信条

2019年06月21日

もう15年以上前のことですが、『インファナル・アフェア』が公開されたとき、うちの親父がこんなことを言いました。

「素晴らしかった! 香港映画ってジャッキー・チェンしかないのかと思ってたけどこういうのもあるんやね」

いやいや、ジャッキーの前にはブルース・リーがいるし、後にはチョウ・ユンファにチャウ・シンチー、ジョン・ウーにウォン・カーウァイなどいっぱいいるぜよ!

なんてことはもちろん主張していません。仮に香港映画界にジャッキーしかいないとして、その何がいけないのか、と心の中で毒づきました。ジャッキーだけでも充分すごいじゃないかと。

でも親父は映画ファンだから別にいいのです。楽しむためにお金を払っているのだから、ジャッキー・チェンなんかつまらないと断じてもそれはそれで尊重せねばならない。

私はイーストウッド作品やヒッチコックの信奉者だけれど、イーストウッドなんか面白くないという人の意見は尊重せねばならない。いつも気に入らない映画は容赦なく貶している私のような人間は、人一倍反対意見を尊重せねばならない。でないと自分の意見を言えなくなっちゃう。

しかし、映画作りをしている人、これから志そうという人がジャッキーを貶すのは我慢ならないというか、そんな輩に映画を作る資格なんかない! というのがこの記事の主旨です。

これがジャッキーじゃなければいいんですよ。「ヒッチコック好きは無能な映画ファン」と断じるタランティーノの意見はそれはそれで傾聴に値するものでしょう。

しかし、ジャッキーだけは別です。なぜかって? 答えは簡単。


JackieChan1

老齢と言っていい最近の作品はともかく、若い頃は一歩間違えば死ぬシーンをノースタントで演じていました。再起不能かと言われるほどの事故に遭っても、治ったらまた同じことに精を出す。文字通り映画作りに命を懸けていました。

そういう姿を見て素直に「すごい!」と思えないような人に映画を作る資格はありません。こんなことは小学生でもわかる理屈です。

でも、多いんですよね、映画人志望者でジャッキー・チェンを軽侮する人。

私が通っていた映画の専門学校でもそういう人はいました。上記のような話をして、「ジャッキーを軽く見る奴はいますぐやめるべきだ」と言ったら暗い顔でうつむいた人間が何人もいました。

あるレストランでバイトしてたときも映画監督志望者がいましたが、「ジャッキー・チェンなんかダメですよ」と言ったので、上記のようなことを滔々と述べて叱ったら真っ赤な顔をしてうなずいていました。(言いたいことはたくさんあったんでしょうけどね)


JackieChan2

とにかく、ジャッキーに限らず、映画作りに命を懸けている人間を軽く見る者に映画を作る資格はないと断言します。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年06月12日

もう一週間ほど前ですけど、山本太郎のれいわ新選組に寄付しました。


6ea2e81c-l

山本太郎がんばれ!
何しろいま日本で唯一まともな政治家ですからね。街頭で涙ぐみながら自殺者をなくしたいという演説にはこちらももらい泣きしそうになりました。

仄聞するところによると、ちょっと前の時点で1億6000万円以上集まってるとか。もっともっと集まるといいというか、一部の金持ちがドカンと何百万円も寄付してるというより、私みたいな貧困層の小市民が1000円だけとか5000円だけとか少額の寄付だけで全体の7割ほどを占めるそうです。

というか、相当な人数がれいわ新選組に寄付しているわけで、今回の参議院選挙では何がしかの風が吹くような……? というか吹いてもらわないと困る。老後のために2000万? アホか! とか言ってる間にまた公文書が消えてる。。。


懐かしいアイスバケツチャレンジ
00_m

これはあの懐かしいアイスバケツチャレンジの一コマ。まだ東京にいたときだから5年ほど前かな。

最初は寄付をするか、したくなければ氷水をかぶる、という遊びだったのが、いつからか、氷水をかぶったうえで寄付する遊びに変わりました。

なぜこんな昔話をしたかというと、ちょうどこの頃はアメブロをやってまして、読者登録してくれていた人が、

「寄付はひっそりとやるもの。寄付したい人は声高に寄付をしたとか言ってはいけない」

みたいなことを言っていて、それは違う! と強く思ったのを思い出したからです。


3年前の熊本地震
あのときもそうでした。何百万も寄付した芸能人が「売名行為だ」などとバッシングを受けました。

そもそも売名かどうかわからないというのもありますが、仮に売名だとして、売名の何がいけないんでしょうか? 

そのお金で助かる人がいるのならそれでいいんじゃないですか? 何もせずに能書きばかり垂れてる奴よりよっぽど偉い。

逆に、有名人は「これだけの寄付をしました」と堂々と言ったほうがいいと思う。インフルエンサーなんだから寄付しようかどうしようかと躊躇してる人の背中を後押しすることもあるでしょう。

だから私もめちゃくちゃ微力ながら、先日、「れいわ新選組に寄付しました」とツイートしました。

「寄付はひっそりと」というか「善行は黙ってやってこそ」みたいな美徳が蔓延したことが今日の政治的災厄を招いたと言っても過言じゃないと思います。

正しいこと、善いことと信じてるなら堂々と声高に主張しましょう!






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年05月29日

川崎市登戸で51歳の男に18人もの子どもたちが刺され、39歳の保護者を含む2人が殺されるという痛ましすぎる事件が起きました。


キャプチャ-198

またか、という思いとともにすぐ自害して果てた犯人への強い憤りを禁じえませんでした。私もご多分に漏れず「死ぬなら一人で死ね」と思いました。が、それに対して「そういう言葉は控えるべきだ」という人が現れ、賛同する人もいるようです。


DDGMGLLUMAU2_sw

はああああああ!? まったく意味がわからない。


当事者でない者の感情論がなぜダメなのか
賛同する人たちの中には「感情論でこの事件を裁いてはいけない」と言ってる人もいるようですが、無辜の幼い人間たちが一方的に殺傷された事件について何で感情論でものを言っちゃダメなのか少しもわからない。

「被害者の親じゃないんだから」という意見も見ましたが、当事者じゃないとダメなの? それは絶対におかしい。

先日、北方領土問題に関して、「戦争しないとどうにもならないんじゃないですか?」と島民に発言した丸山穂高が日本中から非難を浴びて日本維新の会から除名されました。いま日本人で戦争の当事者になった人はほとんどいません。日本人が「戦争には何が何でも反対する」と表明してはいけないんですか? まさか! 


上から目線
藤田孝典さんの「一人で死ねは控えてほしい。次の凶行を生まないために」という言葉にすごく反発してしまうもっと大きな理由は「上から目線」じゃないでしょうか。

私はある慈善団体にめちゃくちゃ少額ですが寄付しています。日本円では少額でも、アフリカでは結構な量の子どもの食糧やワクチンが買えるそうです。寄付しているといっても私も貧困層の一人。ですがアフリカの子どもから見れば富裕層。だから寄付という行為は「上から目線」以外の何ものでもありません。

が、金で解決できる問題なら上から目線でいいとしても、人間の尊厳をめぐるときに上から目線はいかがなものかと思います。藤田さんの言うことは頭では理解できます。社会をよりよくしたいという思いから出た言葉なのもわかります。でも腹にストンと落ちてこない。それはやっぱり「上から目線」だからだと思う。

私はかつて自殺を図りましたが、周りからえらく叱られました。甘い言葉をささやく人間など一人もいなかった。あのときの私は職場など周囲の人間たちを恨み、自分を悲劇の主人公だと思っていました。親兄弟、友人たちはそんな私の甘さを叱責しました。手を差し伸べてなどくれなかった。あのときの私はそれを恨んだりもしましたが、いまはそれでよかったと思っています。

中でも印象的だったのは、ある友人の言葉です。

「手首を切るなんて助かる可能性のある方法をなぜ選んだのか。ビルから飛び降りれば確実に死ねるじゃないか。なぜおまえはそうしなかったのか」

これは今回の事件における「死にたかったら一人で死ね」と同じですね。でもその友人は私をあえて突き放したのです。「何かおまえのためにできることはないか。手を差し伸べてあげよう」なんて甘い言葉は言わなかった。


11004035903

人と人が真正面から向き合うとはそういうことでしょう。上から目線で死にたい人を救うことはできない。


蛇足
よくラッシュアワーに鉄道自殺が起こって電車が止まることがあります。あれについて「もっと人のことを考えろよ!」という言葉を頻繁に見かけますが、あれには同意できません。死のうとしている人間に、電車に飛び込んだら通勤客にどういう影響が出るかという想像はできません。なぜなら間接的な被害だから。でも、他人を殺傷するのは直接的な行為なのだから、その程度のことがダメなことぐらいいくら何でもわかるはず。

死にたい、自暴自棄、そういう気持ちに私は深く共感します。でも、死ぬなら一人で死ぬべきです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加