聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

レアル・マドリード

第30節ラス・パルマス0-3レアル(ナチョ君とベンゼマ)

代表ウィーク明けのリーガ。予想通り、クリスティアーノ・ロナウドは招集外。ついでにクロースとセルヒオ・ラモスも温存。イスコは背中の痛みがあるらしいが本当のところはどうなのか。カルバハルは出場停止でした。


benzema&nacho


布陣は、ルカス・バスケスとベイルを両翼に置いてベンゼマとアセンシオの2トップというなかなか斬新なものでした。が、特に見るべきところのない大味な試合でしたね。3点のうち2点はPKだし、唯一流れの中で取った先制点もロングパス1本で生まれたもので、オフサイドになったアセンシオからルカス・バスケスへのスルーパスのほうが見応えがありました。

さて、今日の試合の一番のニュースは、ナチョ君の怪我ですよね。
彼は誰よりも頑丈で、めったに怪我しなかった。実況アナも言ってましたが、プロになってから怪我による途中交代は初めてとのこと。怪我の大きさがまだわからないので何とも言えませんが、少なくともユベントス戦には出られないのでしょう。

ナチョ君はDFラインのすべてをこなせる選手ですからね。一人で三人分。左サイドバックはテオがいるからいいとしても、もしカルバハルが怪我したらどうするんですか。今日みたいにアクラフ? ユベントス相手じゃ負けるに決まってる。バランだって怪我が多いしセルヒオ・ラモスは退場が多い。ナチョ君がいない以上、バジェホ? それも負ける。

ところで、このところルカス・バスケスとアセンシオを同時起用した中盤フラットの4-4-2を多く採用しているジダンですが、ユベントス戦はどうするつもりなのでしょうか。

自慢の中盤トリオ、モドリッチ、カゼミーロ、クロースのうち、クロースは全休だし、モドリッチとカゼミーロも途中交代できた。ということは3人とも使うつもりなのでしょう。もしかしてイスコをトップ下に置いた中盤ダイヤモンド型4-4-2を採用するつもりでしょうか。今季はそれで負けが込んだので、まさかとは思いますが、やめたほうがいいと思います。

普通にBBC揃い踏みの4-3-3でいいんじゃないでしょうか。

GK:ケイロル・ナバス
DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:モドリッチ、カゼミーロ、クロース
FW:ベイル、ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド

ベイルに代えてルカス・バスケスかアセンシオを使ってほしい気はしますが、フォーメーションは4-3-3でイスコは使わないほうがいいと思います。

フォーメーションはそれでいいとは思うものの、ベンゼマがねぇ。。。

今日も奥寺が言ってましたけど、「何であそこで打たないの?」と。PKを決めて少しは気分がよくなってると思ったら、あの始末。彼は9年前にレアルに来たときがまさにあんな感じでものすごく気弱な面がありましたよね。

それをモウリーニョがうまく自信をつけさせてストライカーとして覚醒したんですけど、たった1年で昔に戻ってしまった。

ベンゼマがアシストしてロナウドが決めればいい。という考え方もあるでしょうが、やっぱり今日のビッグチャンスで打たなかった、あるいは打っても入らなかった、というのはいただけません。

ベイルは自分でPK蹴らずにベンゼマに譲ってあげてほしかったな。


第26節 レアル3-1ヘタフェ(パリ・サンジェルマン戦に向けて)

aee4304d


パリ・サンジェルマン戦を控えたレアル・マドリードはヘタフェをホームに迎えうち、3-1で圧勝。PKを与えたのはよけいでしたが完勝でしょう。

この試合では、ベイルを使わず、ルカス・バスケス、アセンシオ、コバチッチ、カゼミーロの4人のMFを使った4-4-2を採用するんじゃないかという予想もあったようですが、やはりというべきか、ベイルとイスコを使い、アセンシオとルカス・バスケスはベンチスタートとなりました。

こういう布陣。
4-4-2
GK:ケイロル・ナバス
DF:カルバハル、ナチョ、セルヒオ・ラモス、テオ
MF:ベイル、マルコス・ジョレンテ、カゼミーロ、イスコ
FW:ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド

パリ・サンジェルマン戦では後者二人が先発なんでしょうね。マルセロは帰ってきたのは大きいですが、モドリッチとクロースはどうも間に合わないようで、いまの面子ならアセンシオとルカス・バスケスがレギュラーということでしょう。

だから、パリ・サンジェルマン戦ではこうなります。
同じく4-4-2
GK:ケイロル・ナバス
DF:カルバハル、バラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ
MF:ルカス・バスケス、コバチッチ、カゼミーロ、アセンシオ
FW:ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウド

今日の試合でコバチッチを使わなかったのは意外でしたが、マルコス・ジョレンテが徐々にチームにフィットしてきたんじゃないでしょうか。あとはダニ・セバージョスですね。バジェホはもう今季は間に合わないでしょう。

ベンゼマの粋なチャンスメイクも素晴らしかったですけど、やはり2得点を決めたクリスティアーノ・ロナウドが圧巻。

1点目は彼なら簡単に決められるシュートでしたが、2点目がすごい。マルセロのクロスが素晴らしかったとはいえ、相手DFと競り合いながら、ここしかないというポイントで合わせてのゴール。ファウルでゴールが認められなかったり、キーパーのビッグセーブに遭ったりしたので本来なら簡単にハットトリックできてましたね。

パリ・サンジェルマン相手にクロースはともかくモドリッチがいないのはいまだに心配ですが、何とかなるでしょう。両サイドはルカス・バスケスとアセンシオが汗かき役で守ってくれるだろうし。それに向こうはネイマールがいない。人の不幸を喜んではいけませんが、これはでかい。

何はともあれ、その前に今夜の「バルサvsアトレティコ」が楽しみでしょうがありません。アトレティコ、頑張って!!


第24節 ベティス3-5レアル(やはりジダンは「もっている」のか?)

先週の日記では「ロナウドが心配」などと書いてしまいましたが、それは杞憂でしたね。
というか、やはり先週までのロナウドはシュートをためらうシーンがあった。好調ではなかったと思うんですよ。で、パリ・サンジェルマン戦でもPKとたまたま膝に当たったボールがゴールという幸運な得点で、ハイライトしか見れてないのでよくわかりませんが、復調したとは言えない感じでした。イスコばっかり絶賛されてたし。
でも、どんな形であれFWにとっては「ゴール」というのが一番の薬になるんですね。私はハーフだったからそのへんの機微がよくわかりませんが、今日は裏への飛び出しのタイミングがやや早かったくらいで、ゴラッソも決めましたしもう完全復調ですね。


DWWTjBDXkAIi46l

ところで、アセンシオとルカス・バスケスが大活躍だった今日の試合、スタメンを見て驚きました。バランを休ませるのはわかります。でもクロースが怪我でいない中盤にモドリッチも休ませるの? と。さらにマルセロは休ませてテオだろうと思っていたら違っていました。去年もマルセロは出ずっぱりの状態が続いて怪我しましたよね。今日も同じことが。

ナチョのオウンゴールも疲労が原因だと思うんですよね。確かにバランも怪我しがちだから休ませなきゃいけないんですが、ナチョも先週のソシエダ戦は休みをもらったけどあとほとんど出てるでしょう? バジェホが使えない状態では致し方ないし、オウンゴールぐらいならいいけれども怪我が恐いんですよね。カルバハルのバックアップとしてアクラフはもう使わないだろうし、マルセロも怪我したとなると、ディフェンスラインのすべてのバックアッパーとして計算しないといけない。ナチョは大好きな選手なのでうまいこと休ませてあげてほしいな。カンテラに活きのいいセンターバックか左サイドバックはいないのか。

しかし、どちらも攻撃力が自慢だけど守備がもろいチーム同士の対戦らしく撃ち合いになりましたが、勝ててよかった。

というか、1か月前、レガネスに負けて国王杯敗退したとき「ジダンを解任せよ!」という日記を書きましたが、どうにも私はこのジダンという監督がよくわかりません。選手としてはすごかったのは誰の目にも明らかですが、監督としてはよくわからんのです。


2017-03-08-zidane-real-madrid_1dppyvryho4h1bbba1t0uxqdn

アセンシオのゴールで幸先よく先制したかと思えば簡単に逆転を許す。ここまではいつものことだから別にいいんですが、前半終了時点ではだいぶ劣勢でしたよね。普通ならイスコかモドリッチを入れると思うんですよ。ベイルがぜんぜん覇気のないプレーに終始してましたし。

が、後半の蓋を開けてみると選手交代なし。え、マジで!?!?

それが、CKからセルヒオ・ラモスのヘディングですぐ追いついてしまい、さらにアセンシオの2点目で逆転。

やはりジダンは「もっている」のだろうか、と思いました。

だって、コーナーキックからラモスのゴールって普通は「やはり彼は勝負強い!」ということになるんでしょうが、今日のあのゴールはあまりにベティスの守備がお粗末でした。誰も競ってない。
アセンシオのゴールをお膳立てしたカルバハルのドリブルも、メッシのように意図的に相手の股を抜くとかじゃなくて、たまたま股を抜けた、相手の足に当たったボールがたまたま自分の足に当たって抜けた、みたいなほとんど運のいいドリブルでした。クロスを左足でうまくファーサイドに流し込んだアセンシオの技術はさすがの素晴らしさでしたけど。

しかもロナウド完全復活の4点目が決まったかと思ったら85分に1点差に詰め寄られ、ホアキンのFKなどヒヤヒヤした場面もありましたが、最後の最後で入れたベンゼマがこれまた復活ののろしになるかもしれないファインゴール。あれも運ですよね。だって相手のバックパスがミスになってベンゼマの足元に転がってきたのが起点ですから。

結果的にモドリッチを完全に休ませることができ、マルセロの怪我とやる気のないベイルだけが心配ですが、何だかんだで次のレガネス戦に勝てば3位浮上。もう優勝はないとはいえ、いい感じに状態が上がってきている印象。

ハーフタイムで誰も交代させなかったのは、「俺は先発させたおまえたちを信じているよ」というメッセージだったんでしょうか? それで簡単に逆転? うーん、やはりジダンは「もっている」としか言いようがありません。


第23節 レアル5-2ソシエダ(ロナウドが心配)

real_getty-1-560x373


CLパリ・サンジェルマン戦を控え、若干メンバーを入れ替えて臨んだソシエダ戦で圧巻のゴールショーを見せてくれたので、とりあえずは安心しました。

攻撃の素晴らしさは言うに及ばずなので省略します。
相変わらず守備の甘さが見えるというのも、前半で4-0だったらいつもこのチームは油断して失点するからそれについても何も言う気はありません。

むしろ攻撃の問題点を指摘したい。

ベンゼマがまた外しまくってましたが、彼については別に思うところはありません。最後のはいくら何でも決めてほしいと思ったけれど、結構ベイルのクロスが強いうえに足元深く入ってしかもバウンドしてたからしょうがないと言えばしょうがない。前半ポストに当てたのだってシュートコースほとんどなかったでしょ。もうちょっと貪欲になってほしいと、技術的なことより精神面は心配ですが。ライバルがいないからでしょう。

それよりも私はハットトリックのクリスティアーノ・ロナウドの不調ぶりが心配なのです。

今日決めた3点のうち、コーナーからのヘディングはなかなか難しいシュートだったと思いますが、あとの2点は彼でなくとも決められる簡単な得点でしたよね。

それより、2回のビッグチャンスを外したことのほうが気になるんですよ。

前半のモドリッチからの素晴らしいスルーパスを受けた場面。
あそこで絶好調の彼なら決めてますよね。少なくともシュート打ってますよね。でも打てず、キーパーを交わしてパスを出そうとして失敗。

もうひとつは、後半のクロースのフリーキックがドンピシャ合ったのに外してしまった。あれを外す? ロナウドが? ありえない。

今季初のハットトリックということで長いトンネルからようやく抜け出ようとしている感じではありますが、まだまだ彼は好調と言うには程遠いレベルだと思います。

あとパリ戦の懸念事項は右サイドバックですね。
ナチョを使ってくれると信じていますが、ジダンは結構アクラフを買っているようなので心配です。ナチョ君は今季大活躍だし、昨季だって縁の下の力持ちとして陰のMVPでしたから絶対ナチョを使ってほしい。

ジダンお願い。パリに勝って!!!


第21節 バレンシア1-4レアル(まるで鵺のような)

何だかよくわかりません。

バレンシアのホーム、メスタージャの乗り込んだ昨日の試合。レアル・マドリードは快勝しましたが、どうにも妙です。


554c9147


私は惨敗してジダンが解任されるとばかり思ってたんですよ。

だって、直近の試合、国王杯の準々決勝レガネス戦で、ローテーションを採用するという愚を犯してホームで逆転負けを喫したじゃないですか。

当然のようにジダンの解任論も浮上しました。私はすぐにでもクビにすべきだと主張しましたが、フロレンティーノ・ペレスはもうちょっと我慢することにしたようですが、これだけ周囲の雑音がうるさい状況で相手がバレンシア、しかもアウェーということを考えると惨敗するんじゃなかろうか。これを機にペレスも解任ということを本気で考えるんじゃないかと。

それが蓋を開けてみると、開始早々から前から激しくプレッシングに行くなど完全にレアルが支配してしまいました。モドリッチとクロースの両インサイドハーフが絶好調で中盤を制していましたね。失点の前後15分くらいはバレンシアでしたが、それ以外は文句のつけようのない完勝。

レガネス戦はダイジェストしか見てないし、一番よくないと思ったのはジダンのローテーションだと思ったのでチームがどういう連係状態だったか知りませんが、メンバーがだいぶ入れ替わったとはいえ、また、パスの出し手と受け手の息が合ってない場面が多く見られるとはいえ、それでも見ていて楽しいサッカーを披露してくれました。

しかも、モドリッチなどが、

「ジダンの手腕を疑うなど笑止千万」

みたいなコメントを出していて、ジダンの采配に選手から非難の声が上がっているのかと思いきや、逆に解任論が浮上したために一枚岩になっている印象さえあり、ずっと応援しているチームなのにものすごく不思議な印象。これだけのサッカーを見せてくれたのならパリ・サンジェルマンも恐るるに足らず! と思えるのはいいじゃないかと思う一方で、何となく解せないというか、怒りを感じさせられたりスペクタクルに興奮したり、このチームはいったいどっちの顔が本当なんだろう、とまるで鵺を見るような気分なわけです。

確かなのは、ベンゼマがいないとクリスティアーノ・ロナウドはやはり生きてこないということと、BBCの復活によってイスコは完全に控えに回されるだろうな、ということですね。もしベイルが怪我したらアセンシオを右ウイングとして使えば問題なし。そしてケイロル・ナバスはやはり一流のキーパーだということ。

それにしても、国王杯ではローテーションを採用することはできても、リーガとCLの場合はなかなかできないでしょう。そのほうがいいのか?

あと残されたタイトルはCLのみ。ここでジダンの首が繋がったのは是か非か。答えは2月14日(日本時間の15日早朝)までわかりませんね。

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。