聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

チャンピオンズリーグ

甦った決定力! 欧州CL アヤックス1-2レアル

バルサ、アトレティコとのアウェー戦を引き分け、勝利としのぎ、調子の上がってきた我がレアル・マドリード。今日は再開した欧州チャンピオンズリーグのアヤックス戦。またアウェー。また中二日。でも何とか勝つことができました。


real-madrid-celebrate-vs-ajax (1)

世界中で物議を醸しているであろうVAR。今日はレアルの味方でした。え、今日も? そうかな。

問題のアヤックス先制かと思われた場面。私の目にはオフサイドに見えましたけどね。ほんの少しだけ最終ラインより出てるし、クルトワの動きを妨害しているからプレーに関与している。だからオフサイドで間違ってないと思いますが? ただ、試合が止まるのはやはり興を殺がれますね。ただ、テクノロジーの導入は誰よりも選手たちが望んでいるはずだからしょうがないのでは? しかし本当は来季からの導入が先日のトンデモ判定によって今季からに前倒しされて命拾いしました。

そんなことよりレアルの先制シーンの素晴らしさよ! レギロンがヴィニシウスをマークしていた相手DFの頭上にパスを出し、ヴィニシウスはうまく抜け出してドリブルでカットイン。彼は強引にシュートを打つ癖があるので嫌な予感がしましたが、充分マークを引き付けてから落ち着いてベンゼマにラストパス。美しい。ヴィニシウス(とレギロン)がチームを変えてくれました。何だかんだ言っても、彼らをBチームで指導していたソラーリが昇格したのが大きかったのかな。もしコンテ招聘に成功していたらいまの良好なチーム状態はなかったでしょう。

そういえばアヤックスの本当の先制シーンにもVARが発動してましたが、あれはアヤックスのファウルを認めずゴールが認められたじゃないですか。レアルばかりが恩恵を受けているという主張には説得力がありません(さすがにダービーでヴィニシウスが倒されたのはエリアの外だったと思いますが)。

さて、タイトルにある「甦った決定力」というのは1点目ももちろんですけど、むしろ2点目ですかね。

決めたのはアセンシオでしたが、彼は交代で入って最初のタッチが決まっていたらゴラッソというシュートで、そのせいでシュートを打つことしか考えられなくなり2度ほどチャンスをつぶしてましたが、カルバハルからの素晴らしいクロスにはインサイドできれいな面を作って落ち着いたゴールへのパス。今季は打っても打っても入らないことが多く、特に今日のアセンシオみたいに打つことに貪欲な選手ほど入らない。だから嫌な予感がしてたんですよ。このままゴールが入らず引き分けか、あるいは逆転負けか、と。

そしたら一番心配していたアセンシオが決めたのでね。マリアーノも先日、途中出場で再三再四の空回りの挙げ句ものすごいダイビングヘッドを決めていたし、振り返れば先週の国王杯クラシコでもベンゼマの素晴らしいラストパスがあったとはいえルカス・バスケスの先制点はちょっと前なら入ってなかった。

ようやく決定力が戻ってきたかというのはそういうことです。もう「クリスティアーノ・ロナウドの不在」なんて言わせない。

とりあえず強敵とのアウェー3連戦を2勝1分けで終えることができ、ホッと胸をなでおろしています。今日の試合はともかく、クラシコとダービーは内容も伴ってましたし、これはひょっとするとひょっとするかも。



欧州チャンピオンズリーグ ラウンド16大胆予想!

2018-19シーズンのヨーロッパ・チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の組み合わせが決まりました。

まず私の予想を。

×マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン○
○ローマvsポルト×
×トッテナムvsドルトムント○
○アヤックスvsレアル・マドリード×
×リヨンvsバルセロナ○
○リバプールvsバイエルン×
×シャルケvsマンチェスター・シティ○
○アトレティコvsユベントス×


マンUはモウリーニョが完全に暗黒面に堕ちてしまったようで、パリ・サンジェルマンなんかに負けてほしくないけど無理でしょう。

ドルトムントは国内リーグでもバイエルンにだいぶ差をつけているし、かなり充実しているみたいなので。

そのバイエルンの相手は昨季のファイナリスト、リバプール。絶対負けるでしょう。ヨッシャヨッシャ。

アトレティコとユベントスが一番予想が難しい。
クリスティアーノ・ロナウドを獲得して優勝候補と言われるユベントスですが、いまアトレティコが神懸かった勝ち方をしているというか「魂のサッカー」を演じているので、まだ2か月以上先ですけど、現時点で予想するならアトレティコの勝ち上がりかな、と。

さて、我がレアル・マドリードですが、クラブワールドカップも勝ち取れるかどうかわからないというかアントラーズに負ける可能性も大だし、アヤックスは誰でしたっけ、若いすごい選手がいるみたいなのでやられるんじゃないかと。勝ち上がってほしいけど、仮に勝ち上がれても今季は優勝はないでしょう。いまのチームの出来を考えるなら。冬の移籍で強力なFWを獲れればわかりませんが、どうも監督と選手の間にまた齟齬が生じている感じだし、何より3連覇してハングリー精神が失われているようなのが一番気がかりなところ。敗退と思っておいたほうがいいでしょうね。


私の優勝予想は……


バルセロナ

でもなく、

シティ

でもなく、

リバプール

でもなく、




アトレティコ!!(マドリディスタとしては複雑ですが)



UEFAチャンピオンズリーグ 名勝負集 1992-2005 [DVD]
スポーツ
ジェネオン エンタテインメント
2006-05-25





欧州CLグループステージ大胆予想!

いよいよ明日未明から欧州チャンピオンズリーグの新シーズンが始まります。
ということで、グループステージを大胆予想しちゃいましょう。


グループA
①ドルトムント
②モナコ

アトレティコ
ブルッヘ

アトレティコはリーガでまさかの4試合で勝ち点5という最悪の出足で、昨季のレアルのようにCLに賭けるという見方もできますが、どうにも自慢の守備に綻びが出てきているようなので(試合見てないけど)この予想。スペイン勢には頑張ってほしいですが。


グループB
①バルセロナ
②トッテナム

インテル
PSV

インテル、久しぶりの決勝トーナメントか? とも思いますが、ハリー・ケインのいるトッテナムがバルサに続くというのが大方の予想でしょう。


グループC
①リバプール
②ナポリ

パリ・サンジェルマン
ベオグラード

ここはまさに「死の組」ですね。パリの1位予想が大勢を占めているのかもしれませんが、私ゃあのクラブが大嫌いなので予想というより願望。ネイマール嫌い。レアルに絶対来ないでほしい。ムバッペは好きだけど。


グループD
①ポルト
②ガラタサライ

シャルケ
ロコモティフ・モスクワ

ここはよくわからないので名前で選びました。


グループE
①バイエルン
②アヤックス

ベンフィカ
アテネ

バイエルンの1位通過は当然としても(私ゃこのクラブも嫌いだが実力は認めざるをえない)アヤックスかベンフィカで迷いました。名前は忘れたけど、とんでもない若手選手がアヤックスにいるそうで、彼の活躍を見たいと思い、この予想。(というかまた願望)


グループF
①マンチェスター・シティ
②シャフタール・ドネツク

リヨン
ホッフェンハイム

ここもリヨンかシャフタールかで迷いましたが、最近のリヨンはまるで駄目なのでこの予想。一時はレアル・キラーでしたけど。


グループG
①レアル・マドリード
②ローマ

CSKAモスクワ
プルゼニ

ほぼ誰もがこの予想でしょう。でも、レアルはやはり新監督になってまだ戦略が練れてない感じなのでローマに不覚を取って2位通過もありえるかと。


グループH
①ユベントス
②マンチェスター・ユナイテッド

バレンシア
ヤングボーイズ

レアルから移籍したクリスティアーノ・ロナウドが国内リーグで初得点とか。レアルからいなくなった途端に腹が立つので、やっぱり嫌いだったのかな? まぁでもやはり彼のいるユーベが1位でしょう。マンUはモウリーニョが解任されてジダンが監督になるという前提でこの予想。バレンシアには頑張ってほしい。


というわけで、あまり面白みのない予想になってしまいましたが、番狂わせがどれくらい起こるのか、括目して見守りたいと思います。


ギャラリー
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『バイス』(ナレーターの正体、私ならこうする!)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『多十郎殉愛記』(無思想の主人公で幕末を描けるか)
  • 『グリーンブック』(いったい俺は何者なのか!)
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
読者登録
LINE読者登録QRコード