる。かつての自分のような太郎に出会い改心させようとする。が、上人もまた太郎と同じくかつて愛染の誘惑に負けた弱い人間だったことが判明します。上人はかつて貴族で、愛染にそそのかされて人を殺めたことが語られます。太郎と上人は同じ穴のムジナというわけです。そして、再び愛染が色仕掛けで上人に迫る。

で、こんなことになってしまいます。

51iLYiEOd9L


己に負け、仏の道を誤った上人は舌を噛み切って自殺します。英雄の旅を完遂できなかった上人の胸中を察するととても悲しい。


51c533e20947e2499e008bfeea550595

しかし、「仏も私のカラダに負けた!」と高らかに笑う新珠三千代を見た勝新は発作的に彼女をぶった斬ります。そして、上人の遺志を継いで、妻の楓とともに出家をする。

このへんの展開はとってつけたような感じが否めませんが、上人が堕落する直前、太郎が上人の念仏によって黄金色の仏像の強い光に負けたという事実のおかげで、彼の目に「仏性」が見えたのでしょう。鎌倉仏教が花開いた直後でまだ末法思想の名残もあっただろう時代。しかも、いつ終わるかわからない戦乱の世だった、という時代背景も関係しているかもしれません。


南北朝時代の意味
時代背景の意味がこれでもうわかりましたよね。
かつて太郎は楓と幸せな生活を送っていたけれど、愛染と出逢うことで暗黒面に堕ちた。
その愛染によって暗黒面に堕ちていた上人はそれゆえに仏に道に入って暗黒面から脱却した。
その上人が再び愛染によって暗黒面に堕ちたがゆえに、太郎は暗黒面から脱却した。

上人と太郎はどちらもヒーローズ・ジャーニーを歩んでいますが、どちらかがヒーローのとき、もう片方はアンチヒーロー。

両雄、並び立たず。両統迭立から南北朝へと皇統が分裂していた時代というのがうまく活かされています。

京が戦火で焼かれている時代というだけなら応仁の乱でもいいような気がしますが、やはり皇統分裂のこの時代のほうが「二人のヒーローの分裂」というテーマがより明確になるという計算なのでしょう。


クライマックスで大事なこと
fbc519555106f8e7e5513dd94d2621ec

クライマックスで大事なことは、愛染を斬った太郎がその死骸に抱きつき、号泣することでしょう。
ちょっと前まで愛し合っていた仲だから、ということではないと思います。発作的に斬った、ということへの悔いでしょう。

太郎は上人が死んだ時点で仏の心が芽生えていた。ならば、彼が愛染を暗黒面から救い出し、新しい英雄の旅に歩ませなければならなかったはず。それを気持ちはわかるが発作的に斬ってしまった。救い出すことができなかった、ということへの悔恨と謝意の表れと解釈するのが私流の見方。

彼女は最初から最後まで、ヒーローとアンチヒーローを循環的に行き来するキャラクターではなく、ユング心理学でいうところの「身体のアーキタイプ」なのでしょうか。ヒーローを暗黒面へ転落させる役どころ。決して変化しない。

だから「鬼」なのでしょう。しかし「鬼は誰の心にも棲んでいる」のです。上人も己の鬼に負けた。太郎も負けかかっていた。太郎を救いに来たはずの楓も鬼退治という妄執に囚われた鬼に成り下がっていた。

だから、愛染は決して身体のアーキタイプではなく、アンチヒーローだと思います。それはヒーローに変容する可能性を秘めた存在ということです。そう考えないと「誰の心にも鬼が棲んでいる」と言った上人が浮かばれません。魔性にだって仏性はひそんでいるのです。それが釈迦の教えだったはず。

だから、太郎のアンチヒーローからヒーローへの変容は、きっかけは上人の死ですが、それだけではまだ完全ではなく、愛染を斬ってしまったことで完全なる変容となったのだと思います。

仏教、それも大乗仏教の国だからこそこういう映画が作れた。キリスト教などの一神教を信仰する人にこういう物語は作れない。私は日本人としてこの映画を誇りに思います。

ただ、惜しむらくは、高峰秀子の役どころがやや狂言回し的なところで終わってしまったところでしょうか。冒頭など、あの勝新をも圧倒する横綱相撲ぶりに瞠目していたんですが、だんだん影が薄くなってしまって……。
太郎の変容はしっかり描かれますが、楓の心に棲む鬼がどうなったか、その顛末が描かれないのはとても惜しいと思います。


鬼の棲む館 [DVD]
勝新太郎
KADOKAWA / 角川書店
2014-12-19





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月19日



1977年製作、中島丈博脚本、田中登監督による名作ロマンポルノ『女教師』を久しぶりに再見しました。

前回の『山の手夫人 性愛の日々』の神話的構造 に続く、ロマンポルノを神話的に読み解くシリーズ第2弾です。


女教師4

もう25年くらい前でしょうか、初めて見たときは、セカンドレイプ問題に日本の教育問題を絡めた傑作だと思いました。時を経たいまもその思いはまったく変わりませんが、これをジョーゼフ・キャンベルの比較神話学などを援用してこの物語を読み解くとどうなるか。

神話的に読み解くということは、誰が問題を解決するか、つまり「ヒーロー」は誰か、また、「問題」は何か、その問題の原因を引き起こしたのは誰か、『クリエイティヴ脚本術』の言葉を借りれば、「ホールドファスト」は誰か、ということになるのですが・・・


c29fe654

本当の「ヒーロー」は誰か
私は普通に主人公の永島瑛子がヒーロー(ヒロイン)だと思っていました。でも違いますね。彼女はレイプ事件の被害者であり、セカンドレイプも受けるかなり悲惨な人ですが、彼女が問題を解決するわけではない。

さて、その前に、この映画でドラマを駆動する「問題」とは何でしょうか。

永島瑛子がレイプされることではないですよね。それは問題を表面化させるきっかけにすぎません。

上の画像の樹木希林や蟹江敬三も噂に踊らされてセカンドレイプしてしまうひどい教師たちですが・・・


女教師1

やはり問題の原因はこの男でしょう。
レイプ犯・古尾谷雅人(まだこのころは「古尾谷康雅」ですが)の担任にしてレイプ事件の目撃者・砂塚英夫。目撃しておきながら、しかも教師のくせに事件の一部始終をニヤニヤと眺めていただけ。

実はもう一人、永島瑛子の恋敵の女性教師も目撃していたのですが、それは最初は明らかになっていません。最初に問題になるのは、久米明校長をはじめ、穂積隆信教頭、そして砂塚英夫が事件をうやむやにしようとしたことです。一人、正義漢の山田吾一が永島瑛子を擁護して警察に届けるべきだと主張しますが、聞き入れてもらえない。

結果として、教え子を誘惑したとあらぬ噂を立てられた永島瑛子は遠い北海道で自殺未遂を図るに至るのですが、教師からも生徒からもバカにされセカンドレイプの真っただ中で半狂乱になる様子を冷静に観察している男こそこの映画の「ヒーロー」です。


86c8defa

そう、レイプ犯の古尾谷雅人。

え、彼は問題の原因では? いやいや、問題の原因は事なかれ主義の久米明校長から卑劣漢・砂塚英夫までの教師たちでしょう。もう一人の目撃者たる女性教師・宮井えりなもそうでしょうし、永島瑛子の恋人・鶴岡修だってそう。

古尾谷雅人は、自分が起こした事件をなかったことにした教師たちを成敗する役どころです。
問題の真の原因ではないにしろ、きっかけを作った彼がアンチヒーローからヒーローに変容するところがこの物語を普遍的で力強いものにしています。

そこには、思春期特有の複雑な精神状態も絡んでいたはずです。自分が犯した罪を棚に上げ、その罪を隠蔽した者に怒り狂う。砂塚英夫と母・絵沢萌子がデキていることに息子として不潔感を禁じえないということもあったでしょう。


山田吾一の役どころ
そして大事なことは、一見ヒーローであるかに見えた正義漢・山田吾一が少しもヒーローでないことですね。

永島瑛子の弟が古尾谷雅人の写真を見せてほしいと山田吾一に頼みに行ったら、「それはできない」と突っぱねる。警察に届けるべきだと主張する彼ですら、被害者の弟に教え子の顔を見せるのはまずいと考えている。

警察にならすべてを明るみにするが、被害者の弟には隠す、というところに、山田吾一教師の「正義の限界」があらわになっています。彼は警察や法という権力には従順なのです。だから届けていない事件のことをいくら被害者の弟であっても話すことはできない。

「正義」を標榜する人間にありがちな陥穽ですね。彼は結局、正義ではなく「権力」が好きなだけなのです。だから、悪の側にいたはずの古尾谷雅人がヒーローとして生まれ変わる必要が出てくる。

ラストシーン、すべてが解決したあと(ほんとは何も解決してないのですが)山田吾一が永島瑛子に「あなたはもう一度教壇に立つべきです」と諭します。

昔はこのクライマックスに感動したものですが、いま見返すと、山田吾一のセリフがかなり空々しく響きます。ヒーローたらんとしながらもヒーローになりきれなかった、不良の古尾谷雅人にヒーローの座を奪われた者の負け惜しみに聞こえてしまいました。


永島瑛子

それにしても永島瑛子は美しい。
中盤、家に帰って弟が迎えてくれるシーンでの真っ赤なチョッキがとてもよかった。

関連記事
『天使のはらわた 赤い教室』は内部告発の映画である
『花と蛇』神々しい悪魔=谷ナオミ
『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今……』(客体から主体へと逆襲する女)

女教師
永島暎子
2016-05-01





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月18日

江戸しぐさというものがあります。
ありますなんて言ってはいけないんですかね? だって巷では「あんなものは嘘だ」「捏造だ」とものすごい批判にさらされていますから。


b6fb96c0

江戸しぐさの代表的なものがこの「傘かしげ」で、傘を差した者同士がすれ違うとき、お互いの傘を傾けてぶつからないようにする。

江戸しぐさとは、そういう、世間で生きていくためのマナーなんですね。「江戸時代の人たちはそのようなマナーをもって生活していた」ということで、芝三光、本名・小林和雄という人がちょっと前から広めたもののようです。

他にも、

「こぶし腰浮かせ」
c8fd1687
乗合船などで、後から来る人のために拳ひとつ分だけ腰を浮かせて座っていた、というもの。

「うかつあやまり」

5ff8e344

足を踏まれたほうが、「いや、私のほうがうかつでした」と言って、その場をやんわりとおさめる。

その他、約束の時間に遅れることを「時泥棒」というとか。

私は5年ぐらい前でしょうか、何かの縁で江戸しぐさに関する本を数冊読み、「へぇ、うかつあやまりって面白い」とか「傘かしげは確かにいまはやらない人がいる」とか呑気な感想をもっていました。まぁ、江戸しぐさというものを信じていたわけです。

それが昨今の江戸しぐさバッシングを見ていると、

「時間の概念がほとんどない時代になぜ『時泥棒』などという発想が出てくるのか」
「乗合船にはいまのような座席がなかった。座席がないのになぜ『こぶし腰浮かせ』などできるのか」
「当時、傘は贅沢品で、庶民はみんな雨合羽みたいなのを着て雨中を歩いていた。『傘かしげ』は絶対に嘘である」

という、至極まっとうな批判で、確かにそれも一理あるな、というか、江戸しぐさはやはり嘘であろうと思うわけです。


e7b96ceb

ただ、私は「嘘でなぜいけないの?」と思うわけです。

というか、つい先日、雨の中を歩いていたら高校生の一段とすれ違ったんですが、こちらがいくら傘かしげをやっても向こうがしないから傘が衝突してお互い雨粒に濡れることになってしまいました。

おそらく彼らに「すれ違うときは傘を傾けなさい」とまっとうな注意しても聞く耳をもたないでしょう。

そこで考え出されたのが「江戸しぐさ」だと思うんですよね。
国造りの神話のように「マナー作りの神話」として。

「江戸時代の昔からそのようなマナーがある」というファンタジーを捏造することによってマナーの失われた現代にマナーを甦らせる試み。いいじゃないですか。

それを、嘘の歴史を捏造することで教育上問題がある、と批判している人たちって「正しい」ことだけが正義みたいに言っていますが、何が正しいかなんてわからんですよ。

ちょっと前まで「ビタミンCは風邪に効く」と言われていましたが真っ赤な嘘だといまでは言われていますし、歴史に関することだって、例えば聖徳太子は実在の人物として私は教わりましたが、いまは違うんでしょ。「厩戸皇子(聖徳太子)」と記述しないといけないとか。

厩戸皇子はいたのかもしれない。でも、さすがに神武天皇はフィクションでしょう。アマテラスやスサノヲ、イザナギ、イザナミにいたっては誰がどう考えても嘘です。

だから、「正しい歴史」を標榜する人は、『古事記』をも否定せねばならず、それはすなわちこの国の成り立ちを根底から否定することになりますが、そのことにどれだけ自覚的なのでしょうか。

話が大きくなりすぎましたが、つまるところ、根拠は嘘でもそれで「正しいマナー」が広まるなら別にいいんじゃないですか、というのが私の主張です。

「江戸しぐさ」という神話を根拠にしないとマナーを根づかせることが不可能な時代、ということのほうがよっぽど大きな問題だと思いますね。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加