聳え立つ地平線

ありえないものを発見すること、それを写し撮ること、そしてきちんと見せること。

プチ情報

私の風邪予防法&撃退法

まだまだ寒いですね。
正月早々「あなたの風邪予防法」という懸賞に応募したんですが、300字以内とのことであまり詳しく書けなかったので、こちらで補足を。

ほとんどが「ちょっと前まで風邪によくないとされていたこと」です。


目次



カレーライスを食べる
curry

よく間違えられるんですが、「風邪予防にはカレーがいい」というと、「かれい?」と魚かと思われるんです。
昔、水谷豊の『熱中時代』でもありました。校長先生の家に一緒に住んでいる美人教師が風邪で寝込んでしまい水谷豊が夕飯を作ることになる。何が食べたいかと訊くと「かれい」と魚を頼んだのに「カレー」と勘違いしてしまい、作ってから「風邪ひいてるときにカレーライスなんて」と文句を言われる。

それぐらい、カレーライスは香辛料の塊で刺激物だから風邪で胃腸が弱っているときには食べないほうがいいとされてきたんですよね。

でも、これは間違いなんです。

カレールーの主成分であるウコンが風邪にめちゃ効くんです。無性にカレーが食べたくなるときってないですか? あれは、脳はカレーが風邪に効くと知っているから、風邪を引き始めたときに「カレーを食え」と必死で指令を出しているんです。無性にカレーが食べたいときは食べたほうがいいですよ。体の声には素直に耳を傾けましょう。


お粥は食べない
okayusai2304


これはカレーとは逆で、胃腸が弱っているときは消化にいいお粥を食べるというのが長らく常識でした。

でも、間違いなんですね。

お粥って噛まずに飲み込むでしょ。だから唾液が消化活動にまったく参加できないんです。そのため胃腸に負担がかかってしまって逆効果なのです。

ご飯でもパンでも、普通の固さのものをよく噛んで食べる。これが大事なんです。よく噛めば唾液がたくさん出て胃腸にかかる負担は減りますから。


呼吸器系を強くするストレッチ
肩甲骨背伸びストレッチ


これは人に話すと決まって「そんなの初めて聞いた」と言われるんですが、私は生まれつき風邪をひきやすい骨格なんです。

え、骨格!? なぜ骨格で風邪になるの???

はい。ある整体師さんが言うには、肩の骨や背骨が内側に曲がっているから呼吸器系が圧迫されて弱くなっている、ということです。

手術して直せばいいのでは? という人もたくさんいますが、それは無理です。手術してもすぐ元に戻るんだそうです。それぐらい生まれもった骨格というのは根強い。あのブラックジャックだって「いくら俺でも遺伝病は治せない」とあっさり言うでしょ。

この生まれついた骨格から来る体質を少しでも解消するのが画像のようなストレッチです。

まず、両手をまっすぐ上に挙げて手を組み、胸に大きく息を吸ってその状態で状態を反らせ、そこで息を止めたまま体の動きも止めます。同様に胸に(お腹じゃダメですよ)大きく息を吸い込んだ状態で左右、斜め45度もやります。 これで呼吸器系が強くなります。普通の骨格の人がやったらさらに強くなるはずですから、今日からでもやりましょう!

入浴
illustrain06-huro04


これはいまや常識だと思いますが、入浴です。 入浴も昔は「風邪をひいたときは入ってはダメ」という迷信がありましたが、体温を上げて免疫力を高める入浴は風邪予防にうってつけです。それでなくても冬の夜に入浴なしで布団に入っても眠れませんし。


紅茶うがい
f51ea80a-e28e-11e4-a118-22000aba161e


これもだいぶ知られるようになりましたが、本当に効きます。

もともとイギリスに紅茶文化はなかったって知ってました? インドを植民地にしたとき、大量の紅茶を本国で売って大儲けしようと企んだ王室と政府が、当時流行していたコレラの予防にいいと宣伝したら大当たりして紅茶文化が根付いたそうです。

コレラ菌を殺してくれるくらいだから風邪にいいのも当たり前ですよね。 緑茶でうがいするのもいいらしいです。紅茶も緑茶もついでに烏龍茶も原料は同じですから(これも知らない人が多いです)効くと思いますよ。(私はやったことありませんが)

上記5つの予防法と撃退法、ぜひお試しください!


シズカちゃん(風水とカント)

最近、会社をクビになりまして。

いや、それがひどいんですよ。

例えば、募集要項に「逆立ちができる人」とあって、逆立ちなら最も得意とするところと猛アピールしたところ、「一輪車には乗れますか?」と聞かれ、正直に「できません」と答えるも、それだけでは印象が悪いから「でも入ってから乗れるようになれるよう努力します」と明言したら「それなら」ということで雇われたんですが、クビの理由を問うと「一輪車に乗れないから」と。

いやいや、それはだから面接のときに言いましたよね。といっても梨のつぶて。クビが覆るはずなどあろうはずがありません。

何か東京から帰ってきてから運がないなぁ、とずっと思ってたんですがね。

先日までの仕事はトイレなど水回りのことを調べてブログにアップする仕事だったもので、いろいろトイレに関しては詳しくなりまして。

あるサイトに「風水の見地からトイレを診断する」みたいなページがあって、最近お金持ちの大きな家では「トイレもひとつの部屋としておしゃれに飾ろう」なんて動きがあるらしく(貧乏人はまったく知らなかった)トイレにおしゃれな本棚を置いてトイレを読書ルームに変えようなんてサイトもあったくらいなんですが、風水サイトの診断によると、

「トイレに本棚を置くのは最悪。運気がどんどん下がっていく」と。

とにかく、トイレというのは家の中でもっとも邪気の溜まっている場所で、その邪気を一番吸収するのが「紙」らしいんですね。だから大便する間だけ本や新聞をもちこむのもほんとはNGらしいんですが、本棚に100冊、200冊の本を置くなんていうのはほとんど自殺行為だと。

我が家は小さな部屋ですが、なぜかトイレが異様に広いんですね。横幅がかなりある。そのうえ本棚が4つもあるものだから、トイレに2つ入れられたらだいぶ部屋を広く使えるぞ。

ということで、引っ越してきてすぐ2つの本棚を入れてたくさん本を詰め込んでいたわけです。まったく抵抗がなかったといえば嘘になりますが、トイレってそんなに使うものじゃないから埃が舞わないでしょ。だから本棚の本にも積もらない。本の上に溜まった埃を掃除するのって結構面倒じゃないですか。

だから、最初は掃除する手間が半分になった、と喜んでいたのですよ。

でも、トイレに本棚は最悪、とか言われたらもう出すしかないですね。たかが占いじゃないか、ともう一人の自分が言うんですけど、でも、「どんどん運気が下がる」と聞いてしまったら気になるじゃないですか。気にしながら生活してたらそれこそ運気が下がってしまう。というわけで、本棚を出して、もちろん本も全部出したわけです。

それでOKかというと、そうでもないらしく、よく艮(丑寅)の方角は鬼門っていいますよね。北東の方角のことですが、裏鬼門といって、その正反対の南西の方角もよくないらしいんです。

この家のトイレはまさに裏鬼門の方角にあり、本を出してもそれでも邪気が溜まってしまってよくないんだとか。

少しでも邪気を払うためには、トイレ用のマットとスリッパがいいらしいんです。トイレの床っていくら掃除してもやっぱり汚いじゃないですか。そこに直に足をつけて、その足で部屋を歩くと、トイレの邪気をそのまま部屋の中にもちこんでしまうからよくないらしいんです。マットとスリッパはそのためのもの。ちなみにマットは置くだけでいいですが、スリッパは置くだけじゃなくてちゃんと毎回使わないと意味ないんですって。

そしてさらに邪気払いにいいのが観葉植物。植物はトイレのみならずすべての邪気を取り払ってくれるらしいんです。当然、造花などは意味なし。ちゃんと生きてるやつ。

というわけで、買ってきました。ラベンダーの一種です。



rabender


何とかこのシズカちゃんに邪気を払ってもらって運気上昇を! と目論んでいるんですがねぇ。

え? シズカちゃんって何だって?

ラベンダーの名前ですよ。

カントの有名な言葉があるじゃないですか。

「他者を手段としてのみならず、目的として扱え」と。

あくまでも邪気払いの手段として買ってきたんですが、それだけではおそらくダメだろうと。この植物を育てることそのものを目的とせねばならない。それでこそ運気上昇を目論める。

というわけで、名前を付けたわけです。そのほうが育てるの楽しいだろうし。

シズカちゃんとの共闘で運気上昇や!!!
(ちなみに、風水は占いじゃなくて科学(環境学)だそうです)




ミツバチの超絶必殺技「熱殺蜂球」!!!

いま恐ろしい仕事をしています。
いや、正確に言うと、恐ろしいことを書く仕事をしています。

詳細なことは書きませんが、文筆業に手を染めています。

仕事中にあることを調べながら書いていて、とても恐ろしいことを知ってしまいました。


defensive-bee-ball-cooks-hornet-invaders_50125_big

この蜂の塊、これを蜂球(ほうきゅう)といいます。

蜂球は主な場合「分封蜂球」といって、ある巣が大きくなり、他に巣を作らなければならなくなったときに、人間でいえば「のれん分け」みたいな感じで、巣の群れが分裂して次の巣作りの場所を探し求めます。そのときに画像のような球の形に身を寄せ合って飛んでいくわけです。

だいたい蜂は巣作りをし始めるときというのはとてもおとなしいので、この分封蜂球のときは攻撃しないかぎり絶対に刺してきたりしません。

怖いのは、「熱殺蜂球」です。

これは、巣にスズメバチが侵入してきたときに、一匹一匹の力は大変弱いので、数百匹のミツバチがスズメバチを囲んで蜂球を作るんです。そして、人間でいえば押し蔵饅頭みたいなことをして熱を高めていき、中心にいるスズメバチを蒸し焼きにして殺すという、弱い者が強い者をやっつけるための世にも恐ろしい必殺技なのでした。

今日も暑かったですよね。昼休みに外へ出たとき、熱殺蜂球で焼き殺されるスズメバチの気分になったのでした。




生涯最高の飯はこれだ!



もう何か仕事でへばってばかりでヘロヘロ状態ですが、こんなときこそブログでも書いてストレス発散しましょう。

今日は、これまでの40年以上の生涯で最高にうまかった料理の紹介です。


8262e170361ddf09dd4df2160730c5cf


え、おまえの生涯最高の飯ってこれ??? と笑われそうですが、本当にこれなんです。シチリアの州都パレルモで食べた「イカとセロリをオリーブオイルで炒めて塩コショウしただけの料理」。

これはもちろん前菜で、このあとにパスタが来て、魚料理が続いたんですが、この最初のイカとセロリが抜群にうまかったんですよ。

これにはいろいろと伏線があってですね、まず、ミラノの兄貴の家から一人飛行機でシチリアに行き、そのときはいまほどシチリア旅行がポピュラーじゃなかったから、兄貴は会社の人に「何でシチリアなんかに行きたいのか」とさんざん聞かれたそうです。「『ゴッドファーザー』で見た風景を見たいと本人は言っている」というと、「その筋の人なのか⁉」と本気で驚いた北イタリア人たち。何しろ彼らにとってローマより南はすべてアフリカなんだそうです。(ついでにいうと、ドイツ人にとってはアルプス山脈より南はすべてアフリカなんですって)

でですね、その日は一人でパレルモを観光してたんですが、東洋人そのものが珍しいのかジロジロ見られてばかりでした。でも、みんなとても親切でした。(ミラノでは「あっち行け、シッシ!」なんてやられたもんですがね)

しかしいくら周りが親切でも地球の反対側まで来て本当に帰れるんだろうか、と途方に暮れていたんですよ。何とかホテルは英語が通じたからよかったですが、そのホテルで地図をもらってレストランの場所を教えてもらったらアーラびっくり! ぜんぜん違うではないですか。

あっちへ行ったりこっちへ行ったり、ただでさえ腹が減ってるのに歩き疲れてやっとこさ辿り着いたらば、マフィアの準構成員みたいな顔をしたウェイター(シチリアではみんなそういう顔に見えるのです)が「ほんの少しだけ英語しゃべれる」というからお互い片言の英語でやり取りしたんです。

そこから二人でアーデモナイコーデモナイと、さんざん20分くらいしゃべくった末に「日替わり定食」を頼むことに成功しまして、そこからさらに15分くらい待って、やっとこさイカとセロリの前菜が運ばれてきたわけなんです。だから最高にうまくないわけがないんです!


 

日本語でネットを使えるのはノルウェー系アメリカ人のおかげ

水村美苗『日本語が亡びるとき ~英語の世紀の中で~』(ちくま文庫)読了。


t02200293_0480064013278512526

 
2008年に単行本が出たときにも読みましたが、文庫化にあたって大幅増補という惹句に惹かれて読み直しました。

インターネットの登場によって英語が「普遍語」の地位を確立し、日本人が学問や文学をやるには、英語で書かれたものを読み、しかも英語で書かなければならない時代になりつつある。というのが主旨。

そして、叡智を求める人が英語で読み書きするうちに日本語は痩せ細っていく。日本語で書かれた文学は読むに堪えないものになっていく。実際、いま書かれている小説のほとんどは読むに堪えないと。

しかも、その読むに堪えない小説ばかりを載せた国語教科書のあまりの薄っぺらさにも著者は牙を剥いていて、そうなのか、私が子どものころは漱石とか小林秀雄とか石川啄木とかその他もろもろ著者が「奇跡」と呼んではばからない「日本近代文学」のあれやこれやが載っていたんですが、いまは2割ほどなんですって。それはよくない。(とはいえ、私が子どものころでも国語の教科書に載っている文学作品というのはどれもこれも抜粋だった。外国では本を丸ごと一冊読むらしい。そのほうがいい)

著者がもっと毒づくのは、「日本人にとって日本語を普通に漢字・平仮名・片仮名の3種類混じった言葉で書き、読むことが自明のことであること」に対して。

明治維新から戦後まで、英語を公用語にしようとか、話し言葉はそのままで書くときはローマ字でとか、そういう日本語排斥論が絶えず、漢字なんか使っていたら文明開化が遅れるとか、民主主義が根付かないとかの議論があったそうで、この本を読むかぎりでは、漢字・平仮名・片仮名まじり文で日本語を綴れるいまの状況はほとんど偶然に偶然が重なった奇跡に近いことだということ。

ほんのちょっとした神様の匙加減で、この文章もローマ字で書かなければならなかったかもしれないのです。

いや、そもそも仮に英語公用語化運動とかローマ字運動とかがなくても、「日本語は”読まれるべき言葉”である」という認識をもつ人がいなければ、こうやってネットに文章を書くときはローマ字を使う、あるいは英語で書かなければいけない可能性があったというから恐ろしい。

最近、たまたまちょっとした手元不如意のためにウィンドウズ・アップデートができなくなるという困ったことになって検索したらば、マイクロソフト社のページが出てきて、そこに、日本語はこちら、英語はこちら、フランス語はこちら、中国語は、朝鮮語は、ベトナム語は、ドイツ語は、スペイン語は、ポルトガル語は、アラビア語は、ペルシャ語は…と様々な言語でヘルプ画面が読めるようになっていて、「なるほど、世界中の人に対してフォロー体制ができてるのね」と呑気に思ったんですけど、よく考えれば、上から下まで全部スクロールするのに数秒で事足りるほどの言語で「世界中」をフォローできるわけがない。世界にはインドみたいに一国の中で何百、何千という言語をもつ国があったりするわけで、インドでも高学歴の人ならみんな英語ができるんだろうけど、そうじゃない人は自分たちの「現地語」ではネットを使えないということを初めて知ったのでした。

そして、日本語ソフトと端末さえあれば世界のどこにいてもネットに接続できるのが日本人にとっては当たり前のことになっているけれど、ではその日本語ソフトはいったい誰が開発したのか、ということには誰もかれもが無頓着です。

私はこの本の末尾50ページに及ぶ「文庫に寄せて」というあとがきを読んで初めて知りました。

何と漢字・平仮名・片仮名、つまり日本語の文字をアルファベットと同じような普通の文字として認識するソフトを開発したのはノルウェー系アメリカ人らしいのです。

この人がどういう出自、思想の持ち主かは明らかにされてませんが、この本の主旨から推せば、「日本語が亡びてはいけない」と思っている人なのでしょう。「日本語は読まれるべき言葉だ」と信じている人。

それが外国人だったという事実に驚愕しました。彼がいなければ私たちはこうやって日本語で文章を書いたり、日本語で検索して買い物したり、という当たり前と思っていることができなかったのです。この事実にもっと日本人は驚かねばなりません。

誰もが日本語は未来永劫存在しているだろうという楽天的な考えに浸っていることに著者は苛立ちを感じているのですね。私もちょっと恥ずかしくなりました。こうやって日本語で書くことが特権的なことだということを少しも考えたことがありませんでした。

一年の最後のブログが「言葉」に関するものになったという事実を偶然と思ってはいけないでしょう。これは神様のお計らい。

感謝と畏敬の念をもって来年からも精進していきたいと思います。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新コメント
お問い合わせ
お問い合わせは、こちらまでお願いします。