新型コロナ

2020年06月07日

いま脳科学者・中野信子先生の『空気を読む脳』を読んでいて、まだ最後まで読んでないんですが、途中にセクシュアリティの話があって、セクシュアリティは脳に先天的に埋め込まれているのか否か、みたいなことが書いてあります。


kuukiwoyomunou

同性愛遺伝子
結論から言うと、同性愛を促す遺伝子というものがあって、生得的なものではなく先天的なものだそうです。

同性と愛し合うと子孫を残せないのになぜそんな遺伝子があるかというと、繁殖には役立たないけれど、群れの行動を円滑に進めるのに同性愛遺伝子は非常に役立つそうです。

よく女子の間でも、普通の男よりゲイのほうが女の気持ちがわかる、とか言われますが、そういう性質が共同体や組織を維持するのに役立つんだそうです。

それはそれでよくわかるんですが、それはあくまでも人間だけの話だろうと思っていたんですよね。


動物のほうが活発な同性愛者⁉
e862062c

『空気を読む脳』にはアッと驚く為五郎な話が書いてあって、何とアホウドリの3分の1はレズだとか、オス同士でしか交尾しないオウサマペンギンの話が書いてあって目からうろこでした。人間では5~15%が同性愛者らしく、『世界が100人の村だったら』という一世を風靡した絵本にも、

「世界が100人の村だったら、11人が同性愛者」

と書いてありました。つまり11%が同性愛者らしい。でも、欧米の若者の意識調査では、何と30~50%もの人が「自分はストレート(異性愛者)ではない」と回答したとか。

それはともかく、ゴリラも同性愛をするというのは、京大総長で霊長類学者の山極寿一さんの著書を読んで知っていましたが、鳥類でも⁉ とびっくり。

しかももっと驚いたのは、何とショウジョウバエの世界でも同性愛があるとかで、どうも同性愛遺伝子というのは、霊長類や脊椎動物といった高等動物特有の現象ではなく、生物全体に不可欠なもののようです。


同性愛は子孫繁栄に寄与する⁉
同性愛者男性の女性親族は、ストレート男性の約1.3倍の子どもがいるそうです。

この理由はまだ定かではないそうですが、同性愛の伯父または叔父がいる女性は性的に早熟になる可能性が高いと仮定すると辻褄が合うとか。

これは実験でも明らかにされつつあるらしく、ある昆虫を人工的に交配して同性愛遺伝子をもつ昆虫のグループを作ると、この遺伝子グループでは異性の繁殖力が高いことが判明したとか。

ここらへんの記述で「一方の性」「他方の性」「異性」というのが何を指すのか何度読んでも判然としない箇所があり、十全には理解できていません。

が、つまるところ、同性愛者の伯父または叔父は血縁者の子育ての手伝いをよくするため、自分自身は子どもを作らなくても、その遺伝子が後世に残りやすい、と。これを「ヘルパー仮説」または「ゲイの伯父(叔父)仮説」というらしい。

ともかく、2年ぐらい前に杉田水脈が言っていた「LGBTは生産性が低い」という言葉は科学的に否定されました。そもそも倫理的にアウトですがね。


新型コロナだって
images

昔懐かしい岸田秀の『ものぐさ精神分析』には「人間は本能が壊れているから同性愛などが起こる」と書いてありましたが、それはもう完全に過去の話。ゴリラだって同性愛に走るし、アホウドリも、はたまたショウジョウバエも!

しかも同性愛遺伝子があったほうが自分の遺伝子をたくさん残しやすいと。これはかなり意外。

そのような複雑な機構を大自然はどのようにして考え出したのか。こういうことを知ると、

「神はいるに違いない」

と私なんかは思ってしまうし、実際、科学者(特に物理学者や天文学者)は神を信仰しているらしいですが、同性愛という直接的には子孫を作らない、つまり自分の遺伝子を残さない形態が、実は自分の遺伝子を多く残すことができる。

こんなの仮に神がいるとしてもどうやって考えたのか。

大自然の摂理はこのように複雑怪奇なうえにものすごく合理的。

とすれば、新型コロナウイルスも人間にとっては理不尽な存在ですが、地球全体にとっては合理的な存在なのでしょう。

いや、もしかしすると人間にとっても合理的な存在なのかもしれない。中世のペストのおかげで教会の権威が失墜し国民国家が誕生したように、今回の新型コロナが資本主義か民主主義か何かはわかりませんが、いま人類を縛っている体制を終わらせ、新しい経済体制あるいは政治体制を生み出すのかもしれません。

同じことを以前にも書きましたけど。


空気を読む脳 (講談社+α新書)
中野信子
講談社
2020-02-20





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月31日

手越祐也が無期限活動自粛という処分を下されました。

tegoshiyuuya

自粛期間中に一度ならず二度、三度と酒席を設けていたのが理由だそうで、そりゃできるだけ三密を回避しなくちゃいけないときに軽率すぎるという非難は的を射ているでしょうが、そこまで叩かれないといけないこととは到底思えないんですよね。

社会学者の古市憲寿は、検察庁法改正で危うく定年延長されそうだった黒川某の賭け麻雀のほうがよっぽどヤバい案件であって、手越の件はそこまでバッシングする必要があるのかとまっとうな意見を述べていました。


yamadatakayuki

山田孝之も活動自粛までは追い込まれてはいないけれど、祖母のいる沖縄に家族で旅行に行っていて非難されましたよね。

先週のワイドナショーで中尾明慶が「高齢の人がいるからこそ行っちゃダメだと思うんですよ。感染させちゃうかもしれないわけだし」と言っていましたが、これも至極まっとうな意見だと思う反面、本当にそうか? と思ってしまったのも事実。

だって、「こういうときだからこそ」会いたかった可能性もあるじゃないですか。山田孝之が会いに行かなくても近隣の誰かから移されて死んでしまうリスクは充分ある。そしてもし感染して死んだらもう二度と対面できないんです。死に顔にも会えないんですよ。その前に会っておきたかったという可能性はある。

私たちは、志村けんが死んだときのニュースにもっと驚き、憤るべきではなかったか。


shimuraken

死体からも感染する可能性がある。だから対面させない。それは至極まっとうな対処の仕方に見えるけれども、実は至極非人間的な対処ですよね。死に顔にさえ会わせないんだから。まるで戦争で死んだ息子が骨になって帰ってきたみたい。志村けんのお兄さんも、岡江久美子の旦那・大和田獏も同じような苦言を呈していました。それってどうなの、と。

ちょうど一週間前、BS1スペシャルで「コロナ新時代への提言 ~変容する人間・社会・倫理~」(6月3日深夜に再放送予定)という番組が放送されました。


nhkspecial_covid19_3_1

左から哲学者の國分功一郎さん、霊長類学者で京大総長の山極寿一さん、歴史学者の飯島渉さん。

一番印象的だったのは『中動態の世界』のインパクトがいまだに強烈な國分功一郎さんの言葉でした。

イタリアの哲学者、ジョルジョ・アガンベンが、次のようなことを言ったというんですね。

「生き延びることだけが唯一絶対の正義という社会とはいかがなものだろうか。死者は遺族にも会えず葬儀もしてもらえない。これは『死者の権利』の蹂躙である」

この発言はヨーロッパ中で大炎上したそうです。感染を広げないためには当たり前のことではないか、と。

でも、疫学的には当たり前のことであっても、もう一度そこを疑ってみようよ、というのがアガンベンの主張らしく、國分さんも100%アガンベンの主張に同意しているわけではないみたいですが、「哲学者とは人々にとってのアブのような煙たがられる存在のこと」というソクラテスの言葉を引き合いに出し、いまこういう炎上発言をするアガンベンは本物の哲学者と言っていいだろうということでした。傾聴に値します。

感染を広げないことはいま何よりも重要かもしれない。でも、「それだけが重要」になってはいけないと強く思います。

疫学的なものの見方だけがすべてではない、というのはいま構想中の小説にも活かせそうです。感謝。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年05月16日

先日、BS1スペシャル『ウイルスVS人類③スペイン風邪 100年前の教訓』を見て驚愕しました。


スペイン風邪とナチス
AS20200426002463_comm (1)

1918年から20年まで約3年に亘って猛威を振るったスペイン風邪(英語ではスパニッシュ・インフルエンザ)のせいでナチスが誕生したというのです。

その前に、第一次世界大戦をドイツの負けで終わらせたのもスペイン風邪だったというから驚きです。

当時のドイツ軍の将軍が「ドイツはアメリカに負けたのではない。インフルエンザに負けたのだ」と言ったとか。

講和条約を締結するためのパリ講和会議では、ドイツに多額の賠償金を支払わせるべきだと主張するフランスと、もっと穏便に解決すべきだと主張するアメリカが激しく対立していたそうです。


wilson

アメリカのウィルソン大統領は何とかその線で押し切るつもりが、スペイン風邪にかかってしまいダウン。死にはしなかったものの、治って会議に戻った頃にはフランス派が優位で、ウィルソンもまだ体調が思わしくなかったので「フランスの言うとおりでいいでしょう」と妥協してしまったとか。

この結果、莫大な賠償金のせいでハイパーインフレが起こったドイツでは民衆の経済的困窮が続き、「ドイツ復活!」「ドイツ・ファースト」を掲げるヒトラーの登場を大歓迎したとか。

スペイン風邪がなくともヒトラーは登場していたでしょうが、登場しても、ベルサイユ条約がまったく違った形で締結されていれば、ヒトラーやナチスは歓迎されていなかったかも、という驚きの内容でした。


「歴史=his story by virus」?
ieyasu

歴史を意味する英語「history」は「his story」つまり、時代の支配者である男たちの物語のことだ、とはよく言われますが、本当にそうなのでしょうか?

ベルサイユ条約やナチス、ヒトラーについて、スペイン風邪による影響なんていまのいままで知らなかったし、それらに関する本にもこれまで書いてあったためしがありません。

年初に放送された『100分deナショナリズム』で取り上げられていた『昭和維新試論』を読んだんですが、この本には原敬がどうのこうの、という記述がいくつかある。『ウイルスVS人類③』では、原敬がスペイン風邪にかかってその後の政治が変化したと言っていました。

しかし、『昭和維新試論』にはそのような記述は一切ありません。明治から昭和初期までを扱うこの書物は、スペイン風邪が大流行したことなど「まるでなかったかのよう」に書かれています。

それがダメだと言いたいのではなく、本当なら歴史は「his story by virus=ウイルスによる支配者の物語」として記述されるべきなのに、後半を捨象したのが巷間に流布されている歴史なのだということ。


人類はCOVID-19をいつまで憶えていられるか
images

『ウイルスVS人類③』では、スペイン風邪は一説によると1億人もの死者を出したのに完全に忘れられた、その要因のひとつは直後の1923年に起こった関東大震災だろう、と言っていましたが、別に大震災がなくとも忘れられていたんじゃないでしょうか?

喉元すぎれば熱さを忘れる。

緊急事態宣言がまだ出ているのに、早く企業活動を再開させないと、という考えから休業要請を解除し、そのために日本中の繁華街で人出が戻っています。

喉元すぎれば熱さを忘れる。

私は別にそれが悪いと言っているのではありません。人間とはそういうものだというだけの話。私自身、街なかへ繰り出したしね。

COVID-19(=新型コロナウイルスによる新型肺炎の正式名称)を我々はいつまで憶えていられるか。

ほんの少し前までは「自粛警察」が幅を利かせていましたが、休業要請解除の動きから一変、自粛警察のニュースなど見なくなりました。

それどころか、1年後には「自粛警察」がまったく違う意味で使われている可能性があります。自粛しない人や店を叩くのではなく、過度に自粛する人たちを叩く。

もうCOVID-19など過去の遺物だとばかり、三密を防ぐための新しい生活様式を厳守する人たちを叩きまくる可能性は充分あると思います。

それを防ぐためにも、我々は新型コロナウイルスやCOVID-19をいつまでも憶えていなくてはいけないし、COVID-19によって世界の歴史がどう変わったのかを記述し続けていかなくてはならないと思う次第です。











  • このエントリーをはてなブックマークに追加