聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

宗教

村田沙耶香『コンビニ人間』(マニュアルという宗教)

とんでもない小説を読みました。最新刊『地球星人』が絶賛されている村田沙耶香さんの芥川賞受賞作『コンビニ人間』。
コンビニのマニュアルを「宗教」と捉えるところが斬新。そして、現代社会もまた大昔と同じ「魔女狩り」の舞台なのだ、というテーマに感動しました。




斬新きわまりない人物設定
何よりこの『コンビニ人間』で描かれる主人公・古倉恵子という人物の設定が素晴らしい。
幼少期からちょっと変わっていて、変わっていることを自覚するあまりほとんど口を利かないという戦法に出る。口を利けば誰よりも母親や妹など自分を慈しんでくれる家族が悲しむから。つまり、変人が変人であることを隠そうとしてよけい変人になってしまったんですね。家族はカウンセリングを勧めるもうまく行かず、主人公が大学に進学して独り暮らしを始めたと同時にコンビニでバイトを始めると、その普通さに喜んでくれた。

コンビニの完全マニュアル化された仕事の仕方が主人公には心地いい。だって自分で考えて行動すると変人性が露わになるから。コンビニでマニュアル人間になっておけば誰も悲しまずにすむ。


そうは問屋が卸さない!
とはいえ、18歳の大学生がコンビニでアルバイトなら「普通」だけれど、現在の主人公はアルバイト歴18年の36歳。恋愛経験なし、就職経験なしの「変人」。普通であろうとしたら変人になってしまったという可笑しみが逆に哀しい。

朝礼で店長とともに「いらっしゃいませ!」「ありがとうございます!」と唱和するのが「まるで宗教みたいだ」と評されても主人公は「そうですよ」とあっさり認める。主人公にとってコンビニとは「世界」そのものであり、世界を維持するためには「宗教」が必要だ、と言わんばかり。


白羽の主張「現代は縄文時代と同じ」
その「まるで宗教みたいだ」と斜に構える新人店員は白羽(シラハ)という名前の若い男で、この男は何と婚活が目的で入店してきたという。
主人公と同じく30歳で就職経験なし、恋愛経験なし、ということで周りから奇異の目で見られている。しかも女なら就職経験なしでもまだ恰好がつくが、男ではもうどうしようもないと。就職か結婚をしていないと「何で何で」と問い詰められ、「そんなことではダメだ」と裁かれる。いわゆる「普通」の人たちは普通でない人を裁きたくてしょうがないというのが白羽という男の主張。
縄文時代云々というのも「いつからこの世の中はこうなってしまったのか」を研究するため歴史書を読みあさった結果、縄文時代からだという結論に行き着いたと。男は狩りに出て、女は子供を産んで家を守る。そこからはみ出たものは「ムラ」から排除されるのだと。

その主張には一も二もなく大賛成なのだれど、主人公と同じ境涯のくせして「普通」の人と同じ論理で主人公を難詰するというのが面白い。結局、彼もまた「普通」に囚われた人間なのですね。

で、まったく「普通」じゃない我らが主人公は、「じゃあ私と婚姻届を出すというのはどうでしょう」と提案する。何だかんだいっても級友たちは結婚もせず就職もしない主人公を上から目線で憐れんでいるし、よく働いてくれると店長からの評価も上々だけれど「なぜ36歳でコンビニバイト?」という訊かれるのにもうんざりしてきた。白羽と書類上のみ婚姻関係を結んでひとつ屋根の下で暮らすなら、そのような雑音も消えてくれるだろう、と利害が一致。


周囲の激変が笑える
主人公が妹に「男が家にいる」と言っただけで妹は「よかった。本当によかった」と喜び、級友たちもめちゃくちゃ盛り上がって「やっとこの女も普通になった」と盛り上がりすぎるほど盛り上がり、コンビニでも「あの白羽と同棲!?」と店長もバイト仲間もやたら盛り上がる。その様がやたら笑えました。仕事そっちのけでゴシップを伝え合うのに奔走するので、商品の補充もままならず、コンビニという生き物の「声」を聴くことのできる主人公は、自分が同棲しているという嘘によって悲鳴を上げるコンビニが哀れでならない。


コンビニは「神」、主人公は「預言者」
何だかんだでコンビニを辞めて「普通」の会社に就職することになった主人公は面接を受けに行く。早く着きすぎたので近くのコンビニでトイレを拝借しようと入ると、悲鳴が聞こえる。もちろんコンビニの。新商品がちゃんと陳列されてない。清掃ができてない。などの「声」を聴く。主人公はそれを「天啓」と表現する。

コンビニで働くことは「宗教」だというのは嘘じゃなかった。主人公はコンビニという「神」の声を聴いてそれを客のために実行する「預言者」だったのですね。なるほど!


現代はいまだに「魔女狩り」の時代
主人公はコンビニ教の敬虔な信者であり、それはとても奇特なので「普通」のムラから排除される存在。しかし、その「普通」というのもまた宗教なんですよね。男は狩りに出て女は家を守るというのもそう。「ジェンダー」と呼ばれる宗教です。

大学を出たら就職して、30代には結婚もして子どもを産んで……というのもまた「宗教」。コンビニのマニュアルと同じく決まりきったマニュアル通りに生きているだけ。ただ、そのマニュアル=宗教を崇拝しているのが圧倒的多数派だから「正統」であり、主人公は「異端」とされる。それだけの話。

だから、政治の世界でも「宗教戦争」はいまだにあるけれども、そんな大きなことでなくとも、日常の些細なところで「宗教戦争」は起こっているのだ、というのが著者の主張なのでしょう。

いや、「宗教戦争」ならまだいいほうで、実際には「異端審問」が行われている。現代はいまだに「魔女狩り」の時代なのだ。

というような大きくてシリアスなテーマを「喜劇」として提示したこの『コンビニ人間』はとてつもない大傑作だと思います。


清水富美加出家で「宗教」を考える③(芸能界という教会からの逃走)

清水富美加出家引退騒動で「宗教」について考える日記第3弾。

前回までの記事
①「とりあえずビール」だって宗教です! 
②ドナルド・トランプ=大川隆法 

今回はいろんな人が清水富美加を批判していますが、その代表格としてこの人を。いま最も嫌いな人間といっても過言ではない宮根誠司。


hqdefault

別にこの人だけじゃなく大概の人が「無責任だ」「ただの仕事放棄だ」という正論をぶってますが、常々「正論」を疑うことを是としている私はどうにも胡散臭いものを感じてしまうのです。

だって、本人は自殺未遂を図るぐらい事務所から押し付けられた仕事がいやだったのでしょう? 

ちょっと前に電通社員が過労のあまり自殺した事件がありましたが、あの女性に対して「仕事なんだからしんどいのは当然。プロ意識がない」という主旨の発言をした人がいたとか。文字通り死者に鞭打っていると思いますが、清水富美加への宮根誠司をはじめとする「識者」の正論はそれとほとんど変わらないと思います。

月給5万円だったということについても、
「芸能界とはそういうところだ」
「みんなそういう時期を乗り越えてきた」
それは少しも間違っていないのでしょうけど、結局それって「ゲーノーカイ教」という宗教ですよね? 「宗教」といって悪ければ「イデオロギー」です。「幻想」です。みんながそう信じていることにすぎません。

芸能界だけでなく、広く社会一般の常識として「突然仕事を辞めるなど大人のすることではない」とされています。私もそういう常識をもっていますが、それだって「イデオロギー」です。みんなが同じ「幻想」を共有しているから「常識」とされているだけの話。



simizufumika

彼女の場合、親が幸福の科学の熱心な信者だったらしく、「自分で選んだものじゃないからダメだ」という論調も支配的です。

では、逆に自分の意思で選んだのであればOKなんですか? であるならば「幸福の科学はインチキだ、まやかしだ」とは言えなくなってしまいますよ。

昨日の『ワイドナショー』で、社会学者の古市憲寿が「結局、芸能事務所を移ったってだけの話なんですか?」と鋭い質問をしていました。清水富美加は人肉を食べたり水着を着て男の性欲の対象になるのをやめて「人を幸せにする仕事をしたい」と幸福の科学が製作する映画に出演するというニュースを受けての素朴な疑問でした。

この疑問に対し、MCの東野をはじめ出演者がほんの一瞬だけ黙り込みました。あの一瞬の沈黙がすべての答えでしょう。

清水富美加は「芸能界という教会」から「幸福の科学という教会」に乗り換えただけです。

二つの神の狭間で引き裂かれそうになり自殺未遂までした女の子が安寧を求めて片方を捨てただけの話。捨てるためにはゲリラ的に辞めるしかなかった。もし正当な手続きで辞めようとしても妨害されたでしょう。それは指原莉乃も指摘していました。

日本人は無宗教とよく言われ、我々自身がそう思い込んでいますが、無宗教の人間などいませんし、この騒動を宗教問題ではなくただの「職場問題」に矮小化してしまっているのはよくないと思います。

「はじめに言葉ありき」
言葉をもってしまった人間は何かを信仰しなければ生きていけません。人間にとって「客観的な事実」など存在しません。人間にあるのは「主観的な事実」、つまり「幻想=宗教」だけです。

「神なんか絶対信じない」という青木雄二のような筋金入りの無神論者は「無神論という宗教」を信じているのですから。

おわり

 

合祀か分祀か以前に「神を信じているか」のほうが先では?

今日、アルタから生放送だった「週刊リテラシー」の半蔵門世論調査ならぬ新宿世論調査の質問は、

「靖国神社の英霊を合祀のままにすべきか、分祀すべきか、どちらがいいと思いますか」

というものでした。

yasukuni_jinja_01l


そもそも、神道では合祀というのは炎を一つにすることで、それを分けることなどできないのだから、質問そのものがナンセンス極まりないと思うんですが、それはまあいいとして、この問題についてはいろんな人がいろんなことを言ってますけど、普段「神」を信じてない人までがいろいろ論じているのがそもそもおかしいと思うんですよね。

靖国問題は政治問題だ、外交問題だ、いやいや外交問題じゃない、いやもとは外交問題じゃなかっただろうがいまはもう外交問題になっちゃってる、といろいろかまびすしいですが、やっぱり死んだ魂を神として祀っている神社の問題なのだから、外交問題になってるとしてもまずは宗教の問題だと思うんですよね。

でね、私の周りでもいろんな意見が飛び交ってるんですけど、普段から「俺は神なんか信じてない」と言ってる奴が、「分祀すべきだ」とか「A級戦犯のA級というのはAレベルという意味ではなく、A群、B群というグループ分けにすぎないから合祀でよい」とか言ってるんですけど、これってめちゃくちゃおかしいと思うんです。

だって、神を信じていないのであれば、死んだ軍人たちを神として祀るという行為そのものが彼らには「どうでもいいこと」のはずなのだから、「合祀でも分祀でもどっちでもいい」でなければおかしい。どうしても合祀か分祀かを論じたいのであれば、そもそもその人は「神を信じている」ことになります。

だから、靖国問題を論じる際に大事なことは、まず「あなたは神を信じますか?」と問うことから始めなければいけない、ということです。政治問題である前に宗教問題なのだから。

別に八百万の神々でなくてもいいと思いますよ。ヤハウェでもアッラーでも大日如来でも何でもいい(全部一緒か)。とにかく「信仰心」があるかどうかをまず明らかにして、靖国問題を論じる資格があるかどうか確認すべきです。

そうです。靖国問題は論じる資格のある人だけが論じられる問題なのです。

「神なんか信じてない」とか「神を信じてるなんて恥ずかしくて言えない」という人にはこの問題から退場してもらうべきです。

まずは信仰心の有無を確認することから始めないかぎり、靖国問題は永遠に解決しないと思います。



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード