サスペンス

2019年08月25日

遠藤憲一さんの主演最新作『それぞれの断崖』。昨日で全8話のうちの4話、ちょうど半分の折り返し地点だったわけですが、ちょいと違和感を覚えました。(以下ネタバレあります)


sorezoreno2

何と、主人公が加害者の母親と恋に落ちてしまう! そのような物語とは少しも知らなかった私は仰天しました。原作は結構有名らしく、2000年にもドラマ化されてるそうなので視聴者の中では知ってる人のほうが多いんでしょうか。シナリオは洞澤美恵子という方。


もったいない構成
しかしながら、この展開であるなら、息子が殺されるとか、犯人は少年法で守られるとか、そういうのはメインプロットの前段でしかないわけで、ちょうど真ん中のいわゆるミッドポイントに二人が恋に落ちる場面をもってくるのはもったいないと思いました。

だって、殺人犯が少年法で守られて被害者遺族は少しも守られないどころかマスコミと世間の好奇の目に晒され、娘の縁談は破談になり、父親は窓際に追いやられる、というのは、犯人が14歳未満の人間なら通常こうなるという展開ですよね。人権派を気取る弁護士などもありきたりな感じ。2000年の時点でもやや古かったような気がしないでもないですが、酒鬼薔薇事件から22年もたった今日、少年犯罪が起こればドラマと同じく「なぜ加害者の少年は守られるのか」「なぜ被害者が苦しまねばならないのか」という展開になるのは必至でしょう。でも、だからといってそれをそのまま見せるのは私は違うような気がする。

遠藤憲一さんの大ファンで尊敬しているので前回までの決まりきった展開を乗り切れましたが「何だ、ありきたいな少年犯罪モノじゃないか」と思って見るのをやめてしまった視聴者も少なからず存在するはずです。少なくとも私は主演が遠藤憲一さんじゃなかったら見るのをやめていました。


恋に落ちたところから始める
近代劇の祖、イプセンは、それまでの芝居の第5幕から始めたと言われています。充分ドラマが煮えたぎったところから始めて、第4幕までの情報を第5幕の中にぶち込むわけです。

sorezoreno1

私はこの二人が恋に落ちたところから始めたらよかったんじゃないかと思います。妻や娘はいったい何を考えているのかと激昂する(来週がこの展開ですね)、視聴者は最初なぜ責められるのかわからない。そのうち、息子が殺された、加害者は少年、その少年の母親と恋に落ちているという情報が明らかになる。えー、ウッソー! というふうに引っ張っていけば、ありきたりな少年犯罪モノにならず、同時に被害者遺族と加害者家族の恋愛というメインプロットも面白く見れたように思います。

ただ、これはあくまでも途中までしか見てない人間の感じたことで、もしかすると、結末まで見たらこの構成で納得するのかもしれません。ただ、前回までに失われた視聴者がもったいない。

とはいえ、仮にこの構成でいいとしても、ちょっとだけ昨日の肉体関係まで行く展開は唐突だったかな、とは思いましたね。

左遷された、妻は実家へ帰った、友人が自殺した、いろいろあったうえで、加害者の母親も自分と同じようにのたうち回って苦しんでいる、だから……というのは理屈ではわからなくはないんですが、腹に落ちてこないんです。

次回は妻や娘からものすごい攻撃を受けるようで、攻めの芝居も受けの芝居もうますぎる遠藤憲一さん、楽しみです。





2019年08月07日

先日チャンネルNECOで放送された、貝原クリス亮脚本・監督による『振り込め詐欺』を見ました。

hqdefault

ろくでなしの男にウリをやらされている女が、もっと金が必要だということで、「振り込め詐欺研修会」みたいなところに送り込まれるんですね。

そこで、こんなに簡単に大金が手に入る、と振り込み詐欺の手口のイロハを教え込まれ、首尾よく騙せたら1割もらえるという仕組み。ほんとにこんな研修会があるのかどうかは定かじゃないですが、かなり高い確率であると思われます。現実の日本社会では史上最も詐欺師が多い時代じゃないかと思えるほど振り込め詐欺に手を染める人が多いですもんね。前の職場で同僚さんが「石を投げたら詐欺師に当たる」と言っていたけど、そこまで多いとは思いませんが。

で、その組織が振込口座をタレコミされてしばらく活動を凍結することを決めたのをきっかけに、主人公は一緒に研修会に入った女と組織には秘密で大金を騙し取っていくんですが、それが組織にばれてしまい…

という物語なんですが、この映画には一人も善人が出てきません。主人公だけは仕方なく、という感じでしたけど、後半は自分から率先して詐欺に手を染めるし。

現実に振り込め詐欺の被害に遭う人がいまだに多数いますが、主人公に対する反発はありません。

なぜなら、研修会と称してはいるものの、おそらく暴力団の末端構成員とおぼしき男が、恫喝に恫喝を重ねて無理やり詐欺の手口を教えていくんですが、主人公は彼から9割も搾取されているわけで、だから、これはもう「プロレタリアートによるブルジョワジーへの反逆」なんですね。階級闘争。思わず応援したくなっちゃう。

とはいえ、研修員の男にも反感を感じないところがミソ。
彼は、「世の中カネだ、カネがすべてだ!」とわめくんですが、その言葉の是非はともかく、そこに彼の人生観・人間観が詰まっていると感じるからです。おそらく貧しい幼少時代を過ごし、金を騙し取られたこともあったのでしょう。金さえあれば、金さえあればこのクソみたいな人生を変えられる、そう信じて振り込め詐欺に血道を注いでいるのがわかるのです。

そうです。彼もまた階級闘争の下位に属する者なのです。何割かは知りませんが、組から搾取されているはず。

てことは、その上位にいる人間、金をたんまりもっていながら自分では何もせず人をこき使うだけの輩を出さないと片手落ちじゃないの? 主人公とその男が手を組んで半グレ集団に喧嘩を売るぐらいのことをやってほしい、と思いましたが、これはないものねだりかな。この映画の予算ではあまり大がかりな立ち回りとかできそうにないし。

でも、『真夜中のカーボーイ』みたいなエンディングにちょっと引いたのも事実。できれば、主人公には勝ってほしかった。金は得たけれど…という最後じゃなくて、金をゲットして超ハッピー! という能天気な映画を見たかった。

悪事に手を染めた主人公が何の裁きも受けずにハッピーエンド。それが正しい「階級闘争映画」のあり方じゃないかな、と。

とはいえ、何だかんだと考えさせてくれるこの『振り込め詐欺』はマジで面白かった。おすすめです。

関連記事


振り込め詐欺 [DVD]
星野ナミ
株式会社オールイン エンタテインメント
2015-03-06





2019年07月25日

小沼勝監督が小水一男の脚本を風祭ゆきの主演で撮った1980年ロマンポルノ作品『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今……』。

これが何度見ても面白いんですが、その面白さの源流に何があるのか、いままでよくわかりませんでしたが、今日やっとわかったような気がしました。


20151120221015

物語
まず、風祭ゆき演じる専業主婦は、実業家の夫と二人で暮らしており、夫は風俗嬢の女と不倫中。その女が暴漢に殺され、彼が犯人であるかのような写真まで撮られる。暴漢たちは「あんたの奥さんを抱かせてくれたら警察には言わない」というので夫は呑む。そして風祭ゆきは暴漢たちに犯される。帰ってきた夫は「女房を犯されたアホな亭主といわれる。一番の被害者は俺なんだぞ」とひどいことを言う。

風祭ゆきは、翌日、暴漢たちに会い、金を払う。実は夫を風俗嬢と別れさせてほしいと彼らに頼んでいたのだ(つまり風俗嬢もグルで死んだふりをしていただけ)。犯されたとき指を強く噛んだので、暴漢の指に傷があるのを見てすべてを悟る風祭。「あんたの旦那が犯していいって言ったんだぜ」と暴漢が言う。「嘘!」と風祭は信じないが、「鍵を貸してくれた」と物的証拠を突きつけられたので受け容れるしかない。

何だか入り組んだ物語ですが、単純化すると、風祭ゆきは夫の不倫をやめさせてくれとやくざな男たちに依頼した。が、彼女に欲情した男たちは、依頼を逆手にとって風祭を犯す。さらにあんたの亭主が許してくれたとばらすことで彼女を絶望させ、また犯す。

つまり、夫の不倫とそれをやめさせようとした妻、というごく普通の設定なのに、依頼した男女の奸計によって主役二人が泥沼地獄に陥れられる。


主体と客体
能動的に動いていると思っていた人間(風祭と夫)が実は受動的な立場に立たされていたわけです。しかも、夫は暴漢が風祭を犯すところを実は覗いていた。つまり、彼は主体を回復する行動をひそかにしていたんですね。この覗き行為によって、風祭ゆきだけが100%の客体として劇中のヒエラルキーで最下位に追いやられます。

という設定がユニークなんですが、この映画は主人公にとって逆境以外の何ものでもないシチュエーションを主人公自身がひっくり返すんですね。(ほとんどの映画はそういう仕組みですけど)

男が女を抱く。男が女を襲う。つまり、男が主体で女は客体である、というのがこの映画の初期設定です。

が、これを風祭ゆき演じる主人公がひっくり返す、つまり風祭が主体として屹立し、ヒエラルキーの最上位に返り咲くところにこの映画の一番の面白さがあります。


ヨットの管理人の役割
風祭夫妻はヨットを所有していて、その管理人として若い男を雇っているんですが、彼は風祭に欲情しまくりなのに彼女の水着姿を見て自慰行為にふけることしかできない。風祭は「何してるの?」と余裕たっぷりに言って海に飛び込み、若者は忸怩たる思いに襲われます。このシーンは映画が始まってすぐです。つまり、まだ風祭ゆきが客体でしかないとき。客体でしかない女に主体的にからかわれる若い男の鬱屈した思いに身がよじれてしまいます。

この場面では、風祭はまだ暴漢たちの企みを知らないから、自分が主体であると勘違いしてるんですね。だから本当は客体でしかないのに主体的に振る舞えてしまう。主人公が無知であるがゆえに若い男は弄ばれるのです。

中盤、背後のからくりを知ってしまった風祭は、自分が客体でしかないことを思い知らされます。自分が依頼した男たちがレイプ犯だった。しかも彼らに鍵を渡したのが夫だった。どこまでも客体である自分に打ちひしがれていると、またあの若い男が現れます。

風祭ゆきは彼に「あたしが好きなら抱いてみなさいよ」と言い放ちます。若い男は踏ん切りがつかない。風祭は笑います。

「どうせあなたの恋人は5本の指よ!」と。

あの若い男が主人公の逆襲に一役買っているところがミソですね。彼がいなければ風祭ゆきは客体から主体へと変貌を遂げることができなかったでしょう。若い男の意気地のなさを笑い飛ばす風祭ゆきは主体として覚醒を始めます。

このあと、くだんの風俗嬢を街で見つけた夫もからくりを知り、風祭が別れさせてくれと依頼していた事実を知ります。

この構成も絶妙ですね。風祭ゆきの覚醒のあとに夫がすべてを知る。つまり、この時点で夫が最下位の客体として物語の底に追いやられている。風祭ゆきの覚醒の前に夫がからくりを知ったら、両者の知っている情報量が同じになってしまいます。風祭ゆきが覚醒しかけたときに夫がすべてを知ることで、風祭はさらに最下位から上へ、夫は上から最下位へ、という立場の逆転に勢いが出ています。


風祭ゆきにとっての「主体」とは?
さて、風祭ゆきにとって「主体」として行動するとはどういうことでしょうか?

若い男に「あたしを抱いてみなさいよ」と挑発したように、男に自分を抱かせることでしょう。男が女を抱くのではなく、抱かせる。男が女を襲うのではなく、女が襲わせる。

その象徴が、だだっ広い一本道を歩く風祭ゆきを学生の群れが好奇の目で見る数シーンでしょう。

風祭ゆきは「そんな扇情的な恰好をしてるから襲われるんだ」みたいな、被害者の女性を責める言葉が出てくるような衣装を常にまとっています。

暴漢に襲われ、裏のからくりを知ったあとでもそんな恰好をしているのは、「襲われる女」ではなく「襲わせる女」として、真に主体的な存在として屹立するためでしょう。

だから、クライマックスで、若い男の手引きで家に侵入してきた学生たちに輪姦される場面を見ていても、もはや襲われてかわいそう、というような感情は湧いてきません。襲わせている女のしたたかさを感じてしまう。

射出された白濁液は、射出したというよりは風祭ゆきが吸い取っているように見えます。女王蜂が働き蜂が作ったローヤルゼリーを吸い上げるように。逆に、「見ろよ、このおっさん、女房が犯されてるのに勃起してやんの」と馬鹿にされる夫は、完全に堕落したダメな奴に成り下がります。

ヨット管理人の若い男は風祭を犯そうとしますが、うまくいかない。そして彼は管理人を辞めます。

ラスト、次の管理人としてあるサーファーの男に声を掛けようと走る風祭ゆきで映画は幕を閉じますが、彼女が「あの子、かわいい」と言って決めることから考えて、前任者と同じく「5本の指が恋人」のような男を探していたのでしょう。

もう夫では満足できない。男に襲わせる女であり続けるためには、純で奥手な男を生贄にする必要がある。

ラストシーン以降、風祭ゆきは何人もの男を毒牙にかけて生きていくはずです。物語は永遠に続くのです。

関連記事
『山の手夫人 性愛の日々」の神話的構造
『女教師』の神話的構造
『天使のはらわた 赤い教室』は内部告発の映画である
『花と蛇』(神々しい悪魔=谷ナオミ)

妻たちの性体験 夫の眼の前で、今… [Blu-ray] [Blu-ray]