聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

ミステリ

『イニシエーション・ラブ』小説と映画(ネタバレ含みます)

ある方面から「小説も映画も面白いから読め、見ろ」と言われたもんで、小説を読み、映画化されたものも見てみました。しかし…

つまらなすぎる。


40b4309d3497e81f6315020aa94c9590


著者の乾くるみさんという方は何でも推理作家さんらしく、なるほど、と合点がいきました。

確かに、「最後の二行ですべてがひっくり返る」という前評判はその通りだと思いましたよ。私もまんまと騙された口です。

だけど面白いですか、これ。

A面と題された前半では、ある男性が自分には不釣り合いなかわいい女性との初恋が綴られ、B面と題された後半で、その男性の後日の姿とおぼしき男性が、その女性との遠距離恋愛がうまく行かず別の女性に乗り換える顛末を描いています。

と、思わせておいて、前半と後半の男性は実は違う人物なんですね。要は、前半と後半は時系列ではほぼ同時進行で、後半のほうが時系列順では少しだけ早い。で、最後の二行でそれが暴かれる、という組み立て方は見事なんですが、どうも釈然としないのです。

もし最後の二行がなければ、男も女も苦い結末ですよね。男は他のもっときれいな女に乗り換えたとはいっても、最初の女が忘れられないし、女のほうも子どもを堕ろすことになったりいろいろつらい目に遭って、最終的に男に捨てられる。

が、実は前半と後半の男が違う人物だとわかった日には、男への哀惜の念は増しますが、ヒロインへの共感は完全になくなってしまいます。

遠距離恋愛からくる寂しさなのか、どうせばれないだろうという遊び心なのか、彼女は彼氏がいるにもかかわらず、独りだとウソを言って前半の主人公と急接近するんですが、二股かけて喜んでる女に対して腹が立つだけです。


9ace2e8c-s

なぜ前田敦子をキャスティングしているのかはよくわかったんですが(適役!)、小説でも映画でも、「登場人物への愛情」を感じることができませんでした。

通常、物語の語り手というのは、登場人物と一緒に泣いたり笑ったり喜怒哀楽を共にするものですが、この作者がそのように大切なものとして登場人物と向かい合った形跡がありません。

ただ、最後であっと驚かせよう、という「欲望」しか感じられないんです。

どんでん返しのためにキャラクターがあるんですね、この作品は。

だからほんとは推理作家だというのが腑に落ちたんです。

私はあまり好きじゃないから推理小説ってあまり読んでませんが、たまに読むと、「名推理のために事件がある」みたいなところが好きになれない。「事件があってそこから名推理が導かれる」ならば好きになれるんですが。すべては最後であっと驚かせるため。小道具ならまだしも人物まで謎解きの「道具」にしてしまうというのは、まったく好きになれません。(やっぱり推理小説より犯罪小説!)

この『イニシエーション・ラブ』も同じでしょう。どんでん返しのためにすべての登場人物たちが作者の「駒」として用意されてしまっています。特に前半の主人公である男性なんか前半だけで完全に使い捨てにされてしまっています。

それじゃあ共感などできるはずもありません。

同じ叙述トリックでも筒井康隆氏の『ロートレック荘事件』にはそんな嫌な臭いはまったく感じませんでした。

やっぱりあれは名作ですよ。




中村文則『最後の命』(講談社文庫)

先日、感想を書いた『悪意の手記』の姉妹編ともいえるらしい『最後の命』を読みました。

58d316c5


うーん、これにも大いに疑問を感じざるをえませんでした。

主人公は、ある精神薄弱の女性を悪辣なホームレスたちにレイプするよう強制された暗い過去をもっています。そして、それが原因で女性と普通の関係をもつことができない。あれが原因だと思えば思うほどどんどんアブノーマルになってしまう。

さらに、そのときのホームレスが死にかけていたところを見殺しにするという過去ももっているんですね。ここまでダークにする必要があるのかというほどの暗さなんですが、あざといとかそういうことじゃなくて、テーマの掘り下げ方が、というか、話の語り方を間違えてる気がしてしょうがないんです。

『悪意の手記』が「人を殺したらどうなるか」という『罪と罰』のモチーフを良くも悪くも中村文則らしい語り方で語っていました。私はまったく乗れませんでしたが、好きな人もたくさんいるのだと思います。

今回の『最後の命』でも、主人公の本棚にドストエフスキーがあるなど、かなり『罪と罰』を意識しているなと思えるところがあります。冴木という男のメールのところなどは『悪霊』のスタヴローギンの手記を意識してるのかな、とか。

それはともかく、この小説では、まず主人公の部屋で女が殺されていて、部屋から出た指紋が主人公と暗い過去を共有する親友のものだった。はたしてその親友は真犯人なのか!? というミステリ仕立てなんですね。私はこの構成に納得がいきませんでした。

最後まで読んでも真相がはっきりしないのは別にいいんです。そういうのたくさんあるし。でも、過去に人を傷つけ、見殺しにしたこともある人間の懊悩を描くのが主眼なのに、殺人事件が起こって、指紋が出ました、あなたの親友のものです、彼は連続婦女暴行犯として指名手配されてます、というサスペンス風の語り口がどうして必要だったのか、少しも理解できないんです。

『悪意の手記』でも、後半、突然登場した女性が物語を解決に向かわせるストーリーの作り方に納得いかないと書きましたけど、この『最後の命』でも、主人公やその親友の内面描写よりもストーリー展開のほうが重視されすぎてはいないか、と思うのです。内面を描くために物語がある、と言う人もいるのかもしれませんが、私にはそうは感じられませんでした。

何というか、古典的ハリウッド映画のような筋立てを借りないと主人公の懊悩を描けないような、苦肉の策のような気がするのです。それか、ミステリ仕立てにしないといまの読者は読んでくれないから、という「計算」が透けて見えるというか。

このあとの『掏摸』にはそんなの少しも感じなかったんですけどね。この前に書かれた『銃』にも感じませんでした。拳銃を拾う、というのがもうかなりサスペンス仕立てなんですが、そこから結末に至るまでの主人公の内面描写には少しもストーリー展開に力を借りたものではなく、純粋にその内面を掘り下げていく描写の連続で、小説を読む醍醐味とはまさにこれよ、とゾクゾク震えたのをはっきり憶えています。

この次の『悪と仮面のルール』と合わせて三部作と言われているらしいですが、すでに購入してあるので読んでみたいと思います。



京都アニメーション制作『氷菓』第19話「心当たりのある者は」は『9マイルは遠すぎる』を超えたか!?

前回の記事
自主映画エピソードが素晴らしすぎる!

に続く、京都アニメーション制作の『氷菓』の感想です。(以下ネタバレあります)

自主映画エピソードの次は文化祭での連続窃盗犯の謎解きでしたが、これはあまり面白くなかったです。やっぱり最後のセリフで全部の謎ときをしてしまうというのは、まるでかつての火サスみたいでゲンナリしました。

しかし、それに続く、一話だけの「心当たりのある者は」が素晴らしかった! 
あのハリイ・ケメルマンの名作短編『9マイルは遠すぎる』への挑戦ですね。はたして超えることはできたのでしょうか。

「9マイルもの道を歩くのは容易じゃない。ましてや雨の中となるとなおさらだ」

という言葉だけから、推論に推論を重ねてその前夜に起こった殺人事件の謎を解いてしまうのが『9マイルは遠すぎる』でした。

『氷菓』の「心当たりのある者は」では、

「10月31日、駅前の巧文堂で買い物をした心当たりのある者は、至急、職員室柴崎のところまで来なさい」

という校内放送から推論を重ねていきます。

まず、巧文堂とは何か。高齢の夫婦が営んでいる小さな文房具屋である。
柴崎とは誰か。教頭である。
いまはいつか。放課後である。
放課後ならすでに帰ってる可能性もあるのになぜ明朝ではなく、いま校内放送で呼び出すのか。急いでいるからである。
なぜ生徒指導室ではなく職員室なのか。なぜ教頭が呼ぶのか。大きな問題だから。管理職の者しか知らされていない問題だから。

というわけで、ここまでで、呼ばれている生徒Xは何らかの「犯罪」に関わっているとの推論に辿り着きます。

ここまでなら誰でも思い浮かぶでしょうが、秀逸なのはここからですね。『9マイル』ばりの推論です。


文房具店での犯罪。万引きか? しかし、それなら「買い物をした心当たりのある者は…」などという呼び方をすれば、「まだ犯人の目星はついてないらしい」と生徒Xはほくそ笑むに違いない。
もし警察が生徒Xの顔など外見を知っていれば「買い物をした心当たりのある者は…」などという呼び方はしないはず。ならば警察は生徒Xがどういう外見かという情報をもっていない。
情報はもっていないが、警察はすでに学校に来ているものと思われる。なぜなら今日が11月1日だから。つまり10月31日とは昨日。ならばなぜ「昨日」と言わずに「10月31日」と言ったのか。「10月31日」と書かれたメモをそのまま読み上げたからである。警察が来てそのメモを渡し、放課後にもかかわらず、まだ生徒Xが下校してないという可能性に賭けて慌てて校内放送をしたと思われる。

推論はついに佳境を迎えます。

生徒Xの外見などの情報は知られていない。しかし、うちの学校の生徒が関与していると警察が知っているのはなぜか。生徒Xが文房具店に謝罪の手紙を書いたに違いない。
しかし万引きくらいで謝罪するだろうか。いや、謝罪するかもしれないが、警察がそこまで急いでいるのはもっと大きな犯罪ゆえのはず。

偽札だ!

生徒Xは偽札を使ったのだ。謝罪の手紙を書いたということは、最初から偽札と知っていて使ったはずであり、最初から偽札と知っていながら警察に届けなかったのは、恐い先輩に貸した金を返してもらったがそれが偽札だった。「これ偽札じゃないですか」とは言えなくて、高齢の夫婦が営んでいる文房具店でなら使ってもいいんじゃないかと魔が差した。しかし良心の呵責に耐えかねて…

というのが主人公・奉太郎の結論。で、これが大当たり、というのが結末です。

偽札だ! というところがちょっと突飛というか、推論というより思いつきで、その思いつきを推論で補強するというのでは、『9マイル』のほうが上かな、と思いましたが、『9マイル」では探偵役の男が「ほんの些細な言葉からいろんなことを推論できる」と意気込んで推論を始めるのに対し、奉太郎は「推論なんて当たらない。俺は運がいいだけで、いままでの推理が当たってたのは偶然にすぎない」というと、同じ古典部所属で不思議天然少女の千反田える(チタンダ・エル)は「偶然じゃない」と言い張り、奉太郎は自分は真実を当てることができないと賭けて推論を重ねるわけです。

ここが『9マイル』とは違うところ。しかも、推論に熱が入ってしまった二人は、「いったい何で俺たちはこんなに熱っぽく語り合っていたんだろう」と夕焼けのなか二人で帰ります。このへんは『9マイル』より面白いですね。というか、あえて逆を行こうとしたんでしょうが。

20120820215219232

これはあくまでも奉太郎の幻想。「二人乗りでもいいですよ」と千反田は言うのに、「ありえない」と別々に帰ってしまう。うーん、今回はこの二人しか出てこないから何か進展があるかと思ったのに。



京都アニメーション制作『氷菓』の自主映画エピソードが素晴らしすぎる!

京都アニメーションが2012年に制作した全22話のアニメ『氷菓』をようやく見ることができました。というか現在完了進行形で見ています。
アニメでミステリ、というのはすごく珍しいんじゃないんですかね? アニメ事情には疎いのでよくわかりませんが。

hyoka01

さて、この『氷菓』、シリーズとしてなかなか面白いです。
各エピソードの面白さもさることながら、主人公・折木奉太郎(オレキ・ホウタロウ)が「エネルギー効率(別の言葉で言えばコスパ)を何よりも重視するいまどきの若者」なのがいいですね。無駄なことはやりたくないと言いながらいろんな謎を解決してしまう。いわゆる名探偵という風格はなく、でもやっぱり名探偵という設定が秀逸かと。

最初は、主人公たちが所属する古典部(これもすごく珍しい)の歴史をめぐる謎。

その次が小さな謎が二つ続いて、そのあとが先輩たちが作った自主製作映画をめぐる謎。

これ、すごくいいと思いました。

密室殺人が起こるその自主製作映画では、後半の謎とき部分の脚本ができていない。脚本家の生徒が悩みすぎて倒れてしまった、と。途中まで撮影された映像を見て誰が真犯人かを当て、それをもとに結末部の脚本を書いて映画を完成させる、というミッションが描かれるのですが、二転三転するプロットが実にいいんですよ。

倒れた脚本家(最後まで登場しません)は小道具班にどういう指示をしていたかとか、映像に映っているさまざまな手がかりをもとに推論に推論を重ね、最後は「ミステリ」と聞いて推理ものと思う人もいれば「ホラー」のことだと思っている人もいる、という「本当に?」と思ってしまうことまで手がかりにして主人公はミッションを完成させる。

が、奉太郎は完全に間違っていた!
奉太郎は、それまでのエピソードで名探偵ぶりを発揮していたために傲慢になってしまってたんですね。で、あることが盲点になっていた。

その盲点とは…

ミステリだから詳しく書けませんが、この自主映画エピソードは坂口安吾の大傑作ミステリ『不連続殺人事件』への挑戦じゃないかとさえ思います。

『不連続殺人事件』は、心理的なトリックが鍵でした。普通は、密室の仕掛けとかアリバイとか凶器の隠し方とか、ミステリのトリックって物理的なものがほとんどですが、心理的なトリックを作り出したのが安吾の独創でした。

この『氷菓』自主映画エピソードにおいて、心理トリックというとちょっと違うんですけど、謎解きの鍵が人間の心理なんですよね。
奉太郎は「俺なら密室の謎を解ける」という傲慢な思い込みが激しいあまり、最後まで書けずに倒れてしまった脚本家の気持ちを忖度することをまったく忘れてしまっていた、という事実に気づいたとき、初めて「謎の核心」に迫ることができる、と。

『不連続殺人事件』では、真犯人が人間の心理にトリックをかけるというものでしたが、この作品では、探偵役の人間の心理にトリックをかけて「密室」にしてしまうんですね。実際の密室殺人の謎ではなく、探偵自身が無意識に作った己の心中の密室の謎を解くことですべての謎が解けてしまう、という見事すぎるほど見事な物語構成となっています。

とうとうあの名作『不連続殺人事件』を超える推理ものが現れたか、と感慨深いです。

『氷菓』はまだまだ半分ほど未見です。続きを見るのが超楽しみです! お奨めですよ。

tumblr_n465lupcTG1txtra1o3_1280

この二人の行く末がどうなるのかも含めてね。(たぶん、どうにもならない気がするんですが…)

続き
第19話「心当たりのある者は」は『9マイルは遠すぎる』を超えたか⁉



ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』(創元推理文庫)

本職は美術評論家らしいS・S・ヴァン・ダインの『僧正殺人事件』を読みました。
すごい名作、あの乱歩も大絶賛したと聞いていたので、かなり期待して読んだんですが…


51tFwX462nL__SY344_BO1,204,203,200_



















うーん、これのどこが名作なんでしょうか。

確かに、マザー・グースの童謡の内容をなぞって連続殺人が起こる、という「見立て殺人」というアイデアは面白いと思うんですけども、犯人がこういう遊び心満載の殺人に手を染めた動機に無理があると思うのは私だけでしょうか?

アイデアは面白いけれど、そのアイデアを活かそうとするあまり、人物の内面というか心理描写が疎かになってる気がします。登場人物のうち誰一人として好きになれなかったし。

ここ十数年で読んだ本のうち最もつまらなかった小説は、『金融腐蝕列島』とその続編『金融腐蝕列島 呪縛』なんですけど、あれも銀行業界や財界の内幕情報としての面白さはあったものの、肝腎要の人物描写がものすごくおざなりで、読んでて疲れるだけでした。

事件の謎を解く探偵ヴァンスが読む本として、数学や物理や哲学の本のタイトルがたくさん出てきますが、これはやはり作者ヴァン・ダインの好きな本なんでしょうか。それはいいんですけど、ああいう本ばかり読んでいたら人間の心理に疎くなるんじゃないのかなぁ、とこれは邪推ですかね。

実は、推理小説ってあんまり読んだことないんです。最後の最後だけに興味が集中する読書というのがどうも性に合わなくて。

逆に、犯人の側から描く、いわゆる倒叙型のミステリなんかは好きなんですが。もっと言えば、犯罪者たちの悪戦苦闘を描く犯罪小説は好きなんですよ。ジム・トンプスンとか、パトリシア・ハイスミスとか、ハドリー・チェイスとか。

ヴァン・ダイン。この『僧正殺人事件』が面白いと踏んで他のも2冊買っちゃってるんですが、もう読む気がなくなってしまいました。だってこんなつまらないのが一番の代表作らしいですから。

他に買ってある推理物は、ディクスン・カー(カーター・ディクスン)のが2冊。これにはまだ期待したいです。

しかし、ほんとこれのどこが名作なんだか…



LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。