聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ミュージカル

許せない映画③『グレイテスト・ショーマン』

『ラ・ラ・ランド』のスタッフが結集したという謳い文句で大ヒット中の『グレイテスト・ショーマン』。なるほど、歌と踊りのシーンはノリノリで見れますが、この映画は非常に大きな問題を抱えており、私は決して許してはいけない映画だと思います。

過去の許せない映画はこちら。
①『ダーティハリー2』
②『L.A.コンフィデンシャル』

まず、ヒュー・ジャックマン演じる主人公は貧しいというただそれだけで好きな女の父親から蔑まれ「娘はきっと戻ってくる。おまえとの貧しい生活に耐えきれなくなって」というひどい言葉を浴びせられます。この富者が貧者を見下す世界で主人公がどのように「ヒーロー」として名を上げるか、というのがこの映画の眼目となります。


greatestshowman

主人公はまず小人やヒゲ女、巨漢にノッポ、シャム双生児などなど異形の者たち(フリークス)を集めた見世物小屋を作り、そこで歌を踊りを披露して人気を博します。

フリークスも異形であるというただそれだけで虐げられてきた者たちであり、貧しいというだけで差別されてきた主人公と同じ身の上です。の、はずが……

歌姫レベッカ・ファーガソンが仲間に加わってからはその歌があまりに素晴らしいために主人公はフリークスを迫害し、歌姫と二人だけでツアーに出ます。

「他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」

というカント哲学の要諦がありますが、主人公はフリークスを手段としてしか見ていなかったことが明らかになります。彼はダースベイダーのように暗黒面に堕ち、アンチヒーローとなってしまったわけです。

ここまでがちょうど半分。いわゆるミッドポイントというやつですが、ここから主人公がどのようにフリークスと折り合いをつけヒーローとして甦るかが眼目となります。

ですが、歌姫に逆恨みされてスキャンダルを仕組まれ、しかもサーカス小屋に放火されてすべてを失った主人公は酒場でやけ酒を飲んでいると、フリークスが入ってきて、何と彼を許すのです。

え、何で???

彼らは怒らなければならないはず。確かに「あなたのおかげで舞台に立てた」という気持ちはわかります。劇評家の「あらゆる人を同じ舞台に立たせた」という言葉もわかりますが、それは結果論であって主人公はただ金儲けの手段として彼らを利用しただけです。

だから、彼はフリークスに謝らないといけないし、フリークスだって容易に許してはダメです。ここにこそこのドラマの要諦があるはずなのです。なのに主人公は彼らに簡単に許してもらい、さらに片腕のザック・エフロンがこっそり金を貯めていたとかで簡単に再起できます。

何じゃそりゃ。

主人公はヒーローとして復活しますが、それはフリークスが彼を甘やかしているからです。作者たちが主人公を甘やかしている。

そして大事なことは、主人公のみならず、作者たちもがフリークスを目的として扱わず手段としてのみ扱っているということです。まともな人間として相手にしていない。彼らを締め出し暗黒面に堕ちた主人公と作者たちは同類です。

というわけで、この『グレイテスト・ショーマン』は決して許してはいけない映画ということになります。派手な歌と踊りに騙される人もいるかもしれませんが、これは絶対に許してはいけない!


関連記事
④『ゴースト・ドッグ』



『ラ・ラ・ランド』(キスと四季をめぐるサスペンス!)

明日ほぼ確実にアカデミー賞を取るであろう『ラ・ラ・ランド』を見てきました。
昨日の日記には寝落ちしたと書きましたが、今日はちゃんと見ましたぜ。

20170225115320 

噂にたがわぬ素晴らしさでしたね。もうお腹いっぱい。もう1本見ようかと思ってましたが、この感動を汚されたくないので見ずに帰ってきました。

典型的な「ボーイ・ミーツ・ガール」形式の物語ですが、美男美女だし二人が恋に落ちるのは確実。必然的にその先に興味の矛先が向くのですが…。先日の『マリアンヌ』もそういう設定でしたが、ちょっと疑問の残る展開でした。(『マリアンヌ』せっかちになれなかった戦時下ラブロマンス) 

でもこの『ラ・ラ・ランド』はせっかちになりすぎることもなく、またせっかちになりきれないわけでもない実にいい塩梅の展開でした。

この映画が「キスをめぐる物語」であることは誰の目にも明らかですが、前半は「二人がいつキスをするのか」で引っ張ります。

最初に二人で踊る場面では、背景は書割でも合成でもなく100%ロケというから驚きます。マジックアワーの光はいまだに人工的に作り出すことは不可能ですし、歌やダンスの場面はすべて一発撮りだったらしく(冒頭をはじめほとんどワンカットですもんね。てことはプレイバック撮影はあまり行われてないわけか)あの太陽が落ちる寸前のぎりぎりの時間にもし誰かがNG出したら24時間待たないといけないわけで、演じる二人だけでなく周りのスタッフたちの緊張感が伝わってくる素晴らしいシーンでした。

それはさておき、その場面で二人はいい感じでキスに至るかと思われたんですが、エマ・ストーンの携帯が鳴ってダメ。次は映画館でしたっけ。キスしようとしたらまた邪魔が入る。いったい、「いつ」「どのように」キスに至るのかというサスペンスで引っ張られるというか焦らされるというか。

すると、こういうシーンでキスに至ります。

2f510dea
 
プラネタリウムで二人が空中を浮かんで…という幻想的なシーン。
ここでちょうど60分くらい。いわゆるミッドポイントというやつですね。

中間で結ばれるということは、いずれ破局がやってくるというわけで、ここでキスとは別のもうひとつのサスペンスが思い出されるわけです。

dd41a8ec 

この映画では、左上の「冬」から始まるんですが、そのときに「終わる季節はいつか」というサスペンスが生まれるんですね。四つの季節だけなら「秋」で終わるんだろうか、いや、冬から始まるからちょうど1年後の「冬」で終わるのか、それともミュージカルにはハッピーエンドこそふさわしいから「春」で終わるのか。少なくとも「夏」では終わらないことだけが最初の時点ではっきりしていました。

では、残り3つの季節のうちどこで終わるのか。

ここで問題になるのは、「秋」を意味する英語は二つあるということです。「AUTUMN」と「FALL」。上の画像にはなぜか「秋」だけ抜けてますが、ミッドポイントで結ばれた二人にはやがて破局が訪れるであろうから、やはり「FALL」なんじゃないか。でも、もし「AUTUMN」だったら展開が変わるんだろうか、と思っていたらやっぱり「FALL」でした。

これは「予想」が当たったんじゃなくてこちらの「期待」に応えてくれたんですね。だって破局がないと面白くないですもん。「予想は裏切らないといけないが期待には応えねばならない」というのは作劇の基本です。

「FALL=秋」で文字通り枯葉が舞い落ちるように二人の恋は破局を迎えます。ここで問題になるのは、直後の「冬」(といっても「5年後の冬」なんですが)に別れた二人がはたして「冬」のまま、つまり別れたまま終わるのか、それとも、つらい「冬」を終えたあと「春」が巡ってきて元の鞘に納まるのか、ということです。
私は、この映画はミュージカルなんだから当然「春」で終わると思ってたんです。でなかったらミュージカルじゃない!

でも、蓋を開けると「冬」で終幕だったんですね。しかも「冬なのに春」みたいな幕切れでした。


lalaland (1)

このキスは最終盤のものです。しかし「現実」ではない。もうひとつの「ありえたかもしれない二人の幸せ」つまり「幻想」です。

最後に、もう一度二人はキスをしますが、それも幻想です。もう元の鞘には戻れない。もうあの頃の幸せは帰ってこないし、ありえたかもしれない幸せなどしょせんは絵空事にすぎない。

それは「ミュージカル」というジャンルそのものへの批評でもあるのでしょう。歌って踊る映画などしょせんは絵空事だよ、という。ミュージカルへの批評をミュージカルの形式でやってしまう大胆不敵ぶり!

最後は二人の無言のカットバックで幕を閉じますが(『ローマの休日』をうまくパクッてますね)あそこで、「嗚呼、この二人の愛は永遠なんだな」と思い、「冬」で終わらせた理由がわかりました。

二人はいまでも愛し合っているのだから、その想いを永遠に胸の底に閉じ込めてこれからも生きていく。つまりは凍結させて永久保存する必要があるわけですね。だから「冬」で終わるんだと。

思えば、私が好きな往年のMGMミュージカル、すなわち『バンド・ワゴン』『イースター・パレード』『掠奪された七人の花嫁』などは「春から始まり春で終わる映画」でした。でも、いまはもうあんな能天気な映画は受けない。そんな時代じゃない。かといって『ウエストサイド物語』みたいに悲劇で終わるのは絶対いやだ。

「シニカルだけど心温まるハッピーエンド」という独創的な結末が生まれた所以は、ミュージカルへの熱い愛情と冷めた批評性だと思います。

素晴らしい!
脚本を書き監督もしたデイミアン・チャゼル氏を心より尊敬します。(しかしまさか『セッション』の監督さんがここまで温かい映画を作るとは…!)

「永遠」を感じさせてくれた映画は、これまで1万本以上映画を見てきましたが、『サイレント・ランニング』と『ラ・ラ・ランド』だけですね。


lalaland

二人よ、永遠に…


 

最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。