プチ情報

2019年06月02日

今日のワイドナショーで「禁欲ボックス」なるものが紹介されていて、やたら興味をもちました。


D8BagV_U8AATPwH

何でも、お菓子やお酒、スマホや現金など、しばらく我慢したいときに入れておく箱だとか。最短1分から10日間までの幅広い時間設定をすることができ、設定した時間が来るまで絶対開かないとか。壊せば開けられることは開けられるけれども、スマホだと壊れる可能性があるし、何よりこの禁欲ボックスは価格が1万円もするとかで、せっかく大金出して買ったものを壊すことにためらいをもってしまい、禁欲完遂! ということが多くて大好評とか。

古市憲寿は大好物のチョコレートを入れて使っているそうです。放送中にスタッフに用意されたチョコレートを無意識に3個も食べていて、あそこまで好きならこういう箱を使ったほうがいいのかも。いくらチョコレートは健康にいいといっても、食べすぎはね。

調べてみると、この禁欲ボックス、商品名は「タイムロッキングコンテナ」というらしく、アマゾンで検索してみると、ほんとに1万円を超える価格設定で、ある芸人が紹介したところ、2,3か月で売れる量がたった3日で売れてしまったとかで、現在、常に品薄の状況だそうです。


b85787959a75e13606cf03a7169951ad (1)

昔、ホテルの客室清掃をやっていたときのことですが、そのホテルには「ファスティング」というサービスがありまして、ファスティングとはfasting、つまり断食のこと。朝食を意味するbreakfastがfastをbreakする、つまり夜中の半日近い断食を破ること、というのは結構知られてますよね。

話を戻すと、ファスティングというサービスは、ダイエットしたい人や断食して健康になりたい人のために「お客さんを軟禁するサービス」なんです。一週間ぐらい自分から軟禁してくださいと大金を出して泊まりに来るんですよ。いくらかは知りませんが、スイートルームに置いてあるアメニティと同じもの、例えばロクシタンのスキンケア用品とかを常に用意せねばならないので結構な額だと思います。

ただ、我々清掃会社の人間はいつも言っていました。

「自分から軟禁してもらわないと断食できないんじゃ、ファスティングが終わって自分ちに帰ったらリバウンドで大変だろう」

「そもそも、軟禁といっても部屋から出ようと思えば出られるわけだから近くのコンビニで食べ物を買うことはできる。意味ないのでは?」

まぁ一番でかい声で言っていたのは私ですがね。だから当時の私がタイムロッキングコンテナの存在を知ったら「こんなものを大枚はたいて買う奴はバカ」とせせら笑っていたかもしれません。


ダウンロード

でもいまは違います。古市ほどじゃないけどお菓子が好きでね、買い置きというのができないんですよ。おかげでちょっと前の健康診断でまた肝臓の数値が悪く、軽い脂肪肝に戻ってしまったようです。昔は実家暮らしであんまりたくさん食べると文句言われてましたが、いまは一人だから食べようと思えばいくらでも食べてしまう。自分の欲望から逃げたくても逃げられない。

だから最近は脂肪をたくさん含んだお菓子は買わないようにしています。買ったらその日のうちに全部食べちゃうから。せんべいみたいな脂肪のほとんどないものでも食べすぎはよくないでしょ。だから、あまりおいしくないせんべいを買い置きしておくんですよ。それならいっぺんに全部食べずにすむから。でもやっぱりたまにはおいしいものを食べたくて買っちゃうんですよね。

そういうときに、、、

hl9OAPPiRFKH._SX300__

こういう感じで12時間とか24時間後まで開かないと設定すると万事OK!

現金も入れておけばファスティングの客みたいに外へ買いに行くこともできない。突発的に金が必要になったら困りますが。

スマホみたいに自分のものが1個しかなく、他のもので代替できないもののほうが効果は高いのでしょう。受験生なんかはこういうのがあったほうがいいでしょうね。勉強させたい親は1万円でちゃんと勉強してくれるのなら安いもの、と買ってあげるでしょう。私は少しもスマホ中毒じゃないから必要なし。必要なのはやっぱりお菓子ですね。

ただ、貧乏な私の場合、1万円というのはかなり高価。壊せない価格設定というのはわかるけど、初期投資として1万は高すぎる。

というわけで、私はやっぱり買わず(買えず)「できるだけお菓子を買わない」というアナログな対処法しか無理なようですが、欲望が肥大しすぎた現代人に「禁欲ボックス」が必要であることは間違いないし、爆発的に売れているのも大納得です。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年01月02日

もう何年も前に働いていた職場で、

「姪の子どもは何という続柄なのか」

という疑問を口にする人がいました。続柄によって処理が変わってくる職場だったのでね。

で、調べてみると、このような家系図と出会いました。


d0092767_5453817

姪子ではなく「姪孫」
おわかりのように、姪の子は姪の孫と書いて「姪孫(てっそん)」といいます。

え? 姪の孫じゃなくて姪の子どもなんだけど。姪孫じゃなくて「姪子(てっし)」にして、その子どもを姪孫にしたほうが理に適っているのでは? と思った方も多いことでしょう。私も当時疑問に思って調べてみました。簡単なことでした。

「姪子」と書いて「めいっこ」と読むらしいんです。姪っ子の「っ」が省かれたんですね。「めいっこ」といえば姪のことですから、姪の子どもも姪子と表記した場合、文脈や状況によって「めいっこ」と読んだり「てっし」と読んだりしないといけなくなる。それは不便だから「姪孫」にしたのでしょう。

姪孫の孫は「まご」ではなく、子孫という意味だと思います。

ただ、ここで大きな問題があります。


甥の子どもは何というの?
実は甥の子どもも「姪孫」なんです。

なぜ???

と疑問を抱くのが普通だと思います。これについてはいくら調べてもわかりません。一応、甥の配偶者は(義理の)姪ですからどちらも姪の子どもと考えることもできます。

でもなぜ「甥孫」じゃないのか? という疑問が湧きます。

これはただの推測ですが、日本では(世界のいろんな地域で多いですが)大昔は女系社会だったからじゃないか、という理由です。でも、それは関係ないという人もいて、本当によくわかりません。

ただ、姪の子どもと甥の子どもを区別する呼び方もあります。


又甥・又姪
又従兄弟の又をつけて、甥の子どもなら「又甥(またおい)」、姪の子どもなら「又姪(まためい)」というそうです。これならわかりやすい。

ただ、これと似た言い方でぜんぜん違う意味のものもあります。


大甥・大姪
これはおそらく姪孫から見た自分が大伯叔父・大伯叔母だからその逆ということなのでしょうが、一見すると大甥が甥の子ども(つまり又甥)、大姪が姪の子ども(又姪)のような気がしますが、実は違って、甥の子どもだろうが姪の子どもだろうが、その子の性別が男なら「大甥」、女なら「大姪」となるそうです。兄弟姉妹の孫息子か孫娘か、ということですね。

ややこしいから全部「姪孫」にしてしまえばいいと私は思うのですが、おそらく、もともとは姪孫という呼び方しかなかったと思われます。

だって姪孫が一番、漢語っぽいでしょ? こんな言葉は漢字の本場でしか思いつかない。又甥、大甥なんていかにも亜流という感じ。

姪孫しか呼び方がなかったけれど、それではその子が男か女かわからない。甥の子なのか姪の子なのかもわからない。そこで又甥・又姪、大甥・大姪という言葉を作ったのだと思われます。

父母、祖父母、兄弟姉妹、伯父・叔父、伯母・叔母、従兄弟・従姉妹など、だいたいの続柄は性別や年上かどうかとかもわかりますけど、姪孫だけはわかりませんから。

とはいえ、なぜ甥の子どもも姪の子どもと同じ「姪孫」なのかという謎だけは残ってしまいますがね。(笑)










  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月03日

昨日の『この差ってなんですか?』で、なかなか興味深い話を見ました。

「二郎」と「次郎」の違いは何か。

うーん、、、どちらも二番目に生まれた男の子だと思ってましたが……違うの?

まず、「太郎」「次郎」「二郎」「三郎」というのはすべて正式な名前ではなく、「通称」であるということ。昔は幼名から大人になるまで何度も名前を変えていました。

平安中期に武士が登場してからのことらしく、例えば源頼朝は三番目、弟の義経は九番目の男の子だったから、それぞれ「三郎」「九郎」という幼名だったそうです。確かに「九郎義経」っていいますもんね。

さて、「二郎」と「次郎」の違いですが……

どうも、「次郎」のほうが二番目に生まれた男の子なんだそうです。一番目は跡取りだからたくましく育ってほしいという理由で「太郎」とつけ、その次の跡目を担うから「次郎」だと。そして「三郎」「四郎」「五郎」……と続いていく。

じゃ、「二郎」は?

実は、十一番目が「一郎」、十二番目が「二郎」なんだそうです。

なぜか。「十」という字は切腹のとき十文字に腹を切るので縁起が悪いということで使いたくなかった。で、「十」を省略して「一郎」「二郎」と名付けたんだとか。

じゃあ、十三番目はどうなるんだ、という疑問が湧きますが、その場合は「又三郎」「与三郎」となづけたそうです。なるほど、風の又三郎や切られ与三郎は十三番目の男の子だったのか。

ちなみに「七」という数字も縁起が悪かったそうです。「十」と「七」って似てますよね。十文字に切った腹から内臓がはみ出ている図に見えるから「七郎」と名付けるのは嫌われた。

その場合は、七を三と四に分けて「三四郎」にしたそうです。なるほど!


蛇足
ラーメン二郎というラーメンチェーン店がありますが、あれは創業時に「ラーメン太郎」というヒット商品があったため、その跡目を狙うという意味で「ラーメン次郎」として出発したらしいんですね。「太郎」の次だから「次郎」というのはだから理に適っているわけです。
それが「ラーメン二郎」になった理由は移転する際にペンキ屋が間違えて「二郎」と書いてしまったと。ま、ウィキペディアに書いてあることなんでどこまでほんとかわかりませんがね。少なくとも太郎から数えて十二番目という意味でないことだけは確かなようです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加