聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

政治

『JFK』(公文書は太陽光線と同じ)

オリバー・ストーン監督の1991年作品『JFK』。

森友学園問題での公文書改竄が世間を賑わせていますが、「公文書といえば、ケネディ暗殺の公式資料が確か去年トランプが公開を承認するも一部は非公開にしたことがあったっけ」と思って久しぶりに見てみようと。

この映画、暗殺事件の唯一の訴追者である主人公の地方検事ジム・ギャリソンの手記を原作としていますが、原作はもうひとつあり、さらにオリバー・ストーンと脚本家ザカリー・スクラーのかなり主観的な思いも入っているので「事実を捏造している」という批判もありました。

映画の内容についてはいまは措きます。次の4枚の画像をご覧ください。


奇妙な光線

JFK5

JFK4

JFK3

JFK1

撮影監督ロバート・リチャードソンにアカデミー賞が与えられた照明ですが、どう見ても光の加減が変です。

すべて室内なのに光が強すぎる。室内灯の灯りならもっと室内全体が明るくないといけないのにどれも薄暗い。薄暗いのに人物にだけ細い強烈な光が当たっています。強さから考えたら日光でないとおかしいですが(一枚目は月光でしょうが)窓から入り込んだ日光が部屋全体を照らすことなく人物にだけ降り注いでいるというのはどう考えてもおかしい。

これはリアリズムの見地からすると「ありえない照明」ということになります。光源が何なのか、どこから来ているのか、すべて謎です。
ケネディ暗殺の真相が謎だから光源も謎でいいと考えたのかどうかは知りません。しかし、そうでも考えないとこの光の当て方はあまりに不自然です。

ケネディ暗殺事件の「真相」が書かれたとされる「ウォーレン委員会報告書」は公文書です。大半は一般公開されたようですが、一部のみ国家機密として秘匿されています。その他の資料も極秘扱い。トランプは各方面からの声を鑑みて「一部のみ公開。あとは非公開のまま」と決定したそうですが、あの品性下劣なトランプですら公開を延期しただけで改竄などやっていません。


img_8780358e65802548207c5d696ca8566c177185


公文書=物理法則
翻って日本では、先週辞任させられた佐川国税庁長官の国会答弁に合うように公文書が書き換えられました。本来なら公文書の記述に沿った答弁をしないといけないはずなのに、逆になっている。忖度か誰かの指示かはわかりませんが、あの答弁は佐川長官の「主観的な言葉」にすぎません。『JFK』におけるオリバー・ストーンたちの主張と同じです。
もし、このたびの公文書改竄が「大した問題ではない」のなら、『JFK』の主張に合うようにウォーレン委員会報告書を書き換えたってかまわないことになります。もっといえば、劇中のあまりに不自然な光に合うように太陽光線をねじ曲げてもいいということになります。

そんなことができますか? 神でない人間にできるわけがないし、してはならない。

公文書というのは、そういうものです。100%客観的な事実だけを記してあると決裁されたものなのですから、それは太陽光線をも司る物理法則と同じく、どこまでも厳密なものです。

だから公文書改竄は「神をも恐れぬ所業」と言って過言ではないと思います。人間には許されていないことをやってしまった。「この問題は適当に済ませていま手薄になっている外交にもっと力を」と昨日ある番組で一般市民がインタビューで答えてましたが、「???」でした。

いま国際社会における日本の信用は地に堕ちました。こんな状態でいくら外交努力をしたところですべて無駄です。まずこの問題を徹底究明して断罪されるべき者を断罪し、それからまたコツコツと信用を築き上げていかないと。

何十年もかかるでしょう。神をも恐れぬ所業をやってしまったのですから。



『丑三つの村』(本当の愛国心とは何か)

おととい、私になりすました怪ツイート事件なるものが発生しました。フォロワーさんに不快なツイートを送ってすぐ消えたそうです。

事情はだいたいわかります。先週こんな記事を書きました。⇒『映画秘宝』創刊者・町山智浩の問題発言について 
おそらく、この記事に反感をもった人の犯行でしょう。他に反感を抱かれるような記事は書いてないし。犯人は町山智浩を批判するなんて許せない、と思ったのでしょうが、私がかねてから町山本を愛読している人間だということを知らないらしい。過去記事か過去ツイートを遡って確かめてほしいもんです。

それはともかく、ずっと前から思っていることですけど、誰かを批判するとその人のことが嫌いだと思う人が世の大半を占めていることは絶対におかしい。「嫌いだから批判する」と思っている。

そんなバカな。「好きだから批判する」んですよ!


ushimitsunomura

『丑三つの村』と何の関係もないこんな話から始めたのは、この映画が「本当の愛国心とは何か」をテーマとしているからです。


反日=愛国
ドキュメンタリー作家の松江哲明監督が、『靖国』が国会議員の検閲を受けた問題が起こったとき、「もっと反日映画が作られるべきだ」とコメントしていてオオオオと感動したものです。なぜなら、「もっと反日映画を」という言葉こそ真の愛国心の顕れですから。

日本が好きだからこそ、この国のダメなところを挙げて批判をする。それこそが「この国をよりよくしていこう」というムーブメントを起こせる。松江監督の発言にはそういう思いがあったはずです。


「ストーリーフォーカス」と「大きな物語」
『クリエイティヴ脚本術』という本には、焦点が当てられた物語(ストーリーフォーカス)がその背景にある「大きな物語」と密接なかかわりをもたないかぎりその物語は力をもちえない、ということが説かれています。




『丑三つの村』のストーリーフォーカスはもちろん「津山三十人殺し」ですが、背景にある大きな物語はというと、「大日本帝国の物語」ということになります。

古尾谷雅人演じる主人公は、秀才で陸軍師範学校に入るための勉強に明け暮れ、いずれは帝国軍人としてお国のために戦いたいと切望していますが、肺結核と診断され夢は途絶えます。それを根っことして村人を皆殺しにする事件が起きるわけですが、いままで私はこの映画を見て主人公の「戦争」ということをあまり考えていませんでした。ラストの大殺戮シーンがやたら凄惨なうえに感動的なのでね。呆気にとられていたというか。


しかし今回見直してみて初めて気づきました。彼は外敵と戦えなくなった結果、内なる敵と戦争するのですね。あの村が大日本帝国の縮図であることは明らかです。

お国のために産めよ殖やせよじゃ! と叫ぶ絵沢萌子や、お国のために働けんようになったくせにと主人公を傷つける大場久美子らは、二言目には「お国のため」と言いますが、あれは嘘ですよね。みんなそう言ってるしそう言っておけば安全だという自己保身でしょう。最後に殺される池波志乃が、夫の軍服(大日本帝国の象徴)を主人公に向かって投げ捨てながら逃げるシーンがすべてを物語っています。

「美しい国へ」とか「愛国心を」などと言っていた安倍某が実は私腹を肥やすことしか考えていなかったことと相似形をなしています。「村のため」と言いながら人殺しを指揮している夏八木勲が、官僚に公文書改竄を指示した誰かさんにしか見えませんでした。


DYFHf18VQAAzC5L


彼らは愛国心を利用しているだけ。本当に国のために戦いたかった古尾谷雅人は、ニセ愛国者の彼らを殲滅することが自分の使命だと行動に打って出ます。

ストーリーフォーカスの次元では「個人的な怨念」で行動を起こす主人公ですが、大きな物語の次元では「世直し」なのですね。そしてその世直しのために主人公は「鬼」になることを決意します。


お婆やん殺害
これまでは、主人公の絶対的な庇護者であったお婆やんを殺すのは、劇中で語られる通り「惨劇を起こしたことで悲しませたくないからだ」と思っていました。確かにストーリーフォーカスの次元ではそうでしょう。しかし大きな物語の次元では「鬼」になるためだと初めて知りました。

まだ太平洋戦争が起こる前ですから「鬼畜米英」という言葉はなかったかもしれませんが、外敵を「鬼」と称する精神構造はおそらくあったはずです。主人公は内部の敵をやっつける「鬼」だと自らを規定しました。田中美佐子に「鬼!」となじられた彼は「鬼で何が悪い!」と返しますが、あれは開き直りではないと思います。その証拠にすべての殺戮を終えてもう一度田中美佐子の元に戻ってきた主人公は「鬼が鬼退治しただけじゃ」と呟いて去っていきます。

「鬼」と「神」
それはともかく、ちょっと他の人と違うだけで非国民として主人公を排斥する村人たちは、いまのネット右翼と完全に重なります。公文書偽造が明らかになりネット右翼は鳴りを潜めているらしいですが、権力者が国家の土台を崩そうとしているのだから本当に国を愛しているのなら批判するべきなのです。いま政府を批判する人こそ愛国者であり、批判しない人は愛国者の仮面をかぶった売国奴です。

だから、「鬼が鬼退治しただけじゃ」の前者の「鬼」と後者の「鬼」は意味が違います。「夜叉」という言葉も出てきますが、後者の「鬼」は前者のような本当の鬼を殲滅する「神」のようなものでしょう。

どの宗教でも「神」は鬼のように恐ろしい存在です。でも基本的に「愛」に溢れている。ラスト20分の陰惨きわまりない殺戮シーンがあんなにも感動的なのは、「村のため」ひいては「お国のため」という「本当の愛」に溢れているからだと思います。

完全に蛇足ですが、朝日新聞のスクープ記事が出た時点では政府を擁護していた人たちが、財務省が事実と認めた途端、素早く手の平を返している姿は、大日本帝国バンザイから民主主義バンザイへ手の平返しをした当時のニセ愛国者たちとまったく同じではないでしょうか?


『機動戦士ガンダム』(ファーストガンダムの政治学)

先日、BSイレブンで始まった『機動戦士ガンダム』(俗にいう「ファーストガンダム」)の再放送。
まだ4話までしか再見してませんが、やはり面白すぎるほど面白いです。



20151014004002fd3


実は今回の再見はおそらく30年ぶりくらいでして、細かいところは忘れてました。

特にまったく憶えてなかったのは、ブライトやヤシマ・ミライ、セイラにカイ、リュウなどホワイトベースの乗組員たちが実はただの少年兵で、もともとホワイトベースの乗組員やガンダムのパイロットは別にいた、という設定。

アムロが偶発的にガンダムのパイロットになるのは何となく憶えてましたが、ブライトたちがもともと予定されていた乗組員でなく、サイドセブンが攻撃されて艦長や他の乗組員たちが死傷したから仕方なく地球連邦軍がブライトたちにホワイトベースに乗り込むように指令を出す、なんて設定はすっかり忘れてました。


それにしても、この『ガンダム』は戦争の物語ですが、「政治とは血を流さない戦争であり、戦争とは血を流す政治である」との毛沢東の言葉がありますから、政治の話でもあるんですね。政治学と戦争論を同時に学べる。

幼少の頃は難しいことなんか少しもわからず、ただアムロとシャアの死闘に手に汗握ったり、ジオン公国(ザビ家)を打倒するという同じ目的をもちながら敵味方にわかれて闘っているアムロとシャア、シャアとセイラの行く末にハラハラしただけでしたが、今回見直してみて、戦争とは何か、政治とは何か、という大命題と向き合わないわけにはいかなくなりました。(たぶん、子どものころも無意識に感じとっていたんじゃないでしょうか。もしかしたら私の政治というものへの考え方は『ガンダム』が培ってくれた可能性もあります)

同じロボットアニメでも『新世紀エヴァンゲリオン』とはぜんぜん違いますね。あちらには「政治」がないですもん。誤解の内容に言っておきますが、私は『エヴァンゲリオン』も大好きです。ただ両者が違うといっているだけでして。

やはり、政治の季節を生きた富野由悠季さんと、その季節が終わったあとの庵野秀明さんの「世代」の差なのかな、と。

あまり世代論というのは好きじゃないんですが、二つの偉大なアニメ作品を比較すると、どうしてもそこに行き着いてしまいます。

来週からの5話以降もとても楽しみです。これから半年以上、毎週「日曜日が待ち遠しい!」状態になりますね。



クラシコはなくならない(カタルーニャ独立をめぐる「フィクション」について)

カタルーニャ独立の是非をめぐる住民投票で、独立賛成派が反対派を上回ったらしく、私はカタルーニャともスペインとも何の縁もゆかりもない人間なのでどっちでもいいんですが、サッカーファンとしては大いに気になるところでして。

というのが、カタルーニャが独立すれば、その州都のビッグクラブ、バルサもリーガ・エスパニョーラから脱退することになり、現在のリーガにおける2強クラブ、レアル・マドリードとバルサによる「エル・クラシコ(伝統の一戦、英語で言うところの「ザ・クラシック」なのでしょう)」が消滅するんじゃないか、という見方が支配的だからです。

私の見立てでは、クラシコはなくなりません。

理由は簡単。世界中が注目する試合が少なくとも年に2回はあるわけで、チケット収入だけでもかなりのものになるうえに全世界へ売るテレビ放映権収入を考えると文字どおり莫大なカネになる。そのようなカネをマドリーもバルサも、そしてスペインサッカー機構も手放すはずがありません。

でも、カタルーニャが独立したらスペインじゃなくなるんだからリーガ・エスパニョーラから脱退せねばならないのでは?

でもね、ちょっと考えてみましょう。

オーストラリアなんか地政学的には「オセアニア」なのにサッカーの世界では「アジア」じゃないですか。サッカーにおいてはオーストラリアはアジアである「ということにしておく」というフィクションなのですね。

そのようなフィクションはサッカー以外にもたくさんあって、例えば「時間」。

日本ではすべての時計が東経135度の時間に合わされています。明石など東経135度の土地の時計は実際の時間と時計の時間がぴったり合ってますが、その他のほとんどの土地では、実際の時間と時計の時間は合ってないのです。だから釧路で日の出が5時ちょうどでも、沖縄で日が昇るのが6時(←数字は正確ではありません)とかになる。

明治維新のあと、列車が走るようになってから人々は時計の時間に縛られて生きるようになったというのが定説ですが、いまじゃ飛行機も飛んでるし、テレビの時間もあるし、すべてたったひとつの時間に合わせないといけないから「こういうことにしておく」というフィクションがまかり通っているのです。

日付変更線なんかもね。
ロシアとアラスカの間を通ってずーっとまっすぐ下りて、ニュージーランドの東を迂回して、と「現実の日付変更線」は変なふうに曲がってますが、実際は東経(西経)180度1本の直線であって、でも、同じ国のなかで日付が違うと不都合がありすぎるから「こういう変な線にしておく」というフィクションがまるで現実であるかのようにまかり通っている。

上記は生活するうえでそういうフィクションを導入しないと不都合がありすぎるという「生活の知恵」みたいなものですが、例えばサマータイムなんていうのは、はっきりカネが目当てですよね。時間を1時間早めることでアフター5の時間を長くしてカネの巡りがよくなるようにしている。表向きは「労働者の余暇の時間を長くすることで疲れを取り勤労意欲を増すため」とかおそらく言ってるんでしょうけど、結局はカネの問題。

オーストラリアがサッカーの世界でアジアなのは、カネというよりは、ワールドカップに出場しやすくするためですが、これだってひねくれた見方をすれば、ワールドカップに出るか出ないかでは入ってくるカネが違うというところに帰結する気がします。

だから、クラシコはなくなりません。

上記のような理由や他の例があるのだから、何だかんだ理屈をつけてクラシコは続きますよ。表向きは「クラシコを楽しみにしている全世界のファンのために」みたいな美辞麗句を並べてね。もちろんカネのことなんか言うはずがありません。

「サッカーの世界ではバルセロナはカタルーニャではなくスペインである」というフィクションがまかり通ることはほぼ間違いありません。そして、人々がそれを大歓迎するであろうことも。かくいう私もその一人ですがね。ウシシ



少子化問題は政治家と官僚に責任がある!

ちょっと前に、女性が妊娠しやすい時期という折れ線グラフが「実態と合ってない」と問題になりました。

昨日だったかおとといだったか、新聞にその続報みたいなのが載ってたんですけど、記事の内容は忘れました。以下に綴るのは「少子化問題」について私が日頃思っていることです。

そもそも「少子化」って問題なんですかね?

もう何年も前に、「日本の人口が統計を取り始めてから初めて減少した」と話題になりました。

で、これは由々しき事態である、とメディアがこぞって取り上げましたが、由々しき事態のその実態とは、

「働く世代が減るから税収が減る」
「年金が破綻する」
「健康保険が破綻する」

とか、ぜ~んぶカネの話なんですよね。それも国家の。

誰も国のために子供を産んだりしないでしょうし、もしいたらアホですわな。産みたい人は産んだらいいし、産みたくない人は産まなければよろしい。それだけの話では?

『生物と無生物のあいだ』や『生物は分けてもわからない』などの著書で有名な分子生物学者の福本伸一さんがテレ朝の『サワコの朝』に出たとき、

「少子化だどうだとかそんなことに関係なく、遺伝子はもっと自由になりなさい、言ってるんだと思いますよ」

とおっしゃっていました。要は、産みたい人は産めばよし、産みたくなければ産まねばよし、ということですよね。

そりゃ、この国が滅んでしまえば明日からどうやって暮らせばいいのか途方に暮れるわけですが、もう出生率が右肩下がりなのはずっと前からなんでしょ? それならもっともっと前から対策を立てておけばよかった。将来これだけ人口が減って高齢化が進めば税収がこれだけ減るから、と算盤をはじいて政策を立案し、予算を組むべきだったはず。

何もしないで、わぁ困っちゃった、解決策は女どもにたくさん子供を産んでもらうしかない、さぁ産め、産め、産め。

と、いろんな手厚い手当だとかを考え出して子どもを産むとお金がもらえるみたいな仕組みづくりに汲々としてるみたいですが、一昔前の川柳にこんなのがありましたぞ。

「女はな手当ぐらいじゃ子は産まぬ」

秀逸! 座布団5枚!!!!!

そりゃそうでしょう。手当ほしさに子供産む人がいたらそれこそアホですわな。

だいたい、いまは子どもがほしくても金がないから産めない人もたくさんいるという話。それ以前に結婚したくてもできない人も大勢いる。

それは、いつかはトリクルダウンがある、という物語を信じ込ませて、結果的に格差を拡大させてきた政治家と官僚に過大なる責任がある。

自分たちの責任を棚上げして「子を産まない女は少しも役に立たない人間」みたいなことを平気の平左で言う人って、それこそアホですわな。

てか、自分たちの責任とわかってるから確信犯的に子を産まない女が悪い、もっと産め産めって連呼してるんですかね。だとしたらアホではないが狡賢い。アホよりよけい始末が悪い。

ところで少子化問題でいつも笑っちゃうのが、

「このまま人口減少が続くと、23世紀末には日本人がいなくなる(←数字は適当です)」

というもの。

んなもん、100年も200年もこの状態が続くわけないでしょう。この日本列島に1億3000万人もいるのがもう飽和状態だから「神の摂理」が働いて、少子化となってるんじゃないんですかね。だからある程度減れば今度は増えるでしょう。

だからやっぱり人口が減ることを少しも勘定に入れずに莫大な国債を発行してその場しのぎに血道を上げてきた政治の責任だと思いまする。

産みたくても産めない人のために保育所を充実させるとか、男の育休を取りやすくするとか、産め産めばかり言わずに、そういうところに知恵と金を使ってもらいたいもんです。

だから、管理職の4分の1を女性にするアイデアというの、私は賛成なのですよ。男ですけど。いや、男だからこそ賛成せねば、と思う今日この頃なのです。

ビバ! ビバビバ!!!



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。