ラブストーリー

2019年09月15日

1996年に製作されてから今日まで新たなファンを獲得し続ける、鬼才デビッド・クローネンバーグ監督による変態映画の決定版『クラッシュ』。めちゃんこ久しぶりに再見して、またぞろ悶絶してしまいました。


crash2

変態じゃない奴が変態である!
私はかねてから「変態じゃない奴が変態である」と唱えています。どういうことかというと、昔懐かしい岸田理論(『ものぐさ精神分析』)によると「人間は本能が壊れた動物」だから、人間の本性は変態だということ。変態こそ人間の真の姿であって「俺は/私は変態じゃない」とのたまう奴こそが真の変態だという逆説。

実は、かつてこの映画を(まだVHSの頃)親父と一緒に見たことがあって、「あー、少しも理解できない。この変態どもはいったいなんだ⁉」と言っていて、そうなんですよ、あなたみたいな人が本当の変態なんですよ、と声に出さずに言ったものです。

私のあばら骨のあたりはかなり皮膚が固くなって色が変わってるんですが、それは、そのあたりを爪でひっかくと肘にピピピと電気が走って得も言われぬ快感があるからなんです。ひっかきすぎて皮膚が固くなってしまったんですね。


crash1

そのピピピという電気はやや痛みに近いものなので、この映画の痛みに快感を覚えるというのはわかる気がするんです。いや、わからない奴こそが変態なのだ!

「そこだけ何で色変わってるんですか? え、マジで⁉ ウッソー! 信じられない。いったいどこまで変態なんですか!」

などと懇切丁寧に説明した挙げ句、嫌がられます。そういう人間にかぎって「自分は変態じゃない」ときっぱり言えるらしい。そういう人間にこの『クラッシュ』の目くるめく陶酔は永久にわからない。

だからこそ私は主張してるんですよ。「変態じゃない奴こそが変態なんだ」と。

変態人間を差別する真の変態人間も嫌いだし、変態映画を毛嫌いする人間も嫌い。そういう人間たちとの闘争が私の人生そのものと言っても過言じゃない。

しかし、事態はそう単純でもないのです。


同じ変態を描いても……
crash3

この『クラッシュ』はピーター・サシツキーの光と影を巧みに捉えた美しい映像も相俟って「芸術映画」という括りをされています。しかもジェームズ・スペイダー(まだこの頃はイケメンですね)、デボラ・カーラ・アンガー、ロザンナ・アークエット、イライアス・コーティーズなどの一癖も二癖もある役者に真面目で思わせぶりな芝居をさせているので、何だかものすごい高尚な映画の衣をまとっています。変態性欲を真面目に描くとその筋からは「芸術」というお墨つきを得られる。

だから『クラッシュ』はまだいいほうなんです。

例えば、連続殺人鬼を描いた映画なら『サイコ』とか『ヘンリー』とかは「これぞ映画芸術の粋だ!」みたいな言われ方をするのに、同じ連続殺人鬼でもジョン・ウォーターズ老師の『シリアル・ママ』みたいにコメディにしちゃうと途端に総スカンを食らっちゃう。

あの映画、私は最初から最後まで笑いどおしだったので4回も見に行ってしまいました。で、母親からオススメ映画を教えてくれと言われたので薦めたんですよ。そしたら帰ってきた母親は「あんなのをどうして薦めるの!」とものすごいお冠。「万人向けだと思ったんだけど」「あんたみたいな若者にはいいんでしょうけど、私らみたいな50代のオバサンには理解できない」と。

私は「歳の問題ではない」と思った。実際、つい最近60代の人に薦めたけど面白がってましたもん。

結局は「変態じゃない奴が変態である」というまっとうな人間精神をもった人間なら楽しめるんですよ。いくら若くても「自分は変態じゃない」と凝り固まってる人間には永久にわからない。


一番難しい人たち
しかし世の中には『クラッシュ』も『シリアル・ママ』も楽しめるけど「自分だけは変態じゃない」と豪語する輩もいて、うーん、そういう人間が一番難しいんですよね。フィクションの変態は認めるけどリアルな変態は認めない、みたいな。

変態映画をともに楽しんで「同志」だとばかり思っていたら「自分だけは変態じゃない」と言い出す。

あれよりひどい裏切り行為はこの世にない。


関連記事
『スキャナーズ』(顔と芝居に賭けたクローネンバーグ)







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年08月25日

遠藤憲一さんの主演最新作『それぞれの断崖』。昨日で全8話のうちの4話、ちょうど半分の折り返し地点だったわけですが、ちょいと違和感を覚えました。(以下ネタバレあります)


sorezoreno2

何と、主人公が加害者の母親と恋に落ちてしまう! そのような物語とは少しも知らなかった私は仰天しました。原作は結構有名らしく、2000年にもドラマ化されてるそうなので視聴者の中では知ってる人のほうが多いんでしょうか。シナリオは洞澤美恵子という方。


もったいない構成
しかしながら、この展開であるなら、息子が殺されるとか、犯人は少年法で守られるとか、そういうのはメインプロットの前段でしかないわけで、ちょうど真ん中のいわゆるミッドポイントに二人が恋に落ちる場面をもってくるのはもったいないと思いました。

だって、殺人犯が少年法で守られて被害者遺族は少しも守られないどころかマスコミと世間の好奇の目に晒され、娘の縁談は破談になり、父親は窓際に追いやられる、というのは、犯人が14歳未満の人間なら通常こうなるという展開ですよね。人権派を気取る弁護士などもありきたりな感じ。2000年の時点でもやや古かったような気がしないでもないですが、酒鬼薔薇事件から22年もたった今日、少年犯罪が起こればドラマと同じく「なぜ加害者の少年は守られるのか」「なぜ被害者が苦しまねばならないのか」という展開になるのは必至でしょう。でも、だからといってそれをそのまま見せるのは私は違うような気がする。

遠藤憲一さんの大ファンで尊敬しているので前回までの決まりきった展開を乗り切れましたが「何だ、ありきたいな少年犯罪モノじゃないか」と思って見るのをやめてしまった視聴者も少なからず存在するはずです。少なくとも私は主演が遠藤憲一さんじゃなかったら見るのをやめていました。


恋に落ちたところから始める
近代劇の祖、イプセンは、それまでの芝居の第5幕から始めたと言われています。充分ドラマが煮えたぎったところから始めて、第4幕までの情報を第5幕の中にぶち込むわけです。

sorezoreno1

私はこの二人が恋に落ちたところから始めたらよかったんじゃないかと思います。妻や娘はいったい何を考えているのかと激昂する(来週がこの展開ですね)、視聴者は最初なぜ責められるのかわからない。そのうち、息子が殺された、加害者は少年、その少年の母親と恋に落ちているという情報が明らかになる。えー、ウッソー! というふうに引っ張っていけば、ありきたりな少年犯罪モノにならず、同時に被害者遺族と加害者家族の恋愛というメインプロットも面白く見れたように思います。

ただ、これはあくまでも途中までしか見てない人間の感じたことで、もしかすると、結末まで見たらこの構成で納得するのかもしれません。ただ、前回までに失われた視聴者がもったいない。

とはいえ、仮にこの構成でいいとしても、ちょっとだけ昨日の肉体関係まで行く展開は唐突だったかな、とは思いましたね。

左遷された、妻は実家へ帰った、友人が自殺した、いろいろあったうえで、加害者の母親も自分と同じようにのたうち回って苦しんでいる、だから……というのは理屈ではわからなくはないんですが、腹に落ちてこないんです。

次回は妻や娘からものすごい攻撃を受けるようで、攻めの芝居も受けの芝居もうますぎる遠藤憲一さん、楽しみです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年07月02日

山田太一さんの1981年作品『沿線地図』がBSトゥエルビで再放送。楽しみにしていました。
どんな内容か知らなかったので驚きました。まるで自分のことが描かれているみたいだったので。


title-752

真行寺君枝が電車で本ばかり読んでいる主役の広岡瞬に声をかけ、「あなたを探しに学園祭も行った」みたいなことを言う場面では、普通の恋愛ドラマなのかなと思いましたが、じゃあ岸恵子とか児玉清とかはどう絡んでくるのだろう? と思っていたら『早春スケッチブック』みたいな感じの内容だったんですね。

あの傑作では「おまえらは骨の髄までありきたりだ!」と吠える山崎努が主人公とその家族を変えていき、それがフィードバックして山崎努自身が大変化するのが主眼でしたが、この『沿線地図』では、普通に勉強すれば東大合格が約束されている広岡瞬に真行寺君枝が疑問を投げかけ、予告によると第3話では二人は失踪するようです。


私も一流と言われる大学を目指していましたが、やめました。広岡瞬も受験をやめるのかどうかは知りませんが、やめようかと思うきっかけがえらく似ているので驚きました。

さすがに父親の部下が家に訪ねてきて会社を辞めたいと相談し、説き伏せられて銀行を辞めたらいい大学に入ったことがすべてパーになる、ということで辞めるのをやめるなんてことはありませんでしたけど、部下の風間杜夫に父親の児玉清が言い聞かせる場面は似たようなものがありましたね。

あれは高3の夏休み。ちょうとお盆の頃、アホみたいに勉強してましたが、祖母の月命日でお経をあげに来た坊主と、翌年大学を卒業する次兄が話をしているのを横で聞いていました。二人は大学がどうのこうの、彼はどこを目指してるの、ほぉそりゃすごいね、みたいなことばかり言っている。それを聞いたとき「もうやめよう」と思いました。

それには伏線があって、夏休みに入る直前にも「やめよう」と思ったことがあったのです。何がきっかけか忘れましたが、親父からえらく叱られたので「やめよう」と。親父はえらく私に期待していたので、その期待に反することをしてやろうという、まぁいまから思えばかなり甘ったれた考えが原因でした。

しかし風間杜夫のように、大学に行くことと行かないことを天秤にかけた結果、やっぱり行く、ということにしました。が、坊主と次兄の会話を聞いて本当にやめることにしました。別に児玉清みたいに「どの大学に入るかでその後の人生の半分が決まる」なんてことを言われたわけではない。あの会話の何がいやだったのか、いまでもはっきりとはわかりませんが、児玉清と同じく「大学の名前で人生が決まる」という匂いを感じてしまったような気がします。

あの日の午後からまったく勉強しなくなったので、夏休み後半の夏期講習では勉強しているふりをするのが大変でした。行くのをやめると友だちからいろいろ言われるだろうから行ってたんですがね、もう受験への情熱を失っていたので、そういう情熱しかもっていない連中と一緒に授業を受けて、しかも頑張っているふりをするのは憂鬱でした。

結局、何だかんだの末に私は2学期に入ってから登校拒否をしました。あと体育を一時間落とせば卒業は無理というところまで。『沿線地図』で主人公が失踪するのと同じですね。

まるで自画像のような、というのはそういうことです。

来週はプロ野球のため放送がないのが残念ですが、2週間後の3話4話に期待が高まります。


続きの記事
②両親たちのウロウロ
③父親の落とし穴
④脚本家の苦心
⑤前面に出てきた笠智衆
⑥口紅はいらない
⑦仰天の笠智衆!
⑧喉に突き刺さる自殺の理由

関連記事
『早春スケッチブック』(慙愧の念に耐えられない)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加