聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

哲学

AI自動運転社会は永久にやってこないと思う件

最近AIに関する本を3冊読みました。

『人工知能の哲学 生命から紐解く知能の謎』
『AI原論 神の支配と人間の自由』
『AI vs.教科書が読めない子どもたち』




半年前に『人工知能は資本主義を終焉させるか』を読んだとき(感想は→こちら)現在最も計算の速いスパコンが100億年かかる計算を瞬時にやってのけるAIがもうすぐできると書かれていて、そんなすごいものができたらどうなるんだろうと、興味と恐怖が交錯しました。が、著者が主張する「シンギュラリティ」は絶対ないだろうな、とも何の根拠もなく思いました。

今回読んだ3冊はその根拠を見事に提示してくれる本でした。(あんまりシンギュラリティに否定的な人の本ばかり読むと偏ってしまうので、近々肯定的な人の本もまた読んでみるつもりです)


自律システムと他律システム
3冊の著者は、シンギュラリティを否定するどころか、AIの開発自体が無理と言い切ります。

え!? AIってすでにたくさんあるじゃん。ポナンザもそうだし、ルンバだってそうでしょう?

という声が聞こえてきそうですが、あれらは正確に言うとすべて「AI技術」にすぎず「真の意味でのAI」ではないそうです。

そのときキーになるのが「自律システム」と「他律システム」というワードです。



自律システムとは我々人間や他の生物すべてがもっているもので「自己増殖」できるのが特徴だとか。逆に他律システムは人間が何らかの指令を出さないかぎり動けないシステムで自己増殖ができない。
この場合の自己増殖とは、自分で自分の知能を高めていくということで、自律システムさえ確立されればAIがさらに高度なAIを作ることができる。その先にシンギュラリティが起こるかもしれないし、少なくとも『ターミネーター』のように機械と人間の戦争は避けられない気がします。

いま巷で「AI」と呼ばれているものはすべて他律システムだそうです。ポナンザだって作った人が「なぜこんなに強くなっているのか」と話したらしく自律的に強くなっている感じがしますが、最新の棋譜をどんどん入力してやらないとディープラーニングは不可能ですし、そもそもポナンザは将棋以外に何もできませんから「知能」とは呼べません。




話題の『AI vs.教科書が読めない子どもたち』で口酸っぱく語られているのは「いまのAI技術は単なるコンピュータであり、コンピュータは計算機でしかなく、計算機にできることは四則演算のみ。数学で記述できる言葉は論理・確率・統計だけでその他は不可能」というものです。ポナンザが強いのはその論理・確率・統計から最善手を導くためのビッグデータを所有し、かつ演算能力が異常に高いだけ、ということになります。


グーグルの事実上の撤退
さて、AIが車を運転することで言葉の真の意味での「自動車」が近々街を走り、バスやタクシーの運転手は職を失うだろうと言われていますが、私はこれら3冊の本を読んでかなり懐疑的になりました。

車を運転するためには何より「自律システム」であることが求められます。無人運転の電車といえば神戸のポートライナーが走りで、いまは全国各地にあるんでしょうけど、あれなら線路の上を走るだけだし、二重扉で人身事故が起こることもないし、どこで止まるかも決まっているから他律システムでも大丈夫。
ただ、ちょうどこないだの大阪府北部地震のとき、私はまさにポートライナーに乗っていましたが、ああいうときは人間が出て行って安全を確認しなくてはいけない。人間が出ていかずとも問題を解決できるのを「自律システム」というのです。

それが無理なら道を車で走るなどもってのほかでしょう。突然子どもが飛び出すかもしれないのにどうやってそれを避けるのか。

そして、避けられなかった場合の「責任」はいったい誰が取るのか。責任は生身の肉体をもった人間にしか取れません。死刑とか懲役というのは肉体の苦痛を伴いますが肉体をもたないAIに責任を取らせることはできません。では開発者や販売者に責任を負わせればいいのでしょうか?

ちょっと前まで自動運転車を開発して売り出すと息巻いていたグーグルが、それを撤回してはいないものの、だいぶトーンダウンしているとか。それはやはり「責任」。もし事故を起こしたら自分たちが責任を取らないといけなくなるので、飛び出してきたものが轢いてはいけないものか大丈夫なものか、瞬時に判別できる画像認識ソフトを開発して自動運転車を製造する別会社に売って、責任は回避するつもりらしいと書かれていました。

なるほど。でもそれって「事故を起こす可能性がかなり高い」と認識しているんですよね。人間はミスをする生き物だからいまだに交通事故がなくなりませんが、AIによる自動運転に移行するのなら「絶対に事故に遭わない」ように設計してくれないと乗る人は誰もいないでしょう。

それもこれもいまの「AI技術」が「真の意味でのAI」ではないからです。他律システムだからです。自律システムとは、前述のとおり自分で自分の知能を高めていくことができることです。人間が1の能力のAIを作ったらあとは自分でそれを1.001倍していく。それを異常なスピードで繰り返せば近い将来シンギュラリティが到来するでしょう。


人間に「心」を作ることは可能か
しかしながら、グーグルが開発に躍起になっている画像認識ソフトですら無理らしい。なぜか。

『人工知能の哲学』で詳述されていますが、我々生物は「錯視」によってこの世界を認識しているそうです。この世が本当にこのような姿、つまり人間が認識している通りの姿だとは誰にも言えません。人間が認識できるのは4次元までですが、本当は12次元(13次元だったか)という物理学者もいます。客観的にどういう世界かは永久に誰にもわからない。でも「錯視」によって主観的に世界を認識することはできるし、実際にすべての生物はみんなそれをやって生きている。

錯視を論理・確率・統計の言葉で作り上げることができるでしょうか? ごく普通に考えて錯視はまったく論理的じゃないですよね。

コンピュータの礎を作ったアラン・チューリングは「脳を作るぞ」と息巻いてチューリング・マシンの開発に着手したそうです。人間に脳を作ることはかのうでしょうが、心は無理でしょう。心は脳に宿っていると思っている人が多いですが(私も昔はそう思っていました)心がどこに宿っているのか、最新の科学ではまだわかっていないし、特に脳科学では「心は脳にある」という考え方は否定されているそうです。

自律システムが可能になるためには「心」を開発しないといけないのですが、どうもAI開発者は人間の脳と同じものさえ作ればいいと考えているらしい。脳ならすでに開発できている気がします。パソコンもスマホも、いわんやポナンザやルンバも「脳」と言ってかまわないと思う。

問題はやっぱり「心」なんですよ。主観的に物事を認識することができなければ「自律システム」ではない。脳なら頭蓋骨から取り出してどういう具合になっているのか客観的に観察できるから模倣して作ることも可能でしょうが、心は外側から観察できません。自分の心を内側から見つめることしかできない。だから人間に脳を作ることはできても心は作れない。そして、心を作れない以上は自分で自分の知能を高める自律システムの開発は絶対に不可能です。

というわけで、AIが自動車を運転する社会は永久にやってこないと思う次第です。

関連記事
AI婚活に見る「プラセボ(偽薬)としてのAI』


批判を許容しない社会について

哲学者・中島義道さんの『「思いやり」という暴力』(PHP文庫)を読んで何度も膝を打ちました。



批判のない国ニッポン
この本は旧題が『〈対話〉のない社会』といい、日本人は対話することをできるだけ避ける。そのことにいらだちを募らせる著者が「それでいいのか日本人!」と声高に叫ぶ内容です。

でも、私は「対話」というキーワードよりも「批判」のほうに関心が向きました。とはいえ、この二つの言葉は同じことを表しているのでしょう。対話とは相手を面と向かって批判し、批判された者はその批判を受け容れ、さらに反論して議論を高めていくことだからです。批判のないところに対話はない。

英語教師たちへの感謝を述べる日本人代表の挨拶が紹介されていますが、ただ外国人教師たちへの感謝が述べられるだけなんですね。通り一遍の何の個性もない挨拶に対し、外国人たちは一様に怒ります。

「何の批判もなしにただ感謝だけを述べられても困る」
「建設的な批判がないのはいかがなものか」


というように。


uranaiwohiteisuruhitonotokutyou

批判は悪口?
私はよくこのブログで映画の批判をしていますが、それは日本の映画評論家にはまともな批評をする人がいないからです。面白い映画をいかに褒めるかばかりに神経を注いで、つまらない映画には無視を決め込む。これは製作者たちとの対話を拒否しているということだと思います。

一般の映画ファンも同様で、近頃は何でもネガティブなことを言うと「ディスる」といって非難する。ちょっと前にツイッターで「映画の悪口は言うもんじゃない」と言っていた人がいました。目を疑いました。批判は悪口なんですって。そりゃま、誹謗中傷の類はそうでしょうが、その人の論旨では批判することが悪口だという感じでした。

映画製作者たちも同様です。去年の暮れに、ある映画監督と相互フォローの関係になりました。その人の映画がちょうど公開されたので見に行ったら少しも面白くなかったので正直に感想を書きました。もちろん誹謗中傷はしていません。建設的な批判をしたつもり。しかし、その監督さんからは何の反応もない。観客との対話を拒否している。

つまり日本では「批判はしてはならない」し「批判されても受け容れない」のが普通のようです。

でもそれは中島義道さんが忌み嫌う「対話のない社会」そのものです。

だからこれからも建設的な批判をしていくつもりです。



内田樹がサッカーを論じる!

ギョッとすることが書いてありました。

内田樹先生の編著による『人口減少社会の未来学』の冒頭、内田先生自らによる「序章」があって、まだそこしか読んでないんですけど、「AIの発達によって最初に失職するのは銀行員だろう」と。

え、私はてっきり見たままを入れるだけのデータ入力なんかが真っ先に淘汰されるとばかり思ってましたが、まさか銀行とは・・・

兄二人が銀行マンでして、でももうすぐ定年だからそんなに心配はない。問題は、兄の子で、この4月に入行したばかりなんですがね。大丈夫だろうか。

それはまた別の機会に譲るとして(最近AIに関する本を読んでるので感想がまとまったときにでも)今日のお題はタイトル通り内田先生がサッカーを論じていることなんですね。




もちろんサッカーを直截的に論じているわけではありませんが、序章には次のような意味のことが書いてあります。

「これから世界中で起こるであろう人口減少という人類誕生以来初めての難事が真っ先に日本を襲うのに、当の日本人はまったくこれを喫緊の課題とは考えていない。そういう『最悪の事態』を想定するのは敗北主義だと排斥し、その真逆の根拠のない楽観にすがりついてあれこれと多幸症的な妄想にふけることは積極的に奨励されている」

と、内田先生はいつものように舌好調で語るんですが、これってあれですよね?

そう、こないだのワールドカップ1次リーグ最終節でポーランドと演じた談合試合。

あれにはいろいろと非難があるようです。クライフの言葉「醜く勝つくらいなら、美しく負けろ」を引き合いに出す美学主義者もたくさんいるようですが、私は戦略的にダメだと思う。(私の感想はこちら→西野ジャパン徹底批判!!!!!(なぜ1位通過を目指さなかったのか)

セネガルがコロンビアに追いつくという「最悪の事態」を想定せず、コロンビアが勝ちきるという楽観にすがった。少子化問題とサッカーというまったく土俵の違う案件ですが、日本人の特質が如実に表れています。

先の大戦では、度重なる空襲と原爆2発で壊滅的な敗戦を強いられましたが、あそこまで壊滅的だと逆に責任のある者も言い逃れができる。実際、東京裁判で「私に責任はない」と主張した人は大勢いたそうです。

中でも浅学のため初めて名前を知った小磯國昭という人は、満州事変にも三国同盟にも真珠湾攻撃にもすべて個人的には反対だったと主張したそうです。ではなぜあなたは自分が反対する政策を掲げる政府の中で重職を累進しえたのかと検察官が問い詰めると、次のような答えが返ってきたそうです。

「われわれ日本人の行き方として、自分の意見は意見、議論は議論といたしまして、国策がいやしくも決定せられました以上、我々はその国策に従って努力するというのが我々に課せられた従来の慣習であり、また尊重せらるる行き方であります」

うーん、なるほど。西野監督から最終ラインでパスを回してセネガルの負けを待て、と指令を受けた選手たちの胸中はこういうものだったのですね。だから最初は「この状況で!?」と意味がわかりかねた長友も「監督の意思だった。すごい選択だと思う」と言っているわけですか。他の選手や元選手たちもこぞってあの判断を英断だとしているわけですね。

そして、もしセネガルが引き分けに終わって敗退に追い込まれていたとしても、「監督の命令だったので」と選手は自分に責任はないと言い、元選手たちは「命令である以上、選手は従わないといけませんから」と選手をかばったのでしょう。

西野監督は男前だから言い訳しないと思うけれど、それが逆に「決勝トーナメントに行くための決断だったのだから」と国中でまたも「感動をありがとう!」という気色悪い歓迎ムードになっていたような気がします。

この国には「批判」というものがないなぁといつも思います。
私はいつも批判的なことばかり書いてますが、「悪口」と思う人もいるようです。悪口って誹謗中傷の類ですよね。でも中傷と批判はぜんぜん違いますよ!(これはまた別の話)


関連記事
決勝トーナメント大胆予想!



ギャラリー
  • 『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 許せない映画⑥『ダイ・ハード』
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード