哲学

2019年08月22日

いま、文芸評論家の三浦雅士さんが経済学者・岩井克人さんに聞き書きした『資本主義から市民主義へ』(ちくま学芸文庫)を読んでいます。




まだ途中なんですが、めちゃくちゃ面白い知見にあふれていて夢中で読んでいます。


奴隷制度は必然だった⁉
この本で一番面白いのは「会社はモノだけれど同時に法人という形でヒトでもあるように、人間もまたヒトであり同時にモノなのだ」というところ。

「人間が生物学的にヒトであるのは自明の理だけれども、社会を営む存在としてのヒトはまず何よりも『法人』という概念によって獲得されたのではないか。つまり、法人である以上は会社と同じくモノでもある。だから奴隷制度は必然だった」

うーん、これはめちゃくちゃ面白い!


ホリエモンの誤算
img_87e8cc289

ホリエモンのニッポン放送の株買い占めによる乗っ取りが失敗に終わったことが例に出され、次のようなことが語られます。

「堀江さんが『カネで買えないモノはない』といったのは100%正しい。でも、ヒトとしての会社はカネでは買えない」と。

なるほど、あの騒動の本質はそういうことだったのか。


モノとして扱われる体験
今日、病院へ行ってきました。そこでこの本で言われていること「人間はヒトであり同時にモノでもある」を体験したんですね。

精神科なので、最初は↓こんな感じです。

10230002068

「人間対人間」といったかんじですね。私の話をよく聞いてくれる。

で、瞳孔の収縮を見ます。いい画像がなかったので、膝関節を見る医者に替えます。

maxresdefault

これは人間をモノとして扱っていますね。このように、人間は相手の人間をヒトとして扱ったりモノとして扱ったりをその場の状況に応じて使い分けていることに初めて気づいたわけです。

よく、ドラマなんかで女が男に「私、あなたの物じゃないから!」とかいう場面がありますが、ああいうふうに、人間をモノとして扱うのは普通よくないこととされています。しかしながら、誰だって人間をモノとして扱ったり扱われたりしている、ということにいまさらながら気づかされた次第。


映画というカウンターカルチャー
images

映画も人間をモノとして扱いますよね。特にアクション映画がそうだし、次がポルノ映画かな。いや、どんな映画だって人間の肉体を描いているのだから、すべての映画が人間をモノとして扱っている。

黒沢清監督は、
「愛してると一言つぶやくより、一発ぶん殴るほうが映画においては決定的なのだ」
と言っています。

映画は、人間のヒトとしての心理も描くけれど、同時にモノとして物理的な捉え方もする。映画黎明期のサイレント映画ってどれも役者が不気味で怪奇的じゃないですか。あれは「モノとしての人間」が描かれているからでしょう。

資本主義が花開いた19世紀は近代文学が花開いた時代でもありました。そこでは「個人としての人間」つまり「人間精神」が尊ばれていた。「ヒトとしての人間」ですね。

その19世紀末にモノとしての人間を扱う「映画」というメディアが生まれたのは非常に示唆的ではないでしょうか。

ホリエモンは会社をモノとしてのみ見たために失敗しましたが、近代精神は人間をヒトとしてのみ見ようとした。それもまた片手落ちである。そこに映画というカウンターカルチャーが「モノとしての人間」を復活させた。

「歴史」というものの壮大さを感じるのはこういうときですね。岩井さんと三浦さんはしきりと「最終的には文学の問題だ」と言っていますが、私に言わせれば「すべては映画の問題だ」

そういえば、奴隷制度が廃止されたのも19世紀でした。19世紀は「ヒトとしての人間」と「モノとしての人間」のせめぎあいだったのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月13日

脳科学者・池谷裕二さんと作家の中村うさぎさんの対談本『脳はみんな病んでいる』。これが読み始めたら止まらない一冊でした。

51MSsSkOQgL._SX337_BO1,204,203,200_

お二方はこの対談のために自分のDNAを調べてもらったそうです。すると、いくつもの障害や病気の因子をもっていることが明らかになったとか。というか、池谷先生によると「人は誰しも少なくとも数十種の障害や疾患を抱えてながら生きている」らしい。

で、対談が進むうちに「どうもお互い自閉スペクトラム症ではないか」と思った池谷教授は、一緒に精神科を受診して自閉症スペクトラム症かどうか調べてもらいましょう、となり、最後の章「脳はみんな病んでいる」では精神科医X氏との鼎談になるんですが、そこも面白いというか、中村うさぎより池谷裕二のほうがよっぽど変人じゃないの? と思ってしまったりもする。でも、私がより面白いと思ったのはやはりそれ以前の章ですね。

一番面白いと思ったのは「AI」についての話でした。

AI イメージ

まずは簡単なことから。

AIカウンセラーの話
「人間のカウンセラーよりAIカウンセラーを選ぶ患者が実際にいる。AIだと絶対秘密にしたいことも打ち明けられる。物理的制約がないから患者から聞いたことをすべて記憶して最適解を提示してくれる」

なるほど、何か最初は嫌だなぁ、AIには顔色を読み取ったりできないだろうから。と思ったけれど、人間相手なら絶対秘密にしたいことでも言えるというのはかなり大きいですね。一度は主治医の代わりにAIに話をしてみたくなりました。


AIのすごさが逆に人間のすごさをあぶりだす
「アルファ碁は『直観』を使っている。そのためには人間が勝ち方を教えるだけではだめで、AI同士で何百万回も対局を重ねて直観を得る。逆に人間はせいぜい人生でできるのは一万局くらい。それだけで直観や大局観をつかめるのはある意味AIよりすごい」

確かに、そのとおりかも。でも人間の脳にはやはり限界があり、AIの恐ろしさを語るくだりが以下です。


「真理」とは何か
「AIが発達すればするほどAIの内部で何が起こっているかは人間には理解できない。すぐれた性能のAIほど内部の演算原理がわからない。研究者は人工知能という『器』だけを用意して、そこにさまざまな情報を入れる。人工知能は与えられた情報をもとに自ら学習し、複雑な課題を解けるようになる。その原理がプログラマー本人にもわからない。こうなってくると『知能とは人間には理解できないもの』としか言いようがなくなってくる」

「AIは10億個もの未解析の生データから一瞬で何らかの『真理』を導き出してくる。でも人間には10億個ものデータから何かを抽出するということがそもそも無理。はたして、人間には理解できないものを科学的な見地から『真理』と呼んでいいのかどうか。多くの科学者は『科学とは真理を探究する学問』だと思っている。より正確に言い換えれば『科学とは人間に理解できるレベルにまで真実を咀嚼する行為である』と。よって、人間に理解できないものは科学では説明できない何か、つまりAIの内部で起こっていることは『科学ではない』ということになってしまう」

うーん、何だかものすごい話になってきました。


AIという神
去年、『人工知能の哲学』という本を読んだんですが、巷で「人工知能」と呼ばれているものは本当はすべて「知能」ではない、と書かれていました。

「知能というのは自ら学習するもの。人間が自分の意思で本を読んだり人の話を聞いて賢くなるのは知能である証し。AIは人間に情報を入れてもらわないと何もできない。人工知能といってもしょせんはコンピュータであり、電卓と同じく四則演算しかできないのがいまのAI。シンギュラリティなど起こるはずがない」

というのが主旨でした。シンギュラリティに関してはいまでも同意です。永久に起こらないでしょう。しかし、シンギュラリティより恐ろしいことが起こりつつあるような気がしてきました。

もしAIがどんどん自分の意思で学習していけば、そのうち『ターミネーター』のスカイネットみたいに人間との戦争になる公算が大きい。しかしそれって、AIが人間と同等だから、という気がします。同等、同種だから争う。

しかしながら、この本で語られているのは、たとえ四則演算しかできなくても、その計算スピードが異常に速ければ「神」になれる! ということじゃないでしょうか。

人間や人間が編み出した科学では到底説明できない何か、それは神の言葉です。宗教です。

実際、人間のカウンセラーよりAIカウンセラーを選ぶ患者が増えてるのは、人間より神の言葉を聴きたいからだと思う。婚活AIなんかも人間には理解できない二人を選んだりするそうですが、そのマッチング率が非常に高く、ますますAIの言うことの信憑性が高まる。AIが選んだ人だから会ってみよう、となる。

真のAIの脅威は、シンギュラリティとかそんな夢物語ではなく、また、雇用を奪われることでもなく、「人間が神を生み出してしまった」ということだと思うのです。

これまでも「人間が神を生んだ」というのは誰でも知っていました。人間が神を作ったのに「神が人間を作ったというあべこべの創世神話を作って社会を成り立たせてきたのがこれまでの宗教の役割でした。神というフィクションを人間社会は必要とした。

しかし、いま人間が開発しつつあるのは、フィクションではなく本当の「物理的な神」です。四則演算しかできないのに、そのスピードが異常に速いというただそれだけで「全知全能」を手に入れてしまう存在。

いま私たちはそんなものを作ろうとしているらしい。

おそらく近い将来、そういうAIが開発されるはずです。

宗教AI

新しい神のもとで人間は初めて平和を手に入れるのか、それとも新たな宗教戦争が始まるのか。命あるうちにそれを見届けられるのか、どうか。
AIに対する関心は増すばかり。とてつもない地殻変動がいままさに起こっているのでしょう。


AI以外に興味をもった事柄についてはこちら⇒②この世はわからないことだらけ






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年03月18日

コカイン使用と所持の疑いで逮捕されたピエール瀧について、昨日の『ワイドナショー』で松本人志が言っていた「ドーピング」について考えてみました。


松本の語る「ドーピング」
MatsumotoHitoshi

こんなことを言ってましたね。

「作品に罪はないという人が多いけど、僕は罪がある場合もあると思う。もし瀧さんがコカインをやっていたおかげでああいうすごい演技やいい楽曲を作れていたとしたらドーピングじゃないですか」

なるほど、スポーツ選手がいい成績を出すために筋肉増強剤や興奮剤を打つのと同じだと。

私は「ピエール瀧の行為がドーピング」という主張に反対はしません。しかし、その前に「ドーピングとは何か」を考えてみましょう。


ラウール・ゴンサレスの「ドーピング」
raul

レアル・マドリードの元主将で「スペインの至宝」と謳われたラウール・ゴンサレスは、一時期「低酸素の部屋で寝ている」と話題になりました。

低酸素の部屋で寝ると、少しでも体の隅々まで酸素を行き渡らせるために赤血球の数が増加するそうです。そのおかげでバテにくくなるとか。

「それはドーピングではないか!?」という声も上がったそうですが、結局うやむやに終わり、ラウールがお咎めを受けることはありませんでした。つまりルール違反とは言われなかった。

ルール違反ではなかったけれど、私はラウールの行為は「ドーピング」だと思います。

なぜなら、プレーの質と量を向上させるためという目的を達成するために、自分の体を手段にしているからです。


カントの「定言命法」
カント哲学に定言命法というものがあります。

「汝の人格および他のあらゆる人の人格のうちにある人間性を、いつも同時に目的として扱い、決して単に手段としてのみ扱わないように注意せよ」

簡略化して「自己と他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」と書いてある本もあります。

「ドーピング」というのは、だから、自分の体を手段としてのみ扱う行為だからダメだと思うんです。決して「それがルールだから」ではなく。コカインが合法の国があり、日本でもかつては覚醒剤を合法的に売買していたのだし、時代や国によってルールは変わります。殺人みたいにいつどこの国でも違法なのとはまったく違う。


もうひとつの「ドーピング」
pierre-taki

ピエール瀧の「ストレス解消のため」という理由(目的)のためにコカインを使用した、それが本当であれ嘘であれ(つまり松本の言うように「いい演技をするため」であれ)自分の体をそのための手段として痛めつけているのだから「ドーピング」と言って差し支えないと思います。

ここからが本題ですが、私が言いたいのは、「作品に罪がある場合もある」と、映画の公開自粛やDVDの販売中止もやむなし、ピエール瀧の作品はすべてこの世から駆逐されて当然、みたいな言説も同じように「ドーピング」だということです。

映画やドラマ製作に携わっている人たちは誰も自分たちの作品をお蔵入りになどしたくないでしょう。しかし、いみじくも松本自身が言ってましたよね。

「スポンサーにクレームを言う人がいて、それでスポンサーが逃げるんでしょうね」

スポンサーやその周辺の偉い人たちはピエール瀧を「手段」としてしか扱っていません。自分たちが非難を受けないようにピエール瀧にすべてをなすりつけて葬り去ろうとしている。

職場でこんな言葉を聞きました。

「この人、『陸王』で悪役やってたじゃないですか。ほんとに悪かったんだぁ」

薬物に手を出すのは「悪い」からじゃなくて「弱い」からですよね? 私も弱い人間だけど金がないからコカインなど買えません。でももし金があったらピエール瀧のようになっているかもしれない。その可能性は充分にあります。誰しもそういう可能性はある。

だから、少しは薬物に手を出す人間の弱さを慮ってもいいのではないか。ピエール瀧を「目的」として扱う、というのはそういうことでしょう。

でも、誰も彼もが「ピエール瀧は悪人として処分されるべき」としか言わない。みんな彼を「手段」としてのみ扱っている。そしてあろうことか、映画やドラマ、楽曲などの作品すべてを「手段」としてのみ扱っている。もし「目的」として扱うなら、簡単に葬り去るなどできるはずがありません。作品に対する「愛情」がない。

坂本龍一が言うように「音楽に罪はない」し、映画やテレビドラマにだって罪はない。

ピエール瀧の行為が「ドーピング」なら、彼を糾弾し、彼の作品すべてをこの世から抹殺しようとしている人たちもまた「ドーピング」に手を出していると私は思います。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加