聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ヤクザ映画

『孤狼の血』(役所公司のマル暴哲学がよくわからない)

main_hon

ついに見てきました、『孤狼の血』。
白石和彌監督では一昨年の『日本で一番悪い奴ら』をワーストに選んだので、嫌気がさして去年の『彼女がその名を知らない鳥たち』は未見。ただ、ロマンポルノリブートの『牝猫たち』がなかなかよかったし、久しぶりに生きのいい役所広司が見られそうだと楽しみにしていました。

実際、楽しかったですよ。ある程度までは。


役所広司のいいセリフ
hqdefault

終盤、役所広司が松坂桃李に語る言葉がいいですね。

「わしら、綱渡りの曲芸師じゃ。じゃからの、警察側に落ちてもヤクザ側に落ちても死んでまう。死にとぉなかったら歩き続けるしかないんじゃ」

マル暴刑事の哀しい現実を如実に表していて秀逸。この直後、松坂桃李に両腕を突き出し、
「わしを逮捕して県警に突き出すか?」
というのは、半分冗談でしょうが、半分は本気だったんでしょう。「ここで捕まえてくれたら死なんですむ」あの両腕での拝み方はどっちとも取れる絶妙な味があってとてもよかった。

それから、放火、家宅侵入、暴行、でっち上げ、取り調べの女に○○させるとか、何でもやりたい放題の役所広司が中盤にとても大事なことを言いますよね。

「わしらの仕事はヤクザを生かさず殺さず、飼い殺しにすることとちゃうんか。ヤクザがスーツ着てネクタイ締めて堅気の連中にまぎれて地下に埋もれたらどないするの」

暴対法が準備されていた1988年(実質的には昭和最後の年)という時代背景がよく出ていますね。

ヤクザにはやりたい放題の彼も、監察官として自分のスパイをしていた松坂桃李には暴行もしないし恨み言も言わない。まぁ最初からわかっていたというオチがつくんですが(しかしあの阿部純子という女優さんはとても魅力的)14年前の殺しの疑いがかかっているからにはスパイもつくのが当然だろうという毅然とした態度には惚れ惚れしました。で、このあと、両腕を突き出して「逮捕するか?」のシーンになるわけですが……


役所広司の刑事哲学とは?
上記のような感じでヤクザに対しているのはよくわかります。しかし、あの呉原という街には三つのヤクザ組織がありましたよね。

尾谷組
加古村組
五十子組

五十子組の後ろ盾があって加古村組がのし上がってくる。役所広司は尾谷組に肩入れしてやりたい放題の捜査をやるんですが、これって「綱渡り」になってないじゃないですか。確かに警察かヤクザかという二元論には堕ちてないけれども、ヤクザの中だけにかぎれば完全に片一方に肩入れしてますよね。彼はヤクザみたいではあるけど、あくまでも「刑事」なのに。

「ヤクザは生かさず殺さず飼い殺しにする」のであれば、どちらかに肩入れしちゃだめでしょう。14年前の真木よう子の殺人を内々に処理したというのが動機? でも、それなら、それを盾に尾谷組のいろんな弱みを握れますよね。実際、真木よう子を使って警察上層部の弱みを握っていたわけですから。

ヤクザの中では、尾谷組の味方なのか、それとも加古村組の味方なのか、まったくわからない。
警察内部でも、県警上層部の敵なのか、それとも味方なのか。所轄の刑事たちだけは仲間かと思っていたら違うのかも……とか、真木よう子にすら「あの人、もしかしたら敵かも」と思わせるぐらいの。
警察にとってもヤクザにとっても「いったいあいつは誰の味方なんだ?」と疑心暗鬼にさせる、まるで鵺のようなつかみどころのない役柄でないと「孤狼」とは言えないと思う。


松坂桃李までトチ狂ってしまう
20180520-00085304-roupeiro-000-7-view

役所広司が殺されたあと、松坂桃李が何とかしてくれるのかと思ったら、彼はまだ若いからなのか、役所広司以上におかしいことをしでかしてしまいます。

あろうことか、五十子組の組長にして呉原の長老役・石橋蓮司を殺すよう尾谷組の若頭・江口洋介に手引きしておきながら、身代わり出頭しようとした若い衆を差し置いて江口洋介を逮捕してしまう。

あんなことしたら松坂桃李も殺されるだろうし、もう警察とヤクザが完全に決裂してしまって永久に全面戦争が終わらないことになってしまうじゃないですか。数年後に暴対法が施行されるからいいってことですか? まさか!
問題がありながらもそれまでは何とか役者陣の好演もあって楽しんで見ていたのに、江口洋介を逮捕した瞬間は笑ってしまいました。いくら何でもそれはないでしょう。

役所広司の遺志を継ぐのであれば、身代わり出頭とわかっていても普通に若い衆を逮捕して、江口洋介に恩を売っておけば後々の役に立つのに。

最後の、役所広司のライターでタバコに火をつけるというのは、『CURE/キュア』へのオマージュってやつなんですかね。





『龍三と七人の子分たち』(昭和と平成の対決!)

北野武監督最新作『龍三と七人の子分たち』がやたらめったら面白かったです。

803484fb


この映画はやはり「世代間抗争」ですよね。悪い奴らが悪い奴らを懲らしめるわけだから勧善懲悪ではないし、昔気質のヤクザがいま自分がヤクザだという自覚もなしに弱い者いじめしている新興ヤクザを懲らしめる。

昔はよかった、なんてよく言いますし私自身もそう思いますけど、北野監督はもっとそういう思いが強いんじゃないでしょうか。

この映画に出てくる悪役たち(しかし主人公も悪人のはずですが、さて「悪」とは何でしょうか)の悪辣さは自分たちが悪人だと自覚してないところにあります。

ryuzo7_yasudaken_large

ま、龍三たちにも自覚がないと言えばないんですけどね。「俺は殺しが5つで傷害が2つで~」とか気楽に言い合う場面では、およそ自分たちが悪いことをしたという自覚などないように見えます。

しかしながら、彼らは同じヤクザを殺してたんですよね。堅気の人間を傷つけたわけではなかった。ところが、新興ヤクザどもは拳銃はもってるわ、平気で人殺すわ、弱い者たちから金巻き上げるわ、まさにやりたい放題。なのに、「俺たちはヤクザじゃない。ちゃんとした堅気の会社です」と堂々と言えてしまう面の皮の厚さがどこまでも憎々しい。

結局、この映画は、かつての東映任侠映画と同じ構図なんですよね。「義理だの人情だのそんなものは過去の遺物だ」とばかりにやりたい放題する同業者を鶴田浩二や高倉健がぶった斬る!!! 愉快痛快。

だから、この映画は勧善懲悪ではないなんて言いましたけど、やっぱり勧善懲悪なんですね。その「善」なる者もまた悪人にすぎないというところが肝でして。クリント・イーストウッドの『許されざる者』も同じでしょう。己を許されざる者だと自覚しているイーストウッドと、自覚せずに正義の執行者と自認しているジーン・ハックマンの対決。悪が悪を成敗する。そこにはかつての東映任侠映画と同様、徒労と虚しさしか残りません。

しかし、この『龍三と七人の子分たち』は同じ図式で同じことを語りながら、それを喜劇として提示したところが素晴らしいと思います。

ラスト、新興ヤクザどもをやっつけた組長・藤竜也に若頭・近藤正臣が「次は俺が組長だな」と言うと、「バカ野郎、出てくるころにはみんな死んでるよ!」という愉快痛快なセリフが実に新しい。笑いですべてを締めくくりながら、映画館が明るくなり帰途につくころには、「嗚呼、あの素敵な人たちはもうすぐ死ぬんでしまうんだ。弱い者から金を巻き上げる悪人どもを懲らしめてくれる人たちがいなくなるんだ」という妙な哀しさに包まれる。

東映任侠映画では主人公が感じていた徒労と虚しさを、この映画では主人公たちが感じずに観客にだけ感じさせるんですね。そこが同じ悪が悪を成敗するヤクザ映画でありながら喜劇として提示した『龍三と七人の子分たち』の新しさだと思います。

昭和と平成の対決。
それは当初、龍三たちと新興ヤクザの対決であったかのように見えて、実は新興ヤクザもほとんどは昭和生まれ。

真の昭和と平成の対決は、60年代東映任侠映画と21世紀たけし映画とのガチバトルだったのだな、と気づいたところで、カット、カット!



義理・人情の任侠映画は古いのか

久しぶりに山下耕作監督、藤純子主演の『緋牡丹博徒』を見ました。

7a0188f81b5aa5aeb227ac284ca5ad2b

2年ほど前に、4作目か5作目か忘れたけど、『花札勝負』を見たとき、すごく古く感じられたんですよね。
5年くらい前に違うシリーズの『昭和残侠伝 死んで貰います』を見たときも、面白いんだけど何だか古臭い感が拭えなかったんです。

任侠映画の次に登場した、『仁義なき戦い』を嚆矢とする「実録やくざ路線」をたくさん見てきたからか、どうにも義理・人情に訴える任侠ものが古く見えたのかな、と。

思い出すのは、92年の『継承盃』ですね。

あの映画のキャッチコピーは、「いままでのやくざ映画はすべて間違いでした」というもので、これに深作欣二監督が激怒したと伝えられました。

私は、怒るなんて筋違いだと思いましたね。

だって、深作さん自身が任侠映画を否定して世に出てきたわけでしょ? 自分で旧路線を否定しながら、自分が否定されたら怒るなんて都合よすぎる、と。

映画にかぎらず、どんな世界でも、新しい世代が古い世代を否定して世の中は変革されていくのだから、大家となった自分が否定されるのもまた喜ばしいことなんじゃないかと思ったもんです。(『継承盃』の出来が悪いとかいうのはもちろん別の話)

で、このシリーズの記念すべき第1作も古臭いのかな、と思って見てみたらば…

これが実に面白いんですね。

純粋でまっすぐな想いがあり、その一方で裏切りや策謀など邪な思いがあり、それらが交錯して最後の殴り込みに至る、というほとんどの任侠映画に共通する筋立てですけど、これが本当に面白い。もう何度も見てるのに、それでもやっぱり面白い。

だから、任侠映画が古いのか否か、よくわからないんです。
『花札勝負』や『死んで貰います』が古く感じられたのは、映画そのものの古さであって、任侠の古さではなかったのかな、とも思うんですが、この問題については、『日本侠客伝』とかほかのシリーズもきちんと見返さないといけない気がします。



最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。