聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

アクション

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(この新作は必要だったのか)

いまごろ見てるのかとか言われそうですが、ようやく見てきました。トム・クルーズの新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』。週刊文春の星取表で信頼する芝山幹郎さんが満点をつけていたので期待は高まるばかりでしたが……


Mission-Impossible-Fallout1

うーん、、、ちょっと私には退屈な映画でした。
そりゃ手に汗握ったシーンもありましたよ。芝山さんは「肉体と空間の共振が~」とアクションを絶賛しています。


Mission-Impossible-Fallout

そりゃこのシークエンスなんかは鳥肌ものでしたし、ビルの屋上を疾走してそのまま隣のビルに飛び移るのをカットを割らずに見せる場面など「映画の醍醐味とはこれよ!」と56歳とは思えないアクションを見せてくれましたが、それでも、クライマックスの「爆弾のタイムリミット」とか、それを解決する手段とか見せ方とか、あまりに独創性がなくて白けました。

それにジェレミー・レナーが出てこないのはなぜなんだろう、というか、ここからが本題です。

その前に、できればこちらの記事をお読みください。3年前の『ローグ・ネイション』を見たときに書いた記事です。


①私情で動くスパイたち
②ポーラ・ワグナーとの訣別
③最新作『ローグ・ネイション』でわかったトム・クルーズ真の狙い


私は上記の日記で「映画版『ミッション:インポッシブル』は、テレビ版『スパイ大作戦』に対する、20年の歳月をかけた壮大にして絶妙な批評だった」と結論しました。
自分たちを使い捨てにする組織を自分たちで再生する。それが『ローグ・ネイション』の物語の眼目であり、そこにこそトム・クルーズがこだわった「真にプロフェッショナルなスパイ」が描かれていると。

しかし、今度の『フォールアウト』では同じ悪役ソロモン・レーンが出てきて「国家はおまえたちを使い捨てにするだけだぞ」と言います。これについての答えはもう前作で出ているので、あまりに愚問ですね。ソロモン・レーンの言葉として矛盾はありませんが、前作までを見ている観客からすれば「いまごろ何を言ってるの?」ってなもんです。

『ローグ・ネイション』では、国家に使い捨てにされたことで復讐心を燃やすソロモン・レーンと、復讐など考えず粛々と組織の再生に力を合わせるトムたちの友情が描かれました。そのはざまで揺れ動く、ソロモン・レーンと同じ元MI6のスパイ、レベッカ・ファーガソン。
この構図は今回も変わりません。同じ設定、同じ悪役、主役たちにも変わりがなく、はざまで揺れ動く人物も同じ事情で揺れ動いている。これでは「いったい何のために巨額の製作費を注ぎ込んで映画を作ったのか」まったくわかりません。

やはり『ローグ・ネイション』で『ミッション:インポッシブル』はいったん終わったのです。新しい物語を語らなくてはならないはずなのに、アクションだけ盛大になって肝心要の物語は同工同曲というのでは、この3年間はいったい何だったんだろうと悲しくなります。

トム・クルーズもまだ元気とはいえ、次回作の頃には60歳近くですし、ここらで打ち止めにするのがいいんじゃないでしょうか。

奥さんミシェル・モナハンのかなり長い登場シーンもあったし、もういいのでは? もし次回作を作るとしたらトム・クルーズはもう60歳。いくら何でもあれ以上のアクションは無理でしょう。

嗚呼、こんなことなら『ローグ・ネイション』が完結編だったどんなによかったか。




『レディ・プレイヤー1』に感じた不満(サマンサの顔の痣)

スティーブン・スピルバーグの新作『レディ・プレイヤー1』。
昨日は興奮して絶賛記事を書きましたが(→こちら)今日は不満に思ったことをひとつ。


readyplayerone-samantha (1)

主人公ウェイドと恋に落ちるサマンサの顔の痣なんですよね。いや、痣があること自体がいけないのではないし、美しい顔が台無しだとかそういうことでもありません。

ジャッキー・チェンの確か『香港国際警察/NEW POLICE STORY』だったと思うんですが、顔に傷ができた恋人に「そんなのたいしたことない」とジャッキーがプロポーズしてめでたく結婚します。

私は正直な話、ウッソーーーー! と思いました。

『レディ・プレイヤー1』でも、顔に痣があることを気に病むサマンサに対し、ウェイドは「そんなことぐらい」とまったく気にしない感じで、ラストでキスしまくる場面でもまったく意に介していない。

私はここが不満なのです。

昨日の激賞文では「昔から語り継がれてきた『友情』『愛情』を大事にする」という通俗的なテーマが大変いいと書きました。この「人は見た目じゃない」というのもそれに属するものかもしれません。

しかし、、、

街中でたまに顔に傷痕ややけどの痕のある人を見かけますが、そのときハッとして目をそらしませんか? 「見てはいけないものを見てしまった」という感じで。

傷のある顔、特に女性の顔の場合は見るだけでものすごい罪悪感に駆られるんですよね。おそらく見られたほう、というか、目をそらされたほうも傷ついている。見知らぬ者同士でも多大なストレスに見舞われるのに、それが恋人同士とか夫婦とかだと毎日顔を合わせるわけだから相当なものでしょう。少なくとも私はその罪悪感に耐えられる自信がない。

確かに人は見た目じゃないけれど、この映画ではそこについて深く考えた形跡が少しもない。

愛する人の顔の傷や痣に耐えられるか否か。というのは、それだけで1本の映画や小説のテーマになりうる深いものを孕んでいると思う。それを「人は見た目じゃない」という一言で片付けてしまうのはいかがなものか。

考えた末に「人は見た目じゃない」となるなら、ぜんぜんいいんですが。



『レディ・プレイヤー1』(青臭い「昭和映画」の傑作!)

images

スピルバーグの新作『レディ・プレイヤー1』を見てきました。直近に見に行ったのが『ペンタゴン・ペーパーズ』なので、同じ監督の新作を続けて見に行ったことになります。どちらかが名画座の旧作とかじゃなくて、どちらも封切。映画を見始めて30年近くたちますが、たぶん生まれて初めてです。

さて、『レディ・プレイヤー1』は、かな~り面白かったですね。『ペンタゴン・ペーパーズ』では落とし穴にはまってしまったスピルバーグも水を得た魚のようにみずみずしい映画を作ってくれました。(『ペンタゴン・ペーパーズ』の私の感想はこちら→「正義は目を曇らせる」

のっけから度肝を抜かれました。できるだけ事前情報を入れないように予告編も目をつむってましたから。ただ、ツイッターで「オタク礼賛映画」とか「ガンダムが出てくる」などの情報を見てしまった。

とはいえ、これはオタク礼賛映画じゃないですよね。最終的にオアシスを受け継いだ主人公が火曜と木曜はオアシスを休みにして恋人との情事に耽るわけですから。「オタクたちよ、現実を取り戻せ!」という強烈なメッセージは逆にオタク批判なのでは? 批判というよりは激励かな。

それはともかく、この『レディ・プレイヤー1』は「スピルバーグにしか作れない映画」だと思いますね。
そう思う理由は3つで、「演出力」と「70を越えた爺さん」で同時に「永遠の子ども」であることでしょうか。

まず演出力。

1295322

のっけからこんな映像を見せられるのはスピルバーグだけでしょう。史上最高の映画作家かどうかはわかりませんが、その一人であることは間違いありません。

次に「70を越えた爺さん」ですが、この映画、2045年が舞台で、ヴァーチャルゲームにうつつをぬかしてばかりいる若者を主人公にしたSF映画のくせして、めちゃくちゃ「古いタイプの映画」ですよね。いや、「古い」というのはほめ言葉なんですよ。

以前、こんな日記を書きました。町山智浩と白井佳夫への反論(三幕構成と起承転結)

『HANA-BI』を見て「起承転結に則った映画はもう古い」と断じた白井佳夫と、『ダンケルク』について「従来の三幕構成は今後廃れるのではないか」と言った町山智浩はどちらも間違っているのではないかというものですが、スピルバーグは古典的三幕構成で新しい映画を作っちゃいましたね。

憶えているかぎりでこの映画の簡単な構成を書くと、

2045年の世界とオアシスの説明(15分、状況設定)
主人公ウェイドが最初の鍵をゲット(30分、プロットポイントⅠ)
サマンサ(アルテミス)との出逢い(60分、ミッドポイント)
ウェイドの演説によって百万の味方を得、IOIとの全面戦争に突入!(95分、プロットポイントⅡ)
ウェイドがオアシスを継承、サマンサとキス(130分、結末)

どうです。見事までの三幕構成。古典的ハリウッド映画の作法を自家薬籠中のものにしてきたスピルバーグならではの構成ですね。この構成にするためにカットしたシーンやショットも多いのではないでしょうか。

それから「古い」といえば、この映画ではいろんな昔の映画のタイトルが出てきます。

『シャイニング』
『ブレックファスト・クラブ』
『フェリスはある朝、突然に』
『サタデー・ナイト・フィーバー』
『ザ・フライ』
『アイアン・ジャイアント』

そして映画じゃないけど我らが『機動戦士ガンダム』!!

『アイアン・ジャイアント』以外はすべて80年代の作品ばかり。たぶん、スピルバーグとしては自分が少年だった頃の50~60年代の映画を使いたかったんじゃないかと推察しますが、「自分の映画で育った人たちには80年代の映画こそふさわしい」という判断だったのでしょう。
そして大事なのは、これらの映画を見たことなくてもタイトルを知らなくても物語の理解の妨げにならないこと。当たり前だけどとっても大事。

さて、80年代といえば日本では昭和。ガンダムも79年から80年にかけてだし。しかし、いままで「どのモビルスーツが好きか」という話を幾人としたかわかりませんが、みんなジオン軍のモビルスーツを挙げるのに、なぜ劇中の日本人は「ガンダム」なんでしょう? 地球連邦軍のモビルスーツが好きという人には会ったことないんですけど。(ちなみに私のお気に入りは「シャア専用ザク」と「ゲルググ」)

それはさておき、オアシスの創始者ハリデーが好きな女性とデートするもキスして次のステップに踏み出せなかったことがゲームを解く鍵になっていますが、サイモン・ペッグ演じる親友との訣別にはもっと後悔していた、というラストはよかったですね。「あなたこそ『バラのつぼみ』だった」というセリフもいい。

結局この映画は、友だちを大切にする、人を好きになる、それが大事という太古の昔から人間が語ってきたことを繰り返しているだけ。主人公ウェイドの「言葉にすると寒いと言われそうだけど、生きがい、友だち、愛」というセリフ。本当に寒いというか青臭いですよね。

でも青臭いからいいんですよ。70を越えてもいまだ子どもの心をもったスピルバーグだからこそこういうことを臆面もなく言える。結局、世界を変えるのはいつだって青臭いこと言ってる奴ですから。ホリエモンみたいな「金さえあれば何でも買える」なんて言う奴は大嫌い。この映画の悪役はまさにホリエモンみたいな奴でしたよね。

逆に、古臭い価値観が好きになれないという人もいるかもしれませんが、私は古いタイプの人間なのでこういうのは大好き。別に価値観とかそんなのは古風でいい。意匠が新しければそれでいい。


o1100073314088628769
どうです。この深みのある画面。同じヤヌス・カミンスキーでも『ペンタゴン・ペーパーズ』とはぜんぜん違う。

もちろん、いつもブイブイうるさい私のことだからこの映画にも不満はあります。でも、それはまた今度。(笑)

関連記事
『レディ・プレイヤー1』に感じた不満(サマンサの顔の痣)





最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード