聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

思想

本当の「勉強」とは何か

ちょっと前に、博士号を取得した人の数と論文数において日本は先進国中ダントツの最下位という報告が出た際、

「もう大学は職業訓練校になればいい」

というとんでもない意見をツイッターで見かけました。


study_night_boy

努力は嘘をつく?
よくスポーツ選手が「練習は嘘をつかない」と言います。練習をすれば着実に実力が上がる、と。それは確かに真理でしょう。ただし、自分のどこがよくないかを見極め、そこを矯正しつつ同時に長所を伸ばすにはどうしたらいいかを考えてやれば、という条件付きで。それをせずに闇雲に長く練習しても疲弊するだけでしょうが、ちゃんと考えながらやればまさに「練習は嘘をつかない」。

職業訓練校で勉強するのも同じようなものでしょう。
ワードで文書作成できるようになった、エクセルの関数を憶えた、グラフ作成ができるようになった、フォトショップが使えるようになった、ドリームウィーバーを憶えた、フォークリフトの免状を取った、etc.

自分が何を知らないかを見極め、そこを補強する勉強をしていけば、就職の道は勉強時間に比例して広く開けていくはずです。

しかし、本当の勉強というのは「努力が嘘をつく」ものなんですよね。


勉強すればするほど……
本当の勉強というのは、勉強すればするほど己の勉強不足を思い知らされる営みのことです。1冊の本を読めば知らないことがたくさん出てきて、あれもこれも読まないと……という気持ちになる。そして読めば読むほど知らないことがどんどん無尽蔵に増えていき「自分は何もわかっちゃいない」と途方に暮れる……。

私は高卒なので大学の内情についてはまったく知りませんが、本当の勉強がそういうものだということは身をもって知っています。大学は職業訓練校になればいいと本気で言える人は、本当の意味での勉強をしたことのない人なのでしょう。


谷崎潤一郎『神童』



先日、谷崎潤一郎の傑作中編『神童』を再読しました。
主人公は幼くして古今東西の書物に通暁したまさに「神童」で、とにかく学問にしか興味がない。だから学校の授業がつまらなくて眠ってしまう。

しかし、そこが彼の本質的な欠点なのですね。本当の意味での勉強をしていたら学校の授業がつまらないということはありえません。いくら古今東西の書物に通暁していても、目の前の生身の肉体をもった教師が語る言葉には世界中の書物が束になってかかってもかなわない「力」があります。主人公はそれがわかっていない。自分は神童であり、いろんなことを知っていて教師よりも頭がいいという自惚れがあるから授業中に居眠りをしてしまう。最近、「ネットでいろんな情報を仕入れられるから講義が退屈」という学生が増えているらしいですが、彼らはまさに『神童』です。

本当の勉強をしていれば、自分はまだまだ何も知らない、だから誰でもいいから教えてほしいと教師の講義を集中して聴くでしょう。そこには何かがある。つまらないと断じる前にまずは聴いてみる。主人公が神童で終わってしまうのは「たくさん勉強したから自分は賢い」と、勉強時間や読んだ本の冊数に比例して自分の知識や教養が上がっていると勘違いしているからです。

勉強すればするほど己の勉強不足を思い知らされ、したたかに打ちのめされる。そういう「蟻地獄」に自らはまりこむ自虐的な営為にこそ「勉強」というものの本質があります。

だから、大学を職業訓練校にせよ、なんていうのは、「本当の勉強」を実行したことも、その甘美な味わいも知らない者の戯言にすぎないと思うのです。


「生産性の低さ」にこそ価値がある!(『ローカリズム宣言』より)

最近、話題の「生産性」という言葉(もう下火かな?)。何だかいやな言葉だなぁと思っていたら、「生産性が低いことにこそ価値がある」という人が現れました。

内田樹先生の『ローカリズム宣言 「成長」から「定常」へ』を読んで唸りました。杉田水脈の発言より半年も前に「生産性」への絶妙な批評が出ていたんですね。





内田先生は、すべてを数値で換算し、数値に換算できないことには意味がないとするグローバリズムに嫌気が差してUターン、Jターン、Iターンなどさまざまな形で農村に住みつく若者が増えていると前置きして次のようにその理由を語ります。(以下、若干編集してます)

若い人たちが農業を目指す大きな理由のひとつは、現代において農業が例外的に生産性が低いだということにあると僕は思っています。『生産性が低い』ということはひとつのタスクを達成するために多くの人手が要るということです。逆に言えば『生産性が高い』というのはできるだけ少ない人数で多くの仕事を仕上げることができるということです。つまり雇用が減るということ」

「人間が経済的活動をするのは人間的成熟を果たすためです。そうであるなら、できるだけ多くの人間が経済活動に参加することのほうが生産性や利益率や株価よりもはるかに重要です。僕たちが過去20年間のグローバリズム資本主義の推移を通じて学んだことは、それは雇用機会の拡大にも市民一人一人の市民的成熟にも何の関心もないことでした。ということは、グローバリズム資本主義のルールの下で行われているもろもろの営みは言葉の本当の意味での経済活動ではないということです

「都市での賃労働に見切りをつけた若者たちは、別にそこで合理的な経営をしたり、機械化を進めたり、資本の集中による『強い農業』を立ち上げるつもりなのではありません。彼らが農業を志したのは、それが極めて生産の低い仕事だからです」

「そうである以上、まず信頼できる人間的ネットワークを立ち上げることが必要となります。相互扶助・相互支援的な人間のつながりを作り、歓待信頼約束保障という人間的な概念によって人と人を結びつけることが必要となる」

「農業では、ひとつのタスクを達成するために大人数の手が要ります。その人的リソースは『賃金』で雇い入れることはできません。山林の保護とか、水路の確保とか、道路の整備とか、そういうことは誰も一人の力ではできない。自分たちでやるしかない。そのためにはまず私たちと発語しうるような、一人称複数的な主体をこそ農業の主体として立ち上げるしかない」

「農村では他にも、屋根を葺いたり、祭礼を守ったり、寄合に集まったり……とさまざまな活動への参加を求められる。そういう活動を通じて都会から来た若者は次第に一人前の『百姓』に仕上がっていく。そういう漸進的な成熟プロセスが可能なのも、農業がとにかく『人手が要る』仕事だからです。生産性が低いからです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、相変わらずの卓見ですね。農業だけでなく、第一次産業と言われる農林水産業はすべて同じでしょう。
私は常々、職業に貴賤なしというけれど貴賤はあると思っています。賤業についてはここでは措くとして、貴業の最たるものは農林水産業だと思っていましたが、それは単に生きるために必要な食べ物を生産するからではなく、その生産を通じて人間的な成熟がはかれるからなのだということがようやくわかりました。

「おまえは生産性が低いからクビにする」
「生産性が低い人間には何の価値もない」
「そんな人間に手厚い保護をする必要などない」

そういうことを言う人間には徹底抗戦しましょうぞ!


tasukeai


こういう風景が復活することを祈って。


杉田水脈「LGBTは生産性がない」発言は論理的に誤謬である件

衆議院議員の杉田水脈が「LGBTは子供を産まないから生産性が低い。なぜそのような人たちに税金をつぎ込む必要があるのか」と発言して大炎上しています。


sugitamio
あきれてものも言えないとはこのことですが、黙っていてはダメだろうといろんな人が非難しています。が、私はその多くの言説が的外れというか、杉田水脈と「同じ穴のムジナ」と思える部分が少なくありません。

非難の多くは「生産性が低いからといって非国民扱いするのはよくない」とか「ナチスの優生思想に通じるからダメ」という論調のものが多いようですが、それらの言説は「LGBTは生産性が低い」という杉田水脈の考え方に同意署名してしまってますよね。

生産性が低いからといって……ということは、LGBTは生産性が低いという考え方自体には異議を唱えていないし、優生思想云々も同じ。劣った人種は断種してすぐれた人種だけを残すべきというのが優生思想でそれはダメだと。でも、その時点で「LGBTは劣った人種である」と言外で言っちゃってます。


子どもは「作る」ものなのか
そもそも子どもは「作る」ものではなく「授かる」ものです。もうだいぶ前から「子どもを作る」という言い方が流行していますが、私は同意できません。人間が人間を生産するというのは間違いです。だから「LGBTは生産性が低い」という言い方は根本からして間違っています。

しかしながら、いまさら杉田水脈のような人に「子どもは作るんじゃなくて授かるものなんですよ」と諭したところで納得しないでしょう。「そんなの宗教ですよ」と言われておしまい。私は常々、宗教心のない人間はいないと思っていますが、そう思っていない人のほうが多いのが現代ニッポンの現実。

それならば論理的に杉田水脈の言葉が誤謬であると言ったほうがいいのではないか。


人間を生産するとは何か
ここで百歩譲って「人間が人間を生産する」ことを真としましょう。それを真としても「LGBTは生産性が低い」は必ずしも真とはなりません。

43763096_ml
LGBT-family-building
人間が人間を産む、というのは出産だけではありません。その子を一人前の大人に育てることも含みます。
LGBTの人が養子をもらうなどしてきちんと育て上げれば人並みの生産性を上げたということになります。我が子を虐待して苦しめている親から子どもを取り上げ、LGBTや子どもができない人に育ててもらえばいいんじゃないですか。それが政治家の仕事では? そういうことを何もせずにただもっと産め、産まない人間は非国民であると主張するのは「職場放棄」以外の何物でもありません。保育園不足、保育士不足の問題を解消するだけでも「生産性」はかなり上がるはずなのに何もしない。


「数」の問題なのか
それよりももっと大きな問題があります。
杉田水脈は「子どもの数がゼロの人間には何の価値もない」と言ってるわけですが、これって「数」の問題なんでしょうか?

人口さえ増えれば問題が解決するんですかね? そんなことないでしょう。そりゃ「量」も大事だろうけど「質」のほうがもっと大切では?

だからこれもまた教育の話になりますが、まっとうな人間を増やさなければいけないと思うんですよね。
いまは何でも「数値」で測ってばかり。今日もある番組で「カジノ法案の審議時間が○○時間。もっと審議しないと」と言ってましたが、審議時間が長くなればそれでOKなんですか? まさか! 長かろうが短かろうが質の高い議論をすることが肝要なはずなのに。

少子化問題を解決するには、まず行政がいろんな問題を解決するのが先でしょうし、すべて解決できたとしても、子どもの「数」のみを基準にするのはおかしいと思います。5歳の子を虐待死させるような人間を育ててしまったら恐ろしく生産性が低いということになるだろうし、杉田水脈のような国会議員が陸続と生まれてしまったら、いくら人口が増えてもこの国は沈むしかないでしょう。


ギャラリー
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
  • 『ストリート・オブ・ファイヤー』(ご都合主義の極み)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード