ラブストーリー

2020年05月21日

2016年にスマッシュヒットを飛ばした『逃げるは恥だが役に立つ』の「ムズキュン! 特別編」の放送が始まりました。

私は16年の初放送時は見逃してしまい、翌年のCS放送で見たんですが、なかなか斬新な切り口で面白かった。でも最後のほうは違和感も感じたんですよね。それをうまく言葉にできないまま3年近くたとうとしていますが、今回の「ムズキュン!」で違和感の正体をつかみたい、あるいは初見のときより楽しみたいと思って再見してみました。


『逃げ恥』の経済学
nigehaji03
(かわいいけど色気がないんだよな、この子は)

『「逃げ恥」にみる結婚の経済学』なんて本が出てるっていま初めて知りました。

劇中でも「主婦の家事労働は年収換算で304万円」と言ってましたが、私が言及したいこのドラマの「経済学」はそういうところにはありません。

労働を金銭に換算し、それを対価として払う。

まったく問題のないように思いますが、私はそれではダメだと思う。『逃げ恥』の第2話以降でどのような経済学が描かれるかあまり憶えていないんですが、少なくとも第1話では「原初の経済」が描かれていたのが興味深かった。

初見のときは気づきませんでしたが、あの二人は「沈黙交易」をやってますよね?


沈黙交易(贈与と返礼)
沈黙交易とは、言葉を交わさずに物々交換を行う人類黎明期の貿易です。

まず、ある部族が自分たちが作った作物で余りものが出ると、それを他の部族との境界線にそっと置いておく。他の部族がそれを気に入るともって帰り、お返しに自分たちの余りものを置いておく。

経済活動というと「まず需要があって、それを満たすための供給が始まる」と思いがちですが、事態はまったく逆です。まず供給するんです。贈与ですね。それに対して返礼が行われ、その返礼に対する返礼(新たな贈与)が行われ……

需要があるから供給が生まれるのではなく、供給するから需要が生まれる。

『逃げ恥』の物語を大きく駆動するのはガッキーの契約結婚の提案(供給)ですよね。それによって「結婚なんて一生縁のないこと」と思っていた星野源に初めて結婚の「需要」が生まれる。

あくまでも供給が先で需要は後。それが経済活動のあるべき姿です。(星野源だって「いつか俺だって結婚したい」と内心は思っていたはずですが、その無意識の欲求を顕現してくれたのはガッキーの思わず出た「じゃあ結婚しませんか⁉」だったはず)

主婦の家事労働が金銭に換算するといくらだ、という言説は、まず「夫に家事労働をしてほしい」という需要があって、それに対して妻が供給する。その供給に対して給料を支払え、と言っているわけですね。

でも、『逃げ恥』で描かれる家事労働と金銭の授受はそれとはちょっと違いますよね。ちょっとだけど大きな違い。


『逃げ恥』における「贈与と返礼」
nigehaji4

この二人は最初は星野源の「家事労働を外注したい」という需要に対してガッキーが労働力を供給したのでは?

と思う人もいるでしょう。私は違うと思う。

最初の出会いで、星野源は給料を前払いしますよね。「気に入らなかったらそれっきり会わないでいいから」と、この男らしいことを言いますが、この記事の論旨に照らし合わせると、星野源はまず前払いという形で「供給」をしているわけです。「贈与」です。

ガッキーはそれに対して一生懸命家事労働に精を出す。気に入ってもらえなかったらまた職探しせねばならない。何とかしてここの仕事を得る! という「需要」が発生しています。

この二人の間の経済活動は沈黙交易と同じように、まず星野源の供給があり、新垣結衣の需要という形で始まります。そしてその需要は「次からもよろしくお願いします」という事実上の採用メールによって満たされる。

そして、ここからが大事なんですが、ガッキーは「いつもひとつだけよけいな仕事をしている」と言いますね。

最たる例が「網戸を洗う」。そんなのは契約にない。契約にない労働力を今度はガッキーのほうが「供給」する。

土曜の朝に窓を開けたらいつもより明るかった。なぜだろうと思ったら網戸がきれいになっている。

と星野源は感激します。

彼は、おそらくガッキーの「よけいな仕事」に感動したから契約結婚という普通なら尻込みしてしまいそうな提案を受け入れたのでしょう。

そりゃ、劇中で星野源はいろんな試算結果を提示して「合理的に判断して」ガッキーの提案を受け入れたと言いますが、私は合理的なだけではあの契約結婚は成立しなかったと思う。

ガッキーの「無償の供給」に感動したから、という動機がなかったらこの作品はただの「計算ドラマ」になってしまいます。そんなものが面白いわけがない。


「必要がないものをわざわざ買う?」(大谷亮平)
f_09744942

大谷亮平と石田ゆり子が初めてニアミスする場面で、彼は結婚を望む彼女に対し、「じゃあ君はさ、必要がないものをわざわざ買う?」という一言できっぱり別れますが、非常に貧しい考え方と言えるでしょう。

もう20年以上前、『ニュースステーション』で司会の久米宏が黒柳徹子など大物文化人を招いてトークを繰り広げる「最後の晩餐」というコーナーがありました。

脚本家の倉本聰が招かれたとき、

「もちろん、与えられることはうれしいし、ありがたいんだけど、他者のために与えるということがないと人間は生きていけないんじゃないか」

と言っていたのが印象的でした。

この『逃げ恥』が描く経済学は、決して必要なものを買って必要じゃないものは買わないとか、提供された労働力を金銭に換算するとかいう無味乾燥なものではなく、まず贈与があり、返礼をする、その返礼に対してまた返礼をして……という、人が人として生きていくための、ごくごく当たり前の「常識」だと思うんですよね。

それを契約結婚という非常識な形で提示したのが斬新だったんじゃないか。

いや、そもそも契約結婚って非常識なんだろうか。結婚という制度そのものを疑おうよ、というメッセージもあったのかもしれませんが、それは来週以降に置いておきましょう。



逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX
石田ゆり子
TCエンタテインメント
2017-03-29





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月26日

関西では先週から始まった『初めて恋をした日に読む話』の再放送。今日は第4話、第5話でした。

前回、第3話までの感想は↓こちら↓
感想①神話的世界観がすべてを救う


279b9560af791dfda4ecea476b7071b3-e1546963474830

檀ふみと鶴見慎吾が出てこない
さて、前回の記事では、深田恭子がヒーロー(問題を解決する者)でもあり、同時にアンチヒーロー(問題を誘発する者)でもある構造がこのドラマの要諦だみたいなことを書きました。

が、この構造をもっと深めるとか、この構造を礎に大きな展開を目指すとか、そういう凡百な手を作者である吉澤智子さんは取りません。これはすごいことです。

何しろ、この作品を神話として見た場合、最も大事なのは深田恭子から青春を奪った檀ふみですよね。そして、いま深田恭子が横浜流星を東大に合格させることで新たな檀ふみになってしまうかもしれない。そんな危うさを秘めたところが面白かったのですが、今回、その檀ふみはほとんど出てきません。横浜流星にとっての敵役である父親の鶴見辰吾も出てきません。

横浜流星の鶴見辰吾を見返してやりたいという気持ちが物語を駆動していたはずなのに、これはどういうことでしょう?


「塾講師」というコード
私の恩師である脚本家の村井さだゆきさんは、記号学をシナリオ作法にもちこんだ稀有な方で、「コード」という考え方で人物を造形し、人物関係を構築していくという手法を教えられました。

アニメ『赤毛のアン』の第1話で、アンが駅で待っているとおじいさんが迎えに来る。でも男の子だと思っているからアンが目に入らない。アンのほうは迎えが来ないから不安になる。そのとき確か駅長に相談するんですよね。すると駅長は「わしゃ知らんよ」というすげない態度で引っ込んでしまう。

「こういう描写が初心者にはできない」

と村井さんは厳しくおっしゃいました。

初心者はとかく脇役をすべて主人公にとって都合のいい人物に描きがち。駅長には駅長というコードがあって、つまり駅長としての職務をまっとうしなくてはいけない。一人の見知らぬ女の子の世話など職務を遂行するうえで邪魔でしかない。だから駅長がアンを手助けしてやるという描写をするのは間違い。すげない態度をとるのが正しい作法だと。

さて、今回の『はじ恋』では、

c338747f6decad1c4a2ec79836c6ddbb (1)

こんなことになったり、


yYbPHCU0wqs09icsjipq-XRnJk0s_sCxiyG-0cMxHEA

こんなことにもなりましたが、深田恭子はまったく相手の気持ちに気づかない。

それを、

「現代文に解答者の主観的な感想などいらない。作者の意図だけを汲むのが大事」

と教えながら、相手の気持ちをまったく汲めていない主人公の可笑しみと哀しみが描出されるところが非常にドラマティックですが、私はそこよりも、深田恭子の「塾講師」としてのコードの描出を徹底したところに注目しました。


c338747f6decad1c4a2ec79836c6ddbb (1)

こんなことになっても「塾講師だから生徒と変な関係になってはいけない」と相手の気持ちを汲むことをおそらく無意識に封じ込め、自分の「青春を取り戻したい」という強い欲求さえ封じ込めてしまう。

挙げ句の果てには、横浜流星が「勉強して大人になったら、先生みたいな大人になりたい」と言われると、さすがに気づくのかと思ったら「塾講師になりたいの?」

爆笑。4話5話は徹底して深田恭子を塾講師というコードの奴隷として戯画化することに腐心していたのが素晴らしい。

3話までで強固な世界観を築いておきながら、次はあえてそこを外して主人公の天然ボケぶりを徹底して描く。こういうのはなかなかできないことです。2時間の映画ではなく連続10話のテレビドラマだからこそできる芸当でしょうか。


「青春」とは何か
4話では塾の強化合宿が描かれましたが、最初に横浜流星を見下す嫌味な連中が出てきました。深田恭子先生は彼らにこんなことを言います。

「一生懸命勉強して、頑張って、頑張って、それで人を見下す人間になってしまったらいったい何のために勉強してきたのってなっちゃう」

深田恭子は「負け犬」という設定だけれど、それでも東大を受験できるほどの秀才ではあったわけで、彼らのようになってもおかしくない素地はあったはず。でもそうはなっていない。教え子の喜びを自分のことのように喜び、彼の悲しみを自分のことのように悲しむことができる。

偏差値で争う場合、自分の偏差値を上げるのもひとつの手ですが、他人の偏差値を下げても同じように自分の成績は上がる。でも、おそらく彼女は友人の偏差値が上がっても一緒に喜ぶような高校生だったんでしょうね。

横浜流星はだから「あんたみたいな大人になりたい」と言ったんでしょうが、ここで大きな問題が出てきました。

深田恭子は横浜流星の学力を上げて東大合格を勝ち取ることが最終目標です。が、その達成のために彼の青春を奪って母親・檀ふみと同じになってしまう可能性を秘めていた。

でも、いまや彼女は学力向上をもたらしただけでなく、人として成長させることにも成功した。横浜流星には彼女が考えるようなきらびやかな青春はない。でも、ある人との出逢いによってそれまでとは違うまっとうな人間になれたなら、なれる可能性を勝ち取れたなら、きらびやかな青春なんかなくてもいいんじゃないかという気もする。

いや、そういうまっとうな人との出逢いこそが「青春」なんじゃないか。

このドラマはそういうことを言おうとしているのか、どうか。


本当の「ヒーロー」?
3話までが神話的世界観の構築。4話5話で主人公を縛るコードの描出。ということは、後半は、逆に横浜流星が深田恭子のコードを解いてやるという転回になるのか。ならば深田恭子がヒーローなのではなく、横浜流星が本当のヒーローなのか。

おそらく来週の6話がミッドポイント。楽しみです。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年04月20日

昨年の1月~3月クールに放送された深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』が再放送されたので見てみました。まずは昨日放送された1話から3話。

深田恭子は好きだけれど、作品にハズレが多い印象が強く、去年は乗り気になれずに最初から見ずじまいでしたが、コロナのおかげというべきか再放送されたのでせっかくだから見てみようと思った次第。


279b9560af791dfda4ecea476b7071b3-e1546963474830


致命的な欠陥
で、やっぱり深田恭子はハズレが多いと思いました。

だって、恋多き女と誉れ高き彼女が30代でまだ恋愛経験がない役とか説得力なさすぎでしょ?

それに、2話からは横浜流星に個別指導で授業するシーンがありましたが、1話では皆無でしたから、生瀬勝久塾長が「あなたの授業には熱くたぎるものがない」みたいなことを言う場面でも、見ているこちらは深田恭子の授業風景を見たことがないのでどう思っていいのかわからない。

塾講師の話なのに授業シーンがないのは致命的ではないかしらん。2話3話では授業シーンがあるとはいえ、少しも「これなら東大に合格できるかも」というような代物ではなく、中村倫也の学校での授業には面白味があったとはいえ、それまで授業の面白さが皆無だったからという相対的な理由によるものでしかありませんでした。

なぁんてことを思いながら、結局3話まで一気見しました。そして来週の4話5話も録画予約しました。

致命的な瑕疵があると思いながら最後まで見ると思えたのは、ひとえに神話的世界観が物語を根底から支えているからでしょう。


はじこいの「神話」
神話とはつまるところ、このブログで再三再四言ってきていますが、英雄の旅=ヒーローズ・ジャーニーのことです。

そして英雄とは何か。端的にいえば「問題を解決する者」のこと。もちろんのこと、横浜流星を東大に入れるべく奮闘する深田恭子がそれにあたります。

じゃあ『はじこい』における問題とは何か。


yzAFWePLK2Q5VgWU0Sl7XEj9NNhWWftqY0g6bxN9Klc

やはりそれは、深田恭子が「きらめくような青春を檀ふみ演じる母親から奪われた」ということでしょう。

そうです。このドラマは「喪失プロット」で成り立っています。(喪失プロットが何かについてはこちらの記事を参照してください⇒「過剰プロットと喪失プロット①ハイ・コンセプトとは何か

喪失プロットとはいっても、深田恭子が自分自身の失われた青春を取り戻すのではありません。

確かに、深田恭子は幼馴染の永山絢斗や同級生の中村倫也から好かれている。横浜流星もはっきり「あいつのことが好きだ」という。遅れてやってきたモテキ到来ですが、失われた年月はもう取り戻せません。

彼女の主要アクション(問題を解決に導く行動)は、あくまでも横浜流星の「親父を見返してやりたい」という気持ちを成就させてやろうとすることです。

ここがこの『はじこい』の勘所ですね。

深田恭子が横浜流星の「東大に入って親父を見返す」という夢を成就させてやれば、彼の青春を失わせることになる。

檀ふみが深田恭子の青春を奪ったように、今度は深田恭子が横浜流星の青春を奪ってしまうことになる。


EV8XMP4U0AEziqY

つまり、ヒーローの主要アクションが同時に誘引アクション(問題を引き起こす行動)と完全に一致しているのです。

ヒーローがヒーローたらんとすればするほどアンチヒーローへと堕落していく可能性が高まる。

ヒーロー=アンチヒーロー

これこそドラマ作りの要諦である「葛藤」というやつですね。

この構造に気づいたとき、私は「最後まで見る!」と固く誓ったのでした。

まだ3話なのでとりあえずここまで。来週が楽しみです。


続きの記事
②本当の「青春」とは何か







  • このエントリーをはてなブックマークに追加