新型コロナ

2020年05月16日

先日、BS1スペシャル『ウイルスVS人類③スペイン風邪 100年前の教訓』を見て驚愕しました。


スペイン風邪とナチス
AS20200426002463_comm (1)

1918年から20年まで約3年に亘って猛威を振るったスペイン風邪(英語ではスパニッシュ・インフルエンザ)のせいでナチスが誕生したというのです。

その前に、第一次世界大戦をドイツの負けで終わらせたのもスペイン風邪だったというから驚きです。

当時のドイツ軍の将軍が「ドイツはアメリカに負けたのではない。インフルエンザに負けたのだ」と言ったとか。

講和条約を締結するためのパリ講和会議では、ドイツに多額の賠償金を支払わせるべきだと主張するフランスと、もっと穏便に解決すべきだと主張するアメリカが激しく対立していたそうです。


wilson

アメリカのウィルソン大統領は何とかその線で押し切るつもりが、スペイン風邪にかかってしまいダウン。死にはしなかったものの、治って会議に戻った頃にはフランス派が優位で、ウィルソンもまだ体調が思わしくなかったので「フランスの言うとおりでいいでしょう」と妥協してしまったとか。

この結果、莫大な賠償金のせいでハイパーインフレが起こったドイツでは民衆の経済的困窮が続き、「ドイツ復活!」「ドイツ・ファースト」を掲げるヒトラーの登場を大歓迎したとか。

スペイン風邪がなくともヒトラーは登場していたでしょうが、登場しても、ベルサイユ条約がまったく違った形で締結されていれば、ヒトラーやナチスは歓迎されていなかったかも、という驚きの内容でした。


「歴史=his story by virus」?
ieyasu

歴史を意味する英語「history」は「his story」つまり、時代の支配者である男たちの物語のことだ、とはよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?

ベルサイユ条約やナチス、ヒトラーについて、スペイン風邪による影響なんていまのいままで知らなかったし、それらに関する本にもこれまで書いてあったためしがありません。

年初に放送された『100分deナショナリズム』で取り上げられていた『昭和維新試論』を読んだんですが、この本には原敬がどうのこうの、という記述がいくつかある。『ウイルスVS人類③』では、原敬がスペイン風邪にかかってその後の政治が変化したと言っていました。

しかし、『昭和維新試論』にはそのような記述は一切ありません。明治から昭和初期までを扱うこの書物は、スペイン風邪が大流行したことなど「まるでなかったかのよう」に書かれています。

それがダメだと言いたいのではなく、本当なら歴史は「his story by virus=ウイルスによる支配者の物語」として記述されるべきなのに、後半を捨象したのが巷間に流布されている歴史なのだということ。


人類はCOVID-19をいつまで憶えていられるか
images

『ウイルスVS人類③』では、スペイン風邪は一説によると1億人もの死者を出したのに完全に忘れられた、その要因のひとつは直後の1923年に起こった関東大震災だろう、と言っていましたが、別に大震災がなくとも忘れられていたんじゃないでしょうか?

喉元すぎれば熱さを忘れる。

緊急事態宣言がまだ出ているのに、早く企業活動を再開させないと、という考えから休業要請を解除し、そのために日本中の繁華街で人出が戻っています。

喉元すぎれば熱さを忘れる。

私は別にそれが悪いと言っているのではありません。人間とはそういうものだというだけの話。私自身、街なかへ繰り出したしね。

COVID-19(=新型コロナウイルスによる新型肺炎の正式名称)を我々はいつまで憶えていられるか。

ほんの少し前までは「自粛警察」が幅を利かせていましたが、休業要請解除の動きから一変、自粛警察のニュースなど見なくなりました。

それどころか、1年後には「自粛警察」がまったく違う意味で使われている可能性があります。自粛しない人や店を叩くのではなく、過度に自粛する人たちを叩く。

もうCOVID-19など過去の遺物だとばかり、三密を防ぐための新しい生活様式を厳守する人たちを叩きまくる可能性は充分あると思います。

それを防ぐためにも、我々は新型コロナウイルスやCOVID-19をいつまでも憶えていなくてはいけないし、COVID-19によって世界の歴史がどう変わったのかを記述し続けていかなくてはならないと思う次第です。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月04日

新聞の書評欄で興味深く取り上げられていた、イタリアの気鋭作家パオロ・ジョルダーノのエッセイ集『コロナの時代の僕ら』(早川書房)を読みました。


paolo

パオロ・ジョルダーノといえば、確かずっと前に新聞のインタビューで、

「書くことで世界を変えることはできないかもしれない。でも自分が変わることはできる」

という名言を語っていた人だと思います。(⇐あやふやですが、たぶん)

世界を変えることはできないかもしれない、でも自分が変わることはできる。だいぶ消極的ですが、自分が変わることで世界を変えることを希求する気持ちはよく理解できました。

しかし、この数年でだいぶ考えが変わったようです。この『コロナの時代の僕ら』は積極的に「世界を変えよう」という意志にあふれています。


僕は忘れたくない
20200410-paologiordano_panel

訳者が言っているように、最後に置かれた「コロナウイルスが過ぎたあとも、僕が忘れたくないこと」と題された著者のあとがきが一番印象深い。日本版にだけ特別に掲載が許可されたとか。(なぜだろう)

マーティン・ルーサー・キングのあの有名な「私には夢がある」という演説のように、印象的なリフレインがあります。(以下、一部抜粋)


・僕は忘れたくない。最初の数週間に、初期の一連の控えめな対策に対して、人々が口々に「頭は大丈夫か」と嘲り笑ったことを。

・僕は忘れたくない。結局ぎりぎりになっても飛行機のチケットを一枚キャンセルしなかったことを。この自己中心的で愚鈍な自分を。

・僕は忘れたくない。頼りなくて、支離滅裂で、センセーショナルで、感情的で、いいかげんな情報が、今回の流行の初期にやたらと伝播されていたことを。

・僕は忘れたくない。今回の緊急事態があっという間に、自分たちが、望みも、抱えている問題も、それぞれ異なる個人の混成集団であることを僕らに忘れさせたことを。

・僕は忘れたくない。ヨーロッパが出遅れたことを。遅刻もいいところだった。

・僕は忘れたくない。今回のパンデミックそのものの原因が秘密の軍事実験などではなく、自然と環境に対する人間の危うい接し方、森林破壊、僕らの軽率な消費行動にあることを。

・僕は忘れたくない。パンデミックがやってきたとき、僕らの大半は技術的に準備不足で、科学に疎かったことを。

・僕は忘れたくない。誰かを元気にするどころか、自分すらろくに励ませなかったことを。


ヨーロッパが遅刻もいいところなら日本はどうなるのか、とも思うけれど、いまそれは措きます。

著者はこのような文章を書くことで、まず自分自身がコロナ以前に逆戻りしないよう厳しく戒め、変わろうとしている。そしてこの文章を公にすることで周りを、世界を変えようとしていることに感動しました。


コロナ以前/以後
そして著者はこう問いかけます。

「すべてが終わったとき、本当に僕たちは以前と同じ世界を再現したいのだろうか?」

いま日本ではコロナ騒動にかこつけて「学校の9月入学」を実現しようと躍起になっている人たちがいます。

私は賛成であり同時に反対です。

小中高大すべてを9月入学にするなら、単に世界と足並みをそろえるというだけの話でしょう? 留学生を受け入れやすくなるという皮算用だけでしょう?

高校の卒業式直前の学年集会で、ある教師がこんなことを言いました。

「君たちの中から将来この国の中枢を担う人材が出たら、そのときは大学の入学を9月に変えてもらいたい」

そうすれば、高校を卒業してから受験勉強しても間に合うし、おそらく7月と8月は夏休みでしょうから、大学卒業は6月末くらいですよね。そこから就職活動を始めて次の年の4月に入社。という考え。

つまり、大学の入学時期だけを9月に変える。それだけで3年間の高校生活も4年間の大学生活も充分エンジョイすることができる、という主旨でした。

いまの議論には学生たちのためを考える気持ちがないように思われるのは私だけではないでしょう。確かにコロナ以前とは違う世界を生み出そうとしていますが、形だけ変えようとしているように感じられます。

私が高校を卒業したのはバブル真っ盛りの頃で、日本中が浮かれていた。そういうときでさえ冷静に考えている人が確実にいた。

いま、現代人のほぼ全員が初めて直面する未曽有の事態が起きているのだから、せめてパオロ・ジョルダーノが数年前に語っていたように、「自分を変える」ところから始めていただきたい。

世界を変えることはできないかもしれない、でも自分が変わることはできる。

これはやはり「自分が変わることで初めて世界を変えることができる」という意味でしょう。

政治家のみなさんにはぜひ「あなた自身がまず変わってください」と言いたい。



見ず知らずの人への礼儀
いまは街なかや電車の中など家の外ではマスクをするのがエチケットになっています。マスクをしてないだけで白い目で見られる。

何しろ、移される危険性もありますが、知らず知らず自分がウイルスをもっていて移してしまう危険性もあるん。だからマスクをするのがエチケット。

こういう「見ず知らずの人に対するエチケットやマナー、礼儀」というのはコロナ以後の世界でも続いてほしい。

常にマスクをつけるという意味ではなくて、例えば、先日ニュースでやっていた、ゴミ収集車の人へ感謝の手紙ををつけてゴミを出すとか、そういうの。

いままでゴミ収集業の人たちは「生活の中の黒子」でしかなかったはずですが、いまは「ごみを収集してくれる人がいるから自分たちの生活が成り立っている」ことをみんな痛感している。それはコロナ以後も忘れてはいけない。

そして、自分の軽率な行動が見ず知らずの人に迷惑を及ぼすかもしれない可能性について、ずっと敏感でいたい。

そんなことを考えさせてくれる良書でした。


コロナの時代の僕ら
Paolo Giordano
早川書房
2020-04-24








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月02日

okamura

ナインティナインの岡村隆史が、

「コロナ騒動が終われば金に困った美女が風俗に殺到しますよ。チャンス到来!」

みたいなことをラジオで発言して大炎上しました。


言ってはいけないこと
私自身もあれは言ってはいけないことだと思いました。

何しろ、いま世界中で倒産と解雇の嵐で、世界大恐慌以来の超不景気到来と言われています。いろんな人がお金に困るでしょうから美女が風俗に殺到するのは確かでしょう。でもそれを待ち望んでいる、つまり他人の不幸を心待ちにするかのような発言は完全にアウト。不快感を禁じえませんでした。

しかし……

岡村を番組から降ろせとか、他番組である『チコちゃんに叱られる』からも降ろそうという署名運動が行われていると聞いて、途端にきな臭いものを感じました。

署名活動をやっている女性の文章も読みましたが、違和感を感じずにはいられませんでした。


買春は「搾取」なのか
1-2

その人の文章では「男が女を買うのは性的搾取だ」とありました。

そりゃ、借金のカタに仕方なく売ってる人もいるでしょうが、将来お店をもちたいからその資金に、とか、遊ぶお金がほしくて、とか、単に興味本位で、という女性もいますよね。私はそういう人たちを実際に買ったことがあるから知っています。

「気がついたらこの店に連れてこられてた。でも借金じゃない」なんてことを言った子もいましたが、さすがにそれは嘘でしょう。借金が理由で、となると性的搾取になるのかもしれませんが、手軽に稼げるからという理由で売春している人を買うのは別に搾取でも何でもないでしょう。単なる金銭と商品+労働力の交換です。

「でも、借金のカタに仕方なく、という人は大勢いるだろうし、岡村の言うようなコロナのせいで困窮して仕方なくという人も終息時にはかなりの人数出るはず、それは搾取に決まっている」

という声が聞こえてきそうです。

それは確かにそうかもしれません。

しかし、それなら、仮に女が男を買う店があったとしたら、それも性的搾取になるんですよね?

実際にそういう店があるのかどうか知りません。本や映画の中でしか見たことがない。

でも、ずっと以前、職場の女性でこんなことを言った人がいました。

「何で女が男を買う店ってないんですかね? 私はあっていいと思うんですよ。男だけが買えるっておかしくないですか?」

この人は男女平等の観点から「女にも性的搾取をさせろ」と言っていたのでしょうか?

その人は続けて言いました。

「男だけが楽しむなんて不公平だ。女も楽しみたい」

そういうことを平気で言う放縦なところのある人ではありましたが、普通に結婚している家庭人で、ごく普通に仕事をこなす労働者でした。

そういう人でも「男女平等の観点から」女にも買春させろと言ってはばからない人がいるのです。男が女を買う行為が性的搾取なら女が男を買う行為も同様になりますが、それでいいんでしょうか。


売りたい男もいる
ESlyxkiVAAEQr12 (1)

映画や本で描かれる女性相手に体を売る男娼は性的搾取を受けているんでしょうか? 

正直に告白しますが、私自身、そういう仕事があるならやりたいと思ったことありますよ。かなりお金に困っていたとき。でも「たまには男が相手のときもある」と知ってそれ以上調べるのをやめました。というか、かりに女性相手だけだとしても、ほんとにそういう店で働いたかどうかとなるとかなり疑問です。

それはやはり実家暮らしだったからでしょう。別に仕事がなくても死にはしなかったから。

でもいまは独り暮らしだから困窮してどうしようもなくなったらそういう仕事があればやりたいというか、やらざるをえないですね。それは岡本が言うコロナ後の美女たちと事情は同じ。まだ女性のほうがそういう働き口がたくさんあるからうらやましいくらい。男娼なんかほんとに存在するとしてもめちゃくちゃ狭き門でしょう。

最初に書いた通り、岡村の発言は他人の不幸を待ち望むものだから絶対に許してはいけません。

が、性風俗産業そのものが性的搾取だからやめろ、というのもまた私は容認しがたい。


岡村発言の「真偽」
売春業に従事しないと生きていけない人はどうすればいいのか。実際、コロナ終息後にはそういう人がたくさん出ますよね。

岡村の発言は許しがたいという意見は私も含めて大多数派ですが、「こんな子が風俗で働いてるなんて、と驚くような美女が殺到する」という未来予想図に関しては誰も異論がないようです。発言の「是非」にはいろんな意見があるようですが、未来予想図の「真偽」に関しては誰もが「真」だと思っている。

ということはですよ、もし岡村発言がなく、コロナ終息後に『5時に夢中!』みたいな番組で、

「コロナで生活に困った女性が風俗に殺到しているらしい。かなりの美女も結構いるみたいで男たちはウハウハなんだって」

みたいな発言があったとしても、そうだろうね、世の中そういうもんだろうね、と考える人が大多数派だということですよね? 岡村のように「自分にとっておいしい未来かつ他人にとって不幸な未来」を志向しているのではなく、現状を説明しているだけの言葉だからケチのつけようがないはずです。

ということは、性風俗産業は性的搾取だから云々かんぬんという論調も、岡村発言がなかったら出てこなかったということじゃないんですか? 実際に借金のカタに体を売らされている女性は昔からずっといるのに、失言がなければ声を出さないというのは、私には「他人の尻馬に乗っている」だけのように感じられます。


「最終手段」は認めてほしい
私がコロナ終息後に「今日食うものもない」という状態になったとしたら、「性的搾取でも何でもいいから稼ぎたい!」と強く思うでしょう。

今回岡村に番組降板を要求すると息巻いている人たちは、「自分が体を売らないといけない羽目になる」という可能性を最初から除外しているように感じられます。私が感じる違和感の正体はそこです。

性風俗産業自体をなくすべき、という意見も聞こえてきますが、それは明らかな間違いでしょう。

だって、岡村の未来予想図の真偽に関しては誰も異論がない。「世の中そういうもの」であるなら、そういう世の中を維持しないと今日食う物もない人はいったいどうしたらいいんですか。

売買春のない世界というのは一見「正しい世界」に見えるけれど、本当は誰もそんなもの望んでないし、そんな世界が実現するとも思ってないでしょう。「男を買ってみたい」という女性だっているんだから。

それに、食うものもない、住むところもない、着るものもない、でも、最後に売るものがある、という「最終手段」が認められているほうがぎりぎり踏ん張れそうじゃないですか。ただ、男の場合、女よりも需要が少なそうなので心細いですけど、でも認められていれば何とかなりそう、とは思える。

そうならないように常日頃から貯金をして……なんて正論はコロナ相手には通用しません。この状態がいつまで続くかわからないのですから。

私たちはいま誰もがみんな、この体を売るしかなくなるかも、という非常事態に直面していることを肝に銘じるべきだと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加