アメリカ映画

2019年12月03日

Netflix製作ながらアカデミー賞に絡むということで一週間限定公開のノア・バームバック監督最新作『マリッジ・ストーリー』。(以下ネタバレあります)


監督の仕事とは?
marriagestory1 (1)

いやぁ、実に素晴らしかったですね。

いまは仕事で疲弊しているので寝てしまいそうな予感がしましたが、とにかく脚本の出来がいいのも当然ながらあるけれども、とにかく主役二人の芝居がとんでもなく素晴らしく、眠気が完全に吹き飛びました。

スカーレット・ヨハンソンもアダム・ドライバーも芸達者な俳優であることは周知の事実でしょうが、この『マリッジ・ストーリー』は二人のこれまでのベストでしょう。あれだけの超絶演技を引き出したノア・バームバック監督の手腕が光る一作ですね。

そういえば、映画の専門学校時代、中国語圏の映画で監督のクレジットがなぜ「導演」なのか、という人がいて、「監督の一番の仕事は俳優から演技を導き出すことだからじゃないか」と答えると「あ!」といまさら気づいたかのような顔をしていました、監督した経験がある人ですよ。

別の監督経験のある友人も「誰それが演技賞を総なめしたのは監督の功績と言ってたけど、違うよな」と言ってきたので「何で」と答えると「ウソーー!」と飛び上がらんばかりに驚いていました。監督の一番の仕事は演技指導なのに。

溝口健二みたいに、芝居だけつけてどう撮るかは宮川一夫に任せても大丈夫。
ポール・バーホーベンみたいに「僕は編集はしないんだ。撮影が終わったら素材を編集マンに渡して出来上がりを待つ」と編集にまったく口出ししなくても大丈夫。

でも、演技指導を他の人に任せてしまったら、その監督は監督でなくなってしまう。演技指導する人が本当の監督。以上のような認識を映画作りを目指す人間がもっていないことに愕然となったものですが、それはまた別の話。

とにかく、この『マリッジ・ストーリー』でのノア・バームバック監督の演技指導は素晴らしかったと思います。

ただ……


芝居場でなぜカットを割るのか
marriagestory2

主役の二人が最後のほうで口喧嘩をはじめ、アダム・ドライバーが泣き崩れる素晴らしいシーンがあります。

二人の超絶演技の絶頂場面ですが、私は素晴らしいと思うと同時に、かなりの疑問を感じました。

それは撮り方。正しくは見せ方。

なぜ何度もカットを割ってしまったんでしょう?

アダム・ドライバーが泣き崩れるまで二人のエモーションが高まり続ける場面なわけだから、ワンカットで見せないといけないんじゃないですか?

二人のクロースアップなんかいらない。もっと引いた画でかつては愛し合った男女が男が号泣するまで激しい口論をするその様を「まさにいま目の前で起こっているかのように」見せてほしかった。そのためにはカットを割るべきではなかった。

『once ダブリンの街角で』という映画がありました。

あの映画でも、いままさに歌が生まれる瞬間をカットを割って見せていましたよね。なぜワンカットで見せてくれないのかと再見するたびに思います。

先述のとおり、この映画では不必要なクロースアップが多いと思いました。最後にアダム・ドライバーが息子と会話して落涙する場面だって、もっと引いた画でワンカットで見せてほしかった。役者の芝居を一番重視して抜群の演技指導を施しているのに、それを十全に楽しめる形で見せてくれない。

文句ばかり書きましたが、私はこの映画にアカデミー監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演女優賞、脚本賞を取ってもらいたいと切に思います。(脚本賞の受賞はほぼ当確のような気がしますが。少なくとも脚本家組合賞は取るかと)

なぜ作品賞は応援しないのかって?

やっぱりホームドラマが作品賞って違うと思うんですよね。『クレイマー、クレイマー』あたりからこじんまりした人間ドラマが作品賞を取ることが増えましたけど、アカデミー賞というお祭りにそういう映画はふさわしくないんじゃないかというのが個人的な意見です。


関連記事
『曽根崎心中』を見て改めて思う監督の腕とは







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月16日

ジェームズ・キャメロンが製作陣に復帰し、28年前の『ターミネーター2』の正統的続編と宣伝されている最新作『ターミネーター:ニュー・フェイト』。うーん、実に残念な映画でした。面白い面白くない以前に辻褄が合わなさすぎ。世界観に異議あり! と言いたい。(以下ネタバレあります)


terminator-dark-fate1

スカイネットを滅ぼしてもリージョンが、ジョンを殺してもダニーが
いきなりジョン・コナーが殺される冒頭はガツンとやられましたが、「え、で、ターミネーターは誰を殺しに来るの?」と見た人ならすぐ思ったはず。一世一代の当たり役サラ・コナーとしてリンダ・ハミルトンが復帰することも知っていたし、シュワがT-800としてまた登場することも知っていた者としては、ジョン・コナーが殺された時点でいやな予感が漂いました。悪役ターミネーターは誰かを殺しに来るんでしょうが、そこにサラ・コナーとT-800がどう関わってくるのか、と。

T-800がジョン・コナー殺害後、20年間隠遁生活をしていたというのは笑いました。確かに、1作目で現代にやってきたシュワもマイケル・ビーンも「もう帰れない」と言ってましたし、ジョン・コナー殺害の指令だけを受けたT-800が指令を完遂した以上、何をしようと勝手だし、別にこれはこれでいいのではないでしょうか。

サイボーグ兵士グレースがメキシコ人の「新たな救世主の母ダニー」を助けにやってくるんですが、問題は、『2』でサラ・コナーとT-800が消滅させたスカイネットが「リージョン」という新たなAIにとって代わり、リージョンと人類の最終戦争がダニーの息子という「新たなジョン・コナー」によって人類側の勝利に終わりそうだという未来設定ですね。

これって完全におかしいでしょ。

いまチラシを見てみると、「時代は変わった。運命はどうだ」というキャッチコピーがあります。確かにこの30年近くでヒスパニック系の割合が格段に多くなったアメリカ社会が反映されていますが、運命に関しては「審判の日は起きなかったが、人類の運命は変わらない⁉」などと書かれています。

そうなんですよね。スカイネットを滅ぼしてもリージョンが開発される。そこには「人類は結局、自分自身の首を絞めるとんでもないものを開発してしまう」という文明批評的なものが感じられます。が、「人類の運命は変わらない」のはここまでにしておかないといけなかったのではないでしょうか。

ジョン・コナーを殺しても新たなジョン・コナーが生まれる。こんなに「人類の運命は変わらない」ことにしてしまうと、『ターミネーター』シリーズの面白さや魅力が完全に損なわれてしまっているのではないでしょうか。

スカイネットだろうとリージョンだろうと他のAIだろうと、人類側の救世主の本を絶つためにターミネーターを過去に派遣してその母親を殺そうとする。仮に首尾よく殺せたとしても、新たな救世主が生まれるだけじゃないんでしょうか。

だって、ジョン・コナーを殺しても新たなジョン・コナーが……という世界観なんですよ。この『ニュー・フェイト』でダニーを殺せたとしても、新たなダニーが登場するだけなんじゃないんですか? 『2』でスカイネットの本を根絶してもリージョンが開発されてしまったのと同じ。


最終戦争は起こらない!?
で、ですよ。そういう世界観ならば、もう人類とAIの最終戦争は起こらないと思います。

参照記事⇒AI自動運転社会は不可能・絶対無理と思う件

AIは通常「人工知能」と訳されますが、いまだに本当の意味での「人工知能」は開発されていません。現在「AI」と呼ばれているものは「恐ろしく計算の速い電卓」にすぎず、できることは四則演算だけです。最近話題の「量子コンピュータ」も異常に計算が速いだけで自分で問題を設定することはできません。

しかし、スカイネットやリージョンは自分の意思でターミネーターを開発し、過去に派遣して勝利しようと目論むのですから、真の意味での「AI」なのでしょう。

が、それならば、最終戦争は起こりません。

なぜなら、自分たちを敗北に追い込む救世主の本を絶とうとしてその母親を殺しても、結局新たな救世主が現れるなら遅かれ早かれAIは敗北します。

AIならそういことを素早く計算して「人類に戦争を仕掛けるのは得策ではない」という結論を弾き出すはずなんです。

だから、「運命は変わらない」のは、スカイネットを滅ぼしてもリージョンが……というところで止めないといけなかった。それなら誰を殺しにくればいいのかって? そんなのジョン・コナーに決まってるじゃないですか。


人類の救世主「ジョン・コナー」
john-conner

『2』でせっかく救ったジョン・コナーをあんなにすぐに殺してしまうなんて、という声がたくさんあるようですが、そういう感情論よりも、救世主はジョン・コナーひとりにしておかないとシリーズの物語が起動しないからダメだと思うわけです。

スカイネットを滅ぼしてもリージョンが開発される。リージョンを滅ぼしても新たなAIが開発される。それほど人類は愚かである。そんな人類の希望の星がジョン・コナー。AIはジョン・コナーの本を絶ってしまえばと何度もターミネーターを過去に送り込んで最終戦争に勝利しようと画策する。

それがキャメロンが監督した2本に共通する世界観だったはずなんです。

だから、このシリーズは『2』で終わるべきだったと強く思います。個人的には『1』だけで充分かな、と。『2』も好きですですけどね。

今回、仮にジョン・コナーを母親とT-800が救う話にしたら『2』と同じになってしまうし、何よりエドワード・ファーロングの顔が変わっちゃってるし。(つづく)


続きの記事
見せ方にも疑問 『ターミネーター:ニュー・フェイト』感想②


関連記事
『ターミネーター』第1作(アクション映画の古典!)
『ターミネーター2』(ラストがいまだにわからない!)

ターミネーター(字幕版)
アーノルド・シュワルツェネッガー
2019-07-01





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年11月04日

やっと見てきました、ヴェネチア金獅子賞『ジョーカー』(以下ネタバレあります)。

この映画と映画にまつわる情報は複雑に入り乱れていますが、私が遭遇した情報と感じたことを以下のように時系列で記していきましょう。そのほうがわかりやすいと思うので。

①友人から高名な脚本家が絶賛していると聞いた。
②映画鑑賞A主人公の「病気」に違和感を感じた。
③映画鑑賞B主人公に共感するところもあった。
④映画鑑賞C高名な脚本家の言は嘘ではないかと思った。
⑤映画鑑賞D後半はどんどん腹が立った。
⑥別の友人につまらなかったというと、アカデミー賞のノミネートは確実だろうと返信があった。
⑦いろいろ考えると「大いに納得」した。が、私はこの映画が好きになれない。

では、順番に行きましょう。


高名な脚本家
その人は脚本だけにとどまらず、演出も含めて分析する達人であり、私の友人は分析してほしいとお願いしたらしいのですが「俺の分析能力を超えている」と返ってきたそうです。あの人がそういうなら本当にすごいのだろうと期待が高まりました。


映画鑑賞A主人公の病気
joker3

主人公アーサー・フレックは精神を病んでおり「突然笑い出す病気です」というカードをもっている。

私はこの時点でかなり引きました。その後の描写や物語展開も含めて「病気」を盾に使ったり言い訳の材料にしていると感じたからです。

とはいえ、私自身、長く精神科に通院しており、病気を言い訳にしたことがあります。ならいいじゃないかって? そうはならないのが映画の、というかフィクションの難しいところです。

かつて長谷川和彦監督に自作シナリオを読んでもらったとき、主人公が自殺未遂したあと妹に助けを求めるシーンがあったんですが、ゴジさんはこう言いました。

「現実にこういう行動を取る人間はたくさんいるだろう。そういう人のことをとやかく言うつもりはない。でもフィクションにおいては、すぐ他人に助けを求める主人公には共感できない」

だから病人と設定され、しかも他人に理解を求めるカードまでもっている主人公に何ら感情移入できませんでした。

そもそもアーサーを「病人」に設定する必要があったのでしょうか。『タクシードライバー』の主人公トラビス・ビックルもベトナム後遺症に悩んでいることが暗示されていましたが、あくまで「暗示」であって、はっきり「病気」とは設定されていなかった。


映画鑑賞B主人公に共感した
とはいえ、主人公に共感してしまう場面もありました。福祉予算の削減で薬をもらえなくなるところ。私自身、常に薬を飲んでいるので薬を飲めないつらさはよくわかります。もし薬をもらえなくなったら……アーサーと同じような行動に出るかも、と。

つい先日、薬が飲めなくなりました。自分の意思で飲めなくなったのです。そのせいで体調をかなり崩してしまい、楽しみにしていたこの映画を公開から一か月遅れで見に行く羽目になりましたが、それはまた別の話。

私と違い、アーサーは周りの状況で飲めなくなる。社会への怨念を募らせても致し方ない。


映画鑑賞C高名な脚本家の言は嘘ではないか
後半、アーサーが母親から虐待を受けていたことが明らかになりますよね。ヒーターに縛りつけられていたとか。いくら何でもひどすぎ。体じゅう大やけどで心に一生消えない傷ができる。でもそれはとても安易なやり方だと思う。

くだんの高名な脚本家は「虐待とかDVとかいじめとか、そういうのなしで話を作るのは不可能なのか」とよく言っていました。理由を問うと「三面記事でよく目にするようなことをわざわざ劇場に行って見たいとは思わない」と言っていましたが、おそらくそれは建前で、本音は「そういう設定は安直だからやめなさい」ということだったと思う。

そんなあの人が、根っこに虐待を設定した映画を絶賛しているのはまったく理解できないし、嘘としか思えないのです。

虐待、DV、いじめ……要は暴力ですが、幼少期に暴力を受けたトラウマが怪物を作りあげる。これはもう『ハンニバル・ライジング』と同じあやまちを犯しているといって過言ではありません。


映画鑑賞D後半はどんどん腹が立った
主人公に共感するところもあったとはいえ、やはりこの映画には乗れない。

それどころか、病気だから、薬をもらえなくなったから、虐待を受けていたから、憧れの芸人に笑い者にされたから、という理由で人殺しを重ねる主人公がいやでしょうがなかった。

joker2

奇しくもかつてトラビス・ビックルを演じたデ・ニーロが殺される直前に言いますね。

「君は自分を憐れんでいるだけだ」

私にはまっとうな正論にしか聞こえなかった。が、あれを「うさん臭い正論」と捉える人も多いのでしょう。


SNS時代の承認欲求映画(秋葉原事件との類似性)
アカデミー賞ウォッチャーの友人に「こんな映画が今年の有力候補なの?」と問うと、「絶賛記事がたくさん出てるくらいだから候補入りは確実」と返ってきました。

そこで絶賛評を中心にいろいろ読んでみて……大納得しました。

「承認欲求」という言葉を見たからです。

確かにアーサーは社会から疎外され、承認欲求を得たがっている。この映画が絶賛されて大ヒットしているのもそれが要因なのだろう、と。

いまはツイッターやインスタで「いいね」をもらいたがる人が多いじゃないですか。私だってリツイートされたりいいねをもらうとうれしい。でも過度な期待は禁物だと常に自戒しています。ネット上で無視されて殺人を犯したのは秋葉原事件の犯人ですが、アーサー・フレックってあの犯人・加藤智大と何が違うのでしょうか。

そういえば、先日の災害で避難所に助けを求めたホームレスが門前払いされたことが非難されました。私もあってはならないことだと思うけれど、加藤智大はホームレスたちとは違って「疎外された」んじゃなくて「疎外されたと思い込んでいた」だけですよね? 周囲への過度な期待がそもそもの原因なのでは? 


joker1

アーサー・フレックも薬をもらえないなど社会から確実に阻害された面もあるとはいえ、トーマス・ウェインを父親だと思い込んで過度な期待をして門前払いの末に怨みを募らせたり、デ・ニーロとのあれやこれやもほとんど被害妄想でしょう。

私がこの映画の主人公を「ジョーカー」と呼ばず一貫して「アーサー・フレック」と呼んできたのは、ジョーカーという存在がアーサー・フレックの被害妄想の産物かもしれないからです。というか、物語のうちのどこまでが彼の現実でどこまでが妄想なのか判然としなかった。すべれがアーサーの妄想という解釈だって可能ですよね。あまりそういうの好きじゃないけど。

確実なのは、トーマス・ウェイン(ブルース・ウェイン=バットマンの父親)を殺したのはアーサー・フレックではなく、彼に感化された別の人間だったこと。彼やその他ピエロの恰好で暴徒と化した群集こそ「ジョーカー」なのでしょう。

いずれにしても被害妄想を根っこにしたこの映画を私は好きになることができない。

かつて「自分を憐れんでいただけ」の加藤智大は非難の集中砲火を浴びました。そしていま、フィクションの登場人物とはいえアーサー・フレックには共感する声が多い。

秋葉原事件から11年。11年で大きく変わったのはSNSの大流行でしょう。11年前より承認欲求の強い人間があのピエロの群集のような勢力になっていると思われます。

だから、ヴェネチアで金獅子賞とかアカデミー賞有力候補というのには大納得する、というわけです。「時代を象徴する映画」として。だから今年の「最重要映画」ともいえる。決して「最優秀」ではなく。


映像的には好き
joker4

この映画では被写界深度の浅いショットが多いですよね。被写界深度が浅いと被写体のすぐ手前やすぐ奥にピントが合わなくなります。カメラを被写体から離れたところに置いてズームレンズで寄るとそういうショットになるんですが、私は基本的にそういう画が好きなので、映像的にはとてもよかったと思います。

自宅やピエロの支度部屋など美術もよかった。室内ではタバコの煙、屋外では朝靄や蒸気など、スモーク類の多い映像も好きです。個人的にはもっとスモークを炊いたほうがよかったんじゃないかと思いますが。

ホアキン・フェニックスの肋骨が浮き上がるほど減量した役者魂にも頭が下がります。

でも私はこの映画がどうしても好きになれない。


Joker (Original Soundtrack)
Hildur Guonadottir
Watertower Music
2019-10-02





  • このエントリーをはてなブックマークに追加