聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ミュージカル

『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)

まずは以下の動画を見てください。
全部で8分ちょっとありますが、私が言及したいのはちょうど3分後からです。




このダンスシーン、いいと思います? 私は少しもいいと思えないんです。

『シカゴ』でもそうだったと思うんですが(うろ憶え)このロブ・マーシャルという監督はなぜあんなにダンスシーンでカットを割るのでしょうか。もっとこのカットを見ていたいと思うと必ずそこで割られてしまうんです。ほとんど編集でごまかしてると言ってもいいほど。

昔のMGMミュージカルはフレッド・アステアやジーン・ケリーというダンサーの芸をできるだけ長く見せることに腐心してましたよね。最近のだって『ラ・ラ・ランド』みたいな良質なミュージカルではダンスシーンというミュージカルの肝になる場面ではできるだけ役者の芸を意図的に長く見せています。

なのにこの『メリー・ポピンズ・リターンズ』は何? ミュージカルをここまで愚弄されたら怒り狂うしかありません。
ミュージカル以外でも、もう10年以上前の作品ですが『ボーン・アルティメイタム』という映画では細切れの映像ばかり見せられ辟易しました。変に画的に凝らず、もっと役者の芸をちゃんと見せてほしい。


mary_poppins_returns_2 (1)

色づかいはとてもいいんですけどね。近々発表されるアカデミー賞では美術賞や衣裳デザイン賞を取ってほしいとさえ思います。

でも肝心要のダンスシーンがあれでは……


バンド・ワゴン(字幕版)
フレッド・アステア
2013-11-26


『ボヘミアン・ラプソディ』(ボロ泣き!)

2000年にミレニアム記念として「過去1000年間に作られたイギリスの歌ベストテン」という催しがあって、誰もが1位だと思っていたジョン・レノンの「イマジン」は2位。1位に輝いたのがクイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」でした。

当時、それを受けたドキュメンタリーがNHKで放送されて3日続けて見ました。それぐらいあのドキュメンタリーは印象深かった。それまでクイーンはバンド名とほんの何曲か知らず「ボヘミアン・ラプソディ」はタイトルすら聞いたことがなかった。すぐタワレコに走ってベストアルバムを買って聴きまくたのはとてもいい思い出です。




さて、公開から1か月たちますが3週目あたりから右肩上がりの異常な興行が続いているという映画『ボヘミアン・ラプソディ』をようやく見に行くことができました。これが何とも奇妙な映画でした。

史実と違うところがあると指摘する人がいるらしく、私もドキュメンタリーで見たのと違うところがあるな、とは思ったものの、まぁそんなの映画なんだからいいじゃないですか。あまり堅いことを言うのはよくない。

でも「映画」として、というか「フィクション」として見る者を納得させてくれないと困るんですが、この『ボヘミアン・ラプソディ』はいろんなところの突っ込みが浅い。箇条書きにすると、

・父親との確執
・ゾロアスター教徒としての思い
・セクシュアリティの問題
・バンド解散から再結成までの流れが完全にご都合主義
・肝心要の「ボヘミアン・ラプソディ」を完成、披露するまでが短すぎない?

インドでイスラム教徒の迫害を受けてイギリスに移住してきた父親とは最初は対立していますが、いつの間にか和解している感じで、クライマックスのライブ・エイドの直前には抱き合って涙を流す。「ファミリーネームまで捨てるのか」というシーンではもうちょっと二人の軋轢を突っ込んで描いてほしいと思ったし、そうしないとあの抱擁が感動的にならない。

ボヘミアンとはロマ、かつてジプシーと呼ばれた流浪の民ですが、フレディ・マーキュリーは宗教の問題で迫害された自分(と家族も?)とロマを重ねあわせて曲を作ったのだろうと前述のドキュメンタリーで語られていましたが、映画はついにそこに触れずじまい。歌詞にも確かイスラムの神の名前が出てきますよね。同性愛者ゆえの迫害もあったでしょう。それは映画でも少し触れらていましたが、触れている程度。もっと掘り下げてくれないと。


ママ、死にたくない
生まれてこなきゃよかった


このあたりの曲作りのシーンがありますが、「生まれこなきゃよかった」のところでフレディ・マーキュリーが動きを止めて虚空を見つめますよね。あれは何だったのか。映画は最後まで答えを出してくれませんでした。

「ボヘミアン・ラプソディ」を作る過程では他のメンバーからかなり強い反対があったらしく、マイク・マイヤーズ演じるプロデューサーが言っていたようなことをメンバーからも言われたらしい。ですが、曲作りでの不満はほんの少し触れる程度。曲ができたあとはメンバーが一枚岩となって「こんな歌はダメだ」というプロデューサーに噛みつきますよね。映画のタイトルにもなっている一番大事な曲なのにえらく粗雑な作りだな、と。しかもあのプロデューサーはピンク・フロイドの『狂気』を作った人なんでしょう? あのアルバムはもっと長い曲があるじゃないですか。なぜそこをもっと突っ込まないんだろう。

あとはもう省きますが、見ながらずっと不満でした。何でこんな不出来な映画が大ヒットしてるんだろうと。

しかし、ウェンブリーでのライブ・エイドのシーンが始まったらそんな小賢しいことはどうでもよくなりました。

フレディ・マーキュリーがエイズで数年後に死ぬと知っているというのもあるでしょうが、「ママ、死にたくない」のところからもうボロ泣きでしたね。最後の「ウィー・アー・ザ・チャンピオン」まで泣きっぱなし。

脚本の出来がどうとか、そんなのは最終的に映画の出来不出来には関係しないというか、少なくとも無邪気に映画を楽しみに来る映画ファンにとって大事なのはそういうことじゃない、と改めて痛感させられました。

映画じゃなくて音楽に感動しただけ?

違います。私が感動したのは……


bfa013beaa27b383b5e0820493b72e98

フレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックという役者。彼の熱演に胸を打たれたのです。

『ベン・ハー』のチャールトン・ヘストン、『エイリアン2』のシガニー・ウィーバー、『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』のレオナルド・ディカプリオの系譜に連なる「この映画の屋台骨は自分一人で支えてみせる!」という主演俳優としての心意気。

役者を見せるのが映画。役者で魅せるのが映画。



許せない映画③『グレイテスト・ショーマン』(フリークスは手段?)

『ラ・ラ・ランド』のスタッフが結集したという謳い文句で大ヒット中の『グレイテスト・ショーマン』。なるほど、歌と踊りのシーンはノリノリで見れますが、この映画は非常に大きな問題を抱えており、私は決して許してはいけない映画だと思います。

過去の許せない映画はこちら。
①『ダーティハリー2』
②『L.A.コンフィデンシャル』

まず、ヒュー・ジャックマン演じる主人公は貧しいというただそれだけで好きな女の父親から蔑まれ「娘はきっと戻ってくる。おまえとの貧しい生活に耐えきれなくなって」というひどい言葉を浴びせられます。この富者が貧者を見下す世界で主人公がどのように「ヒーロー」として名を上げるか、というのがこの映画の眼目となります。


greatestshowman

主人公はまず小人やヒゲ女、巨漢にノッポ、シャム双生児などなど異形の者たち(フリークス)を集めた見世物小屋を作り、そこで歌を踊りを披露して人気を博します。

でも、あのトッド・ブラウニングの名作『フリークス』とはまったく違うのです。


フリークス [DVD]
ウォレス・フォード
ジュネス企画
2004-03-25


フリークスも異形であるというただそれだけで虐げられてきた者たちであり、貧しいというだけで差別されてきた主人公と同じ身の上です。の、はずが……

歌姫レベッカ・ファーガソンが仲間に加わってからはその歌があまりに素晴らしいために主人公はフリークスを迫害し、歌姫と二人だけでツアーに出ます。

「他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」

というカント哲学の要諦がありますが、主人公はフリークスを手段としてしか見ていなかったことが明らかになります。彼はダースベイダーのように暗黒面に堕ち、アンチヒーローとなってしまったわけです。

ここまでがちょうど半分。いわゆるミッドポイントというやつですが、ここから主人公がどのようにフリークスと折り合いをつけヒーローとして甦るかが眼目となります。

ですが、歌姫に逆恨みされてスキャンダルを仕組まれ、しかもサーカス小屋に放火されてすべてを失った主人公は酒場でやけ酒を飲んでいると、フリークスが入ってきて、何と彼を許すのです。

え、何で???

彼らは怒らなければならないはず。確かに「あなたのおかげで舞台に立てた」という気持ちはわかります。劇評家の「あらゆる人を同じ舞台に立たせた」という言葉もわかりますが、それは結果論であって主人公はただ金儲けの手段として彼らを利用しただけです。

だから、彼はフリークスに謝らないといけないし、フリークスだって容易に許してはダメです。ここにこそこのドラマの要諦があるはずなのです。なのに主人公は彼らに簡単に許してもらい、さらに片腕のザック・エフロンがこっそり金を貯めていたとかで簡単に再起できます。

何じゃそりゃ。

主人公はヒーローとして復活しますが、それはフリークスが彼を甘やかしているからです。作者たちが主人公を甘やかしている。

そして大事なことは、主人公のみならず、作者たちもがフリークスを目的として扱わず手段としてのみ扱っているということです。まともな人間として相手にしていない。彼らを締め出し暗黒面に堕ちた主人公と作者たちは同類です。

というわけで、この『グレイテスト・ショーマン』は決して許してはいけない映画ということになります。派手な歌と踊りに騙される人もいるかもしれませんが、これは絶対に許してはいけない!


関連記事
④『ゴースト・ドッグ』
⑤『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』
⑥『ダイ・ハード』





ギャラリー
  • 宇宙開発と飢餓問題(両方大事の哲学)
  • 『メリー・ポピンズ・リターンズ』(ダンスシーンをもっとちゃんと見せて!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
  • 『幻の湖』(橋本忍が好きになった傑作!)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード