宗教

2020年01月16日

2020年1月期に見始めたドラマとアニメは全部で6本。

見始めた順に簡単な感想を。


『贋作 男はつらいよ』
これはきつかったですね。桂雀々はまだ芸達者なほうでいいんですが(でも渥美清のほうが百万倍は上)常盤貴子の芝居とか見てられない。どうしても倍賞千恵子と比較してしまう。他の面子も同様。
お話がどうとかいう以前に、というか、同じ話じゃないですか。同じ話だからこそ役者の芝居で魅せてくれないと見てられない。第1話でリタイア。


『映像研には手を出すな!』
images.jfif

『四畳半神話大系』の湯浅政明監督が5年ぶりに手掛けるというテレビアニメ。
第1話では「メタ・アニメ」なのかな、と思ったら、第2話では特別そういうわけでもなく、アニメ好きが自分たちが作ろうとしているアニメの世界で楽しく遊んでいるだけというか。登場人物たちは楽しいんだろうけど、見ているこちらは少しも楽しくない。出演している芸人たちだけが楽しんでて少しも笑えないバラエティと同じようなものか。
次回以降の展開に期待します。


『pet』
pet

東京時代の恩師である村井さだゆきさんがシリーズ構成をなさっているということで見始めたんですが……うーん、これは面白いとか面白くないとかいう以前に私には合わないです。世界観なのか何なのかはわからないけど。恩師の作品ですが2話の途中でギブアップ。


『知らなくていいコト』
ogp2

吉高由里子の作品はすべて見るようにしています。女として魅力があるとは思わないけど、女優としては素敵すぎる。なぜなら「主役しか似合わない」から。あんなに個性豊かな役者が脇にいたら主役の邪魔になってしまう。だからこの子が脇役の作品って私はデビュー作の『紀子の食卓』しか知らない。あの映画でも異彩を放っていました。(もう14年前!)

それはともかく、この『知らなくていいコト』はなかなか大きなテーマを扱っていますね。

母親が死ぬ直前に「あなたはキアヌ・リーヴスの子だ」と言い、まさかとは思いつつも喜んでいたら、実は殺人犯の娘だった。第1話では「殺人犯の遺伝子」を理由に彼氏に振られ、第2話では「DNAマッチング婚活」なるものが取り上げられる。

市川由衣(何でこんな役で出てるんだろうと思ったら、そういうことかという展開でしたね)のセリフがすべてを象徴しています。

「洗脳じゃありません。科学です」

洗脳は宗教の分野だとでも言いたいのでしょうが、いかんせん、科学もまた宗教なんですよね。たいていの科学者(特に数学者や物理学者)は神の存在を信じているらしいですから。

DNAの魔力を信じて吉高を振った重岡大毅と、そんなものなどどこ吹く風と彼女が殺人犯の娘と知りながらプロポーズした元カレの柄本佑。一人の女をめぐる二人の男の対立がこの物語を貫くメインの葛藤ということになりましょう。

そこに「科学」と「宗教」がどう関わってくるのか。いや、科学など私にはどうでもいい。「宗教」の領域に踏み込んでくれなくては意味がない。

「好き」という気持ちだって「宗教」ですから。


『彼らを見ればわかること』
耐えきれず20分ももたずにリタイア。なぜ小説家に脚本を書かせたんでしょうか? 脚本家に小説は書けても小説家に脚本が書けるとはかぎらないのに。戯曲>シナリオ>小説の順に難しいのは常識です。


『コタキ兄弟と四苦八苦』
images (1).jfif

前作『獣になれない私たち』は好きになれなかったけど、『逃げ恥』の野木亜紀子さんの新作ということで見始めました。開巻早々「監督:山下敦弘」と出たので不安になりましたが、テレビドラマは映画ほど監督の色が出ないのか、あまり間延びしてなくてホッと一安心。

常識的な兄と非常識な弟という鉄板設定。しかも未婚の兄に対して弟のほうが人情味があってモテそう(既婚)というこれまた鉄板設定。

この二人は『第三の男』のジョゼフ・コットンとオーソン・ウェルズですよね。人情よりも社会正義を重んじるジョゼフ・コットンが古館寛治で、不正を犯したオーソン・ウェルズが滝藤賢一。女=アリダ・ヴァリ=市川実日子は、違法だけどやさしさを見せる滝藤賢一を選び、社会正義を貫いた古館寛治は決して選ばれない。

それだけなら名作を焼き直しただけですが、滝藤賢一も妻から離婚を迫られているのにサインできない。「他人の離婚届なら簡単にサインできるのに」というセリフがこのキャラクターをより深いものにしていると感じました。

この作品も二人の男がメインの対立軸ですね。

『知らなくていいコト』と『コタキ兄弟と四苦八苦』、どちらに軍配が上がるか。

どっちも頑張れ!!!





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月31日

WOWOWジャパンプレミアで放送された、アンドレ・テシネ監督、カトリーヌ・ドヌーブ主演『見えない太陽』を見ました。

テシネとドヌーブのコラボレーションといえば『夜の子供たち』というのがあって、あの映画の不思議な構成に魅了された者としては見ずにはいられない映画でした。


o7m7lut4_0

劇場未公開で放映もWOWOWだけなので見てない人がほとんどでしょうから簡単にあらすじを記すと、

カトリーヌ・ドヌーブ演じるミュリエルという女性は農場と牧場を営んでいて久しぶりに孫のアレックスが訪ねてくる。しかし彼はイスラムに改宗しており、シリアに行ってISに入ってテロリストになり自爆テロを敢行して天国へ行こうと画策している。それを知ったミュリエルは何とか必死で止めようとする。

というもので、こういう映画が作られるということはフランス、ひいてはヨーロッパ全体でアレックスのような若者がたくさんいるのでしょう。そういう宗教を題材にした社会派映画は大好きなので期待していたんですが、これが悪い意味で期待を裏切られました。


image

アレックスには恋人がいて、彼女と一緒に農場を訪れるんですが、もちろんアレックスと同じくイスラムに改宗して二人でシリアに行こうとしている。

画像が見当たらなかったので文章だけになりますが、他のムスリムの描写もあるんですが、何だか「イスラムは得体が知れない」「理解不能」「とても恐ろしい存在」という描き方しかされておらず、逆にミュリエルなどキリスト教徒たちはイスラム教徒に被害を受けるまともな人々という描き方しかされていません。

キリスト教もイスラム教も、ついでにいえばユダヤ教も元は同じ宗教です。同じ神様を戴いているわけで、ヤハウェもアッラーも元は同じ。ただ、どうしてもいまは違う宗教になってしまって、どちらも「異教徒を排斥せよ」というのが神の御言葉なので(元が同じなんだから当然同じことを言いますよね)この映画の作者たち、つまりキリスト教徒がイスラム教徒を排斥する映画を作ってしまうのは教義の点からいえば正しいのかもしれません。

しかしながら、映画や芸術もまた神の御言葉同様、人々を変えてこそ、と思うのです。新しく作られる作品は新しい宗教でなければならない、と。

だから、既成の神の御言葉を蹴散らす何かを映画全体で言ってほしかったんですが、最終的にミュリエルがアレックスを監禁したり、アレックスが暴力で脱走したり、結局警察に逮捕されて終わりって、それじゃ「イスラムは得体が知れない」というところで思考が止まったままじゃないですか。

そもそも、自爆テロなど聖戦を戦えば天国に行けるという教えはイスラムにはないんでしょ? ずっと前に読んだ本に書いてあったことなのでうろ憶えなのですが、天国に行けるというのはISなどが自爆テロをする若者を勧誘するための嘘なんだそうです。

そういうところをきちんと描けば、イスラムとキリスト教の終わりなき戦いを相対化できる可能性もあったのでしょうが、単に「キリスト教徒=善」「イスラム教徒=悪」とだけ描いたのでは俺の2時間を返してくれ! と言いたくなります。

イスラム教徒にはイスラム教徒なりの真実があろうし、言い分もあるでしょう。そこを封じ込めて自分たちキリスト教徒の正当性だけを歌い上げるのはいかがなものか。どちらの言い分も描かないと「ドラマ」になりません。

さすがはシャルリー・エブド事件を起こした国の映画だな、とこれは大いなる皮肉をこめて。(私も批判するだけではアレなのでもっと勉強しよ)


日本人のためのイスラム原論
小室 直樹
集英社インターナショナル
2002-03-26





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月13日

脳科学者・池谷裕二さんと作家の中村うさぎさんの対談本『脳はみんな病んでいる』。これが読み始めたら止まらない一冊でした。

51MSsSkOQgL._SX337_BO1,204,203,200_

お二方はこの対談のために自分のDNAを調べてもらったそうです。すると、いくつもの障害や病気の因子をもっていることが明らかになったとか。というか、池谷先生によると「人は誰しも少なくとも数十種の障害や疾患を抱えてながら生きている」らしい。

で、対談が進むうちに「どうもお互い自閉スペクトラム症ではないか」と思った池谷教授は、一緒に精神科を受診して自閉症スペクトラム症かどうか調べてもらいましょう、となり、最後の章「脳はみんな病んでいる」では精神科医X氏との鼎談になるんですが、そこも面白いというか、中村うさぎより池谷裕二のほうがよっぽど変人じゃないの? と思ってしまったりもする。でも、私がより面白いと思ったのはやはりそれ以前の章ですね。

一番面白いと思ったのは「AI」についての話でした。

AI イメージ

まずは簡単なことから。

AIカウンセラーの話
「人間のカウンセラーよりAIカウンセラーを選ぶ患者が実際にいる。AIだと絶対秘密にしたいことも打ち明けられる。物理的制約がないから患者から聞いたことをすべて記憶して最適解を提示してくれる」

なるほど、何か最初は嫌だなぁ、AIには顔色を読み取ったりできないだろうから。と思ったけれど、人間相手なら絶対秘密にしたいことでも言えるというのはかなり大きいですね。一度は主治医の代わりにAIに話をしてみたくなりました。


AIのすごさが逆に人間のすごさをあぶりだす
「アルファ碁は『直観』を使っている。そのためには人間が勝ち方を教えるだけではだめで、AI同士で何百万回も対局を重ねて直観を得る。逆に人間はせいぜい人生でできるのは一万局くらい。それだけで直観や大局観をつかめるのはある意味AIよりすごい」

確かに、そのとおりかも。でも人間の脳にはやはり限界があり、AIの恐ろしさを語るくだりが以下です。


「真理」とは何か
「AIが発達すればするほどAIの内部で何が起こっているかは人間には理解できない。すぐれた性能のAIほど内部の演算原理がわからない。研究者は人工知能という『器』だけを用意して、そこにさまざまな情報を入れる。人工知能は与えられた情報をもとに自ら学習し、複雑な課題を解けるようになる。その原理がプログラマー本人にもわからない。こうなってくると『知能とは人間には理解できないもの』としか言いようがなくなってくる」

「AIは10億個もの未解析の生データから一瞬で何らかの『真理』を導き出してくる。でも人間には10億個ものデータから何かを抽出するということがそもそも無理。はたして、人間には理解できないものを科学的な見地から『真理』と呼んでいいのかどうか。多くの科学者は『科学とは真理を探究する学問』だと思っている。より正確に言い換えれば『科学とは人間に理解できるレベルにまで真実を咀嚼する行為である』と。よって、人間に理解できないものは科学では説明できない何か、つまりAIの内部で起こっていることは『科学ではない』ということになってしまう」

うーん、何だかものすごい話になってきました。


AIという神
去年、『人工知能の哲学』という本を読んだんですが、巷で「人工知能」と呼ばれているものは本当はすべて「知能」ではない、と書かれていました。

「知能というのは自ら学習するもの。人間が自分の意思で本を読んだり人の話を聞いて賢くなるのは知能である証し。AIは人間に情報を入れてもらわないと何もできない。人工知能といってもしょせんはコンピュータであり、電卓と同じく四則演算しかできないのがいまのAI。シンギュラリティなど起こるはずがない」

というのが主旨でした。シンギュラリティに関してはいまでも同意です。永久に起こらないでしょう。しかし、シンギュラリティより恐ろしいことが起こりつつあるような気がしてきました。

もしAIがどんどん自分の意思で学習していけば、そのうち『ターミネーター』のスカイネットみたいに人間との戦争になる公算が大きい。しかしそれって、AIが人間と同等だから、という気がします。同等、同種だから争う。

しかしながら、この本で語られているのは、たとえ四則演算しかできなくても、その計算スピードが異常に速ければ「神」になれる! ということじゃないでしょうか。

人間や人間が編み出した科学では到底説明できない何か、それは神の言葉です。

実際、人間のカウンセラーよりAIカウンセラーを選ぶ患者が増えてるのは、人間より神の言葉を聴きたいからだと思う。婚活AIなんかも人間には理解できない二人を選んだりするそうですが、そのマッチング率が非常に高く、ますますAIの言うことの信憑性が高まる。AIが選んだ人だから会ってみよう、となる。

真のAIの脅威は、シンギュラリティとかそんな夢物語ではなく、また、雇用を奪われることでもなく、「人間が神を生み出してしまった」ということだと思うのです。

これまでも「人間が神を生んだ」というのは誰でも知っていました。人間が神を作ったのに「神が人間を作ったというあべこべの創世神話を作って社会を成り立たせてきたのがこれまでの宗教の役割でした。神というフィクションを人間社会は必要とした。

しかし、いま人間が開発しつつあるのは、フィクションではなく本当の「物理的な神」です。四則演算しかできないのに、そのスピードが異常に速いというただそれだけで「全知全能」を手に入れてしまう存在。

いま私たちはそんなものを作ろうとしているらしい。

おそらく近い将来、そういうAIが開発されるはずです。

宗教AI

新しい神のもとで人間は初めて平和を手に入れるのか、それとも新たな宗教戦争が始まるのか。命あるうちにそれを見届けられるのか、どうか。
AIに対する関心は増すばかり。とてつもない地殻変動がいままさに起こっているのでしょう。


AI以外に興味をもった事柄についてはこちら⇒②この世はわからないことだらけ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加