思想

2019年07月18日

『007』の最新作で、ジェームズ・ボンドは引き続きダニエル・クレイグが演じるものの、彼はMI6を辞め、後任の007を黒人女性が演じるというニュースが映画ファンの間でにぎわっています。


07ad45abf68df8d18e5358221de7cdb

ラシャーナ・リンチという女優さん。

私もそれはないだろう! と思いました。いくらジェームズ・ボンドじゃなく007というコードを受け継ぐだけといっても、007といえばジェームズ・ボンドであり、ジェームズ・ボンドといえばショーン・コネリー、ロジャー・ムーア、ピアース・ブロスナン、ダニエル・クレイグといった英連邦の色気たっぷりの役者が演じてきたわけですから。

この問題について、

「やっぱりジェームズ・ボンドは白人男性でないと」
「女性を007にするなら、別のシリーズを作ればいいではないか」
「もうポリコレはたくさん!」

という声があがっているようですが、私もこのニュースですぐ思ったのは「女性が007の映画なんて見たくない」というものでした。上の三つの意見のうち、後者二つには完全同意します。

が……


寅さんが女性だったら?
AS20180906001043_commL

『男はつらいよ』の寅さんが女だったらみんないやでしょ? みたいな声も見ました。私もいやです。そんな『男はつらいよ』(というか『女はつらいよ』になるのか)は見たいと思いません。

冒頭に述べたように、007が女性というのはいやです。007はずっと女たらしの男だったわけだから、それをいくらボンドじゃないとはいえ女性に替えてもなぁ、と。だから、女性がスパイの別のシリーズを作ればいい、という意見に激しく同意します。男たらしの女スパイシリーズは面白そう。

でもそれはあくまでも「映画」の側からの意見であって、「ポリコレ」とは何ら関係ありません。ポリコレや「差別」「ジェンダー」の問題とは分けて考えないといけないと思います。


「黒人」と「女性」
このニュースに関し、『ロッキー』を引き合いに出している記事を見ました。

「いまはもう『ロッキー』が作れない。白人が黒人をやっつける映画なんかもう作れない」

いやいや、ロッキーは1作目では自分自身と闘っているんだし、2作目ではアポロと戦って勝ちますが、別に白人が黒人をやっつけるとかそういう映画ではない。それに、あの二人は3作目では厚い友情で結ばれるわけでね。

『ロッキー』の話はともかく、007黒人女性問題において「やっぱりジェームズ・ボンドは白人男性でないと」という声には「それは嘘だろう!」と言いたくなります。


イドリス・エルバ
1534236140_1

多くの人が忘れてしまっているようですが、ほんの1年前に「新ジェームズ・ボンド」としてさまざまな俳優の名前が挙がっていました。その中に黒人のイドリス・エルバもいたんですよね。

いま調べてみると、イドリス・エルバがインタビューで、

「ジェームズ・ボンドが黒人なんてありえないと言われて傷ついたよ」

と言っていたのを初めて知りましたが、今回のようにポリコレがどうのこうのとお祭り状態になったりしませんでした。

「ついに黒人ジェームズ・ボンドが誕生するのか⁉」

という、期待に満ちたコメントもありました。イドリス・エルバは色気たっぷりだから歓迎する人もたくさんいたと思われます。


男は女が恐い?
07ad45abf68df8d18e5358221de7cdb

だから、やっぱり今回の騒動で焦点になっているのは「黒人」ではなく「女性」だと思う。

ちょうど昨日、芥川賞と直木賞の発表がありました。直木賞は候補の6人がすべて女性というのが話題になりました。芥川賞も5人中3人が女性で、本屋大賞もここ数年は女性作家の作品が連続して選ばれている、と。女性が活躍しているのはいい傾向だというよりは、男性にとって脅威だ、みたいな言い方でした。

芥川賞も直木賞も選考委員の男女比は5:4だから、選ぶ人の性別は特に関係ないようです。単純に女性作家の作品のほうが質が高いのでしょう。受賞できなかったけど最有力候補と言われていた『平場の月』を読みましたが、とてもよかった。

女性の能力のほうが高いというのは、去年、どこかの大学の医学部で女子受験生の点数を一律減点して男子を優遇していた一件で明らかになりました。概して女子のほうが点数が高いのです。それはおそらく他の分野でも同じなのでは? 単にいままで男性優位社会だったから世に出られない女性が多かっただけで。

先日、アリストテレスの『詩学』を再読したんですが、「女性が男性よりもすぐれた人物を演じる劇などあってはならない」みたいな文章があって驚きました。大昔はこういうのが当然で、当の女性たちも男尊女卑の思想に洗脳されていたと思われます。

最近は男女平等ということで女性の社会進出が増えてきた。男性は自分たちの既得権益が脅かされると戦々恐々。007問題もそういうことではないの?

私もポリコレは嫌いですが、「それはポリコレだ!」というのを錦の御旗に性差別やジェンダーの問題をなきものにしようとする論調はもっと嫌いです。

いまポリコレを盾に反対の声を挙げるなら、イドリス・エルバの名前が挙がったときにも同じようにポリコレを盾に反対しなきゃ。あのとき反対した人たちはあくまでも「黒人のジェームズ・ボンドなんて」という差別意識からだったわけだし。

以下は蛇足です。


女性が「主体」の映画
かつてグリフィスは「映画とは何か」との問いに、

「女と銃だ」

と答えたという逸話があります。

その「女」と「銃」ってどちらも「客体」ですよね。「主体」である男が客体たる銃を所有し、客体たる女を奪ったり守ったり殺したりするのが物語の定型だということでしょう。


41893b9fc329e18941babb5307c7d160

ゴダールの『映画史』で、アルドリッチの名作『カリフォルニア・ドールス』が引用されるシーンがあります。画像のうちの片方の女性がリングの外からロープを飛び越えて相手にジャンプするカットだったと思いますが、ナレーションでこんなことが語られていました。

「映画の中の女性が初めて『主体』として描かれた歴史的瞬間だった」

いま書いている脚本は女性が主役なんですが、常に念頭に置いているのは、グリフィスの「映画とは女と銃だ」を否定する、ということです。先述の「男たらしの女スパイシリーズは面白そう」というのも、女が主体的に男を客体として扱う映画ってとても痛快な気がするからです。私は男ですけど、もう「女と銃」は古いと思う。

女性が主体として屹立する映画を目指します!







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月30日

ちょっと前から話題の絶えない吉本芸人の「闇営業問題」。

yosimoto-2

このことについて、「選挙前なのに何で芸人が事務所を通さず営業していたことばかり取り上げるんだ」という声があり、それはそれで理解できるものの、これは日本社会全体の問題だと思うため、やはり取り上げるべきだろうというのが私の考えです。

闇営業というとそれだけで何か問題があるみたいですけど、別の言葉で言えば「直営業」らしく、要は所属している会社を通さなかった、というだけの話。だから闇営業と反社会勢力との接触とは分けて考えないといけないはず。ただ、事務所を通さなかったとなると脱税のおそれもあるわけですが。(吉本は常に10%の源泉徴収を取るとロザン宇治原とピース又吉が言ってました)

さて、ここへきて、スリムクラブの二人が暴力団関係者の誕生会に出席していたことが明るみになり、無期限の契約解除と相成りました。ただ、この二人は直接営業して取ってきた仕事というより、他の芸人仲間の紹介で、ということらしい。紹介ならいいわけじゃないし、その筋の人ならすぐわかるはずだけど、ただ、はたしてその筋の人から仕事を頼まれて断れるのか、どうか。

ホリエモンは、飲みの席などでその筋の人から呼ばれそうになったらすぐ逃げるそうです。芸人なんかより自分のほうがもっと金になるからウハウハだろう、と。逃げ方をいろんな人に教えてあげたらどうでしょう。

それはともかく、宮迫や田村亮など「金銭の授受はなかった」とウソを言った人たちや、金銭を受け取っていたといきなり報じられたスリムクラブなど、みんな断ろうと思えば断れた状況だったんでしょうか。

まぁ、カラテカの入江などは、目の前に現金で100万円ポンと置かれて、それで引き受けたというのだから、「おいしい仕事」という認識しかなかった可能性のほうが高いですが、問題はなぜこういう問題が起こったか、です。


1992年の暴力団対策法、通称「暴対法」
20190629-OHT1I50151-T

さんまは、「もし入江から頼まれてたら絶対行ってたと思う」と話したそうです。「世話になってるから」と。「若い奴らはギャラが安くて困ってんねん。もっと俺が会社と交渉してやらなあかんかった」みたいなことも言ってるらしい。それはビートたけしも同じで、「闇営業をしないと食えないというのがそもそもおかしい」と。

じゃあ、吉本興業という会社だけの問題かというとそうではなく、それもありますが、やはり1992年施行の暴力団対策法がここにきてかなり社会をシロアリのように崩してきているような気がします。

↓元検事の人が書いたこんな記事を読みました。↓

「スリムクラブら闇営業で処分の訳 骨までしゃぶり尽くす反社会勢力の恐ろしさ」
 
テレビではしきりと「反社会勢力」と言ってますが、要はやくざでしょ? やくざとの付き合いは絶て、と。やくざを社会から完全に排除しなきゃ、という主張は筋が通っているように見えて、かなり危険じゃないかと思います。


昔のやくざは……
かつて撮影所で働いていたころ、大先輩からこんな話を聞きました。

「喫茶店でやくざと喧嘩になった。俺らが勝った」
「勝ったって下手したら殺されてたでしょう」
「いやいや、昔のやくざは堅気の人間にドスを抜くような真似は絶対しなかった」

まだまだ昭和の中頃の話なので、牧歌的ですね。ただ、そういうもんだったらしいです。でも、いまのやくざは平気で堅気の人間を殺したり、生かさぬように殺さぬように利用したりする。

それはやはり暴対法と、2011年までにすべての都道府県で施行されたという暴力団排除条例のせいじゃないでしょうか。

ちょっと前に市役所でバイトをしていた時期があって、役所は何でもかんでも金の使い道は入札で決めないといけないのですが、入札希望の企業からの申込書類が一通りそろっているかを審査する仕事でした。

その中に「うちの会社は反社会勢力との付き合いはいっさいありません」という宣誓書みたいなのがあって、これがなかったら入札させてもらえない。だからいろんな企業がやくざとの関係を絶った。社会から排除した。


やくざと芸人の相似形
普通のしのぎでは食っていけない。そのへんのことは『ヤクザと憲法』という映画にも詳しいですし、やくざを辞めた人たち、いわゆる「ヤメ暴」の人たちの苦労は、去年テレビドキュメンタリーとして放映されました。その番組の感想はこちら⇒「『ヤメ暴 ~漂流する暴力団離脱者たち~』を見て思ったこと」

排除するだけで受け容れないから、いわゆる半グレ集団と化し、やくざの手足となって稼いでいる。いま知ったんですが、半グレ集団は暴対法の規制を受けずにすむらしく、だからやくざは彼らを頼っている、と。

食うに困って、振り込め詐欺に精を出す。
食うに困って、半グレからの依頼を受ける。


この二つは完全に相似形をなしています。そして、世間の要請を受けた警察がやくざを排除したのと同じく、現在、これまた世間体を鑑みた吉本興業が芸人たちの契約解除や無期限謹慎など「排除」の方向に突っ走ろうとしている。

同じことの繰り返しというか、排除された入江や宮迫などが、もう自分自身が反社会的勢力になるしか道がないとなったら、やくざの勢力が拡大してしまいます。(もしかすると、金以外にそれも狙いにあるんじゃないですかね? まだまだネタをもっていると笑っているらしいし)

上記の『ヤメ暴』の感想にも書いたように、排除するだけで再び社会に受け容れることをしなければ、どんどん地下に潜って悪行のかぎりを尽くすだけ。判断能力が低下した年寄りから金を巻き上げるより、商店街がみかじめ料払ったり会社が総会屋に金払ってたときのほうがよっぽどよかったのでは?

まだあのときはやくざが自分の体を張っていたけど、いまは表に出てこない。振り込め詐欺でも逮捕されるのは末端のバイト感覚でやってる若い人たちばかり。

少なくとも、別の事務所などが手を差し伸べてセカンドチャンスを与えてあげてほしいし、世間もそれを許容すべきと考えます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月05日

NHKスペシャルの『彼女は安楽死を選んだ』。本放送はまったく情報がなく、ツイッターで知り再放送リクエストをしたところ、ものすごく早くやってくれました。かなりのリクエストがあったようですね。

安楽死といえば、というか、自殺といえばいつも思い出すのが、長谷川和彦監督の言葉。

「生まれてくるのは選べないけど、死ぬのはてめえで選べるからな。俺はずっとそう思って生きている」

『太陽を盗んだ男』の主人公は、原爆を作って何がしたいのかわからいまま悶々とするんですが、最後に菅原文太刑事から「おまえが殺したがっているのはおまえ自身だ!」と言い当てられます。

「俺はずっとこいつが何をしたいのかぜんぜんわからなかったんだが、あ、こいつ死にたいんだ、とわかったとき、グッと自分に引き付けられた気がしたよ」

とも言ってましたっけ。


anrakushi

ミナさんという多系統萎縮症という重い病気を患った方は、苦しみ続けるだけの生活に終止符を打つべく、姉二人に同行してもらって安楽死が合法化されているスイスへ死出の旅に出ます。

姉二人は本人の意思を尊重しようと考えています。でもミナさんには妹が一人いて、その妹さんはミナさんの決断を受け容れません。お姉さん二人にしても、連れて帰りたいけど、連れて帰ったところでまた自殺を図るんじゃないか、それならいっそここで死なせてやったほうが……という消極的な賛成でしかない。

そりゃそうですよね。いくら本人が「それでいい」と思っていても周りは簡単には受け容れられない。

私の祖父は19世紀委末から21世紀初頭まで3世紀をまたにかけた長寿をまっとうしましたが、晩年は寝たきりで褥瘡がひどかった。食べるために起きようとすると激痛でうめき、横になるときもうめく。こんなに苦しんだ状態で生きていて何の意味があるのだろう、楽にさせてあげたいと何度も思いました。本人も死にたかったんじゃないか。いや、それは私が一方的に思っていただけなのか。もう答えはわからない。

でも仮に祖父が自分から「安楽死してもらうためにスイスに行く」と言ったらどうだったか。はたして賛成できたか、どうか。

長谷川監督の「てめえの勝手」というのは間違いとは思わないけれど、周りの人のことを考えるとそこまで言えない気がする。

わからない。

はっきりしているのは、死ぬ瞬間のミナさんは、やっと死ねるという安堵の表情にも見えたけれど、なぜこんな末路をという無念の表情にも見えたということ。

安楽死は是か非か。
この番組は1回の再放送で終わらせず、何度も定期的に放送すべきと思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加